本人の同意がなくても不妊手術を施す「旧優生保護法」に基づき、不妊手術を強いられた人権侵害を申し立て


WS003696 WS003701 WS003697 WS003702 WS003699 WS003700知的障害で強制不妊手術、人権救済を申し立て

TBS系(JNN) 6月23日(火)12時57分配信

障害などを理由とした不妊手術を容認した旧優生保護法に基づき、不妊手術を強いられたのは人権侵害にあたるとして、60代の女性が日弁連に人権救済を申し立てました。

旧優生保護法は、「不良な子孫の出生を防止する」などとして、知的障害者などに本人の同意がなくても不妊手術を施すことを認めたもので、この規定は1996年の法改正で削除されました。

宮城県の60代の女性は知的障害の診断を受け、住み込みで職業訓練を受けていた10代のころに、突然、診療所で不妊手術を施されたということです。

「手術されたことを知ってから、毎日苦しみでした。50年以上たつが、誰にも言えず、心に秘めながら生きてきました」(女性)

女性は「幸福追求権が侵害された」として、23日、日弁連に人権救済を申し立てました。

弁護団によりますと、法律に基づき行われた不妊手術はおよそ1万6000件に上るということで、国に補償と謝罪を求めたいとしています。(23日11:27)

最終更新:6月23日(火)16時21分

TBS News i


こんな悪法があったのですね。知りませんでした、ひどい話です。

で、終わるはずがありません。
問題はなぜこの問題を今、権力者の広報のマスコミが報じたのか?ということです。
このタイミングで報道する必要がなぜあるのか?と言うことです。

三日前に報じられたこれに繋がっているのでしょう。↓

「不妊」の定義変更へ、2年間から1年間に ~潜在患者数を増やす為の金目的

「不良な子孫の出生を防止する」などとして、知的障害者などに本人の同意がなくても不妊手術を施すことを認める」なんて現代では持っての外。それどころか、子供が生めない人への治療がこんなにも進んでいるんだ!という現代医療への賛美であり肯定です。

と、言いたいところですが、これと絡んでる可能性もありますが、実際には、他の目的が主目的であり、それはおそらく権力者の手先である、カルトなどの組織の金稼ぎ、資金集めではないのかと思っています。

それを司法とグルになってこのような問題を立ち上げて税金をくすね取る画策なのではないでしょうか?
司法・警察で組織内組織を作って、行われるカルトの「保険金殺人」のような構図です

なぜ今になってこの問題の訴訟が起きるのかが謎過ぎます。

そしてこのような分析は、誰もが言いにくいのです。

被害者の方が実際にいるのかもしれませんし、そうならばその方々の苦しみは事実としてあるのでしょう。

いくらこのような法律があっても、愛するわが子の不妊手術をする親がいるとは考えられませんね。
特別な事情があるなら別だとおもいますが。

障害者施設とかで密室に強制的に行われていた。とかなら考えられますね。

しかしこのような事を言うと、それらで活動資金を得ているネトウヨの連中が、この問題の根源的原因を追究せずに、私に対して攻撃をおこなってくるのが常です。

悪改正しかしない為政者が、わざわざ1996年に法改正したのですから、この法は実際に機能していなくて、なにか他の目的に使えるから改正したと考えるのが自然です

もしそれら被害者が本当にいるのだとしたら、変なのが最近になって混じってきていませんか?ということです。
この問題が、なんとなく報道から消え去って多額の賠償金が出されるのか、今後問題として上がってくるのか、実に分析し易そうなので、注視しています。

ちなみに、今、中高生の「子宮頸がんワクチン」を打った数千万人の女子達こそ「幸福追求権が侵害された」と国を相手取って損害賠償請求してもいいと思いますよ。 実際にワクチンという名の「毒」を打たれているわけですから。

今後それが原因で、不妊の子が多発するでしょう。
それを放射能や他の社会毒で原因の特定を分からなくさせているのも向こう側には好都合です。

不妊患者多発に備えて、患者の裾野を広げる準備まで万端にしています。

「不妊」の定義変更へ、2年間から1年間に ~潜在患者数を増やす為の金目的

これから産婦人科は、生むためでなく、生ませないための医療で儲かります。
つまり、病気を治さない医療と同じビジネスモデルであり、生まずに不妊で居続けると医療業界は儲かる仕組みです。

「子宮頸がんワクチン」に死亡事例があっても秘密にしていた桝添さん

そうでしょう?

  • いいね! (161)
  • この記事の題材でまた読みたい! (103)
  • この記事を動画で見たい! (13)

関連記事

本人の同意がなくても不妊手術を施す「旧優生保護法」に基づき、不妊手術を強いられた人権侵害を申し立て」への5件のフィードバック

  1. 七々

    『不妊=人工削減』で合ってるのかな…?
    ついに『精神医学=優生学』が具現化した悪法が出来ましたね。
    「人間淘汰 シャルル・リッシェ」
    http://ameblo.jp/momo-kako/entry-11960545772.html
    ご存知かもしれませんが、ここ何十年かの間に先天性脳機能障害(?)が増えている原因は勿論(子宮頸がん)ワクチンなどを含む社会毒やDSMというデタラメな診断基準です。

  2. むの

    >なぜ今になってこの問題の訴訟が起きるのかが謎過ぎます。

    なぜ今までこの問題の訴訟が起きなかったことの方が謎ですね。

  3. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    むのさん

    うまく機能していた面もあったからでしょうね

    これは、2015/06/24/pm 12;04.03 の記事ですね。

    3年近く前にこの記事を書いていたことすら忘れていました。

    最新の強制不妊手術の問題化の分析は以下です。

    記事 http://sayuflatmound.com/?p=37028
    動画 https://youtu.be/LHtkTOPtNBo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA