テレビやラジオ番組を録画・録音して保存する「放送アーカイブ」構想 ~言論統制へまっしぐらです。


WS004209放送アーカイブ:国会図書館で全番組保存 超党派が法案化

毎日新聞 2015年06月29日 21時52分(最終更新 06月30日 01時05分)

 ◇放送業界は「事後検閲につながる」と警戒

 国立国会図書館がテレビやラジオ番組を録画・録音して保存する「放送アーカイブ」構想の実現に向け、国会の議論が加速している。今年5月には超党派の議連が発足したが、議論を主導する自民党内には、テレビの報道への不満から、事後検証にアーカイブを活用しようとする意見もあり、放送業界は「事後検閲につながる」と警戒を強めている。

 構想は、放送番組を文化的資産として保存しようと、12年3月から衆参両院の議院運営委員会で議論され、骨子案も公表された。「放送アーカイブ議連」(会長、野田聖子自民党衆院議員)は今年5月、自民、民主、公明、共産などの27人が呼びかけ人となって発足。議連はこの骨子案を継承している。

 骨子案によると、国会図書館で受信できるNHKや在京民放5局、BS放送7局、首都圏のAM・FMラジオの全番組を保存。コピーは認めず、保存後に一定期間を置いて視聴できるようにする。

 これに対して放送業界は「公権力によるメディア監視につながりかねない」と反発し、国会議員と距離の近い国会図書館以外での実施を求めている。また、図書館での保存、閲覧は放送の目的外使用に当たるため著作権者から改めて許諾を得る必要があるという課題も指摘されている。

 議連は、議論がまとまり次第、国立国会図書館法や著作権法改正案を国会に提出する方針。【丸山進】

 ◇自民党議員「どう報道したか調査するのは大事」

 今年3月、放送アーカイブ構想を議論した参院自民党の政策審議会で、島尻安伊子参院議員(沖縄選挙区)は「地元のメディアがかなり偏っていたりする。あの時あの問題をどう報道したかをサーベイ(調査)するのは大事なこと」と述べ、アーカイブ構想に賛意を示した。

 島尻議員は毎日新聞の取材に「検閲や規制の意味で発言したわけではない」と釈明したが、自民党がメディア監視を強めていることに、放送各局は警戒感を募らせている。今年4月には自民党がテレビ朝日とNHKの幹部を党本部に呼び、番組内容について事情を聴いた。

 研究者や視聴者が放送を研究や批評の対象とすることはその質の向上に資する。そのための番組の保存は必要だろう。しかし、メディアのチェックを受ける権力の側が放送法第4条が定める「政治的に公平であること」をたてにメディアを監視し、圧力をかけるためにアーカイブが利用されることは避けなければならない。

 アーカイブをどこが運営するのか、どのような番組を保存するのかなど、制度設計には慎重な議論が求められる。【丸山進】

毎日新聞社「放送アーカイブ構想は報道圧力になりかねません」


「国が出す情報をそのままスピーカーしろよ?」「監視・保存しているからな?」

と言う、国からマスコミに対する圧力であり、より忠誠を誓わせる為の検閲行為が目的でしょう。

国のスピーカーに成り下がっているマスコミ関係者の中から「独自報道しなければ、我々の未来はない!」と、未来への危惧を感じた達観した人が、「ばれないように、偶然を装って真実を一部混ぜて報道」すると、私のような活動家が、その些細な一点をもらさずに事件を解明してしまう。これをさせないようにしたいのではないか?

そして、それが「またあいつか、またあいつか」となったら、「確信犯」とされ、圧力をかけられ、辞めさせることになるでしょう 無職で放り出されるわけです それどころか殺される可能性もあります。

つまり、ラジオ関係者やテレビマンも情報が保存されて一生残るという圧力を感じれば、保身のために責任問題が発生しなさそうな「キャスティング」や、当たり障りの無い、省庁・警察など政府の息が掛かった情報をただ発表するだけのスピーカーに終始することになるわけです

しかしそれだけでなく、政府の息の掛かった情報をスピーカーしていたとしても、都合の悪い情報を発信してしまうこともあるでしょう。

その場合にも、保存していることによって、後から放送内容・情報を「改ざん」「削除」して、無かったことにするなどの工作をすることができます。

しかも国会図書館という権威で「そこに蓄積している情報が正しい」という、「改ざんの真実化」をすることができるわけです

そうして、我々が「当時こうゆう報道がされていた!」と言っても、「国会図書館に保存されたデータと違う」と一蹴され、真実であるこちらに変人のレッテルを張ることができるわけです。

下記動画のように、監視カメラの位置一つで、でっち上げ事件の「証拠」になるのです。

しかしあとから「国会図書館に蓄積されている」その部分を改ざんしてしまえば数十年後、わたしの主張はなんら「的を得ていなかった」とすることができます。

私がマスコミ報道の一点から、真実を導き出しても、それは権力者都合で「なかったこと」にされてしまうわけです。

事件直後我々が、真実を暴いて騒いでも、後世は100年後に国会図書館に蓄積されたデータの信頼性を重視し権力者都合の歴史に書き換わって、受け継がれるということです。

温泉前の情報感謝 ↓


スレチすみません

放送アーカイブ:国会図書館で全番組保存
http://mainichi.jp/select/news/20150630k0000m040097000c.html

放送アーカイブについて毎日新聞社取締役のツイート
http://togetter.com/li/843672

出かけるところなのであまり詳しく読んでません。が結構重要かも?と思ってコメントします。
これは政府主導で自らの飛び道具「報道したこと自体をなかったことにする」を封印するということ?
↓こんなんとか
http://enzai.9-11.jp/?p=6248

とりあえず、温泉行ってきます。


 


  • いいね! (139)
  • この記事の題材でまた読みたい! (79)
  • この記事を動画で見たい! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA