日別アーカイブ: 2017/09/15/pm 07;47.31

本日読者さんから来た大衆分断のご報告。~実際にあった緊急集団下校の理由

WS2017-07-05_12_45_隠し1以下、本日読者さんから来た大衆分断のご報告。


お疲れ様です。

先日言っていた娘の学校の集団下校は

地元警察から発信された、このような情報をもとに動いたという事らしいです。

○○警察署
9月○○日(火曜)、午後○○時○○分ころ、○○市○○1丁目の路上で、児童(女)が下校途中、男に声をかけられました。
声かけ等の内容
・こんにちは。 ねえねえ。 逃げなくていいよ。
不審者の特徴:年齢40歳代、小太り、髪黒色普通、黒色Tシャツ、紺色短パン、メガネの男。

「こんにちは、逃げなくていいよ、」

これが不審者です。もっと露出経過と思いきやそれだけです。本当にひどい!

まさに分断です。


<さゆ>

はい。

成人男性が下校していた児童に「こんにちは (^-^*)/」と言った。

分断教育(防犯教育)を受けている優等生の児童は、知らない人に声をかけらたことから逃げた。

あいさつをしただけの男性は「ねえねえ。(;^_^A  逃げなくていいよ。(;´・Д・)」

それを児童が誰かに報告したのでしょう。

それだけで、学校全体で集団下校です。

これは実際に起きている事実なのです。

挨拶しただけで不審者のレッテルが張られ、行政はそれを受けて対応。

完全に分断です。

我孫子女児の報道で私は、児童に行われている防犯教育(セイフティ教室)が「分断教育」であることを見抜き、それを危惧し、現在も全国でチラシ配りをしています。

さゆふらっとまうんど一派(さゆ会)は、全国で唯一、防犯教育は分断教育であること見抜き、それは大衆間の交流を閉ざし不幸を招くと危惧し、啓蒙しています。

このようなまさに、「奴隷社会」と言える現象は、大衆がこのような状況を見抜けず、何もせず許容しているからまかり通っているのです。

あなたは、人の目も見て歩けない社会へと、いま、目の前で変わっているのに見て見ぬふりをするのですか?

ゆくゆくはあいさつしただけで逮捕。

十分ありえるでしょう。

児童に挨拶した人がいただけで、緊急集団下校をしているのですから。

「危険!」と行政、地域が動いているのですから。

これらは、なにもしていないあなたのせいです。

そして力がない私のせいです。


<大衆分断、関連動画>

<大衆分断教育>「いかのおすし」と「セーフティ教室(防犯教育)」の本当の目的。

【写真】こどもあんぜんマップ ~分断教育をされている子供たち

【会員限定・記事】<大衆分断工作>「知っている人でも不審者」の次段階は「目的・場所」で人を分断する。~家庭が危険だという大衆洗脳が行われます。

分断教育は、もちろん夏休みの宿題としても出されます。

「これもサギ…きっとサギ」替え歌で大衆分断を図る、京都府警察本部

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

rp_f5824e125761a35b974f27b8971cf08a-1024x576.jpg

⬇️ チラシの内容は大学講演で解説 ⬇️大学講演サムネ