【辺野古移転】菅官房長官「目に見える成果によって、沖縄県民の理解を得たい」


WS002262

移設に向けた作業続く中 初会談、政府側の狙いは

 今回の会談、政府側の狙いはどこにあったのでしょうか。川西記者の報告です。

 菅官房長官と翁長知事の初めての会談は、アメリカ軍普天間基地の移設問題について平行線に終わりましたが、これはある意味では想定通りとも言えます。というのは、政府と沖縄双方の対立が、法廷闘争が現実味を帯びるほど深刻化しているためで、官邸筋は、「法律論の争いになっている以上、政治的な譲歩は不可能だ」と指摘します。

 政府としては今後、話し合いで物事を動かすというよりも、移設に向けた作業を粛々と進め、基地負担の軽減や、観光客の増加に伴う経済の発展などといった「目に見える成果」によって、沖縄県民の理解を得たいというのが基本姿勢のようです。

 「これから国と沖縄県が話し合いを進めていく第一歩になったというふうに思う」(菅義偉官房長官)

 菅長官はこのように語っていますが、今回の会談が「一応話し合いは行なった」とする政府側のアリバイ作りに過ぎなかったと判断されれば、沖縄側の反発は強まるだけとなります。(05日17:32)


予定通り、パフォーマンス、お仲間同士の菅・翁長会談お疲れ様でした。

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

で、政府の基本姿勢として 菅官房長官 「話し合いではなく(中略~)目に見える成果によって、沖縄県民の理解を得たい」

これは誰が聞いても、「沖縄に米軍基地が無いと困るようなテロ・紛争を起して、米軍基地の必要性をマッチポンプで偽装する」と、「体で必要性を教え込んでやる」と、受け取ってしまうのですが、計画があるのですね?

もちろん私は菅さんではなく、言わせている脚本家さんの上の、指揮系統に聞いているのです。

その計画も阻止させてもらいます。

  • いいね! (124)
  • この記事の題材でまた読みたい! (18)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA