一連のサーバー攻撃の目的である「サイバーセキュリティーに対する法整備」を協議する「不正アクセス対策与党連絡議会」がスタート


WS003489 WS003490 WS003491 WS003492 WS003493 WS003494年金情報流出 自民・公明、対策検討する実務者の協議スタート

 

フジテレビ系(FNN)2015年6月12日(金)15:14
日本年金機構から情報が流出した問題を受け、自民・公明両党は12日、政府と連携して対策を検討する、実務者による協議をスタートさせた。
年金情報不正アクセス対策与党連絡会議の初会合には、政府から、加藤官房副長官、自民党から田村前厚生労労働相、萩生田総裁特別補佐、公明党から、竹内国対筆頭副委員長が出席した。
連絡会議は、今後、週1回程度、会合を開いて、情報流出問題の経緯について、政府から聴収し、対応を検討することにしている。
具体的には、詐欺などの2次被害の対策や、国民の不安を払しょくするための広報や相談態勢、サイバーセキュリティーに対する政府の対応などを検証する方針。

最終更新:2015年6月12日(金)18:08


一連のサーバー攻撃の目的である「サイバーセキュリティーに対する法整備」を協議する「不正アクセス対策与党連絡議会」がスタートしたようです

この協議会が、自作自演でっち上げサーバー攻撃を受け、権力者都合の法整備をしていくのでしょう。

流出問題はこの協議会で取り決めるであろう法整備が目的であり、「不正アクセス対策与党連絡議会」での取り決めが我々の生活にどのような影響を及ぼすのかが、我々にとって一番の問題でを注目し、精査なければいけません

もちろんネット規制、言論統制が敷かれる流れにされないかを注目しています。

「早くも拡大解釈」集団的自衛権:サイバー攻撃も対象…防衛省が見解

サイバー攻撃を契機にした、日中戦争を目論んでませんよね? ~米メディア、中国によるサイバー攻撃の可能性指摘 ~集団的自衛権:サイバー攻撃も対象

サイバー攻撃は、国の存立を脅かす。→集団的自衛権の行使。~今後も、自作自演サイバー攻撃をご予定ですか?

富山大学のサーバー、不正アクセス受けサイバー攻撃に利用される

一連の個人情報流出問題は、「サーバー攻撃への規制」を作ることが目的であると考えます。

年金情報125万件流出問題を「年金が騙し取られるイメージ」にすり替えるマスコミ ~サーバー攻撃規制からネット規制への布石

ここ数日でのサーバー攻撃報道5件。「日本年金機構」「米連邦邦人事局」「富山大学」「東京商工会議者」「石油連盟」


  • いいね! (120)
  • この記事の題材でまた読みたい! (62)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

一連のサーバー攻撃の目的である「サイバーセキュリティーに対する法整備」を協議する「不正アクセス対策与党連絡議会」がスタート」への1件のフィードバック

  1. ななし

    .exeを踏んでおいてなにがサイバー攻撃だよって思いますw
    どうせこの「不正アクセス対策与党連絡議会」のメンバーも
    .exeなんて聞いたこともないアホなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA