自民党、過剰な酒の安売り規制へ酒税法など改正する議員立法了承 ~詐欺まがいの番組構成


WS002315WS002310 WS002311 WS002312 WS002313 WS002314

自民党、過剰な酒の安売り規制へ酒税法など改正する議員立法了承

04/15 00:35

自民党は、14日の部会で、過剰な酒の安売りを規制するため、酒税法などを改正する議員立法を了承した。
町の酒屋の経営を守るのが狙いとしているが、消費者にとっては、負担が重くなる可能性もある。
外された蛍光灯、消された冷蔵庫内の照明。
節約を心がけながら、東京都内で酒店を営む、天野恵司さん(83)。
天野さんは「毎年、赤字は赤字。わたしが補てんしている。年金の一部を充てていくわけですね」と話した。
この20年間で、売り上げは、5分の1まで激減。
1日に客が10人ほどしか来ず、売り上げが1万円台という日も珍しくないという。
天野さんは「うちなんかも、時たま、そういう量販店で安い所があったら、そこで買ってきて売っています。その方が安い」と話した。
酒が販売できる店の構成比は、20年前には、街の酒屋が全体の8割近くを占めていたが、最近は、3割まで低下。
こうした状況に、待ったをかけたのが、自民党。
野田 毅税調会長は「どんどん、小売り酒販店が廃業に追い込まれていくという、悲惨な状況が続いてきた。戦国時代みたいな、何でもありきということじゃなくて、1つの流通のあり方ということを、しっかりと、もういっぺん見据えて、見直さなきゃいかんではないか」と述べた。
14日、酒類の過剰な安売りを規制するために、酒税法などを改正する議員立法を了承。
今国会での成立を目指す方針。
売り上げが好調の大手量販店の店舗では、酒を買いに来る客が、常にいるといった状況だった。
影響を受ける可能性がある量販店に聞いた。
「カクヤス」担当者の漆崎裕之さんは「私どもは、お届けサービスですとか、お酒の専門店としての品ぞろえで、ご支持をいただいて、ここまで成長できてきているのかなというふうには感じております。サービスをですね、これからよりいっそう、ブラッシュアップしていかなければいけないかなというふうには感じております」と話した。
酒をめぐり、消費者にしわ寄せが及ぶのは、今回が初めてではない。
低価格の酒を提供するために開発された、発泡酒や第3のビール。
しかし、そのたびに法律が改正されて、税率が上がり、価格も上げざるを得ない状況になっている。
今回も、消費者が苦い思いをすることになってしまうのか。


年金を切り崩している酒屋さんを守るために、安売りする「酒屋・カクヤス」というようなディスカウント酒屋を阻止する。

見たいな動画構成ですが、さすがフジテレビ。 詐欺まがいの番組構成です。

この法改正が成立したら、この番組に出ているような酒屋は両者共に、より生き残りが厳しくなります。 大打撃です。

番組で【好調の大手量販店】と言って紹介していますが、「カクヤス」は大手ではありません。

この法改正で潤うのは、年金切り崩し酒屋ではなく、内部留保を抱え、複合施設を展開する「イオン」などの超大型店舗を営む大企業です。

不景気な昨今、数円でも安いところに品目を合わせて足を運ぶのが庶民です。

「イオンに行っても、お酒は安い酒屋さんで買う。」

この金の流れを大型施設に流したい。 その為の法改正です。

よって、「酒屋・カクヤス」のような酒店を潰すための法改正であり、番組構成も「酒屋・カクヤス」を悪者に名前まで出して扱っている。

これは「カクヤス 酒店」さん。 フジテレビや政府を訴えてもいいレベルの損害だと思いますよ。

酒類の過剰な安売りを規制する酒税法改正案提出 ~日本は社会・共産主義化のNWOへ突き進んでいます。

  • いいね! (122)
  • この記事の題材でまた読みたい! (22)
  • この記事を動画で見たい! (3)

自民党、過剰な酒の安売り規制へ酒税法など改正する議員立法了承 ~詐欺まがいの番組構成」への3件のフィードバック

  1. いち

    フクイチ発「トリチウム水蒸気雲」が東京に襲来
    、で検索あります。
    太陽を連日遮るモヤのような異常な水蒸気雲は福島原発のトリチウム爆発が原因!!!!!Dr佐野千遥
    http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12013183585.html

    佐野 千遥
    、Dr.佐野氏のツイッターあります。

    別には、
    【悲報】沖縄県の浦添市長、公約を破って那覇軍港受け入れへ!月内に正式表明か!?松本市長は軍港に反対して当選
    、というものもあります。
    さゆさん、いろいろあるのでお忙しいですが、よろしくお願いします。

  2. ルーク

    ボウガン事件が怪しい!

    ボウガン事件関与か、「被害妄想にかられ悩んでいた」
    http://www.mbs.jp/news/jnn_2470571_zen.shtml
    <集団ストーカーがどうのこうのとか、被害妄想か何か分からないですけど、取りつかれていました」(男の友人) 男の自宅から押収されたボウガンには発射された形跡があることも分かっていて、警察は男の事件への関与の裏付けを進めています>

    あまり証拠もないし、自供がある訳でもないのに、警察はどうしてボウガンを持っていると言うだけで、男を捕まえられるのか?
    ボウガンなんて、ネットで幾らでも買えます。
    http://www.rivertop.ne.jp/rivertopsabu/bogan/boganan.html
    これは意図的に仕組まれた事件ではないでしょうか?
    「ボウガンには発射された形跡がある」って、持ってたら一回ぐらい撃ってみるでしょう。でもボウガンの撃った形跡ってなんでしょうか?消炎反応があるわけでもないのに。
    一つは、一般市民の武装化を防ぐ目的で警察がボウガン(クロスボウ)を規制したくて、でっち上げた事件かも知れません。或いは、ボウガン購入者の情報を販売店に出させるため仕組んだ可能性もあります。
    この容疑者が、集団ストーカーの被害を訴えている事も気に掛ります。警察発表をうのみにして良いのでしょうか?

  3. もよこ

    いかにもディスカウント店の安売りのせいで、町の酒屋さんが閉店に追い込まれたかのような報道ですが、実際はアメリカからの要請で施行された2000年の大規模立地法が一番の原因ですよね。

    譲歩の結果、大規模店の出店規制の大幅緩和に踏み切り、皆さんご存じのように、地方はイオンモールとシャッター街になってしまいましたね。アメリカには規制緩和、国内には規制です。

    さらに長引く不況により、お酒を飲む回数自体が減ったこともあるでしょう。酒屋さんだけではなく、お店や会社自体も自主廃業(倒産ではない)で1995年当時より激減してますから。

    この不景気下に、この規制でお酒を止める人が増えるだけだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA