「ドローン=犯罪」というイデオロギー作りに完全に利用されてしまっています。


 

WS002970WS002975 WS002974 WS002973 WS002977 WS002972 WS002976 WS002971「三社祭でドローン飛ばす」 善光寺でドローン落下の少年を保護

フジテレビ系(FNN) 5月15日(金)17時29分配信

長野県の善光寺でドローンを落下させた少年(15)が、浅草神社で行われている三社祭でドローンを飛ばすとの発言をネット上に投稿していたことがわかり、警視庁は、別の場所でネット中継を行っていた少年を保護した。
少年は、インターネットに公開していた映像の中で、「ここ、山手線の中心です。ここが。(それで撮りたかったの?)ほぼ中心で飛ばせる公園が、ここしかなかったので、やろうと思った」と話していた。
少年は、東京・千代田区で午後4時前、「なんで保護したのか、教えてください。任意なのか、強制なのか、教えてください!」と話した。
15歳の少年は、浅草神社で行われている三社祭でドローンを飛ばすとの発言を14日夜、ネットに投稿したとの情報が寄せられたことから、警視庁は、祭りの会場での警備を強化するとともに、ドローンを飛ばせば、業務妨害の疑いがあるとみて、捜査を行っていた。
少年は、午後3時半ごろに、千代田区内の公園で、ドローンを持ってネット中継をしているところを警察官に職務質問を受け、押し問答の末、麹町警察署に任意同行された。
警視庁は、少年がドローンを飛ばしていなかったことから、保護の措置をとり、自宅に送って、母親に監護を求めることにしている。
少年は、長野県の善光寺でドローンを落下させたあと、14日は、国会議事堂前の憲政記念館の近くでもドローンを飛ばそうとし、厳重注意を受けていた。

最終更新:5月15日(金)20時23分

Fuji News Network


“ドローン少年”を保護 厳重注意にとどめ、自宅に帰す

フジテレビ系(FNN)2015年5月15日(金)19:12
長野県の善光寺でドローンを落下させた少年(15)が、浅草神社で行われている三社祭でドローンを飛ばすとの発言をネット上に投稿していたことがわかり、警視庁は、別の場所でネット中継を行っていた少年を保護した。
警視庁としては、付近に重要施設のある都心の公園ということで、犯罪の未然防止を優先した形。
警視庁は、少年が15日、都内にいるとの情報を得て、警戒にあたっていた。
そして、千代田区内の公園で少年を発見したあとも、しばらくはパソコンを使うなどしていたため、警察は、離れたところから少年の様子をうかがっていたが、ドローンを取り出した瞬間、職務質問し、少年を保護した。
もし飛ばしていれば、千代田区の都市公園条例違反で逮捕することもできたが、犯罪は成立していないため、14日と同じく、厳重注意にとどめ、少年を自宅に帰した。
警視庁は、少年が17日まで行われる浅草神社の三社祭で、ドローンを飛ばすことを警戒している。
一方で、祭りの会場で飛ばせば、少年は、業務妨害や軽犯罪法違反に問われる可能性もある。
警視庁は、少年が重要施設や大勢人がいるところで再びドローンを飛ばした場合は、逮捕することも視野に入れている。

最終更新:2015年5月15日(金)19:12


おそらくノエル君は、ドローンを飛ばしてもいないのに、警察が警察手帳も見せずに、任意なのに不当に「保護」という名で監禁・拉致され、連行する警察対応の現状が不法であると、生放送を使って訴えている意図があるのだと思います。

よって、彼は自分は何も悪いことをしていない、悪いのは取り巻く社会であると思っているのでしょう。

だから行動し続けているのです。

その彼の思いは理解できます。

しかし現状を見てみると、マスコミ・警察上げて「ドローンを飛ばそうとしている少年を保護」と報じることで、ドローンをあげるとこうなると、「ドローン悪イメージ工作・ルール作り」「ドローン悪のイデオロギー作り」に、彼を利用し、彼の行動は今、不本意ながら国家権力の目論みに加担してしまっています。

ノエル君の才能が今、本人の意思とは裏腹に悪に加担してしまっているスパイラルにはまってしまっている様に見えます。

ドローン規制法案「警察が無人機の飛行を妨害したり、破損させたりもできる」なら長野県・善光寺ドローン落下は警察が意図的に落とした可能性がありますね

しかし、だからってホントに我々大人は、ドローン規制が急ピッチで進むのをだまって指をくわえて見ているのが正解なのでしょうか?

首相官邸の屋上でドローンが見つかった日から、ちょうど1カ月後の22日に法案の成立を目指す

ドローン規制は、安全面やテロ防止ではなく権力者が謀反に一般市民総ジャーナリスト化を避けるために作りたい意図があるのです

我々一般市民の権力者と戦う武器を奪う規制なのです。

「ドローンを使って国民にこんな映像を撮影されたら困る動画」 ~福島・中間貯蔵施設編

だから私は彼の行動を否定できません

そんな、じっとしているだけで他人任せの大人の姿を彼に見せたくありません。
それだけではなく15歳の少年を社会を上げて攻撃しているのです
許せません

いま「ドローン=犯罪」というイデオロギー作りに完全に利用されて見えますが、私は彼に止めろとも言えない

無力な自分が恥ずかしいです

今回の件も長い目で見れば、彼の経験・学び、行動が、いつか社会への大きな貢献にプラスになると私は信じています。

いつでも彼に手を差し伸べて上げたいと思っています。




  • いいね! (200)
  • この記事の題材でまた読みたい! (71)
  • この記事を動画で見たい! (1)

「ドローン=犯罪」というイデオロギー作りに完全に利用されてしまっています。」への4件のフィードバック

  1. 匿名

    まあ巨大ラジコンヘリですから都会で飛ばしたら危険て言えば危険だし取り締まりは当然の流れとは思います。
    それよりも最近の警察の顔を隠す目的で着用しているマスクが気にくわないです。
    お前らの仕事は顔ばれしたら都合の悪いやましい仕事なのかと

  2. TTJ

    彼の勇気ある行動に敬意を表します。
    さゆさんも顔を出して戦っていますよ。
    それにしても、ラジコン飛ばして遊ぶことも出来んのか、この国は。任意で拉致監禁なんて職権乱用だろ。それをマスコミは当然だと言っている。狂ってる。
    政府と警察とマスコミがグルなんだろうが、指揮系統はどうなってるんだ?

  3. いち

    「米陸軍がオスプレイ導入を中止したことを知らない人が多い:神浦 元彰氏」
    http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/853.html
    >テレビ局は委縮することなく、箱根・大涌谷の取材にドローンに搭載したカメラを使って欲しい。

    >現場は立ち入り禁止でも、上空は飛行禁止ではない。

    >今後、ドローンは災害時に大活躍する。

    >その善き前例を作るチャレンジ精神が必要。

  4. 通りがけ

    ノエル君には、これらのネット中継を単に自分の興味本位や自己防衛のためだけにやっているのではなく、自分と同じ日本国の中学生や高校生の社会的行為に対して、政府の公務員が官権力を悪用してどんな攻撃を仕掛けてくるのかを広く世の中に明らかに実写映像で知らしめるネットジャーナリスト活動をノエル君はしているのだよ、と教えてあげて、そのネット実況中継を見てノエル君と同じ中学生や高校生が日本国憲法をよく学んで、日本政府の違憲行政執行官憲暴力から自分たちの身を守ることができるようになるのだから、ノエル君の行いは全く利己的ではなく他人のために大いに役立っているのであり、今後は官憲弾圧と戦うジャーナリストの自覚と誇りと威厳をもってフリーメーソン政府偽公務員の違憲無法攻撃を堂々と撃退して、世界中の人びとにそれを実況中継報道して下さい、と伝えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA