自衛隊PKOの「駆けつけ警護」公明が容認へ


 国連平和維持活動(PKO)で海外に駐留する自衛隊が民間人や他国部隊などを助ける「駆けつけ警護」について、公明党が、新たな法整備を容認する方向で検討を進めることが16日、わかった。
複数の同党幹部が明らかにした。政府・自民党は20日に始まる与党協議で、武装集団による離島占拠などの「グレーゾーン事態」とともに早期の合意を目指 す。ただ、集団的自衛権行使を巡る憲法解釈見直しが置き去りにされることを懸念し、集団的自衛権を切り離した閣議決定には応じない構えだ。
尖閣諸島を念頭においたグレーゾーン事態への対処や駆けつけ警護を可能にする法整備について、首相は15日の記者会見で、「これまでの憲法解釈のもとで も可能な立法措置」と整理した。これを受け、公明党幹部は16日、「集団的自衛権の話とは別なので、基本的に容認できる」と述べた。PKO協力法などの改 正を検討するとみられる。
 同党の北側一雄副代表も16日のBSフジの番組で、「停戦合意の下で行われるPKOの問題は、十分議論すれば、一致点を見いだせるのではないか」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140516-00050163-yom-pol

「集団的自衛権の話とは別なので、基本的に容認できる」と述べた。
人間なかなかこんな低脳な発言は出来ません
AじゃないからBはOK
中身の吟味はありません しません

公明党
「だって、集団的自衛権の行使容認の反対を演じるのがお仕事だから

そうゆう指令だからそれ以外はOKじゃないかな~ (〃ノω)σ| モジモジ

一つ一つの案件に対して吟味し検討しその案件に対しての
国民が納得できる内容を開示しなさい
じゃなければ存在価値ゼロ
税金泥棒
です

最後にひとこと

自民党の集団的自衛権容認へのブレーキ役 公明党の構図は

マッチポンプです

  • いいね! (4)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA