アシアナ航空162便着陸失敗事故 ~独機墜落と同じA320 遠隔操作された「魔の3分間」


WS002344WS002345WS002346WS002347WS002348WS002349WS002350WS002351WS002352WS002353

WS002354


 

アシアナ航空162便着陸失敗事故ですが、また機材は、独機墜落と同じA320ですか。

また遠隔操作の可能性がありますね。

視界が悪くなっただの、積乱雲からの下降気流だ、パイロットのミスだ言っていますけど。

なぜ一切、遠隔操作については触れないのでしょうか?

視界が悪くなっただの、積乱雲からの下降気流だのは、世界中で毎日何千便もフライトしているわけですから日常茶飯事で起こることでしょうし、人為的ミスならもっとたくさん日常的に着陸失敗が起こるはずじゃないですか? なのに起こっていない。

つまりこれは人為的に遠隔操作で起された、韓国への攻撃であり、同時に日本へのけん制と見れるわけです

リビアで韓国大使館襲撃 「イスラム国」犯行声明 の次は飛行機事故というわけです。 大事故にしないのは猶予なのでしょう。

これは、韓国が中国と仲良くしだしたことへのけん制であり、日米韓外務次官級協議 初開催の前に起すことで、韓国は、AIIBに加盟しない日本と仲良くせよ。(中国ではなく)と、日本のように言うことを聞けとアメリカ国務省は言いたいのです。↓


WS002355WS002356
米副長官「日韓関係の改善を」日米韓外務次官級会談(04/17 10:32)

 日本・アメリカ・韓国の外務次官がワシントンで会談し、東アジアの安定のために緊密に連携する方針を確認しました。アメリカ国務省のブリンケン副長官は、日本と韓国に対して関係の改善を促しました。

 国務省・ブリンケン副長官:「アメリカは、日本と韓国に可能な限り強固な関係を作るよう促している。なぜなら、それはアメリカにとっても重要な問題だからだ」
 会談では、北朝鮮の核ミサイル開発や中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海で埋め立て工事などを進めている問題を協議し、緊密に連携していく方針を確認しました。外務省の斎木事務次官と韓国外務省の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官の個別会談では、歴史認識問題などについて意見が交わされました。斎木次官は日中韓首脳会談の早期実現を要請し、趙第1次官は「できるだけ早く首脳レベルの協議の場が持てるよう努力したい」と応じたということです。


WS002357 WS002358日米韓外務次官級協議 初開催

 アメリカ・ワシントンで16日、日本とアメリカ、韓国3か国の外務次官級協議が初めて行われ、北朝鮮の核問題などについて協力して対応することを確認しました。

 16日に行われた協議では、日本の斎木昭隆外務次官らが北朝鮮の核・ミサイル問題や中国の海洋進出などについて話し合い、3か国が協力して対応していくことを確認しました。

 アメリカの国務副長官と日韓の次官が集まるのは初めてで、今回の協議は、ブリンケン副長官が、関係が冷え込んだ日本と韓国に呼びかける形で行われたということです。

 「アメリカは、友好国に可能なかぎり強固な関係を築くよう呼びかけただけです」(アメリカ ブリンケン国務副長官)

 協議では歴史問題も話題に上ったということですが、斎木次官は日韓関係の改善について、「両国に責任があり、韓国と共に改善の努力を続けたい」と強調しました。(17日11:20)

  • いいね! (106)
  • この記事の題材でまた読みたい! (18)
  • この記事を動画で見たい! (0)

アシアナ航空162便着陸失敗事故 ~独機墜落と同じA320 遠隔操作された「魔の3分間」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA