日別アーカイブ: 2017/09/24/pm 07;00.45

【2017年9月】24日現在の支援金額のお知らせ。

<筆者・さゆ>

9月24日現在の支援金額は、「42138円」です。

ご支援ありがとうございます。

以下、【重要なお知らせ】より


重要なお知らせ

誰の指示も受けず、方向性を一人で考え、活動している私にとって、社会分析、そして記事や動画、HP、チラシなどの制作作業はいくら時間があっても足りません。

そしてそれらを広める広報活動、仲間を増やし活動の幅を広げる組織運営など、仕事は無数。終わりなくあります。

ですから労力、時間的にも、この活動は副業としては絶対にできません。

私は情報発信が最終目標ではなく、社会を変えることが側近の目標なのですから、仕事の量は膨大にあるのです。

そして社会を変えるには私が一人孤軍奮闘していても到底無理で、皆さんの力を終結させなくては絶対に変えられません。

資金があれば、スタッフを雇う人件費や、経費もかけることができ、時間の捻出など活動を加速させることができます。

私一人の生活費も賄えず、一人で活動している現状では、扱える情報量とコンテンツ(記事・動画・チラシ・署名など)の制作数などが、社会で起きている問題の量に対してどうしても追いつきません。

資金があればもっとこの活動を加速させることができ、同時に活動が継続できることが見えれば、先々まで長い目で見た上での新しい活動ができるのですが、到底及びません。

しかしながらこの活動は、皆さんの時間と力、そして金銭面からの支え無しにはここまで続けてくることはできませんでした。そして既に多くの方がこの活動にかかわってくれました。

何の後ろ盾もない一般人の私には、大衆の支援以外、何の後ろ盾もありません。

資金が尽きれば、この活動をやめて営利を生み出すために時間を使うしかありません。

2014年1月からこの活動を始めわけですが、当初は、貯金を切り崩して一年ほど活動して、資金が尽きたらやめよう(そうせざるを得ない)と思っていました。

2014年8月から支援のお願いをはじめ、皆さんのご支援があってここまで続けて来れました。

本当にありがとうございます。

そして又、この活動の終焉が見える位置に来てしまいました。

皆さんのご支援が途絶え、資金が尽きればこの活動を辞めざるを得ません。

私の悪イメージ工作をしているいわゆるアンチという方々も、こぞって私が「資産家である」とか、「さゆふらは金持ちであり支援は必要ない。」と常に金のことばかり言います。

それはもちろん、「資金が滞れば活動が頓挫する」ということを狙って妨害しているのです。

戦争で言えば、敵陣への物資の流れを絶たせ、体力を弱らせることと全く同じ戦法です。

先ほども言ったように私の後ろ盾は皆さんだけです。

その皆さんが「支援は必要ないだろう」と判断することは、この活動がこの社会に無いほうがいいと判断し、物資の流れを止めていることと同じことです。

しかし私の活動は、間違いなく大衆の幸福に向かっているのです。

現状の支配者層が大衆支配する都合上で作られた社会設計に対して明白に反対し、その社会設計を明白に言語化し動画にして流布しているからです。

だれか私の他に、

・防犯教育は、分断を目的として行われていると見破った人はいるでしょうか?

・マイナンバー「通知カード」の返還がマイナンバー制度にダメージを与えられると謳い、その方法を全国に広め、その末、市区町村のマイナンバーを扱う課の役人に、「通知カードの返還は珍しくない」という常識まで作り出すムーブメントを起こした社会活動家がいるでしょうか?

・「北朝鮮ミサイルは本当に発射されているのかどうか、政府もメディアも誰も明白な根拠を示してない」と謳い、「北朝鮮は日本にミサイルを落とすことはできない(今後工作の可能性はあり)安心してください!北朝鮮ミサイル発射の目的は他にあります。」と日本人に呼びかけた活動家はいるでしょうか?

・不正選挙を追及、選挙、不正選挙の本質を解説し、そして独立党が偽不正選挙追及団体であることを暴きその団体の根幹を揺るがした活動家が私以外にいるでしょうか?

「不正選挙は無い。不正選挙追求は公益に反する」と私が言っているというデマ・誤解について。)

・LED社会になってしまった現代、LEDの人体に対する危険性を明白に示し、LED社会に反対し、白熱灯等の根絶を反対している活動家が他にいるでしょうか?

・人工知能がシンギュラリティ(支配者層と大衆の間に人工知能を置き大衆支配するシステム)達成の為に推し進められ行われている。また、ICT教育はその為の「社会環境づくり」と「人づくり」のために行われている、と分析した活動家が他にいるでしょうか?

これはほんの一部です。

私が扱っている問題と、分析した社会問題はまだまだたくさんあります。

これらひとつひとつの私の言論は、どこかで見聞きしたり、書いてあったこと(注目が集まっている主な人たちは紐付き)の写しではありません。

私が、皆さんも同じく見れる情報や社会環境から私が「独自に」分析して導いた考察です。

これらの、これまでの活動と言論、分析に、私は誇りに思っています。

これらを生み出し世に発信している行為、そして私が社会活動家としての存在していることは、この世界に必要ないでしょうか?

私が社会活動家ではなく、一サラリーマンとして生きることを皆さんは望みますか?

今一度考えていただけたら幸いです。

私の活動は私個人の私利私欲や目標を達成する為に行っているものではないのです。

未来への社会設計、社会環境への責任を全うしている行為なのです。

「応援している」「さゆさんしかないなよ!」と口で言ってくれる人が大勢いても、この活動は継続できません。

今後支援金の金額を公開いたします。

理由は、このままではこの活動は終わってしまう事実を皆さんに認識して欲しいからです。

8月の支援金は、「65108円」でした。

ここ何か月もこのような状態です。

今後とも私の活動が継続できるよう、継続してご支援のほどをお願いいたします。

私を社会活動家として、この社会に存在させることは、私の意志だけでは成しえません。

私を社会活動家として、この社会に存在させることは、皆さんの行動が伴って初めて成しえます。


又、今後、半月が経過した時点で、どれほどの支援金が集まっているのか金額を告知したいと思っています。


また、毎月一回ご支援いただいた方のイニシャルの掲載をしていますが、その目的は、「本当に振り込まれ、銀行側に改ざんされていないかどうか」を皆さんに確認していただく為です。

お振込みいただいた方は、振り込み日とイニシャルの掲載を確認し、漏れていた場合はメールからご覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。(一か月に2回、同名義人が振り込む場合は、最初の1回の掲載のみとさせていただきます。)

またご支援いただけた場合、メールなどで、「何月何日、何名義で、何円振り込みました。」とメールしていただけたらありがたいです。(必ずご返信いたします。)

今後とも私の活動が継続できるよう、ご支援のほどをよろしくお願いします。

2017年9月23日 さゆふらっとまうんどご支援のお願い

動画<その8>社会構築と規格化で人為的に生み出された社会不適合とされる人達を救う社会環境こそ健全な社会 ~さゆ会スタッフのぞみさん

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

youtubeチャンネルからご覧いただくと早く見れます。↓

https://www.youtube.com/channel/UCbLAlPK5nmnAq8fwnHhMSIg

youtubeのチャンネル登録・評価・コメントよろしくお願いいたします。

こちらのHPからは毎日17時に最新動画のお知らせをいたします。


当HPブログのコメント欄も非承認制にしました。

youtube動画のコメント欄の承認制をやめ、すべて公開にしました。

先日youtubeのコメント欄を開放しましたが

この度、当ブログのコメント欄も非承認制にしました。

過去の非承認コメントはそのままです。

3617件ありますのでクリックが大変。ゴミ箱入れると5000以上。

非承認制にすると、良いコメントはアンチのコメントで埋もれ誹謗中傷が9割になります。

しかしその妨害の現状を皆様にも知ってもらわなくてはいけないと思います。

私は約3年半以上このような妨害を毎日毎日受けてきました。

それを皆さんにも知ってもらうことが、必要であると判断しました。

是非ご覧ください。

承認制に戻して欲しいなどの、ご意見などの声がありましたら、お聞きしますので理由を添えてメールください。

貴重なご意見として参考にさせてただきます。

音楽動画を上げる時間があるならバイトして活動資金作れ。それしないで活動資金を援助してくださいとか変じゃないのか?

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️HANABIサムネ以下は上記動画に寄せられたコメントです。


このカバーの練習をする間にバイトしたりして活動資金つくればいいのに。

それしないで活動資金を援助してくださいとかちょっと変じゃないのか?

これが自身の活動や理想を語る「自分の歌」ならまだわかるけど、借りもんのただのカバーだもんね。

まずはバイトしよう、さゆふらっとまうんど。バイトするなら TOWN WORK。


<筆者・さゆ>

音楽動画を上げることは、私の社会活動自体の広報になります。

私の知名度をあらゆる分野で上げることは、私の主張、言論を多くの人に知ってもらえるきっかけになり、結果社会問題を広めることになるのです。

実際にイベントなどで「音楽動画で存在を知って、社会動画も見るようになった。そうゆうきっかけで興味をもって来ました!」という方がいらっしゃいました。

どうしても社会問題という特性の事柄ばかりを扱っていると、視聴層が偏ります。

しかし社会問題とはみんなの問題なのです。

どうしても社会問題という特性の事柄ばかりを扱っていると、暗い気持ちになる動画になってしまいます。

しかし社会問題とは誰かが必ず言及し、解決しなければいけないのです。
しかも紐付きではない大衆のほうを向いた人が。

「音楽は聴くけど、社会問題はわからない。興味ない。自分には関係ない。」という方の方が、「社会問題を自分のこととしてどうにかしなければいけないと思っている責任感ある人」よりも、多いのではないでしょうか?(この社会現象を私は「大衆誘導」と呼んでいます。)

社会問題に興味がある人だけが私の動画を見るのではなく、そうでない人も社会問題を考えてもらえるきっかけを、私が活動前から携わってきた音楽で作り出せるのです。

先ほども言ったように社会問題とはみんなに興味を持ってもらい、携わってもらう必要がある事なのです。

社会問題に興味がある人たちだけにアプローチをかければよい問題ではありません。

同時に他の層にも知ってもらうための方法をとることは必要なことなのです。

ですから、実際にマスである音楽好きの人たちに、「音楽を通して私を知っていただき、興味を持ってもらって、他の社会問題を扱う動画を見てもらう。」という流れを作ることは、私の社会活動の一つなのです。

これは一般的な社会活動家には絶対にできないことですから、生かさない手はありません。

つまり、音楽動画を上げることは、私個人を差別化することになります。

この他者との差別化は、なかなかできることではありません。

皆さんの目に触れてもいいレベルに、なにかの技術を持ち上げる為には膨大な時間と労力が必要だからです。

私は一人で、皆さんがご覧になられている音楽動画のクオリティーの音楽動画を制作することができます。

もちろんそれはプロレベルからしては遠く及びませんが、安価的な機材のなかでアマチュアが作る音楽としては悪くはないレベルであると自負しています。

たった一つの音楽動画の中で、「ギター」「ベース」「ストリングス」「キーボード」「ドラム」「ボーカル」「コーラス」「レコーディング」「ミックス」「マスタリング」「撮影」「演奏」「演出」「動画編集」と多くの専門技術が集約しています。

それぞれに対して専業のプロがいることをひとりでやっているのです。

つまり、このように私は音楽ができるし、それが社会活動にもプラスになるからしているのです。

そしてこれを「すごい!」と言って下さる方が大変多くいらっしゃいます。

こちらから言わずとも「いい戦法だ」と、私のこの考えをそのまま言って下さった方もいました。

社会問題を扱う動画はなかなか「楽しい動画」にはすることはできません。

つまり、社会動画は、楽しいが当たり前になっている大衆には見にくい動画なのです。

ですから、音楽動画も織り交ぜることは、多くのメリットを生むことになります。

社会問題ばかりを扱っている動画の中で、少し皆さんにホッとしていただける機会にもなると思います。

社会問題と音楽どちらにも同じくらい携われたらよいのですが、社会を見渡せばどうしても前者が時間的に多くならざるを得ません。

両者の動画で前者が格段に多いことは明らかでしょう。

ですから、私は音楽家と名乗らずに社会活動家と名乗っているのです。

そして広報が目的であるから、オリジナルではなく、より多くの人に聞いてもらえる可能性があるカバー動画を上げているのです。(私は過去、オリジナル曲を作っている期間のほうが格段に長いです。)

また前者は完成までにさらに時間がかかってしまうことからも後者を選択しています。

そして他にもメリットはあり、私は歌っていないと精神状態、体の調子が悪くなってきます。

それはずっと幼少期からずっと音楽をしていたからかもしれません。

ですから精神安定と健康維持の為にも音楽をしているのです。

ご年配の方で歌が趣味という方で元気が良い方が多いのは皆さんもご存じでしょう。

私も人間です。

社会問題と毎日向き合い、巨大権力構造を変えようと奮闘し、毎日メールやコメントで攻撃にさらされてるのですから、精神を健全化させるための試行錯誤が必要です。

それに対して音楽から、大きな恩恵をうけています。

具合が悪くなってきたら、「最近歌ってないな。音楽をやらなければいけない。」といった感じです。

私が特別「鉄壁の心」を持っているわけではありません。

皆さんと同じです。

また、バイトしろ?とのことですが、よほどこの活動をやめさせたいようですね。

曲は活動の合間に少しずつできますが、他の仕事をしながら、これほど報道を追えますか?

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子

事件を追うために仕事を急遽休めますか?

アルバイトというのは自分の好きなタイミングでブラウザを閉じて、DTMソフトを立ち上げるようにできるのでしょうか?

更に、チラシ作って全国の方に配布のお願いできますか?

私の休みのタイミングに合わせて、社会は動き、事件が起こってくれるのでしょうか?

しかし、この方に言われずとも、自ずとそのようになってしまう可能性が見えたからこそ以下の記事を書きました。

【重要なお知らせ】

支援者や私の周りの人間はこれらのことを理解していますが、このタイミングですから言っておきます。

以下以前の記事

使ってないギターをいただけませんか? より


私は歌いながら生まれて来たぐらい、生涯音楽をしているのですが、その私の音楽活動は、今私の社会活動に大いにプラスになっています。

社会問題を提起し、皆さんに呼びかける社会活動家の私と違う一面を見てもらえるからです。

私は社会活動家としてスタートした2014年から今年で4年目になりますが、それ以前の私の方が私を形作った年月は長く、それまでずっと音楽に携わってきました。

多角的な私の内面に対して社会活動家の私だけを露出することは、画一的な私の一面をに過ぎないわけですが、それに音楽が加わることは、ネットという一面しか映さないものに対して彩を与えてくれています。

ですから音楽動画を作ることは、私の言論に彩を持たせ、私の人となりを見てもらう、つまり私の事をもっとよく知ってもらう為に必要なことであると思っています。