独立党のほとんどの人は、あなたを工作員だなんて思ってないと思う


top-title多分ね。独立党のほとんどの人は、あなたを工作員だなんて思ってないと思うよ。
あれは、群衆心理というもの。
あの中で「彼は違う」なんて言えないよ。
(一部抜粋)


 

ロスチャイルドは「軍事力」を持ってないから緊急性が無く。戦争さえ起きなければ、ロックもロスも共倒れする???

に寄せられたコメントです。

分かっています。

私が下記記事で言ったように、私に温かい声をかけてくださった人や、言葉を交わした人達は悪い人達には決して見えません。

私がリチャード・コシミズ氏に不信感を持ったきっかけ ~不正選挙は存在するのか?

その人達が氏のコメント欄の頭ごなしに否定してくる人達と一致しているのだとは、全く思っていません。

両者を精査し、ご自身の頭で考えて判断し、コメントせずに何も言わずいる人がほとんどであると思っています。

よって私の批判は、党員・心情党員を指すものではなく、向こう側と氏に限定されます。

皆さん、気付くきっかけがなかっただけなのだと思います。

実際に私もなかなか気付きませんでした。

わたしは気付いたからこそ、皆さんへその気付きのきっかけとして、今回このように私に起きたことを、私の考えを言っているのです。

私と少なからず接点があったわけですから、それを言わないと言う選択肢があるはずがありません

そして気付かなかったことは何も恥ずかしいことではありません。

恥ずべきことは、気付いているのに、変化することができずに、変化や周りの目を恐れ、以前と同じルーティーン行動を繰り返してしまったり、自身の本当の気持ちとは裏腹の行動を取ってしまうことです。

それは、自傷行為となんら代わりがないのだと思います。

ショックだったと言うメールがたくさん来ます。

しかし、それを受けてどう行動するのか?
そこにいけなければ、本当にカルト信者と変わりません。

理解できなければ、ロスチャイルドと天皇についてご自身で是非とも調べて欲しいと思います。

余談ですが、私は、いくら私の行動を賞賛しているコメントも、「汚い言葉、根拠が無い」等、氏へ、度を越える表現が含むコメントは非公開にしています。

そのようなコントロールをブログ主はできるのだということを、ブログを書いたことがない人は知っておいても損はないのかもしれません。


  • いいね! (223)
  • この記事の題材でまた読みたい! (73)
  • この記事を動画で見たい! (1)

独立党のほとんどの人は、あなたを工作員だなんて思ってないと思う」への1件のフィードバック

  1. 藤井朋美

    やはりさゆフラットマウンドから学び身につけるべきは、この絶対的なバランス感覚と思いやりの心ですね。

    支配者側は「どこに転んでも自分達に最大限のメリットがある」ようにカラクリを仕込んでいる。
    その中で自分がどこか一つに傾倒し過ぎていれば、そのカラクリに気付くことは出来ない。
    『この世の中に〇と✖が存在する』という、一見“そんな事、当たり前だろう!”という思考自体を疑う事が出来なければ、
    『この世の中は実は全て✖になるように仕込まれていて、外から充てがわれているに過ぎない』という思考には絶対辿りつかない訳です。

    このカラクリを破壊する為には、ワタシ達が先ず『他に依存しない個』であり、その個が互いへの思いやりを持って協力しあって『99%が主役の世界』を作って行けばいい。
    愛と思いやりから遥か遠くかけ離れたNWOを破壊するのは、まさしくその愛と思いやり、という事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA