ドローンの操作に国家資格の「無線技士」の取得を義務づける方針


WS002885飛行範囲広い機種に無線免許義務…官邸事件受け

読売新聞 5月9日(土)8時48分配信

 政府は8日、首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受け、飛行可能な範囲が5キロ以上と広いドローンの操作に国家資格の「無線技士」の取得を義務づける方針を固めた。

 操縦者に一定水準の無線の知識や技術を求めることで墜落事故を減らすとともに、所有者の身元確認を容易にする狙いがある。

 ドローンは、飛行範囲が広くなるほど出力の高い無線機を搭載する必要がある。5キロ程度を境に、求められる通信性能が格段に上がるため、国家資格が必要と判断した。資格はタクシー無線の管理者などに求めている「第3級陸上特殊無線技士」となる見通しで、取得には国家試験や養成課程修了を義務づける。資格を所管する総務省が免許対象を定めた省令を改正し、ドローン操縦者を加える方向だ。

 飛行範囲の広い高価な機種は中国などからの輸入品が多く、一般に国内で市販されている1万~5万円前後の機種は、飛行範囲が数キロにとどまるという。このため、多くの機種は免許の対象にはならない見通しで、首相官邸で見つかった機種もそうだった。

最終更新:5月9日(土)8時48分

読売新聞


もう、422官邸ドローンはおろか、それ以前からこの流れは想定していたことです。

具体的には2015年03月07日 22:50に↓ この動画をあげた時から予期してたわけです。


もう、バレバレすぎて、二日前のこの記事を知っていたにもかかわらず、書く気にもならなかったわけですが、あえて言いますとw
422ドローン官邸墜落の前から、これらのドローン規制の法整備を計画していなければ、これほどまでに事件後にスピーディーな政府対応ができるはずないという確固たる事実こそが、本事件がでっち上げ事件であり、政府が主導して起した自作自演である証拠なのです。

ドローンはテロを起しません。テロを起すのは人間です。

  • いいね! (165)
  • この記事の題材でまた読みたい! (59)
  • この記事を動画で見たい! (2)

ドローンの操作に国家資格の「無線技士」の取得を義務づける方針」への1件のフィードバック

  1. えるとなっつ

    さゆさん、こんばんは。

    スレ違いですみません。
    今回の騒動でRAPT氏のブログを初めて読みました。
    天皇派、教皇派という概念があるとは驚きでした。
    天皇派と教皇派は覇権争いをしているようですね。
    その中で、いまだに解けない疑問があります。
    本当に素朴な疑問なんですが
    日本と中国が米国債を買う理由です。

    日本は脅されて買ってるのかと思ってましたが、どうして中国も買うのだろう?と思ったり
    本当に、米国債を買ってるのだろうか? と疑ってみたり
    米国債を買っても流れるところは教皇派じゃなく天皇派に実は流れているんじゃないのかと疑ってみたりしてます。

    円を刷ればするほど円の価値は下がり、今の経済じゃ大企業の工場はほとんど国外で円安のメリットが
    ないような気もします

    国内の製造業なんて全盛期に比べると壊滅してますよね。

    なんで敵に塩を送り続けるんですかね。
    貸すほう、借りたほうでは貸すほうが立場は上ですが
    貸した相手を奴隷として支配するために貸してる金では、なさそうですし。
    そもそも一般的には返してもらえない金です。

    米国債を買うことにも大きなからくりがあるんでしょうか。

    私が思いつくのは精々、円安で物価も上がり消費者としての生活が圧迫されることぐらいしか
    思いつかないです。ネットで調べると一応、色々とでてはきますが…………どれもしっくりとしないです。

    いくら米国の経済を買い支えても限界はきますよね。
    表向きは貸しづつけないと米国が破たんしその波が日本にも押し寄せるとかと聞きますが…………
    単純にそれだけではないですよね…………たぶん。

    それに、金を貸せば利回りが発生すると思うのですが、利回りはどこに消えてるのでしょうか…………

    米国に金を貸し続ける本当の理由が何かあると思います。

    一般的に言われている理由がどれも胡散臭くてしょうがないです。

    最後に、米国債って絶対に売却できないように米国側で管理されてるとどこのサイトでも
    同じことが書いてありますけど、本当にそうなんだろうか?とも考えたりします。
    国債って借用書みたいなものですよね?貸した金の借用書すら米国に管理されてるのでしょうか…………

    もし、すべての米国債を売却することができた日がきたとしたら
    世界はどんな風に様変わりするのかも想像つかないです。

    RAPT氏のブログで天皇派と教皇派が対立してる構図を知ってから
    余計に、日本政府が米国債を買う理由がわからなくなりました。

    単に、私が無知なだけで、理解してないだけかも知れませんが
    もし、ここにも何か大きなからくりがあるとしたらと思い投稿しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA