【バカンス】移設賛成派の傀儡翁長が、予定通り平行線で終わる「移設反対パフォーマンス」は5月27日から6月5日まで続きます


WS003275WS003273 WS003276 WS003277 WS003278 WS003279 WS003280翁長知事は「扇動的」 米知日派“反辺野古”を一蹴

 ワシントンを訪問している沖縄県の翁長雄志知事が知日派の専門家らと会談し、普天間基地の辺野古移設に反対する考えを説明しましたが、専門家は反対論を一蹴しました。  沖縄県・翁長雄志知事:「私が(辺野古移設に)反対しているというような認識を感じておられる。私からすると、(日米両政府は)つくるということしか考えていない認識ですからね。お互いさまで、それを非難される筋合いはさらさらないので」  翁長知事は、ブッシュ政権で国家安全保障会議のアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏ら知日派の専門家と会談しました。グリーン氏は、持論である辺野古移設が唯一の選択肢だという考えを伝えた模様で、議論は平行線をたどりました。  新米国安全保障センター、クローニン上級顧問:「米政府にとっては、翁長知事にわざわざ時間を割く動機がほとんどないだろう。翁長知事は怒りをあおる言葉を使い過ぎている」  また、オバマ政権に近い専門家のクローニン氏は、翁長知事が希望した政府高官との会談が実現しないことについて、翁長知事が扇動的な表現で辺野古移設反対を訴えているためだと指摘しました。しかし、基地を抱える地域の知事がアメリカ側に意見を伝える権利はあるとして、意見交換には応じる考えを示しました。

更新時間:2015年06月02日 15:58


辺野古移設賛成派の傀儡翁長が、予定通り平行線で終わる「移設反対パフォーマンス」は、5月27日から始まり6月5日まで続きます。長いバカンスですね。

記事にある翁長知事が希望した政府高官との会談が実現しないことは、日本の陰謀論者がなんでもかんでもアメリカのせいにして、アメリカの黒幕である天皇・ロスチャイルドのことを全く批判しない洗脳が比較的うまく言っているから、その日米敵対戦略路線を貫いて彼らにそのネタを提供しているのでしょう。

目的はこれです。↓

「攻めるポイントをずらす」「的をはずす」それが陰謀論者の役割です。

ですよね? あぶらはむくぱーさんと、まいける緑虫さん

翁長はなんら知事としての権限を駆使して普天間基地の辺野古移設を食い止めないのですから
私からすると、(日米両政府と翁長沖縄県知事は)つくるということしか考えていない認識です。

沖縄・翁長知事、お仲間の安倍晋三に忠誠を誓いハワイ旅行へ ~誰のための沖縄基地か?

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

  • いいね! (131)
  • この記事の題材でまた読みたい! (59)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA