日別アーカイブ: 2017/07/06/pm 07;00.59

<大衆分断教育>「いかのおすし」と「セーフティ教室(防犯教育)」の本当の目的。

WS2017-07-05_12_45_隠し1

<筆者・さゆ>

上記写真は某小学校で配られた紙です。

【いかのおすしの目的】

いか・・・知らない人について行かない(対人交流の排除・大衆分断・自分以外全員知らない人)
の・・・他人の車に乗らない(対人交流の排除・大衆分断・両親も家族も他人)
お・・・大声を出す(2017年現在、大衆が大衆を監視するシステムの段階)関連記事
す・・・すぐに逃げる(自分以外全員の不審者化・ストレス排除による稚拙者の増産・すぐ逃げる思い癖)
し・・・何かあったらすぐに知らせる(行政の介入)

【いか、上記画像文字起こし】

<セーフティー教室>(他者との交流を排除する為の大衆分断の心作り教室)

4~6年生が携帯・スマホ・電話・犯罪サイトでの対応スキル(他者は自分をだまそうとしているのではないか?と、常に他者を疑心暗鬼な目で見る対応スキル)を学び、

1~3年生が不審者対応スキル(対人関係を構築してはいけないスキル)を教えていただきました。

不審者から身を守る方法(対人関係を作らない方法)、電話で個人情報を聞かれた場合の対応(常に人を疑う対応・自分の情報を言わないことで人間関係を構築させない対応)など、さまざまな場面を想定し、2年生、3年生各クラスの代表の児童が警察の方(これら本当の犯罪行為を作っている者の手下)とロールプレイを行いました。

第二部では、警察、地域関係者、保護者、教職員(メディア・行政に総洗脳されている人達、奴隷社会の設計の構成員)の参加による意見交換会を行いました。

警察(これら本当の犯罪行為を作っている者の手下)の方からは、どのような犯罪(大衆分断を目的として計画的に起こされている事柄)が起こっているのか、具体的にお話し(リピート)いただきました。

来年度も多くの保護者の(大衆分断教育=セーフティー教室=防犯教育への)参加をお待ちしています。


我孫子NEW表0523我孫子ちらしカラー 0427

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

初めてピクニック参加された「のぞみさん」からのメール

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️20170702ピクボール<初めてピクニック参加された「のぞみさん」からのメール>

さゆさん

先日は初めてピクニック参加させていただいてありがとうございま した。

これまで、3年ほど前より記事を拝見させていただいておりましたが、このようにお会いできるまで膨大な時間がかかってしまいました。

これまでの時間あなたを疑わなかったと言えば嘘になります。ほんとうに、インターネット上の人物に送金してよいのだろうか、この活動が世界を変えていく方向は本当であるのか、ずっと左右に揺れ動き、しかし記事や動画を見ては衝撃が走りますが、日常になると私はなにもなかったかのように過ごしました。

さゆさんが活動を始められて4年たとうとしていますが、その間いったい世界がどうなったのかと言えば、環境はますます悪化し、私たちの首を絞める方へと着実に一歩づつ 駒を進められていき、見えない柵、 見えない暴力に曝されていきました。

何かをするっていったって一体何をしたらよいのか、何を信じたら よいのか、どうして私は立ち止まったままでいるのか…、

会いに行こうと決めました。

会ったらなにかわかる、そう思いました。

私を含め始めての参加は2名でした。一時期は50名ほど来たと きもあると聞いて、どうして減ってしまうのだろうと思いました。

また生放送のツイキャスは300名ほどきていたとも聞き、みんな興味があってみてるのにどうして、、、。でも私もそのうちの一人です。

さゆふらっとまうんどさんてどんな人?ずーっと動画を見てきて知 っているつもりになっていました。

とんでもない勘違いです。

動画で拝見するより、穏やかな表情でひとつひとつ、じっくり時間をかけてお話ししてくださいました。分からないことも、真剣に聞いて下さいました。

お会いして、さゆさんの鏡をとおしてみると、自分の心がなんて柵だらけなのか、みごとに社会設計通りになっていること、柵がない状態が多分分からないということ、それを人にとってもらうことはで きないんじゃないかということ、これに苦しんできたことが見事明るみになってしまいました。

子どもを幼稚園にいかせなくてはならない。
靴下をはかせなければならない。
自分が何者かでなくてはならない。
仕事を持っていなければならない。
子どもは育てなければならない。
忙しくしている方が時代にあっている。

強迫観念だらけで恐ろしいです。何者でもないさゆさんの存在のあり方はまさに幸せそのものですし、いとおしいく、存在することを愛せなくなっている私の不幸さといったらありません。

子どもたちに真っ直ぐ関わってくださって、本当にありがとうございます。

微弱ながら活動にかかわっていきたいとおもいます。

世界が変わろうとも例え変わらなくとも、活動そのものに価値があることだと、お会いする前は正直言ってわかりませんでした。

自分の中の柵をとることから始めます。さゆさんたちと関わるからこそできるようにおもいます。

世界中のすべてが支配下に置かれている、ただひとつここを除いて。

だからここにいる私の1%は誰の支配下でもない。本当の場所だから。一筋の光です。

たくさんのよいものをいただきありがとうございました。

今後もどうぞよろしくお願いします。

のぞみ


我孫子NEW表0523我孫子ちらしカラー 0427

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い