シンガポールで開かれたアジア安全保障会議でも「きのこ雲」をあげているようです


米国と日本の圧力に反発する中国 (ロシアの声より)
「さゆ解説付き」

米国と日本の圧力に反発する中国

   米国と日本は、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議を、反中同盟の形成に利用しようとしたが、その試みは失敗した。ロシア科学アカデミー極東研究所のヴィクトル・パヴリャテンコ専門家は、このような見解を表した。またロシア科学アカデミー極東研究所のヤコフ・ベルゲル氏は、アジア安全保障会議では、地域の支配をめぐる米国と中国の競争意識の高まりが反映されたとの見方を示した。

   シンガポールで毎年開催されているアジア安全保障会議で、日米と中国間の、これほど大きな政治スキャンダルがあらわになったのは今回が初めてだ。米国のヘーゲル国防長官は、中国が、南シナ海の領有権をめぐる一方的な行動で、地域の情勢を不安定化させているとして非難し、米国が中国の味方につくことはないと警告した。日本の安倍(下痢ぞう「さゆ解説」)首相は、自国の領海や領空を守ろうとしているアジア諸国への強力なサポート(?????悪魔のサポートは拒否したほうが自国民の為です「さゆ解説」)を約束した。安倍首相は、「既成事実を積み重ね、現状の変化を固定しようとする動きは、強い非難の対象とならざるを得ない」と述べ、暗に中国を非難した。中国は、これらは中国に対する挑発的行為だとして反発し、米国の立場は覇権主義的であると批判した。ヴリャテンコ専門家は、日米はシンガポールで開かれたアジア安全保障会議を、(アメリカが「さゆ解説」)言うことをきかない子供(中国に「さゆ解説」)に罰を与えるために」利用しようとしたが、失敗したとの考えを表し、次のように語っている。

   「両国(アメリカと日本「さゆ解説」)は会議全体を、中国に対する批判を強めるために動かそうとした。だが、小国のうちベトナムとフィリピンだけが、その流れに乗った。タイやマレーシアなどの他のASEAN諸国は、中国への批判を自制した。米国と日本は、領土紛争(アメリカCIAが発起人「さゆ解説」)を力で解決することに対するアジア諸国の懸念を利用しようとした。だが会議では、これを基盤に反中同盟を築くことに失敗した。」

   シンガポールで開かれた会議では、アジア太平洋地域の緊張緩和のための協力が呼びかけられた。だが、まだ緊張緩和について述べるのは難しいうえ、情勢は緊迫化している。ベルゲル氏は、それは中国と米国間の競争が高まっているからだとの考えを表し、次のように語っている。

   「両国間の競争は、今後も一定の限界まで高まるだろう。両国は、この限界について十分明確に理解している。中国との競争は、米国とその同盟国(日本 ベトナム フィリピン「さゆ解説」)との関係にも影響するとみられる。中国の主な目的が、米国と同盟国の緊密な結びつきを壊し、(中国が日本の救世主になるか?!「さゆ解説」)米国の反対を恐れることなく、係争海域で自由に行動できることを示すことであることは明確だ。だが米国は、『米国が支援に駆けつけてくれる』(「米国が紛争を起こしに駆けつけてくれる」の間違えでは?「さゆ解説」)という同盟国の確信を強めようとしている。このような中国と米国の相互脅迫は、何らかの予期せぬ出来事が起こらない限り(アメリカが521に久米島沖で核爆弾投下してます「さゆ解説」)、今後も続くだろう。」

   専門家たちは、日本と米国による中国の政策に対する激しい非難は、中国とロシアのパートナー関係が強化されたことに対する一種の反応だと指摘している。(その通り!「さゆ解説」)米国と日本は、ロシアのプーチン大統領が5月に中国を訪問したあと、露中関係が深化したことを非常に懸念している。だが、中国はアジア安全保障会議で敵対国に対し、中国に政治的圧力をかける試みは見通しが暗いことを、今一度ほのめかした。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/2014_06_02/273080026/

 

シンガポールで開かれたアジア安全保障会議でも
アメリカと日本が一緒になって「きのこ雲」(中国への威嚇)をあげているようですね

つまり、久米島のきのこ雲も
日本政府公認ということでしょう

日本の領土に核爆弾を投下を容認した政権

これが安倍政権です

日本国民の皆さん
戦後、一番の売国奴政権じゃないですか?!

怒りましょう

  • いいね! (5)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA