少し変わった人を「笑って流せる社会」と、「逮捕する社会」皆さんはどちらに住みたいですか? ~続き その2


少し変わった人を「笑って流せる社会」と、「逮捕する社会」皆さんはどちらに住みたいですか?


これ?
これが、逮捕されなきゃならない事なの?
全国ニュースで顔晒してまで公にしなきゃならない事なの?
「おじいちゃん!ダメだよ~、こんな所で出しちゃ!今度やったら交番で説教だよ~!」位で済ませられないの?

町や村に「痴漢に注意!」とか張り紙作って貼らせたとして、威力業務妨害で逮捕して、死ぬまでぶっ込んどくとか?(笑)

警察と報道の連携で庶民の人生など簡単に潰せるんだ、というデモンストレーションのつもりですか?

とことん腐ってしまいましたね、この国は。


 

私も↓この記事を書いた時に

ノエル君が「威力業務妨害した」と解釈する検察の言い分がわかりました。

「ドローン」の持ち込みや飛行を禁止する張り紙を張らせるなど警備を強化させ、業務を妨害した疑いは、「警察の公務に対して」適用されたのだと思ったのですがこの記事を上げたときにはなぜか、工作員が沸きWS003689 WS003690その後の報道では、「三社祭の運営に対して業務を妨害」と明記するようになりました。

「業務」の範囲について調べてみると、

権力的公務は業務に含まれないとするのが一般的。
「業務」とは、営業・生産など職業として行う経済活動だけでなく、広く、人の反復的な社会活動一般を指す。

とあり、昨今の一連の「威力業務妨害」での逮捕の内容は一様、公務以外を理由にしているようですが、「一般的」を書き換える為にマスコミを日々公共の電波を悪用して「イデオロギー作り」をしていることは、私が日ごろ記事で言っている通りですので、その「権力的公務は業務に含まれない」という、現在は「一般的」とされている状態から逸脱するような流れが来たら、飛びつく予定です。それを大変危惧しています。

公務に対しても「威力業務(公務)妨害」を適用する、「誰でも逮捕できる社会」です

そしてこの記事で注目するべきもう一点を、「一言」ではがまんならずにつけ加えさせてさえてもらうと

今回逮捕したのは、FNNのカメラマンと言うことで、「私人逮捕」は(刑事訴訟法213条)で認められていますが、権力者層の手先(広報)であるマスコミ関係者が逮捕するという流れに持っていくことは、検察とマスコミの連動を省いた「よりでっち上げ易いシナリオの追行」の為に大変便利であり、今後「私人逮捕」の乱用に違和感を持たせない為、つまり報道機関に警察的役割を持たせる為の布石であるのではないのか?という疑いも持っています。

それらに合わせて「なぜか泣きそうになる」という、様々事がうごめく動画になっております。 ↓

  • いいね! (221)
  • この記事の題材でまた読みたい! (135)
  • この記事を動画で見たい! (16)

少し変わった人を「笑って流せる社会」と、「逮捕する社会」皆さんはどちらに住みたいですか? ~続き その2」への3件のフィードバック

  1. Mi

    さゆさん こんにちは。
    2回目の書き込みをさせてください。

    公然わいせつ罪はいけないことだと思います。
    しかしこの程度の事で注意するのではなくアッサリと逮捕してしまとは。。。
    本当に逮捕しなければいけない犯罪者が沢山いるというのに
    冷酷と申しましょうか
    なんだかどんどん悲しい世の中になっていきますね><

    カメラマンの「待ちなさい!」と上から目線な言葉
    目上のお年寄りに対して優しさのかけらもないですね><

    私は半世紀以上生きておりますが、身近な所で様々な異変が起こっています。
    会社倒産 店が潰れる リストラ ひきこもり ニート 精神疾患 自殺
    ごくごく近い知人や友人そのご家族で沢山起こっています。

    皆さんよく口にされるのが
    「この4~5年で人生を大きく変えられた」
    「誰がこんな日本にしたんだ?」
    「何を信じて生けていけばいいんだ」
    「まともな老後はむかえられないだろうな~」
    などなどです。

    最近思うんです
    「今 私に出来ることはなんだろう?」と。。。
    まだ答えは出てきませんが
    さゆさんの動画で今の腐った社会の現状を学びながら
    少しでも社会貢献できるように頑張りたいと思います。

    さゆさん どうかご無理だけはなさらずに頑張ってくださいね!

  2. チャリダー詩人

    何の権利があってかFNNはこの「容疑者」の顔にモザイクも付けずに晒していますが、もしこの男性が無実だった場合はどうするつもりでしょうか。そして有名なTV局であれば軽微な犯罪者の顔を全国に晒してもよいという法律があるのでしょうか。

    ノエルくんが突き破ろうとした壁はまさにこの存在し得ない壁です。「マスコミ」と呼ばれている者たちはそれが「犯罪者」であれば、いや犯罪者でなくとも人々から蔑まれる存在であればその顔を晒しても良いという不文律を笠に着て、われわれ一般人との間に壁を設けて、さも自分たちは特権者のように、自分たちだけがその特権を行使しうる資格があるかのように振舞っている。

    しかしそんな特権はどこにも存在しない。マスコミが勝手に作り上げたわたしたちとの壁です。それを突き破ろうとしたノエルくんを怖れて警察と共謀し犯罪者に仕立て上げたのだと思います。

    この報道はマスコミから視聴者へ向けた「脅し」であるとともに、権力者側に付いたという「宣言」であると思います。

  3. アンフェア

    話が逸れてすみません。
    昨日、テレ朝系のTVタックルにて、2ちゃんねるの元管理人、ひろゆき氏が出演して、
    三社祭のドローン飛ばしは何がいけないのか分からないと主張してました。
    その後、上手い具合に弁護士の紀藤正樹氏に話の腰を折られましたが・・・。

    ひろゆき氏は一連の騒動の真相や、
    さゆさんが主張している事を知ってますね。そんな口調でした。
    でも、主張したところでテレ朝編集ではカットでしょうけどね。

    ただ、父親が国税局職員ですのでどちら側か分かりませんが、
    警察の内部情報ぐらいは入手出来、
    真相を知ったその上で反対しているのかも知れませんが・・・。

    個人的には、フェイスブックの使い方を誤って使用している方が、
    余程プライベートを拡散して、個人情報もへったくれも無いと思うのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA