今月だけで、サイバー攻撃・ウィルス感染・個人情報流出報道8~13件目 ~東京電力福島第1原発事故で生じた除染廃棄物の中間貯蔵施設を管理する特殊会社「中間貯蔵・環境安全事業」(JESCO)


WS003605 WS003606 WS003607国交省航空局長、タブレット端末など盗難 国会答弁のデータ入り

06/15 01:12

 

国土交通省の航空局長が、帰宅途中の電車内で、国会答弁のデータを含むタブレット端末などが入ったかばんを盗まれていたことがわかった。
国交省の田村 明比古航空局長は、12日夜から13日未明にかけて、東京の青山一丁目駅から、電車で帰宅中、神奈川・大和市の中央林間駅で、網棚に置いたかばんがないことに気づいたという。
かばんの中には、国会答弁のデータを含むタブレット端末のほか、災害時などの緊急連絡先のリストが入っていたということで、神奈川県警は、窃盗事件として捜査している。
国交省は、緊急連絡先の関係者に、不審な電話などに注意するよう連絡したほか、情報管理の徹底を図るとしている。


WS003556協会けんぽのPC、ウイルス感染か システム点検で判明

朝日新聞デジタル 6月17日(水)15時3分配信

 厚生労働省が所管する公的医療保険「協会けんぽ」のシステムにつながっているパソコンが、コンピューターウイルスに感染した疑いがあることが17日、関係者への取材で分かった。協会けんぽには中小企業の社員ら約3600万人が加入するが、個人情報の流出は確認されていないという。

 日本年金機構がサイバー攻撃を受けて個人情報約125万件が流出した問題を受け、厚労省は所管する団体にシステムの一斉点検を指示。今回の感染の疑いは、この点検で判明した。

 一斉点検では、すでに大企業などに勤める会社員が入る公的医療保険「健康保険組合」の連合会と、国立医薬品食品衛生研究所のパソコンが「マルウェア」(ウイルスを含む悪意のあるソフトウェア)に感染し、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターで一部感染の疑いがあることが判明している。

朝日新聞社


WS003608WS003609WS003610WS003611廃棄物会社”サイバー攻撃 輸送一時停止

< 2015年6月17日 19:43 >

 福島第一原発事故に伴う除染廃棄物の輸送を監視する会社がサイバー攻撃を受けてウイルスに感染した可能性があることが分かり、輸送が一時停止した。

 原発事故に伴う福島県内の除染廃棄物を保管する大熊町と双葉町の中間貯蔵施設の予定地には現在、仮置き場からの試験輸送が行われている。

 その状況は環境省の委託を受けた「中間貯蔵・環境安全事業」が衛星などを使ったシステムで監視しているが、この会社の北海道事業所にあるパソコン2台がサイバー攻撃を受け、ウイルスに感染した可能性があることが分かった。

 このため、17日に予定されていた川内村の仮置き場から大熊町への輸送が一時停止したが、監視システム自体へのウイルスの感染はなく、安全が確認されたことから17日午後に輸送が再開された。


 

中間貯蔵会社:廃棄物搬入を一時中断…サイバー攻撃受け

毎日新聞 2015年06月17日 20時20分(最終更新 06月17日 23時11分)

 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故で生じた除染廃棄物の中間貯蔵施設を管理する特殊会社「中間貯蔵・環境安全事業」(JESCO)が標的型メールとみられるサイバー攻撃を受けたと発表した。

 

 施設の管理システムに影響はなく、地権者情報は所管する同省が管理しているため漏えいはないという。

 標的型メールは、あらかじめ攻撃対象を決めてメールを送りつけ、端末をウイルス感染させる。

 同省によると今月12日、同社北海道事業所のパソコン1台が5月25日から外部サイトに不正通信していると調査機関から通報があった。ウイルスは検出できなかったが、15日も別の1台が同様の不正通信をしたため、2台をインターネットから遮断。16日午後9時ごろ、社内の全パソコンの外部接続を止めた。

 同社担当者は「職員が気付かない間に標的型メールを開いた可能性が高い」と話す。同省は中間貯蔵施設への廃棄物搬入を一時中断したが、異常がないことを確認し再開した。【阿部周一】


WS003564 WS003563東京・大田区の保育園児84人分の個人情報記載の名簿持ち去られる

フジテレビ系(FNN) 6月18日(木)13時14分配信

東京・大田区の保育園児84人分の個人情報が書かれた名簿が、何者かに持ち去られたことがわかった。
大田区役所によると、17日午後1時すぎ、大田区役所内で開かれた私立保育園長会で、机に上に並べていた区内の私立保育園1つの全園児84人分の名簿などが入った資料を、会議関係者ではない、年配のスーツ姿の男が持ち去ったという。
この名簿には、園児の名前や住所、生年月日、保護者名などが記載されていた。
区の担当者は「保育園の関係者だと思った」と話しているという。
警視庁は、大田区役所から被害届を受理し、窃盗事件として捜査している。

最終更新:6月18日(木)13時14分

Fuji News Network


サイバー攻撃:九州歯科大、香川大で「標的型メール」被害

毎日新聞 2015年06月19日 21時13分(最終更新 06月19日 22時14分)

 九州歯科大(北九州市)は19日、付属病院のパソコン1台が、外部から送られたメールによってコンピューターウイルスに感染したと発表した。このパソコンは乗っ取られて、外部へのサイバー攻撃に利用されていた。福岡県警から11日、「歯科大のパソコンが不正な通信を繰り返している」と指摘され、発覚したという。

 

 特定の攻撃対象にウイルスを埋め込んだメールを送り付け、感染させる「標的型メール」による被害とみられる。香川大学(香川県三木町)でも同様の被害があり、文部科学省は18日、「大学病院を狙った標的型メールでウイルス感染が多発している」として、全国の大学に注意を喚起する通達を出したという。

 歯科大に送られたメールは、実在する学会の案内文の体裁で、病院関係者が1日、添付ファイルを開いて感染した。外部から乗っ取られ1〜8日、国内のNPO法人のサーバーにデータを送り続けて障害を起こすサイバー攻撃を行っていたという。個人情報流出は確認されていない。【門田陽介】


 

ここ数日でのサーバー攻撃報道5件。「日本年金機構」「米連邦邦人事局」「富山大学」「東京商工会議者」「石油連盟」

今月に入ってサイバー事件報道が6件目です。~「児童ポルノ単純所持罰則」も「ドローン規制」も「サーバー攻撃からの規制」も世界的な流れです。

今月に入って7件目のサイバー事件報道です。~米、新たに情報機関の個人機密流出 数百万人分「中国のサイバー攻撃」と報道

上記さゆふら記事にて

・日本年金機構
・米連邦人事局 米政府職員400万人
・富山大学
・東京商工会議者
・石油連盟
ドイツ議会
・新たに米情報機関の機密の個人情報

そしてそれに続き、今回の記事では

・国交省航空局長、タブレット端末など盗難
・公的医療保険「協会けんぽ」
・除染廃棄物の中間貯蔵施設を管理する特殊会社「中間貯蔵・環境安全事業」(JESCO)
・大田区役所
・九州歯科大
・香川大

と合わせて13件目です。

今回その中でも、「除染廃棄物の中間貯蔵施設」へサイバー攻撃ですか?

原発のコンピューターに「サイバー攻撃」を受け制御不能になり爆発。
それを攻撃したのが中国で、集団的自衛権を行使容認をして戦争なんてシナリオですか?

原発は「稼動している・していない」関係なく攻撃されたら危険ですからね。

サイバー攻撃・ウィルス感染・個人情報流出報道が多発している理由はこちら ↓

 

  • いいね! (110)
  • この記事の題材でまた読みたい! (54)
  • この記事を動画で見たい! (1)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA