リビアで韓国大使館襲撃 「イスラム国」犯行声明


WS002291

リビアで韓国大使館襲撃 「イスラム国」関与か

テレビ朝日系(ANN) 4月13日(月)1時2分配信

 リビアの首都トリポリで韓国大使館が襲撃され、これまでに警備員ら2人が死亡しました。韓国メディアは、過激派組織「イスラム国」の犯行だとみられると伝えています。

 リビア内務省によりますと、12日未明、トリポリの韓国大使館に武装した3人の男が車から銃を乱射しました。警備員と近くにいた民間人の2人が死亡し、別の警備員1人がけがをしました。韓国人の館員にけがはないということです。韓国外務省は、イスラム国のトリポリ支部を名乗るグループが「韓国大使館の警備員2人を除去した」とインターネット上で声明を出したことを明らかにしています。また、韓国の連合ニュースは、「イスラム国の犯行だと推定される」と伝えています。リビアでは、イスラム国を名乗るグループが1月にもトリポリのホテルを襲撃し、9人が死亡する事件を起こしています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2015


下記ブログで、韓国がAIIBに加盟するにあたり米国からの圧力や中国との関係性など、どのような経緯・背景があったのか書いてありますが、やはり武力行使にでてきましたね。

AIIBに加盟した韓国へのけん制、よってイスラム国内の「ドル防衛派」の犯行の可能性が高いですね。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、「人民元を国際通貨にする布石」

上記記事から一部抜粋


韓国政府の発表文では「AIIB運営に関する不透明性への疑念が薄れたから」としています(聯合ニュース・日本語版=3月26日=「韓国政府 中国主導投資銀行への参加決定」参照)。が、それは言い訳に過ぎません。

予想もしなかった英国の参加のおかげで、韓国は米国の怒りを買わずにAIIBに滑り込めた、というわけですね。

 中国は韓国には参加を積極的に呼び掛けてきました。

中印に次ぐ3位目指す

もともと参加したかった韓国は大喜びのようですね。

鈴置:正式に参加表明する前から、韓国の政府関係者は「中国、インドに次ぐ出資比率を目指す」とメディアに漏らしています。AIIB内での重みを増す作戦です(韓国経済新聞・日本語版=3月24日=「韓国、AIIB持分6%得てこそ実益確保」参照)。

真田:中国は陸路と海路で欧州と連結する「一帯一路」構想を打ち出しています。その資金を提供するのもAIIBの大きな役目です。

 海外建設が得意な韓国は、AIIB加盟で「一帯一路」プロジェクトの受注につなげたいのでしょう。プロジェクトの情報もいち早くとれるようになりますし、AIIBが融資するのなら工事代金も取りはぐれの危険性が大きく低下します。

韓国はAIIB参加に加え、米中双方からもう1つ「踏み絵」を突きつけられていました。終末高高度防衛ミサイル(THAAD=サード)です。これにはどう影響しますか(「米中星取表」参照)。WS002116

鈴置:「AIIBでは中国の言うことを聞くことになりそうだから、THAADは米国の言うことを聞こう」――との声が韓国では高まっていました(「『こちらに来るなら3月中』と韓国を急かす中国」参照)。

 「経済は中国頼み、防衛は米国頼み」というわけです。韓国が日本とのスワップを続けなかったのも、まさにその意図からでした(「『人民元圏で生きる決意』を固めた韓国」参照)

「もっと中国側に来ても大丈夫」

鈴置:でも「AIIBで米国が中国に完敗した」という認識が深まると「経済も防衛も中国」になりかねないと思います。実際、AIIBに参加を宣言しても、韓国は米国から怒られなかった。

 「米国はもう怖くない」との空気がソウルに広がれば、THAADを在韓米軍に配備したいとの米国の希望を、韓国はもっと露骨に無視するようになるかもしれません。

 つまり、防衛も「弱い米国」から「強い中国」に鞍替えするわけです。地政学的に脆弱な場所にある韓国という国は、世界の覇権交代に極めて敏感なのです。

 そんな韓国人の心情を見透かしたように、中国が揺さぶりをかけています。3月27日の環球時報・社説「韓国はバランスをとって良い決断を下した」(中国語)は以下のように主張しました。

  • 英国から韓国までが相次いで米国の主張する国際金融秩序から離れるということは、米国と同盟国の間で義務の範囲が再検討されることを意味する。

 要は「米国の同盟体制にひびを入れることに成功した」という中国の勝利宣言です。そして「もっと中国側に来ても問題はない」と韓国を誘っているわけです。

 韓国のメディアもこの「離米」を呼び掛ける社説を引用しています。朝鮮日報の「中国『韓国は難しいバランスを選択』」(韓国語、3月28日)がそれです。これを読んで心を動かした韓国人もいたことでしょう。

トルコが中国製MD導入

真田:同感です。下手すると、AIIBで米国は日本を道連れに孤立します。それ以前から米国の指導力は落ちていました。例えば、ロシアによるクリミア併合でも弱みを見せた。

 それなのに米国は依然、ロシアにも中国にも強気で対して、AIIBで返り撃ちにあった。欧州との間も政治、金融両面で溝ができている。米国の弱さが明らかになりつつある今、韓国は立ち位置を変える可能性があります。

 こうした情勢の中で3月19日、中国メディアが「トルコが中国のミサイル防衛(MD)システムを購入する」と報じたのが、気になっています。

 トルコは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国であり、米国の中東における戦略拠点です。そのトルコが中国のMDを導入する可能性が出てきたのです。韓国が「そのうちに中国は我が国にもMDを売り込みに来る」と考えても不思議ではありません。

鈴置:仮の話ですが、そうなったら韓国はTHAADでの決断を避けるための材料に利用できますね。

 中国製MDと米国のTHAADが、韓国という土俵の上でがっぷり四つになる。するとTHAAD配備問題も米中間の交渉のテーマになるから、自分は板挟みから逃れられる――と多くの韓国人が考えるでしょう。

 韓国には「THAADの配備問題で、米中双方から責め立てられる我々は被害者だ」との意識が根強い。「米中で話し合って決めてほしい」との声がもともとあるのです(「中国の掌の上で踊り出した韓国」参照)。

奇手で「離米従中」を加速

中国と交渉する前に、米国は韓国に対し疑いを持ちませんか? 裏で中韓が結託しているように見えますから。

鈴置:第3者はそう思います。ただ、韓国は追い詰められています。AIIBの問題は英国のおかげでなんとか切り抜けられた。が、THAADではそうもいかない。わらにもすがる心境です。

 米国から疑われようが中国から苛められなければいい、と韓国人は思うでしょう。「習近平主席がTHAAD配備に反対しているのだぞ」と韓国は言い渡されているのです。

 配備をのんだら、中国から何をされるか分かりません。米国が中国と直接取引してくれれば、中国の怒りは避けることができます。

 そのうちに反米色の濃い左派は「中国に頼もう」と言い出すでしょう。普通の人もそれに乗るかもしれない。

 北朝鮮の核ミサイルを防げるなら、米国製のTHAADでも中国製MDでも同じ、との考え方だってできるからです。そうすれば、経済と防衛の腸ねん転を解消してすっきりできるわけですし。

 要は北京が「中国製MDの韓国配備」という奇手を繰り出せば、AIIBに続きTHAADの問題でも、韓国の「離米従中」を一気に加速させ得るのです。

「混乱がチャンス」の韓国

韓国は大変ですね。

真田:ええ。でも、日本人が考えるほどではないかもしれません。日本人は「安定」が好きで「混乱」を嫌います。でも、韓国にとっては混乱こそチャンスなのです。

 米中の力関係がシーソーのように揺れれば、その間隙を縫って生存空間を増せる、と韓国人は思うのです。韓国の指導層の中には「もっと荒れろ!」と願っている向きもあると思います。

  • いいね! (119)
  • この記事の題材でまた読みたい! (17)
  • この記事を動画で見たい! (0)

リビアで韓国大使館襲撃 「イスラム国」犯行声明」への2件のフィードバック

  1. 通りがけ

    >AIIBに加盟した韓国へのけん制、よってイスラム国内の「ドル防衛派」の犯行の可能性が高いですね。

    そのとおりです。この「ドル防衛派」はイスラエルアメリカナチスフリーメーソン悪魔のほうであり、日本国内ではイギリスバチカンフランス独逸ユーロフリーメーソンと共同戦線を張って大和魂常民を棄民攻撃していますが、ユーロフリーメーソンが日本の富に興味津々な拝金悪魔であるのにくらべ、イスラエルアメリカナチスドルフリーメーソンは中国の喉元を制する沖縄にだけ興味がある。沖縄を奪うために国連敵国日本を戦争に駆り立てて、海外で自衛隊が戦闘行為に及んだら即国連加盟国として日本へ宣戦布告して本土各地の全原発を制御装置破壊して熱暴走させ、沖縄除く日本全土を核の墓場に仕立て上げる核攻撃を何の躊躇も無く大和民族の故郷に仕掛けるでしょう。ドルフリーメーソンに対抗するユーロフリーメーソンも難敵大和民族と一緒に片付けることが出来てイスラエル悪魔王国がNWOの指導者の地位を独占できる一石二鳥のおまけ付きです。
    田布施非人システムはユーロフリーメーソンだから、世界戦争に自衛隊が参戦したら直ちにドルフリーメーソンによって日本国ごと殲滅されて200兆円米国債をチャラにして踏み倒せるし、戦争が起こればドルが値上がりしてドル支配を復活させることができる。一石四鳥。
    沖縄に核ミサイル基地を築けば中国も占領できてAIIBもBRICKSもドルの傘下に組み入れることが出来る。五鳥め。
    戦争偏執狂悪魔は大和民族を滅ぼして地球を手に入れるためなら、ここまでやるでしょう。これこそが日本人にだけ原爆を落とした悪魔の悪魔たるゆえんだからです。
    そしてこれが辺野古移設強行の本当の理由なのです。安倍は低脳だから気づいていない。それこそが悪魔の狙いであり「日本の総理はバカにしかやらせない」ほんとうの理由です。

  2. もよこ

    これ、韓国ではどのように報道されてるんでしょうね?

    なぜ、イスラム国が韓国大使館に?
    AIIB参加表明とイスラム国による韓国大使館襲撃の関係性を、米国というキーワードを絡めて、国民に説明する有識者は韓国にもいないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA