【総務省】ドローンを実質使えなくする為のプライバシー保護を求める


m_1304300003総務省、ドローン撮影映像で指針 プライバシー保護

 総務省は28日、情報通信サービスに関する有識者の研究会を開いた。小型無人機「ドローン」のカメラで撮影した映像をインターネット上で公開する際の指針を作り、プライバシーや肖像権が侵害される事態を防ぐ。

 研究会では指針の骨子案を提示した。ドローンは高所から撮影できるため「のぞき」などに悪用される恐れがある。ネット上に映像を公開されればプライバシー侵害につながりかねず、撮影者とインターネット事業者に対策を求めている。

 具体的には、洗濯物などが写り込まないよう住宅地にカメラを向けないことや、車のナンバープレートなどにはぼかしを入れることなどを要求した。

2015/05/28 12:05   【共同通信】


住宅地にプライバシーがあるのでしょうか?

洗濯物自体にプライバシーがあるのでしょうか?

のぞきなど、マイノリティーを利用して、全体を規制すると言ういつもの手口です。

権力者にとってマイノリティーや犯罪者は重要な仲間です。
彼らはよくそれらを自ら作り上げ、工作します。

ドローンを使った、のぞきやプライバシー侵害で立件された前例を聞いたことがありませんが、「恐れ」や「想定」で対応している時点で、他の目的があることがバレバレです。

それともドローンを使った、のぞきなどのプライバシー侵害の事件をでっち上げるご予定ですか?

「ドローン墜落による傷害又は死亡事件」のご計画もありますし、忙しくなりそうですね。

立件件数ゼロで国が動く時点で、おかしい動きであると誰もが気付くわけですよ。

プライバシーを保護するのが目的ではなく、ドローンを使わせない整備作りが目的なわけです。



  • いいね! (130)
  • この記事の題材でまた読みたい! (45)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【総務省】ドローンを実質使えなくする為のプライバシー保護を求める」への1件のフィードバック

  1. take

    今初めてノエル君の動画を少し見ました。

    正直だらだらと喧嘩腰で話してて五分ぐらいしか見てられなかったけど、この子はこの子なりに必死なんだなと感じました。

    まだノエル君は子供です、子供と言える年齢ではないかも知れないけど、まだ幼い青年です。

    警察と話してる動画も見ました。

    未熟な青年に大の権力をもった大人が上から抑えつけるように話してました。
    その動画に対して沢山のノエル君に対しての避難が書かれてました、胸が痛くなりました。

    ノエル君のような子が今存在してるのは誰のせいですか?

    ノエル君がいつ何を見て行動を起こしたのかは知りません。

    でも突き動かされるなにかがあったから必死に戦ってるんだと思います。

    ノエル君を責める前に大人が自分達の社会があの子を作ったとなんで思えないのか不思議です。

    もしノエル君が間違ってたなら大人がなんでもっと優しく道を教えてあげれなかったのか、あの子が犯罪者なら僕たちも同じだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA