RAPTさんとのやり取りの詳細と、私の思い。


33

15 5月 「さゆふらっと」さんが私のメールを勝手に自分のブログにアップしています。

さゆふらっとさんが私の送ったメールを勝手に自分のブログに掲載しています。
 
大変、残念です。
 
聖書・神様に対してバカにしたような感じで話をしてしまって、大変申し訳ありませんでした | さゆふらっとまうんどのHP ブログ
 
実はこのメールを私が送る前に、「私が個人的に活動していて、どこの組織とも関わっているわけではない、どこかの宗教団体から指示を受けてこういう活動をしているわけではない」と私が話している動画を「さゆふらっと」さんがアップしようとしていました。
 
しかし、私はそういう動画をアップするのはやめてほしいと言ったのです。
 
私としては、「さゆふらっと」さんにそういった個人的な話はすべてカットしてほしいと対談する際に頼んでいたのです。私の理論について語った部分だけをアップしてほしいと頼んでいました。
 
「さゆふらっと」さんもそれに対してOKと言ってくれました。だから対談したのです。
 
しかも、「さゆふらっと」さんは、私がどこかの組織から指示を受けているのではないかと、私のことを疑いの目で見るような感じで質問してきたので、私はちょっとそれが嫌に感じました。
 
で、私と家内でその対話の録音を聞いて、こういう疑いの目で質問するような動画はアップしないでほしいと頼んだのです。
 
そうすると、「さゆふらっと」さんは余計に私のことを疑ったのでしょう。
 
どうしてこの動画を公開してはいけないのだと答えてきて、それっきり私に対してメールも送ってくれなくなりました。
 
今後、「さゆふらっと」さんがどのように出てくるかは分かりません。
 
動画で語っていることは真実です。しかし、「さゆふらっと」さんはそれを疑ったようです。
 
私としてはこういうことになってただ残念だと言いたいです。
 
(追記)その動画は、今回アップされた「vol.3」ではなく、次の「vol.4」になります。しかし、「さゆふらっと」さんがその動画をアップするかどうかは今はまだ分かりません。
 
彼と連絡がとれないからです。


 

15 5月 「さゆふらっと」さんが私のメールを勝手に自分のブログにアップしています。

さゆふらっとさんが私の送ったメールを勝手に自分のブログに掲載しています。
 
大変、残念です。
 
聖書・神様に対してバカにしたような感じで話をしてしまって、大変申し訳ありませんでした | さゆふらっとまうんどのHP ブログ
 
実はこのメールを私が送る前に、「私が個人的に活動していて、どこの組織とも関わっているわけではない、どこかの宗教団体から指示を受けてこういう活動をしているわけではない」と私が話している動画を「さゆふらっと」さんがアップしようとしていました。
 
しかし、私はそういう動画をアップするのはやめてほしいと言ったのです。
 
私としては、「さゆふらっと」さんにそういった個人的な話はすべてカットしてほしいと対談する際に頼んでいたのです。私の理論について語った部分だけをアップしてほしいと頼んでいました。
 
「さゆふらっと」さんもそれに対してOKと言ってくれました。だから対談したのです。
 
しかも、「さゆふらっと」さんは、私がどこかの組織から指示を受けているのではないかと、私のことを疑いの目で見るような感じで質問してきたので、私はちょっとそれが嫌に感じました。
 
で、私と家内でその対話の録音を聞いて、こういう疑いの目で質問するような動画はアップしないでほしいと頼んだのです。
 
そうすると、「さゆふらっと」さんは余計に私のことを疑ったのでしょう。
 
どうしてこの動画を公開してはいけないのだと答えてきて、それっきり私に対してメールも送ってくれなくなりました。
 
今後、「さゆふらっと」さんがどのように出てくるかは分かりません。
 
動画で語っていることは真実です。しかし、「さゆふらっと」さんはそれを疑ったようです。
 
私としてはこういうことになってただ残念だと言いたいです。
 
(追記)その動画は、今回アップされた「vol.3」ではなく、次の「vol.4」になります。しかし、「さゆふらっと」さんがその動画をアップするかどうかは今はまだ分かりません。
 
彼と連絡がとれないからです。


 

私はこの件だけで、彼に対して不信感を持ち、このようなことになったわけではありません。

一日何十件とメールのやり取りをしていて、おっしゃっている昨日5月15日も何十件とメールのやり取りをしていて、「連絡を取れない」との発言は虚偽です。

電話で話したいと言うメールに関して、私が応じなかった事に対して「連絡を取れない」と言っているのでしょうか? メールでやり取りはしているのに「連絡を取れない」とは言いませんよね。
電話しても平行線であると予測されましたので、話す必要は無いと判断しました。

私としては、メールをすべて公開したいくらいです。
皆さんに、私が怒るのもっともだと思って頂けると思っています。

今回の件は、私が対談の中で

「みんな気になっていることは、RAPTさんが特定の宗教団体に属しているのかをみんな疑問に思っていると思うのですが、そこをコメントできますか? キリスト教を広めるための傀儡だ。みたいなコメントがくるのですが」

と対談で話した部分を「カットしろ」と言ってきたことから始まったのです。

私の思いとしては、RAPTさんが特定の宗教団体に属してようが、いまいが、どちらでもいいのです。

知識と様々な情報をブログを通して与えてもらっているのだから、そこは全く関係ありません。

仮に、A教だよ。と言われても。「そうなんですか」で終わりです。

しかし、そのようなメールがたくさん私のブログやメールで来ていたので、動画と言う音声ではっきり公言するのもRAPTさんのブログの信憑性も増すであろうという思いから話の一つとして聞いたわけです。

悪意など全く、微塵もなく、(対談中、終始そうです) 率直な疑問・そうゆう声もあるから、対談で話した方が言いやすいのでは?疑いが晴れるのでは?と思って聞いたのです。

そして、話はわ・た・し・が・「RAPTさんは特定の宗教団体に誘導することをしていないのですから、無いですよね。」という流れで終わって次の話題に移っています

つまり、事実無根という話の流れになったのです。にもかかわらず、「カットしろ」と言ってきたから「なぜ???」となったわけです。

RAPTさんの本位通りの話になったのになぜ? と

そしてその理由を聞くと、彼は最初は「感情的になってしまったから」と言っていたのですが、私が改めて動画を確認すると、そのようには見えず、何回もやり取りをするうちに私が彼を「疑っているから」に話は変わってきたのです。

ちなみに動画を公開する前に、こちらからRAPTさんにデータを送ってOKをもらってからアップするようにしていた流れの中でです。

そして彼は記事で

私がどこかの組織から指示を受けているのではないかと、私のことを疑いの目で見るような感じで質問してきたので

と言っていますが、これも虚偽であると思っています。

本当にわたしがそのような疑いを持って聞いているのか、皆さんが各自ご確認ください。(動画・VOL.4)

「どこかの組織から指示を受けているのではないか」なんて一言も言っていませんし、思ってもいません
先も言ったようにどうでもいいのです。

知らない知識を教えてもらっているのですから、そこに価値があるわけです。

しかもこれだけではなく、この対談の前の部分でも私が、彼の意見に対して「私はこう思うから、それは違うと思う」と言ってその話が終わった箇所も、「カットしろ」と言ってきたのです。 特に不満も言わずにその時は、ぐっと堪え受け入れました

彼が「不本意なことを言ってしまった」「誤解を招く言い方や、間違ったことを言った」、そしてもちろんプライベートなこととか、「これは公開しないでね」「ここはまだ根拠無く思っているだけだからカットね」とか 前置きされたり、そのような話しなら、わかりますが、私の質問が懐疑的だから削除しろというのも納得できませんし、彼は言いたい事を自由に言える環境であり、しかもその内容は彼の本意に沿えている点でもあるので、「削除しろ」と言ってきた彼の言い分の意味が、私は良く分からなかったわけです。

その後のメールのやり取りの中で何度も、「RAPTさんは特定の宗教団体に誘導することをしていないのだから、皆さんから寄せられたそんな疑いは、意味が無いんだ。という話の流れになっているにも関わらず、カットするのは なぜか?」聞きましたが、その返答内容の意味がよくわからないものでした。

この質問に対して彼はブログでも「個人的な話」と言っていますが、ブログの中心的存在と言って良いくらいのスタンスで取り扱っている「聖書」、しかもそれを他者に進めている人間として、その部分が「個人的な話だ」と、豪語していることも、全く意味が分からないのです。

ブログの中心的存在と言って良いくらいのスタンスで聖書を他者に進めていて、「どこの宗教の方ですか?」との質問に「個人的な話なので・・・」っていう返答自体が意味不明です。

もしも「属していないなら、属していない」「属しているなら、属している」
全くの独学なら「独学だ」と、はっきりとそう言えばいいだけでしょう。

むしろ、その後のメールで「どこの宗教団体にも属していないと過去に何度もブログで言っている」と言っていたので、(現在私は未確認)本来なら私の質問に対して、「傀儡とは事実無根、どこにも属していない」と、3秒で終わった話なのだと思います。

そしてこの件をはじめ、彼の聖書に対する扱いがセンシティブすぎて、こちらとしては戸惑い・疲れていたのです。

極めつけは、わたしのHPのコメントにまで「これとこれを削除してくれ」と要請してくるほどなのです。WS002979

 

しかもその事は本人が記事に書いてあります。 ↑

わたしは何度も言っているように、聖書も読んだことも無い、過去に一切どこの宗教にも属していなかったのですから、ただ純粋に寄せられたコメントが聖書への冒涜になるのかどうか自体がわからないのです。

その判断ができないのです。

にもかかわらず、コメントが来て、これが聖書への悪口になるのか?どうかを考えなければいけなことは、私がRAPTさんに支配されているようでとても束縛感を感じ、苦痛でした。

何度も言っているように私は聖書を読んだことないし、知らないのです。

その判断がつかない私に対して、私も疑問に思っていることをコメントしてくる人をRAPTさんのことを思うと悪口なのかな?と、承認を考えてしまうことは、これは私のHPブログなのか?と、とてもストレスになっていました。 一種の弾圧ではないかと

そして終いには、さゆふらっとまうんどのHPで承認されなかったとか言われるわけです。

そしてなにより、私は対談の中で微塵も、「悪意」だとか「RAPTさんを陥れよう」だとか、「聖書・神なんて嘘だ」とか頭ごなしに決め付けて話・態度をしたつもりは一切ありません

純粋な疑問をぶつけただけです。

悪意なんて、微塵も無く、それどころか彼の理論に触れてどう自分は思うのか、わくわくして話しているのです。

それを「偏見」「疑い」「懐疑的」と言われることは心外です。

疑問を持ってはいけないのでしょうか?
私は疑問がたくさん浮かぶことが、唯一私の持つ才能だと思っています。

「疑問=疑い」? 悪い事でしょうか?

これらのやりとりが何度も続き、もう何を言っても、平行線であり、もう私は疲れましたので、もうこの件はもう終わりにしたいと思い。本心とは裏腹ではありますが ↓ この謝罪メールを送ってもう終わらそう。と思ったのです。

「RAPTさんの前では聖書に疑いを持たないようにします。」と、メールを送ったわけですが。

そうしたら、「理解いただきありがとうございます」と言い出し、しかもそれだけではなく、わたしが「聖書」をバカにしているとメールが来たからビックリしたのです。

聖書・神様に対してバカにしたような感じで話をしてしまって、大変申し訳ありませんでした

対談中、そんなバカにした気持ちは微塵も無いのに、RAPTさんは私が「バカにして話していると思っていたのか?」と

「あ~ そのように私は見られていたのか」と、びっくりしたのです。

そんな気持ち少しも無かったわけですから。 がっかりしました。
ただの子供の喧嘩ですね。 「バカにした バカにしていない」 もうどうだっていいです。

そして何人かはコメントやメールで、対談で話している時の私の態度が悪いと言って来ました。
そんなつもりが一切無かったので、これも心外です。

聖書の話を聞く態度ではないと言っているのでしょうか?
自分の家で自然にしていてはいけないのでしょうか?

しかもあの対談では、9時間以上も話しているのです
常に一定の姿勢でいれません。

悪意が一切無いにもかかわらず、態度、疑問、これが悪い!と言われているのです。

奴隷を量産する「義務教育」の学生時代に大人に意味も分からずに散々叱られていた、若き日のあの頃に戻った嫌な気分です。

そして私がこの一連の件に関して推測するに

「さゆふらっとまうんどは、「聖書」「神」を疑っている」と言う目で、対談動画を見ると益々私が「聖書」「神」を疑って話している様に見えてくるのでしょう。

そう、

疑いの目で見ているのは何を隠そう、他でもない「RAPTさん」なのです。

私の事を疑ってみているからこそ、私が疑いの目で「聖書」「神」をみていると、どんどん思えてくるのです。

自分が信じているものを守りたい保身です。

動画を見て皆さんで判断してください。私は相手をバカにしているでしょうか?

私は自分のことだから分かります。 していません。

「聖書」「神」「悪魔崇拝」もそれをあるものとして一度受け入れてから、疑問に思ったことを聞いているだけで、疑問を超えた、「悪意」「疑い」など一切ありません。

自分の事ですからそう断言できるのです!

「聖書」「神」「悪魔崇拝」が確かにいないことも証明できませんし、それらが真実である可能性も十分にあると思って話していますので、私はもっと良く知りたいのです。

全くありえない話なら、話す価値が無いでしょう。

それどころか「さゆふらっとまうんどの理念」でも悪魔崇拝者に牛耳られた既存の世界構造をぶち壊すと
だいぶ前から書いていて、その存在は既に認めているのです

自分の考えを深め、新しい知識を得て自分を深めたいだけです。

一部の人には私の態度が悪くみえたのかもしれませんが、そのような態度、そして様々な疑問が出てくることも、私はいつも通りの自然のことであり、それを懐疑的であると一切感じないで見ている人もたくさんいるのです。 私がそう思っていないのだから当たり前です。

懐疑的だと感じる人は、「さゆふらっとまうんどは、疑っているぞ」という、疑いの目で私を見ているからに他ならないのです。

とても排他的な心理状態で見ているのです。

つまり私の言動に悪感情を抱く人は、自分が信じているものを守りたい保身から派生した感情を私を見る事で、勝手に自分の中で増幅しているだけではないでしょうか?

そうじゃない人は私の中にそのような「悪意」があることを一切感じていないのです。

違和感を感じても、「こいつは自由だな」くらいでしょう

そう、私は、素直で自由なだけです。
そしてそれを、私の素朴な疑問を「偏見」「疑い」「懐疑的」と言われては、話になりません。

今回RAPTさんと話すにあたり、そんな感情は無く、疑問を素直に聞こうと思っていましたし、疑問を聞くスタイルと言うことも話していました。 RAPTさんにとっていい動画になり、双方のプラスになればよいと思って話していました。

私が疑問を聞きながら進める対談でもあったにも変わらず、その「疑問」を「偏見」「疑い」「懐疑的」と言われたら、話すことはできません。

聖書で言う「ひつじ」と話すしかないでしょう

つまりなんでも「うんうん そうですよね その通りです」 と、目の前の人の背中にただ着いていく人間を選んで話すしかないでしょう

実際には言わないけれども彼の背景に感じるものは、自分(さゆ)の考えよりも「聖書=神」を信じろ!と言っているように聞こえるわけです。

それを前提にすればすべてが繋がり見えてくる、ここまで解明できたと言っています。

だから、【「聖書」「神」を疑う=湧き出る疑問】はいけないことだと、無言で言っているわけです。
言っていませんが、そう感じます。

しかし、私は自分を信じているし、自分自身で、自分の頭でしっかりと納得しなければいけないと思っているからこそ知りたいのです。 知りたいから疑問に思うのです。 もう一度言います わたしは知りたいだけなのです。

しかも最初から、彼は私が無神論者であり、いままで宗教に触れる機会はなかったことを知っているのです。

これらの背景があって、「お前は神・聖書をバカにしている」と言われたら皆さんならどう思うでしょうか?

そして最後に、

私は今まで生きてきて、宗教に属したことが無く、聖書をまともに読んだことが無いにせよ、聖書や神のことを言う人の話を「どうゆう世界なんだろう?」と話したことは過去にあります。

宗教への偏見は一切ないですから、ただ盲目的に避けたりするような「食わず嫌い」はしません。
機会があれば、ガチで話すのです

しかし、そのような機会があっても過去に私の疑問がはれたことが一度もありませんでした。

そして、「疑問が晴れない」ことと「真実ではないこと」は必ずしもイコールではない。
ということは常に心にありますので、機会があれば話を交わすことを拒んだりはしません。

真実に行き着く可能性を排除しないので、ガチで話すわけです。

よって今回の対談は楽しみであったわけです。

それら宣教者と過去に神や聖書の話して共通していたことは、

「聖書を読んだことがないのだからこの人には分からない」。
「神がいると信じる人にはすんなりと理解できるが、「懐疑的=疑問がある人=欺くもの=悪魔的な人」に話しても分からない」
「彼ら(神を信じないもの)には言っても分からないのだけれど、述べ伝えなければいけない神の教えがあるから、伝道する」という思考パターンです。

つまり「神がいるということを信じている人は受け入れられるし、それ以外の人は受け入れられない」と言う前提に落ち着くのです。

つまり、言い方を変えれば、「信じるものは救われる」という大義名分に逃げるのです。

【信じたから救われたこと】と、【初期段階の疑問を押し殺した、その疑問を忘れた、盲目になった、疑問にすら思わない】ということ同じ事であることに気付かずに、実は思考が後退したことによって、救われた自分に気付いていないのです。

それは誰も、疑問や問題が無くなる=忘れれば、悩みはなくなり救われますよ。

特に、長くその世界に触れれば触れるほど、一見深まっているように見えるけど、必ず「スコトーマ」ができて盲目になり適切な判断ができなくなるのです。

「スコトーマ」とは、分かりやすく言うと、「色眼鏡」のようなものです。黄色いレンズを通して景色をずっと見ていると、時間の経過でその世界が黄色身がかっていると気付かなくなるようなものです。はずすと世界は黄色かったと気付くわけです。

その黄色が、疑問点なわけです。
その疑問点がなくなった状態が洗脳です。

つまり、疑問点を「懐疑的だ!」「悪い事である!」とする事は、「洗脳することとイコール」なのです。

属して、どっぷり浸かっていると一見深まっているように見えるけど、実は見えなくなる事が逆に増えるのです。

よって、宣教者は我々の疑問には答えられず、聖書に書いてあるからと何でも言うのです。

つまり、宣教とは疑問を払拭する行為ではなく、ただ「羊」を集めているだけなのです。

私の疑問に答えらる人は今のところ一人もいないのですから

最初から「羊」と話せばこのようなことにはならなかったのだと思いますが、対談しようと最初に言ってきたのはRAPTさんの方からです。

そして「羊」を集めることこそ、宗教の存在理由であり、その「羊」達を誘導することこそ、間接民主主義を悪魔が利用することに加担している戦略であると思っています。

「積極的に政治に介入する宗教」、かたや「政治に介入する事を悪いこととする宗教」どっちも同じ「羊」です。

今回私は対談できて良かったと思っています。

このような機会を与えていただき、思考が深まったのは間違いありません。

  • いいね! (322)
  • この記事の題材でまた読みたい! (111)
  • この記事を動画で見たい! (15)

RAPTさんとのやり取りの詳細と、私の思い。」への63件のフィードバック

  1. 百軒

    流石、さゆさんですね。

    RAPTの正体を暴きだしましたね。

    奴が紹介している、聖書の出版社の日本聖書協会のボスの宮原守男は創価の弁護団長もした人物です。

    http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2013/08/post-b25e.html

    こんな、ことをいうと、RAPTから悪魔崇拝とか訳のわからないことを言われそうですが。

    あと、RAPTは聖書協会の本を紹介しているからと言って、私が聖書協会とは関係ないといいそうですが。

    私もさゆさんが、急に変わった気がしたので、少し心配でしたが、安心しました。

    これからは、独立党ともRAPTとも関係のないスタンスで活躍してください、私の結論はあなたはあなたそのものだということです。

    RAPTも狼狽していますねw

  2. 甘えび

    先程コメントで書き忘れたのですが、
    さゆさん、一連の動画の表紙(と言うんですか?)の顔
    とってもいい顔です!いつも見て、そう思います!

  3. HMX

    まったくその通りだと思いますよ。

    本音=真実さほど強い武器はありません。

    また、自分自身の無知を知ることが「知」の始まりであり、
    問題意識や疑問の深さが、真理に至る力になるのだと私は信じています。

    さゆさんの素晴らしいところは、その純粋さと柔軟性と限りない成長意欲です。
    数々の疑問や直観はそうしたところから生まれるのだと思います。

    しかし、以前もさゆさんがおっしゃっていたように、人に何か守るべきものができたり、ある特定の人や思想にに固執したり凝り固まると、それらの大切なものを失って、それ以上の進歩や発展がなくなります。
    だからそういう存在は、さゆさんのような存在におのずと淘汰されていき、次元を上げた新しい価値の創出のための踏み台として使われるしかないでしょうね。

    読んでいて痛快でした。

  4. まっつん

    9割本当のことを言って、肝心なところを隠す傀儡・・・
    そもそも聖書は、それこそ本当のことも書かれておりますが、当時の政治に合わせて改ざんされていると見るほうが、自然です。特に新約は肝心なところをほんの少し変えているかもしれません。RAPTさんみたいに、100%信じるのはたいへん危険なことだと思います。

  5. 井岡尚美

    さゆさん
    全くもってそのとおりです。対談中、バカにした気持ちなど微塵も無いことは明白に見てとれます。
    むしろ素直に疑問をぶつけているだけでごく自然な態度でした。無神論者であり聖書を読んだことも無い人が 悪魔崇拝 の話に入っていくのだから、理解しようとして聞いている態度に思えました。この対談が回を増すごとに、それを見ている私たちも真実の解明に近づいていき知識を増やすことかできると期待し楽しみにしていました。疑問を聞きながら進める対談を、懐疑的と言われたら話すことはできなくなると思います。

  6. 銀次郎

    信じれば楽になる。ゴミの中でも幸せになることはできる。
    その考えを突き詰めれば、放射能の中でもなんてことになる。

    無所属だと公言することが彼にとって都合が悪く、それが顕わ
    になったことに対して敵愾心を燃やしてる様子です。

    どうしてこうなっちゃうんでしょうか。
    友好的にやって欲しいってのが大方の意見だと思いますが。
    彼にとってはそんなことはど゙うでもいいことのように見えます。

  7. 愚民化されてますよ?

    数学の世界で難問を証明しようとする時、確か2年か3年の期間反論に堪えないと証明されたと
    見做されないですよね。
    RAPTさんも自信をもって真実だとおっしゃってるわけですが
    反論に対する武装と覚悟を準備されてると思ったのですが
    最初から疑問自体をシャットアウトしてるような印象で
    私としてはその段階で精査する価値がないと判断します。
    でも仮説の中にはあたってるものあるかもしれないですね。

  8. くうる丸

    私は、キリスト教系の幼稚園を卒園したのですが、その時頂いた聖書も、大事にとってあります。只、今に至っては、イエス・キリストと言う人物自体、存在していなかったと思っています。宗教は、おおよそ国民統治の為の、ツールでしかありませんよ。それ以上、物事を考えないようにする為に、存在しているのだと考えます。

  9. karie

    これはどなたにも当てはまる事ですが、人間というのは自分の心の中の闇を、只相手に投影しているという事に過ぎません。
    ですのでどなた様も、その方のお話しになる事やお考え・捉え方というのは、その方の内面に起きている事の現れに過ぎないのです。

    心の素直な方はそのまま・ありのままを客観的に受け止め判断致しますし、心が疑心暗鬼な人はどなたを見ても疑いを持つ。それだけのお話しなのです。

    Raptさんの様に「神」と「悪魔」という二次元的で両極端な思考での「神」の捉え方では、絶えず「敵」というものを作る思考になりますから、彼が病的に気にするものが「この人は自分の敵=工作員ではないか?」という疑心暗鬼なものになるのは当然です。

    思考が極論に走る方は、最後は被害妄想から来る被害者意識という思考で全ての物事を捉えて行く様になり、最後は心が疲弊し病んで行くのです。(それの極みが戦争です)

    この世の中とは、白と黒にはっきり分類できる様な、その様な単純なものではないのです。
    …というのは私達は人間である限り、どなた様にも(勿論Raptさんも、さゆふらっとさんも、私も、ブログの読者の皆様も)例外無く自分の心の中に神(天使)と悪魔が同居しているからです。

    私達は自分の心の中にも闇(悪魔)が在るから「悪魔」というものが理解できる訳で、もしそれが無かったとしたら相手は天使や神にしか見えないはずです。
    でもその様な方は「人間」として生まれて修業する必要が無いので、この世にいないと私は思います。

    私達の住んでいるこの地球は、二元的思考に陥り易いトリックが仕掛けられていて、
    神(光)というものを体現理解するには、悪魔(闇)というものの存在がなければならない。
    悪魔(闇)というのは、その為の「必要悪」で有るに過ぎない。
    神は「光」も「闇」も表裏一体で一つという世界を創造なさったのです。

    そして神様はかくれんぼがお好きで、一番見つかりづらい所にお隠れになった。
    それは各自の「私の中」に。

    キリスト教の聖書も、仏教の仏典も、元々はキリストや仏陀が書いたものではなく、後に残った人々により、時の権力者により、その都度都合の良い様に書き換えられて行った歴史がありますから、本当に100%正しく伝わっているもは無いというのが私の見解です。

    そして人は何を読んでも聞いても見ても、結局は「自分の理解したい様にしか」解釈しないものです。
    どの様に解釈するかは、その方の内面で起きている事と一致するのです。(これで最初の話に戻ります)

  10. しおり

    動画、よかったです。

    見えないところでハードな思いをされていて申し訳ない感じですが。。
    ありがとうございます。

    それでもこの動画特に中盤以降最後まで、なんとも言えずよかったです。
    カットしなくても問題なしと思えるのになんでだろう…

    そしてさゆさんは人を活かす人ですね!

  11. KAIN

    さゆふらっとさん お疲れ様です。
    対談VOL.4拝見いたしました。
    Raptさんが、拒否している理由がよくわかりました。
    正直、VOL.3までは、さゆさんが、若いからなのか?と思っていましたが、すいません勘違いしてましたね。。
    Raptさんは、ヤハウェ(キリスト)を信仰していることがわかりました。

    Raptさんの解明している内容は、日本を理解する上である意味正しい構造なのでしょうか?
    世界標準のキリスト教が日本に割り込むには、天皇(神社)、先祖(お寺、宗教)を解析する必要がありますので、
    支配構造が浮き彫りになった以上、理解が高まることは、さゆさんを通して、勉強になりました
    悪魔崇拝は関係ないですね。。(笑)

    私は聖書を読んでおりませんが、Raptさんの構造だけを理解することで、時事の事件の切り分けに使って判断しております。
    私は、聖書ではなく、アメリカに2000年以上同じ場所に住み、精霊へのお祈りを続けているホピ族の言い伝えのほうが、
    正しい人類の歩み方なのかと思っております。
    宗教信仰の多い、高度文明国のアメリカにこのような民族が存在し、
    日本で言うと天皇家のような伝統のある民族であるが、日本の天皇のような
    年間800億ものお金を必要としない、本来あるべき姿を感じられると思います。

    さゆさんも是非  宗教ではありませんので。。暇なときでも
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%94%E6%97%8F

    http://hyla.jp/hopi.htm

  12. facebook

    追記すみません。
    raptさんの最新アップ読みましたが、向こうは向こうでさゆふらっとさんを工作員じゃないかと穿った見方を強めているようです。今日は日中ハッピーなことがあったんですがおふたりのこの結末によりとても悲しい1日になったと感じてしまっています。わたしはどちらのサイドにも加担しませんが、この最悪の結果に当事者とはまたちがう立場で心を痛めております。ふたりの応援者として、そういう読者もいるということを忘れないでください。

    また、わたしにはどちらが正しいのかなど測る術はありません、しようとも思いません。ただ、わかるのはお二人ともに対談からアップまでのオペレーションがうまくいかなかったんだということ。わたしはさきほども書きましたが、またいつの日かふたりが邂逅しともに悪の成敗に「1+1=5000」くらいで臨んでほしいですが、まあ難しいでしょう。ですので、あなたが工作員でなければ、せめて今回のことをぜひ今後の栄養にしていただきたいです。

    では、失礼いたします。

  13. レイラ

    さゆふらっとさんが、どうもキリスト教系信者連中に取り込まれてるような気がしないでもないんですけど、大丈夫でしょうかね。

  14. 龍族の末裔

    動画を観ましたが全く馬鹿にしてるようには見えませんでした。
    しかし、いくら自分がどう思っていたとしても、相手がどう感じるかだと思うのでRAPTさんが、そう感じたならそうなんでしょう。
    人間同士のやり取りって難しいし、面倒くさいですよね。自分も若い時にはそう言う場面が多々あったので、今では親しくない人達には演技してるのでとても窮屈です。
    自分も思った事をズバズバ言ってしまうし、疑問に思った事は発言したりして、みんなと合わせる生き方をして来なかったし変わり者として見られてたので気持ちは解ります。

    RAPTさんが洗脳状態を取るためには聖書しかないってのは、やはりおかしいと思いますね。聖書に書かれてる事が必ずしも正しいとは言い切れないし。
    結局は聖書も洗脳じゃん!って。
    それに、新約聖書は旧約聖書に後から書き加えられた物だし、存在していないイエスキリストの教えを信じろって、どう信じれば良いんでしょうね。
    そもそも、存在してなかったイエスキリストが生まれた年を西暦0年ってのが世界共通になってますが、学生のころからずっと疑問に思ってました。
    科学が発展してる時代になってるのに何故、神の使いだか生まれ変わりだか知らないけどイエスキリストの存在を基準にしちゃってんの?って。こうゆう所も陰謀だと思うんで、やはりキリスト教と聖書は洗脳する為にあるとしか思えません。

  15. チャリダー詩人

    最初の動画の記事を見るまでRAPT氏は全く知らなかったのですが、調べてブログを見た時は唖然としました。一体この人は何者だろうかと。

    前世や輪廻転生、釈迦、空海、最澄と日本人であるわたしたちの心の拠り所であるものを次々を否定し悪魔呼ばわりして、その根拠にはすごいものがあるのだろうと、前世を否定している記事を読んで、分かりました。これ以上詮索する意味はないと。

    何の不思議なことはありません。この結果は必然です。みんな安心しているでしょう。

  16. わわ

    RAPTさんも今のこの支配構造がおかしいと思ってる割に言論統制の様な事を自分で考えてしまうんですね
    でもお二人の対談はおもしろかったですよ
    さゆさんにもっと喋って貰えれば、世を変える手掛かりが掴めそうな、ちょっともどかしい気持ちでした。

  17. take

    お疲れ様でした。

    何で見せたくなかったのか見たら良くわかりました。
    ぼろぼろじゃないですか(笑)

    20分ぐらいで正直見るに耐えない気持ちになりました、まともに全く答えられてなくて、最終的に聖書にたどり着く、聖書さえ読めば良いと、まともだと思えなかったです。

    最後まで我慢して見ましたフィリピンのごみ溜めの子供達が幸せだと言ってて洗脳されて無いからだと、違います!その子達はそこしか知らないからそれが普通になってるだけです!

    それこそ世界はごみ溜めの中にあるって洗脳じゃ無いでしょうか!

    聖書を読むには特別な力がいることも教えられました。
    ヤハウェイに祈るには聖書を熟読してしか正しい心で読まなければどの聖書を読んで祈ってもヤハウェイにはたどり着けず、ルシファーに拝んでることに成ることもわかりやすく教えていただきました!

    仏教は悪魔教だと知りました、仏壇にご先祖様に手を合わせる行為も悪魔へと通じる事だと受け止めました!

    僕は無信仰です、聖書を読んでごみ溜めの子供達を幸せだと思える人間に成るぐらいなら死んだ方がましだと感じます。

    家畜として生きていくなかで幸せを感じることも出来る、その為の聖書だと良くわかりました!

    僕がもし神様ならそんな聖書無くしてしまいたくなりそうです。

    言葉が悪くなりますが

    お前達は貧しい国に生まれた訳じゃなく、平和で能天気な日本に生まれ育って、その豊かな生活を支える為にあのごみ溜めが出来たとも思えない!

    それが悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて仕方ない!

    人殺しの定義とはなんですか?

    自分の手を下すかどうかですか?

    間接的に豊かな生活をすることで誰かを殺してるかも知れないと想像も出来ませんか!

    ただ悔しいです。

    あのごみ溜めの子供達を言われたのが悔しいです。

  18. ひな

    ?陰謀論者や理由づけ論者…頭が凝り固まってるね。
    動画を見ていて、私も変に感じました。結局は聖書が
    正しく全てだと言ってるように感じました。
    知らない事や疑問に思う事があれば、突っ込んで質問する事は当たり前ですよね。自然体に感じました。
    これからも自分の信念を貫いて頑張って下さいね。
    あっ、それからエハンさんが是非一緒に話して貰いたいと、
    動画で言ってたから、実現する事を楽しみにしていますね。

  19. ponio

    当初からRAPTさんのブログを大変興味深く、驚きをもって読んでいました。その過程でRAPTさんに質問のコメントをしました。一度目は削除?されました。そのコメントは輪廻転生についての私の見解を述べたものです。
    http://ameblo.jp/ponio20/entry-11941939440.html
    http://ameblo.jp/ponio20/entry-11785101823.html
    そして、今回もコメントを書きました。

    04 5月 平清盛が平家をロスチャイルド家にしてしまった可能性。または「密教」と「日の丸」に隠された意味。
    ponio
    Posted at 11:03h, 06 5月
    ロスチャイルドはワーテルローの戦いあたりで、金もうけに味をしめたのではなかったですか?
    そんなに古い時代、平家などの時代に存在したのでしょうか?その時代もすでに財閥だったと?
    私は純粋に最初からあなたの読者です。
    コメントが気にくわないからといって、簡単に消すんですね。
    疑問があるから、質問しているのであって、質問にも答えず、消してしまう。
    あなたの、頭の良さは理解しています。これだけのパズルを解く力があるのですから、
    でもね、推定無罪でしょう。あなたは推定有罪として、すべてを断罪しようとしています。
    きっと、唯一正しい宗教はあなたの信じる「聖書」だけになるでしょう。
    これでは、世界のすべての文明や文化を破壊し尽くさなければなりません。
    だって、悪魔の支配によって成り立った文明ですから。
    古代のあらゆる遺産も破壊しなければなりませんよね。
    そうなると、推定無罪ですが、RAPT十字軍を立ち上げて、これらすべての宗教を破壊しなければ
    世の中は正せません。どうか、消さないで、この単細胞の意見に耳を傾け、お答えください。
    そうでないと、次に進めないのです。
    決してどこぞのエージェントではありません。71歳のじいさんです。
    rapt
    Posted at 11:22h, 06 5月
    >ponioさん。
    「ロスチャイルドはワーテルローの戦いあたりで、金もうけに味をしめたのではなかったですか?
    そんなに古い時代、平家などの時代に存在したのでしょうか?その時代もすでに財閥だったと?」
    平家が財閥家ですか。財閥としてのロスチャイルドはワーテルローからですが、
    天皇の側近としてのロスチャイルドは古代からあったという話をしているのです。
    「私は純粋に最初からあなたの読者です。コメントが気にくわないからといって、簡単に消すんですね。
    疑問があるから、質問しているのであって、質問にも答えず、消してしまう。」
    私はあなたの質問を消した覚えはありません。きちんとコメントを送信しましたか。
    あるいは、最近、きちんとコメントが届かないという不具合も生じていますので、そのせいかも知れません。
    「でもね、推定無罪でしょう。」
    それを言ったら、もうこの世で何の発言もできませんね。

    「きっと、唯一正しい宗教はあなたの信じる「聖書」だけになるでしょう。
    これでは、世界のすべての文明や文化を破壊し尽くさなければなりません。
    だって、悪魔の支配によって成り立った文明ですから。
    古代のあらゆる遺産も破壊しなければなりませんよね。
    そうなると、推定無罪ですが、RAPT十字軍を立ち上げて、
    これらすべての宗教を破壊しなければ世の中は正せません。」
    そんなこと一言も言っていませんけどね。
    いくら悪人を滅ぼしても、世界は変わらない。
    だから、あなた自身が幸せになれるように努力してください。
    そのためにも、聖書を学んでみてくださいと言っているのです。

    「決してどこぞのエージェントではありません。71歳のじいさんです。」
    今日の私の返答は、もう既に記事に書いていることばかりです。
    あなたが理解できずに、勝手に私のことを悪く思っているだけです。
    71歳なら、相手に快く返事してもらえるような質問をするように努めてください。
    礼儀を知らない人の質問にはやはり誰でも答える気がしないと思います。

    正直いいまして、悪に上下があるのでしょうか?悪は悪です。天皇が償還するルシファーは悪魔のトップで、ロックフェラー、バチカン(教皇派)の信仰する悪魔バフォメットは低級だと、そんな階級を付けられるものでしょうか? 何だかRAPTさんは人の能力を低能だ、頭が良い、悪い、レベルが低い、レベルが高い
    そうコメントに評価しています。人間の知能というのは大宇宙の英知に比べればけし粒みたいなもの、傲慢としか言えません。聖書を広めるRAPTさんが感情をむき出しにし、寛容性のなさがとっても気になります。
    私は一読者として、質問しているのに、こうですから。さゆふらさんが仰る羊てないとRAPTさんには質問出来ないことがわかりました。

  20. いぬ

    動画見ました
    全然普通の対応だと思うんですが・・・
    素直に疑問に思っているところは聞いているだけだし馬鹿にしている感じもないですよね
    むしろ熱心に聞いてるじゃないですか
    正直RAPTさんがよくわからないですよ

  21. *り~ぽん*

    ラプトさんと話してるさゆさん、すごい楽しそうだったのに(´・ω・`)
    結局、許容範囲がせまいというか、、、
    大人が子どもに文句言いたくなってる感覚だけかも。

    ちいさいことにこだわる人って結構いるんですね(((^^;)
    確実に自分の主張が優位でありたい、、と言う感じなのでは。

    これからも頑張ってくださいね\(^o^)/

  22. いぬ

    RAPTさんから学んだこと

    ”だから宗教戦争はなくならないんだなぁ”

    本当にありがとうございました

  23. レイラ

    RAPT氏は聖書に凝り固まった人物で、これはこれで偏狭さが感じられますね。
    実はどこかのキリスト教系の信者なんですかね?
    とにかく、こういう宗教臭さが漂う輩の主張は危険信号。それこそ韓国統一協会や創価学会や幸福の科学の連中と大差ない。
    参考にする程度に留めるのが無難です。学ぶこと・調べることは、まだまだ多いんですから。

  24. ココ

    さゆふらっとさん、がんばって下さい!
    疑問点を疑問点として尋ねた、それだけの話ですよね。
    なのに、まるで言論統制のように写りました。
    さゆふらっとさんは、自由に、これまでのようにやって下さい。
    誰かに義理立てする事はない、それこそ奴隷の思考だと思います。
    がんばれ!

  25. amisota

    以前にもコメントさせて頂きましたが、今回も失礼します。
    承認は、結構ですので。

    私はさゆさんのブログもRAPTさんのブログも、楽しみにしています。
    このような流れになり、驚きと残念さを感じましたが、どちらが正しいとか正しくないとかは、見る人の視点で変わるものと思ってます。

    人は皆、主観を通して物事を理解していると考えます。
    さゆさんもRAPTさんも、お互いが自分で大事にしてるポイント・価値観の相違によって、このようにぶつかってしまったのだと思います。

    RAPTさんが嫌がることを強行する形になったのは、さゆさんもここまでくるまでに、沢山の思いがあったのだと推察します。
    RAPTさんとのやりとり他、多くの方からのコメント・メッセージなどなど。沢山考えられたのだろうと思います。

    私が以前コメントしたものが承認されなかったというのは、少なくとも、さゆさんにストレスを感じさせてしまったのかもしれない、と思い、反省しています。経緯を知らず、すみませんでした。

    お二人のブログに挙げられてる気持ち、それぞれの思いを読んで考えさせられます。
    決裂っぽくなってしまいましたが、このことからお二人とも何かを得られてるように感じましたので、いい機会、と言ってはなんですが、意味のあるものだったと思います。
    私もいろいろ考えるきっかけを頂きました。
    ありがとうございます。

  26. とも

    お願いがあります
    嫌な気持ちになるので
    承認しないで下さい。

    RAPTさんブログに読者の方から
    届いたメールの内容がアップされていましたが…。↓

    【先程さゆ氏のHPを見てきたのですが、工作員の匂いがぷんぷんするコメントで一杯でした。
    ここぞとばかりにRAPTさんと聖書を攻撃しているコメントや批判や悪口が目立ち、
    見ていてとても気持ち悪かったです】
    果たしてさゆさんにコメントされている皆さんは工作員なのでしょうか?
    前回は私もコメントしましたが…。
    今の社会に疑問を持ち純粋に
    真実を見極めていきたいと思っている子育てに奮闘している主婦ですが…。
    工作員に見られているかと思うと嫌な気持ちになります。

    さゆさんのことも工作員なのではないかと疑われていましたが
    RAPTさんは以前
    【憶測だけで誰かのことを泥棒と決めつけて悪口を言うならそれは決して正しい行為とは言えない】
    とブログで書かれていました。
    矛盾していませんか?

  27. とも

    すみません。
    伝え忘れていました。
    非承認でいいです。
    今回も別にさゆさんはRAPTさんを馬鹿にしているようには全く見えなかったですよ。

  28. KIKI

    はじめてコメントいたします。
    今回の対談の動画をみて、自分が宗教が苦手な理由の再認識。その教えを疑いもなく信じる盲目的で献身的なところが私が畏れていることだったのだと。しかも相手はその教えがその人にとってとてもいいことだと信じて疑わないから、お金で騙そうとか悪いことをしてると自覚してる人と違って、自覚がまったくなく善意から(自分は正義を行っていると思っているから)扱いが難しく、しかも神を信じていそうに思える(神を信じてますがね)らしく、宗教関連に勧誘されたことが何度かあり、一応知らないで否定するのは好きではないので話は聞きますが自分が納得した試しがありませんでした。作られた宗教は最初は純粋だったのかもしれませんが、結局は運営する人たちによっていい様に解釈されているに過ぎないのだと思います。集団心理の怖さも備えているのでそこに所属する宗教は苦手です。その人が宗教を信じてるのは別にかまいません(カルトじゃなければね)がそれを強要するものではないと思っております。これは私の感じてる宗教観です。

    さゆさんがカットなしで動画をあげる理由が、全部見せることでうそや編集でごまかしていないものにしたかったんだろうと思います。真実なら全部そのまま見せても何の問題もないだろう、何故カットしなちゃいけないの?公開しようよという意図が汲み取れます。両者のブログを読ませていただきましたが、私の感じた感想です。

  29. いぬ

    何度もすみません

    RAPTさんの方のブログでさゆふらさんが工作員じゃないか?みたいなコメントだかメールがあるようですが
    対談を申し込んできたのはRAPTさんの方ですよね
    さゆふらさんから対談申し込んだわけではないのだから工作員なわけないだろうwって思う

  30. 設備屋

    この様な結果にすぐなるであろう事は、リチャードコシミズさんとの一件があった時すでに思っていましたよ

    さゆさん今後も益々、我々羊奴隷解放のために、ロスチャイルドだろうが皇族系だろうがロックフェラー系など、国内の売国奴やそれ以外の支配者層をも追及していって下さいね
    お金と時間さえあれば僕も活動出来たのでしょうが、生活するために仕事に追われこれが精一杯ですが、さゆさんの活躍を心より期待しております

    まあ、しかし…
    RAPT氏は他の方達から仕入れた情報や歴史を二次情報として、憶測や予想で独自理論を話す節がしばしばありましたが、ちょっとすぐイラッと反応したり、日本で天皇派を追及した第一人者ならもう少し、初心者に対して穏便気長に根気強く解りやすく質疑応答したらよかったのにと思いました

    いずれにせよ、支配者層を悪と見なしガチで敵視している正義ある革命家は支持をしますし尊敬してます

    まあRAPT氏

  31. べるすず

    さゆさん

    こんにちは。いつもフラットな状態で見させていただいています。
    自分も全く同感です。純粋に疑問に思うから質問する、
    知りたいから、人に聞く。ただただ、それだけだと思います。
    自分たちも同じような疑問を持ちましたし、さゆさんが代表で
    聞いてくれている、疑問を人々に投げ掛けてくれている。
    そんな風にいつも拝見しています。

    RK騒乱もそうですが、今回の件も、結局は自分が信じるものを
    信じないものは 工作員。自分達の脅威になるから、批判して
    願わくば排除したい。そう誘導しているに過ぎません。

    さゆさんもそうだと思いますが、我々は工作員でもなんでもなく、
    真実を知ろうとしている(またはもう知っている)、一般人です。

    奴隷になっていると、思われて仕込まれた世界に住んではいますが、
    我々は奴隷ではありません。

    自分達の心に確かな真実を持っている。強いグループです。

    いきなり狼狽し始める 実は真実を語っていない人達とは違います。
    わからないことは、わからない!と言える純粋な人間です。

    だから、成長もしていけるのですよね。

    応援しています。

    いつかお会いしてお話ししたいです。

  32. ス~ファミ

    お二人ともお疲れ様です。
    すごく有意義に拝見しました。
    色々あったようですが、動画のアップ英断だと思います。

  33. 素朴な疑問

    いつも楽しみにブログ拝見しています。不思議に思っていることがあるのですが、さゆふらっとまうんどさんは大変読書家でいらしゃるのに、議論の中心になっている聖書をどうしてご自分で読まれないのでしょうか。そして今後も読むおつもりはないのでしょうか。このようなお仕事をされているのに、どうして読まれないのかなと思います。

  34. さゆさんがラプトに洗脳されなくてよかった!

    キリシタン天草四郎の父親は、「今夜うちの息子は海の上を歩く奇跡が起こせる」と公言した。
    満ち潮を利用し、昼間ひとけのない海に杭を複数打ち板を乗せた。
    満ち潮の時間に村人を集めて、板の上に天草四郎を歩かせた。
    するとどうでしょう‼
    半信半疑だった村人が「天草四郎が海の上を歩いてる」「キリスト様の奇跡だ」とインチキ手品に感動して 、村人がキリスト教信者になってしまっただとさ。
    キリシタン天草四郎親子って 、インチキ手品師だったんだね。昔は照明も少ないし、夜の海ならこんなインチキ手品できちゃうね。インチキ手品で信者獲得って!
    キリシタン天草四郎親子は村人騙して洗脳して信者獲得して、島原の乱とか迷惑かけまくりだろ!

  35. HI

    2点分かる範囲で間違ったコメントについて発言させて頂きます。短いのでさゆさんも御確認下さい。

    >百軒さん
    >聖書の出版社の日本聖書協会のボスの宮原守男は創価の弁護団長もした人物です。

    まずキリスト教は在日、反日勢力に乗っ取られているとRAPTさん自身、記事を書かれています→http://rapt.sub.jp/?p=16236
    RAPTさんが創価の手先なら創価をあれだけ批判しません。

    >takeさん
    >フィリピンのごみ溜めの子供達が幸せだと言ってて洗脳されて無いからだと、違います!その子達はそこ>しか知らないからそれが普通になってるだけです!

    ゴミ山に日本人が行きましたよね。なぜ自分たちはゴミ山で汚い格好をしていて、この日本人は綺麗な服を着ているのだろう。そう思うはずです。少なくともフィリピンの子は、世界中の人が同じくしてゴミ山で生活しているという認識はありません。日本人との格差もはっきり気付いているはずです。

  36. ばかへたれ

    私は ばかへたれ と言います。

    自分はとりあえず聖書を読んでみる事にしました。(というか読んでいます)
    やってみなけらば解らないので、出来る限り自分で見て感じて、自分の意思で答えを出していきたいと思いました。
    心外であれば恐縮ですが、自分などに比べようもない格をお持ちの二方は、既にこの意味を理解していると思っております。

    そして少し話は飛び僕の印象に残る言葉を挙げさせて頂きます。
    ジョン・レノンが歌ったように、私たちには想像するしか方法がないと思います。
    マイケル・ジャクソンが「僕たちは世界だ」から「世界を治そう」に変化しました。

    ブルース・リー「考えるのではない、感じるんだ」
    宗道臣「拳禅一如」「自他享楽」「力愛不ニ」「不殺活人」「剛柔一体」
    今となっては宗教団体に成りきってしまい残念ですが、昔は感動を得たものです。

    次は自分がこの世界を初めて知るに至った某医師の書籍からの気づきです。
    インディアン「7代先の事まで考えよ」
    ・・・童心に帰って、しっかり咀嚼して、色々な角度から想像したいものです。

    ごく一般の皆さんが、一方的に安易に得られる甘美な情報がありますよね。
    それが毒だと解明してる昨今、自分自身でその成分を分析出来る人になれば良いわけです。
    毒見をして毒だったら飲む前に吐き捨てるという事です。

    天皇だろうが教皇だろうが億万長者だろうが貧乏人であろうが神崇拝者であろうが悪魔崇拝者であろうがいずれ命は有限です。
    ゆえに成し遂げるために焦るのかもしれません(無限なら焦ることは無いとも言えますが)。
    しかし先に挙げたように、多様な生き方をしている人達が居るのであれば、善悪は抜きにしてもそれぞれ良く生きたいと思っている願いは根底に有るのではないでしょうか?

    自分がそういう立場で、尚且つ自分の経験を頼りに落ち着いて解釈したのならば、逆に焦ってはいけないと考えます。
    焦ってしまうと、心の中で湧き上がる恐怖や妄想の迷路にあっという間に囚われてしまう(上の例を挙げた自分の失敗だらけの経験の事です)。
    ですから、気持ちを落ち着かせて、一つ一つ丁寧にやっていきましょう。

    出来る限り俯瞰し、その先にぼんやりと思い描けるものを大切にしましょう。
    事を急いでもすぐに変わるものと、急ごうが待とうが変わらないもの(手遅れなもの)があると思うんです。
    手遅れであっても過去に縛られない強い心、心残りが有ったとしても頑張って、どんな状況であれ常に抱くべきは希望ぐらいです。

    即効で効く薬はやがて体を滅ぼします。
    自然治癒を促せばやがて体は回復し、究極は最高の死に方になります(私の祖父の最後は無病でピンピンコロリでした。当時十代の私はかなり焦りましたが、今となっては羨ましい)。
    自分を信じて、焦らず一つ一つ丁寧にやっていくしかないですよ!

    上手く書けたのかわかりませんが、何度も訂正しながら書いてみました。
    敬意を込めて正直にお伝えしたい私の思いです。

    承認なしでOKです^^

  37. ウルフハウンド

    RAPTさんはやたらと悪魔崇拝を主張しますが、悪魔の存在を実感できない人たちに悪魔を理解できるようにきちんと説明できません。これって不可解なことは何でも宇宙人、爬虫類人、レプタリアン、ドラコニアン、銀河連盟等のせいにして煙に巻く人達と似たようなもんじゃんと思っていました。

    本物の陰謀論者は世の中の事象を疑って疑って自分自身で考えて主張しているものだと思います。疑いまくっているのだから逆に他人から疑われる事に対し心が広いはずです。本物の陰謀論者が工作員と疑われる程度で腹を立てますかね。きっと誰かの顔色を伺うべくああいう発言をしているんでしょうね。

  38. 独楽人

    語り口の中に、だから、たぶん、おそらく、といった言葉を多用されれば、誰だって、それは本当ですか?と訊きたくなるものです。ただそれだけのことでしょう。

  39. 小さな絵本

    以前よりRAPTさんのブログを主人に薦められ読んでいます。さゆさんのブログは最近読み出し、動画たいへん共感をもって見ています。今回の対談で、双方の行き違いの件で思った事があります。RAPTさんは、結局のところ聖書を熟読したけれど、まだものになっていないのかなと・・・。ちょっとがっかりです・・。
    それに反して、今の若者にはなかなか無いさゆさんの正直さと、不正な社会に対しての疑問や指摘などとっても頼もしく思いました。これからもいろいろ壁があると思いますが乗り越えて行ってください。ガンバレェ~
    追伸:あなたの歌いいですね。聞いててすごく心地良いです。又違ったあなたの魅力が出てます。

  40. k

    動画を見させてもらいました。通過点ですよ彼等は。点です。決して線や面では無い。でも真新しい情報をいくらか吐き出してくれるので便利です。便利屋さんと思っとけばいいのです。

  41. yuka

    PAPTさんから申込みがあって行われた対談ですが、

    5/13のRAPTさんのブログ
    に、
    「今回、某有名陰謀論者と「さゆふらっとまうんど」さんとの対立を機に、私も何か行動を起こさなければと思い、「さゆふらっと」さんとタッグを組んで、RAPT理論を広くこの世に普及していくことにしました。」
    と書かれています。

    自分の理論を世に普及させたいRAPTさん
    知らない事、疑問に思う事なんでもフラットに話したいさゆさん

    つまりRAPTさんの姿勢は…教える立場=対等ではない
    さゆさんの姿勢は…対談=対等

    そう感じました。

    さゆさんは無神論者だけど、神・悪魔の存在を信じるという人の話を興味を持って聞く。
    ただ受け身に聞くだけでなく、その話から自分が疑問に思ったことやわからないことを投げかける。
    それって対談だから当然ですよね?

    聖書が絶対的に正しい言うのは、かまわない。
    でもその正しさ(正義)を人に押し付けないでって感じ。
    みんな考え方違っていいのだから。

    考え方、見方、感じ方が違う、それを認め合える努力をすることの方が重要だと思います。

  42. k

    RKやラプトに限らず色んな便利屋さんがこの世に溢(あふ)れてると考えてみて下さい。それなりの仕事はしてますが、それなりです。これは自分自身もそーであるし、自分自身の仕事や活動が地球の裏側まで影響を及ぼしている事実が分かっていれば理解出来るでしょう。そこを直感的にでも理解出来るセンスがあれば、ラプト氏のフィリピンの子供達がゴミ山でも輝いていたなんてことが納得出来るハズないし、そもそもその「ゴミ山」はどーして存在してるのかって?ってとこに気持ちが入っていかないとダメだろう?と思います。動画でのラプト氏のフィリピンの子供達の現状を説明するのに「汚ったない・臭っさい」というリアルな声音にはゾッとさせられました。それだけでも収穫アリです。

  43. k

    聖書には旧約聖書と新約聖書がありますね。旧約は紀元前4世紀ぐらいに出来上がっており、新訳の方は紀元50年ぐらいに出来上がったってのが定説みたいです。
    それって誰が(誰逹が)書いたんでしょうね?って考えれば、誰かさん逹が書いたり書き加えたり書き直したり書かなかったりして出来上がったもんだと理解出来るハズで、聖書とは膨大な年月と人手が入り混じっっており、そんなものを聖なるものだ!と言える根拠なんて無いです。
    ラプト理論が見えにくいのは時々ウチにやって来るモルモンやエホバの人達との問答に疲れてしまうこととクリソツだったってのがさゆさんの動画で見て取れて面白かったってゆーか、9時間も大変でしたね!ってのが感想の一番目です。細々とはありますが、そー思いました。

  44. peace

    さゆふらっとさんいつも見ています。対談は人と人がいてこそ成り立つのであって、とくに聖書に疑問を抱いたことに対してバカにしていると言ってくるような人とは関わらないほうがいいと思います。コシミズ氏のように工作員扱いをする人もいるでしょうし。あと聖書のことをなどについても、お一人で勉強されたほうがいいと思います。RAPTさんの言っていることはRAPTさんの意見です。それが真実である保証はどこにもありません。それにRAPTさんがクリスチャンであることも重要です。宗教によって考え方も違います。信仰を否定しているわけではありませんが、客観的な分析というのも大事だと私は思います。

    私の個人的な意見ですみません。応援しています。これからも頑張ってください。\(^_^)/

  45. k

    もしもですが、ここを見てる人で聖書とかキリスト教って何なんだ?と悩んでる人で、もうちょっとマトモな聖書理解は出来ないのか?とお悩みでしたら、「田川建三・たがわけんぞう」という人を探して下さい。この人は聖書学者で、その道のスペシャリストです。日本の宝のような人なんですけどメディアからは干されてます。もう80才。それでも学問の本道に打ち込んでて、ヒマがあったら現在の世界の動向や日本社会のおかしさをズバッと切ってみせるお力があるのですけど(若い頃は凄かったよ)、もう80才。残りの人生を聖書学の発展に孤軍奮闘されてますし、残された「時間」が無いのです。この人の「イエスという男(逆説的抵抗者の生と死)三一書房・初版1980年」なんて見つけて読んだらラプト理論なんて紙屑同然です。図書館や本屋で探してみてください。

  46. ゆりっぺ

    Vol,3で「りんごの赤も見る人によって違った赤に見える」というさゆさんのくだりを聞いて、この人は客観的視点をお持ちだなと思いました。ブロガーとして世の中の色々を偏りなく分析していく上で一番大事な視点ではないでしょうか?逆におおかたのブログの読者はおそらくこの客観的視点を持って観ていると思うし、しかも今回の様に文章だけではなく、声や喋り方を観たり聞いたりすれば伝わってくる情報量はかなりのものになるので、一目瞭然、いくら取り繕っても出てしまうものは出てしまいます。RK氏の時もそうでしたし。見る人が見ればわかりますし、釈明もいらないくらいだと思いますよ。これからも何色にも染まらず頑張ってください。

  47. k

    あ、「田川建三からのお知らせ」という本人のホームページがインターネット上にありますので、そこ見てもらうと田川さんの活動(主に執筆業)や、「今日の一言」だったか、そこを読むだけでも田川さんの人間性や思慮深さが理解出来るとおもいます。その思考や思想や優しさや厳しさといったものが、さゆさんとかなり似通ってると思います。学ぶことが多いです。

    よいしょー!w

  48. マー

    真剣に長文で丁寧に説明していただき考え方や思いが
    よくわかりました。
    これからも白湯フラットマウンドさんに付いて行きたいと
    思います!

  49. m nobu

    はじめまして。

    まず、最初にさゆふらっとまうんどさんに謝らなければなりません。
    あなたのことを、疑ってしまいました。
    本当に、すみませんでした。

    私は、さゆふらっとまうんどさんのyoutubeを良く見ていて、とても観察力等がすごくて尊敬していました。

    他にも色々な方の陰謀ブログを読んで、その後RAPTさんのブログを発見し、他にはない物で興味がそそられ、読んだあとは正直嫌な気持ちになるのですが、もしこれが本当ならばすごいなあと思い、勉強の意味で見ていました。

     RAPTさんは、ある意味純粋に聖書をとても勉強しているのは分かるのですが、自分と意見が合わくなると
    工作員だと勝手に決めつけてしまい、必要以上に攻撃してくるので、ちょっとやっかいな人だなあと前から思っていたのですが(自分の身近にもこうゆう人がいるので)、ブログに興味がそそられずっと見ていました。

     そして、さゆさんと対談と聞いて、とても楽しみにして(全部1~4)見ました。
    3回目を見て、その後RAPTさんのブログを見たら、何故かこんなことに?なっているので(RAPTさんのいつものことだったのに、私が馬鹿なために気づくのが遅かった)、私は、RAPTさんのことだけを読んで、勘違いをしてしまいました。
     本当に、すみませんでした。

    今日、4回目の動画を見たらやはり、さゆさんは、普通の人だと思いました。
    RAPTさんはもうどうしようもないですね。
    今回の件で、嘘を言って相手を貶めようとしているのは、RAPTさんの方だとはっきり分かりました。
     さゆさんに対してまで(誰にでもそうみたいですが)そうゆう方向性に持って行って読者を騙している
    RAPTさんにはがっかりです。

     今回の件で、さゆさんはかなり精神的に疲れていると思うので少し休んで、また復活したら色々と頑張って下さい。
      
     

  50. shig

    RAPT氏
    彼はユニークな性格の持主ですね

    人を利用することしか考えず
    その相手が少しでも自分の思うようにならなかったら
    突然豹変して攻撃を加える

    僕もやられました
    下のURLをご覧ください
    一番下のコメント欄です
    http://rapt-neo.com/?p=26516#comment-4947

    彼は過去の書き込みを突然メールアドレスごと出してきて(あり得ない)
    その上「工作員」のレッテルを貼りました

    もっと過去にもやりとりがあり
    僕のメールを承諾なしにブログにアップしたこともあります
    ま、そういう人間です

  51. REIKO

    さゆふらっとさん、タイムリーな企画に驚くと共に、行動力に感服致しました。
    そして、長時間お疲れさまでした。
    「肉声」は「文字」より格段の情報量があることを、改めて、再認識できました。
    議論を深めて真実に辿り着こうという心を持つさゆふらっとさんに対し、rapt氏は、極めて散文的でした。
    訊かれていることをずらしつつ、かわしつつ、独壇場では熱弁する…というやり取りが繰り返されておりました。さゆふらっとさんは聞き役でしたが、多くを語らずとも、冷静に耳を傾けるリスナーは、自ずと、核心を感じ取ったと思います。
    難解な文章より、平易な会話の中に、本質が現れることを、私も肝に銘じて生きようと思いました。

    私は、たまたま高校3年の時に、旧約聖書と新約聖書を読書したことがあります。私が通っていた県立高校は、3年間を4期に分けていて、第3期で高校課程を終らせ、3年生後半の半年は自由登校でした。大学受験に専念する方法も、或いは専念しないことも、生徒一人一人の自主性に任されていました。
    私は、今しかない!と思い、新旧の聖書読破に挑みました。若い娘らしく、教会の美しさへの憧れやら真理を探そうという思春期の純粋さなどが背景にあったことは否めませんが、一番の動機は、西洋の文学・音楽・絵画・演劇など芸術全般を理解するのに、キリスト教、つまり、聖書に何が書かれているかを知ること無しには不可能だ、と思ったからでした。
    そして、実行しました。
    何しろ、登校もない訳ですから、時間と体力と集中力がありましたが、困難を極め、毎日を費やしても、ゆうに半年掛かりました。学校や仕事があるならば、他の読書を一切排除しても、聖書の読破には数年間は掛かると思います。引っかかった箇所を掘り下げて思索したりせず、ただ読み進めるだけでも。
    私は、ひたすら読書したに過ぎず、理解は浅かったと思いますが、旧約聖書から始めて、新約聖書の最後のページ迄を、兎に角読み通しました。
    旧約聖書には、悪魔が度々登場しました。神ヤハウェは、兄弟の捧げ物に優劣をつける、厳しい神でした。
    あんなに厳しくされたら、気に入られ愛されたいとヤハウェの前にひれ伏してしまいそう、と思いました。
    どうしたら神に愛される自分になれるか?と、神の採点を気にしながらのアイデンティティー確立は容易ではなさそうです。旧約聖書に求める答えは見つかりませんでしたが、これは神話と位置づけました。
    新約聖書は、更に難解でした。
    イエスの言動を複数の弟子たちが、イエスの死後記述しており、福音書によって矛盾もあり、やはり真理を掴むことは容易ならざることでした。
    新約聖書が真理を広め深める為のツールなら、何故シンプルに解りやすく纒なかったのか、今でも疑問です。何しろキリスト教は、未開の地?に住む異教徒の魂を救いに、わざわざ命懸けて布教に行くほどの、熱心さなのですから。
    『むつかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、ゆかいなことをいっそうゆかいに』は、亡き劇作家の井上ひさし氏の言葉です。本当に頭のいい人は、誰にでも理解出来るやさしい言葉で本質を語れる人ではないでしょうか?井上ひさし氏のこの言葉に深く共鳴して、難しいことをより難しく話す傾向があるヒト・モノを、鵜呑みにしないように心がけています。
    (例えば、PCは、発展途上の未完成品段階だから、解説書がチンプンカンプンなのでは?)
    高校生の私の新旧聖書への挑戦は、読破はしたが理解は浅く終わりました。それでも、心に深く刻まれ、その後、折に触れて勇気づけられる、お守りにしているイエスの言葉があります。また、死してなお、使徒たちを布教に駆り立て福音書を書かせたイエスとは、どんな存在だったのだろうか?というロマンも、持ち続けています。
    ですから、キリスト教を否定していませんが、聖書の中に答えがあるとは、思えません。答えがあるなら、2000年も経って、キリスト教の国々が世界で戦争を起こす筈はないのです。21世紀の現実が聖書の無力を示しています。rapt氏は何年かけて聖書を読破されたのかな?聖書観が表層的という印象を受けました。
    閻魔さまは怖いけど、悪魔とは違うようです。
    悪魔という概念が先か、悪魔の存在が先か…この問いの答えに人類は至れるのでしょうか?バチカンにエクソシスト(悪魔祓い)のセクションがあるということは、キリスト教では、悪魔が信じられているのだと思います。キリスト教以前のギリシャ神話・古事記・アジアの神話の神さまたちは、結構人間ぽくていい加減なところもあるようですが、悪魔のような存在は登場しません。バリ島では、最高神は破壊の神であり同時に誕生の神でもあるらしく、舞踊の中で、演者は仮面を替えて変身を演じていました。真摯に自然とむきあえば、破壊と再生(死と誕生)が繰り返される地球で、再生の為の破壊だったと気が付いて、同一の存在だと素直に受けとめる感覚は、日本人には理解できるように思いました。悪魔については、時間軸を広げて考えたいと、個人的には思います。

    rapt氏の会話には、ネット上で開示されている様々な方々の言説がご自身で調べたこととして、随所に引用されておりました。
    一つ一つの言説はさて置き、
    調べるとは!、他者の言説を読んで知ることとは違う筈です。調べるとは!、誰も気が付いていない論点を、自身の体を使って事実を集め、自身の頭脳で、説得力のある論理的構築をすることです。
    記憶力の良さとは、別次元の作業です。

    さゆふらっとさんは、調べることの王道を歩まれていると思います。影響力が増せば増す程、大胆かつ慎重にお願いします。
    今回の音声企画、勉強になりました。
    ありがとうございました。

  52. yuka

    shigさん
    メルアド貼られて大変ショックでしたでしょうね。

    RAPTさん、あれだけデザイン的にも素敵なサイトをお持ちなのに、ネチケット知らないのでしょうか。

    自分の意にそぐわないコメントなら掲載しなければいいのに、
    掲載して、工作員扱い、さらにメルアドを載せる、という…

    Webサイトにメルアドをそのまま(@を大文字に変えたり、画像にしたりしないで)載せる、ということは、
    世界中に知れ渡ることになり、スパムメール発信者にとっていい標的になります。
    最悪の場合毎日迷惑メールが何百通も届くようになります。

    これは、まさに攻撃です。
    これが聖書、神を信じる人のすることでしょうか。

    RAPTさん、もしこのコメントをご覧になっていたら、shigさんのメルアドをすぐに削除してください。

    コメントの内容に対する攻撃ならまだしも、他人のメルアドを無断で掲載するということは、
    どんなに憎い相手であろうが、絶対にしてはいけない事です。

    私は、RAPTさんの記事も読ませていただき、勉強になることも多々有りました。
    さゆさんとの「対談」を見ていても、これは対談か?と疑問を持ちつつも極力RAPTさんを悪く言いたくはなかったのですが、
    この件に関しては、あなたは 卑怯 です、と言いたいです。

    私はIT関係の仕事をしているので他人事とは思えず、いたたまれなくなって投稿させていただきました。

  53. shig

    yukaさん、ありがとうございます

    僕はフリーメールが嫌いなので
    本アドしか使いません
    ですので余計当惑しました

    困った人ですね

    まあ、今のところスパムなど来てませんが・・

  54. 松田聖二

    結局、聖書なんて人間が書いたもので、都合よく書き直されてる可能性もあるので、
    なんの証拠、根拠にもならない物です。
    無駄な論争でしょう。
    死ななきゃ誰もわからない。現実が大事。

  55. tub

    さゆさんの言葉で最も感銘を受けたのは、
    「私は疑問がたくさん浮かぶことが、唯一私の才能だと負っています」です。
    私はもう、かなりの老人ですが、若いときは到底その考えが持てませんでした。恐れ入りました。

    宗教信者たちの最大の問題点は、「信ずる」ことの結果、疑問を持たず、教義に反することを頭から否定し、否定できない事実は悪魔の所業として切り捨てることでしょう。そこには、論語にいう「思索と学び」の態度がありません。

    ただし、時に「私はキリスト者だ」という言葉を目にします。それは、教義を丸ごと信じるのではなく、キリスト(実在者かどうかは別として)を敬うという謙虚さと、キリストの心を基準として現代を生きるという態度表明だと解します。その態度は自己の主体性を失わないものですから、疑問を持つことと両立し得ます。

    「敬虔な」祈りもまた、キリストの前に自分の謙虚さと自己反省(主体性)を示す姿ですから、疑問を持つ(思索と学び)ことと両立し得ます。その意味で、イスラム教徒の祈りの姿にも、私は親近感を持ちます。ただ、それぞれのレベルに於いて、科学性に欠けるという批判はあり得るでしょう。

    さゆさんは、「思索と学び」に加えて、「創造主」として発信し続けています。そのことが私には遠く及ばないことであり、今後の長い活躍を期待するところです。
    そのためにも、悪意を持って近づいてくる人との間に無用の火花を散らして、エネルギーを消耗しないことをのぞみます。「無用の火花を散らさない」とは、「狡さ」ではなく、論語のいうところの「仁」(愛)だと思います。
    立つ次元が異なる人には近づかないことです。しまったと思ったら、なるべく早く離れることです。失敗ばかり重ねてきた私が言うのはおこがましいのですが、年寄りが言うことと大目に見てください。

    「、

  56. tub

    「先のコメントの一部訂正と追伸」

    さゆさんの言葉の核心「私はたくさんの疑問が浮かぶことが、唯一私の才能だと思っています」を、
    「・・・負っています」と書いてしまいました。お詫びします。

    宗教は、もともと、教祖が疑問を解く真理(科学)を人に説いて始まったものと解します。それが教団に発展すると、教祖が神格化され、教団幹部と信者との支配・被支配システムに変じている例が多いというのが現実でしょう。
    そしてまた、飯の種として経典・教義などを説く業界人なども現れるようになるのです。

  57. izurin

    初コメントです。
    動画拝見しましたが、さゆさんに悪意や馬鹿にしてる様子があるっていうのはまっっったく見てとれません。いつも純粋に疑問をぶつけてくださりありがとうございます(*^o^*)
    Raptさんは、話が右往左往いくというか、筋が通っていない違和感を終始感じました。
    特定の宗教に所属していてもしていなくても、それは私達が真実を知る上で大切なことではないと思います。主張が宗教思想によって曲げられているのではなく、たくさんの宗教を見た上で正しいのはキリスト教だと主張なさるのであればそれはそれで受け入れられると思います。
    さゆさんの純粋な質問に対して明白でない答えで終わらせたり、質問の途中でさえぎってさゆさんが本当に聞きたかったことと向き合わずに自分の正しさを押し付けている感じが少し残念に思いました。
    Raptさんは終始自慢気?というか、自分は六ヶ月で解けた、自分はすごい、何でもわかっている、他の人にできることじゃない、アクセス数がどうのこうの、聞いてもないのにその理由はねぇ、、っと少しなんというかイタさを感じました(*_*)
    結局、聖書を読めばどの神にどのように祈ればいいかわかる、という主張ですが(彼の場合ヤハウェイですね)、さゆさんのそれはあいまいになりがちなのではないかという質問に答えてないですね。答えてないというか、聖書をよめばハッキリわかると言っているのと同時に、でもその神が正しいかどうかは他人にも自分にもわからないですよ。と言っていてんんんんー???っていう感じでした。。自分の主張の矛盾点に突っ込まれるのが嫌なんだなぁという印象を受けましたし、他の人の意見を取り入れない姿勢が少し危ないというか、視野が狭くなっていると思いました。

    さゆさんが動画で、応援してくれるひとはROMってますよってまさに自分のことだったので、初めて書いてみました。初めてさゆさんのブログを見つけた時からずっとブックマークにしてチェックしています。初めて動画を見た時の衝撃と感動を覚えています。
    ブログを読んで自分で考える機会にもなり、いま二十歳なのですが同年代の数少ない理解者とも繋がることができました。
    大変なことも多いと思いますが応援しています。頑張ってくださいo(^▽^)o!!!
    さゆさんが呪い殺されないように、わたしは祈りますっ!(笑)

  58. yhh

    動画拝見しました。
    raptさんは聖書から学んだ事を、他の人が聖書から学べるとは限りません。同じ事を別の事から学ぶこともあると思います。

    人は教える時自分が学んできた道筋を教えるしかありません。
    学び方は違えど人それぞれ良い世の中を作り上げるよう動いていく事が大切だと思います。
    両者ともに応援しております。

  59. ポニー

    RAPT氏の人柄がどうにも好きになれません。
    人柄というのはとても大切なことであり、その人間の本質をみるには欠かせません。
    特に顔も名前も分からず匿名でネットから発する言葉というのは、その人の本質に迫るものです。
    彼のブログをある程度見ていて思ったのが、そこに愛がないということです。
    聖書をしっかり読んで理解していなくとも、ある程度読み進めれば、人に対しての接し方に
    気をつけてみようと思うはずです。
    彼のコメント欄でのやり取りを見てると、疑問や質問などの問いかけにことごとく工作員か?
    という人に対して失礼な発言ばかりなされているのが多々見受けられます。
    客観的に見ても、人として大事なものを欠落してしまっているような印象です。
    聖書を読むのは当たり前、理解出来ないのは低能などと、見るに耐えません。
    このように猜疑心の塊で人に対して攻撃的な人間が本当に聖書を理解しているのでしょうか?
    基本的なことがなっていません。この方には愛がありません。
    それこそ、聖書の教えを反しているでしょう。
    なかには信憑性の高い記事もたくさんあるように思っていましたが、本質を見るに
    信用に値しない人種のそれと同じ臭いを感じてなりません。

  60. 星の

    raptにしろ、陰謀論者にしろ、完全なるものも、完璧なるものも、いません。
    ですから、真実だけを私たちは見ぬく眼と思考を常に働かせることです。誰にでも間違いはあるもの。
    コントロールしようとしているのなら、それは別ですし、ファンは去っていくと思います。
    みな自分を信じて真実の追及あるのみですね。がんばってね。

  61. ichamu

    長文コメント書いたけど送信できなかったp(´⌒`。q)(私のミス)

    今度は短文でw
    さゆさん流石でございます。改めて思いました。以上w

    非承認でいいですよ。(;´▽`A“

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA