<小型無人機>線路付近に落下 北海道・旭川と、<野球ボール>線路付近に落下 北海道・旭川


IMG_11431-600x450<小型無人機>線路付近に落下 北海道・旭川

毎日新聞 5月24日(日)22時31分配信

 24日午後5時50分ごろ、北海道旭川市2条通17、JR宗谷線の高架橋上のレール付近に、小型無人機(縦、横とも約25センチ)が落ちているのをJR北海道の職員が見つけ、道警旭川中央署に届け出た。

【写真特集と動画】小型、大型…さまざまなドローンにビジネス界が熱視線

 同署によると、小型無人機は旭川市内の自営業の30代男性が操縦中に誤って落とした。男性から相談を受けた知人がJR北海道に連絡した。同署の調べに対し男性は「空撮の練習をしていて操作を誤った」と話しているという。同署は過失往来危険の疑いもあるとみて男性から事情を聴いている。

 JR北海道によると、列車の遅れなどの影響はない。現場はJR旭川四条駅の南約200メートル。【横田信行】


<野球ボール>線路付近に落下 北海道・旭川(仮)

さゆ新聞 5月24日(日)22時31分配信

 

 24日午後5時50分ごろ、北海道旭川市2条通17、JR宗谷線の高架橋上のレール付近に、野球ボール(縦、横とも約5センチ)が落ちているのをJR北海道の職員が見つけ、さゆ中央署に届け出た。

 同署によると、「野球ボール」は旭川市内の自営業の30代男性がキャッチボール中に誤って落とした。男性から相談を受けた知人がJR北海道に連絡した。同署の調べに対し男性は「来週行われる息子の野球の試合に向けて、練習をしていたところ力加減を誤った。近隣の公園も禁止の張り紙があるし、どこで練習したらいいのやら・・・」と話しているという。同署は過失往来危険の疑いもあるとみて男性から事情を聴いている。

 JR北海道によると、列車の遅れなどの影響はない。現場はJR旭川四条駅の南約200メートル。【横田信行】WS003132


 

ドローンのニュースがいかに馬鹿げているのかがわかります。



  • いいね! (123)
  • この記事の題材でまた読みたい! (30)
  • この記事を動画で見たい! (0)

<小型無人機>線路付近に落下 北海道・旭川と、<野球ボール>線路付近に落下 北海道・旭川」への3件のフィードバック

  1. チャリダー詩人

    わたしも同じように感じました、まったく馬鹿馬鹿しいどうでもいいニュースです。給食調理場でネズミが見つかった、というのと同じです。しかしこんな馬鹿馬鹿しいどうでもいいニュースを、そう感じない人が増えているからこそこんなニュースが日々恥ずかしげもなくあたり前に流されているのだとすれば、それはそれで恐ろしいです。

    かつてTVが出現した時に「一億総白痴になる」と言った人がいたそうですが、実際にそうなってますね。TVを消せ!それしか対策はないようです。

  2. 藤井朋美

    チャリダー詩人さんの意見に賛成です。

    TVを消せ!

    これは本当に大切な事のように思えます。
    テレビのみを見てるから、こういう単なる扇動・印象操作の取るに足らない『ニュースのようなもの』まで、自分の頭で意味を考え取捨選択することもせず、大ごとだ!とかこれが今の世の中の当たり前なんだ!と鵜呑みにしてしまう、扱いやすいバカが量産されてしまうのです。
    ダイレクトに視覚聴覚に訴えるテレビは頭を使わせない為の道具です。
    情報のセカンドオピニオン(別に、5個でも10個でも構わないけど…)というか、ひとつの情報を異なる角度から見ているものを自分で比較し真意を考える努力をしていないと、本当に危険だと思います。

  3. スジャーター

    TVや新聞で流されるニュースは毎日、大量の記事の中から抽出されているはずですが、その大量の記事からどれを見るかの選択肢は視聴者側にはありません。
    つまり、視聴者に見せたいニュースを操作できる立場にあるのがTV局や新聞社ということになり、さらに、それらの配信機関に大きい影響力(圧力)を及ぼせるのが、スポンサーや株主や電通や政府、ということになります。
    極論を言うとマスコミは権力者による洗脳マシーンともいえるでしょう。
    こう言うと、ネットも洗脳マシーンだろう、と反論されるかもしれませんが(笑
    洗脳の意味や是非についてはここでは述べません。

    ————————————————–

    メディア…成人大衆の関心を真の社会問題からそらさせ、少しも重要でないことに 縛りつけ続けよ。

    学校…青年大衆には、真の数学、真の経済学、真の法律ならびに 真の歴史については無知のままにさせ続けよ。

    娯楽…大衆娯楽は小学校六年の水準 以下にとどめ続けよ。労働…大衆を、考える時間もないほど、忙しく、忙しく、ひ たすら忙しくさせ続けよ。ほかの動物ともどもに農場に戻れ、である。

    <陽動作戦 の要約>

    「静かなる戦争のための沈黙の兵器」より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA