今月に入って7件目のサイバー事件報道です。~米、新たに情報機関の個人機密流出 数百万人分「中国のサイバー攻撃」と報道


WS003321米、新たに情報機関の個人機密流出 数百万人分「中国のサイバー攻撃」と報道

産経新聞 6月13日(土)11時44分配信

 【ワシントン=青木伸行】AP通信など複数の米メディアは12日、新たに米情報機関の機密の個人情報が中国のサイバー攻撃により盗まれていたと報じた。米政府当局者の話として伝えた。数百万人分のデータが流出した恐れがあり、国家安全保障上の懸念が高まっている。

 中央情報局(CIA)や国家安全保障局(NSA)、国防総省の国防情報局(DIA)などは、国内外で勤務する要員らを採用する際、厳しい人物調査を実施。流出した情報は、それぞれの職員の社会保障番号や学歴、職歴はもとより、犯罪歴、病歴、交友関係など多岐にわたる。

 米政府内では、これらの情報が中国の手に渡ることにより、「情報機関の要員の活動を困難なものにし、中国にとり『宝の山』だ」(政府関係者)と、国家安全保障上の重大な脅威だとの危機感が強まっている。

 米連邦政府の人事管理局は6月初旬、現・元政府職員の個人情報約400万人分が盗まれたことを明らかにしている。AP通信はしかし、今回判明したサイバー攻撃はそれとは別だとの見方を示した。

 盗まれた職員の個人情報もその後の調査で、最大1400万人にまで拡大しており、米政府の打撃はさらに甚大となっている。


今回は、「中国」と断定しています。

集団的自衛権の行使容認は「サイバー攻撃」も含むようなので、同盟国である日本へ、日中戦争の契機としたいのでしょうか?

今月に入ってサイバー事件報道が6件目です。~「児童ポルノ単純所持罰則」も「ドローン規制」も「サーバー攻撃からの規制」も世界的な流れです。

上記記事から、加算して今月に入って7件目の「サイバー事件報道」です。

まだ、6月13日ですよ?
新しいイデオロギー・法整備をしていきたいことは明白です。

今後もカウントしていきます。


「早くも拡大解釈」集団的自衛権:サイバー攻撃も対象…防衛省が見解

サイバー攻撃を契機にした、日中戦争を目論んでませんよね? ~米メディア、中国によるサイバー攻撃の可能性指摘 ~集団的自衛権:サイバー攻撃も対象

サイバー攻撃は、国の存立を脅かす。→集団的自衛権の行使。~今後も、自作自演サイバー攻撃をご予定ですか?

富山大学のサーバー、不正アクセス受けサイバー攻撃に利用される

一連の個人情報流出問題は、「サーバー攻撃への規制」を作ることが目的であると考えます。

年金情報125万件流出問題を「年金が騙し取られるイメージ」にすり替えるマスコミ ~サーバー攻撃規制からネット規制への布石

ここ数日でのサーバー攻撃報道5件。「日本年金機構」「米連邦邦人事局」「富山大学」「東京商工会議者」「石油連盟」


  • いいね! (142)
  • この記事の題材でまた読みたい! (88)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA