日別アーカイブ: 2017/04/03/pm 12;00.26

私が記事にした直後、ANNが単独で扱った「ランドセルも帽子もかぶらず、学校と反対方向に向かう新たな証言」が3本とも削除

WS2017-04-03_02_09_29000000 WS2017-04-03_02_15_11000000

ひとりで不安気、通学の雰囲気じゃない住民目撃


WS2017-04-03_02_11_16000000 WS2017-04-03_02_11_08000000

学校と反対方向に…不明の朝目撃 両親とベトナムへ


WS2017-04-03_02_12_23000000 WS2017-04-03_02_12_16000000

小3女児殺害 遺体到着のベトナムに親族集まる(2017/04/02 20:54)


WS2017-04-03_02_09_18000000


<筆者>

ANNが単独で扱っていたランドセルも帽子もかぶらず、学校と反対方向に向かう「新たな証言」が3本とも削除されています。

私が今日の早朝  に以下の記事を上げてすぐのことです。

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

これまた反応が早いですね。

このANN独自の「実は行方不明日当日、ランドセルも背負ってないし、帽子もかぶっていない。そして学校と反対方向に困ったようする歩いていった。」とする4月2日ANNが報じた内容に沿う報道は3日の朝の時点で、マスコミ各社一切していません。

「ドライブレコーダーに、男性がりんちゃんの後を付け、声をかけるような様子が映っていた。しかし不鮮明でだれかわからない。」という、この事件の報道方針として一貫した、大衆への心理圧迫、意識操作を目的とした犯人に触れない情報の小出しが続いているのみです。
2017年04月03日(Mon)08時38分52秒

この削除の動きをどう見るかといえば、これはただのミスではないでしょう。

フライング報道であるとみています。

このように、実際に父親に矛先を向けるシナリオであったから、そのように動き出した。

しかし、まだその段階には、4月2日の時点では早すぎてしまったとみています。

大衆洗脳という観点から、そして他の意図的に作り上げる事件との兼ね合いで、情報を出すタイミングが重要であることは過去に行ってきましたが、そのタイミングを見誤ったのでしょう。

ただのミスで↓(下の記事)ここまでテレビ局(ANN)は動きません。

これも事件があるシナリオに沿って動いている証拠でしょう。

そして、もうひとつの削除されたた可能は、私の読みが的中したから、スピーディーにシナリオを変更する必要がでてきた。だから消したか、です。そうならばすごいことです。

実際に、過去に私の記事を受けて、J-LISが情報セキュリティ研修の一部を削除するということが起きています。

J-LIS、私が記事を書いた日に「今後考えられるマイナンバー事故事例」を削除。

また一番可能性が低いのは、グルであった父親と特務機関とのやり取りの中で、りんちゃんを動かしていた事実が本当に表に出てしまった。それにしても以下の内容はどこに行ってしまったのでしょうか?↓

>24日午後4時から午後6時の間、公園で複数の人物と一緒にいるのを目撃されていた。WS000251

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

さて、私がこの報道を受けてした記事に書いたように分析し、ANNは記事をひっこめた。

今後、シナリオを追行するのでしょうか?それともシナリオを変えるのでしょうか?

このように私の活動は、大衆の分断工作、具体的には「父親と娘の関係性の破壊」を食い止めている可能性が大いにあることを、知的な人なら認識してくれるでしょう。

以下の記事での私が予見する、本事件の終焉のシナリオを一読ください。↓

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

以下、今回削除された3つの報道を再掲載しておきます。


WS2017-04-02_13_48_38000000WS2017-04-02_13_48_48000000WS2017-04-02_13_49_09000000WS2017-04-02_13_49_12000000WS2017-04-02_13_49_16000000WS2017-04-02_13_49_23000000WS2017-04-02_13_49_26000000WS2017-04-02_13_49_32000000WS2017-04-02_13_49_42000000WS2017-04-02_13_49_47000000
学校と反対方向に…不明の朝目撃 両親とベトナムへ

テレビ朝日系(ANN) 4/2(日) 11:45配信

 千葉県我孫子市で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、女の子が行方不明になった当日の朝、女の子とみられる子どもがランドセルを背負わずに学校とは反対の方向に歩く姿が目撃されていたことが分かりました。

 先月24日、千葉県松戸市の小学3年のベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが通学途中に行方不明になり、26日に我孫子市で遺体で見つかりました。その後のANNの取材で、24日の朝、リンちゃんとみられる女の子がランドセルを背負わずに困った様子で学校とは反対の方向に歩いていたことが新たに分かりました。

 目撃した男性の妻:「(女の子が)こっちに向かって行った」「(Q.学校と反対方向に?)こっち行くなら不思議じゃないでしょ。学校に行くのに。だから不審に思った。ランドセルを持っていない。何も持たないで」

 当時、この付近を走っていた車のドライブレコーダーにリンちゃんとみられる女の子のすぐ後ろを歩く不審な人物が映っていました。捜査関係者によりますと、この時、女の子は通学路ではない道を1人で歩いていたということです。警察は、何者かがリンちゃんが1人になったタイミングを狙って連れ去った疑いもあるとみて調べています。

 一方、2日午前10時ごろ、リンちゃんの遺体を乗せた飛行機が両親とともに成田空港からベトナムに出発しました。リンちゃんは今月、小学4年生になる予定でした。


WS2017-04-02_20_52_33000000WS2017-04-02_20_52_45000000WS2017-04-02_20_52_48000000WS2017-04-02_20_52_56000000WS2017-04-02_20_53_07000000WS2017-04-02_20_54_03000000WS2017-04-02_20_54_10000000WS2017-04-02_20_54_16000000WS2017-04-02_20_54_21000000WS2017-04-02_20_54_28000000WS2017-04-02_20_54_36000000WS2017-04-02_20_54_48000000WS2017-04-02_20_54_58000000WS2017-04-02_20_55_02000000WS2017-04-02_20_55_25000000
“ひとりで不安気、通学の雰囲気じゃない”住民目撃(2017/04/02 16:31)

 

 千葉県で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、新たな目撃証言です。行方不明になった当日の朝、女の子とみられる子どもがランドセルを背負わずに学校と反対の方向に歩いていたことが分かりました。

くわしくは動画で…


WS2017-04-02_22_16_36000000WS2017-04-02_22_16_47000000小3女児殺害 遺体到着のベトナムに親族集まる(2017/04/02 20:54)

 
 

 先月26日、千葉県我孫子市で遺体で見つかった小学3年生のベトナム人、レェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)のひつぎがベトナムのハノイに到着しました。

 リンちゃんの遺体は日本時間の2日午後4時半ごろ、ハノイに到着しました。父親は、ジャンパーに包んだリンちゃんの遺影を持って空港に降り立ちました。空港には約50人の親族らが集まり、僧侶によってお経が上げられました。
 一方で、リンちゃんが行方不明になった先月24日朝、通学路からは外れた場所で、リンちゃんとみられる女の子が学校とは反対の方向に歩く姿が目撃されていたことが分かりました。
 目撃した男性:「駐車場を斜めに横切る女の子がいた。不審そうな顔して小走りだった。(ランドセルを)背負っていない。帽子もかぶっていない」
 捜査関係者によりますと、この付近を走っていた車のドライブレコーダーにリンちゃんとみられる女の子のすぐ後ろを歩く不審な人物が映っていたということです。


<以下関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

<我孫子市女児全裸遺棄>特務機関、ベストなタイミングで地域住民が発見するように遺留品を設置。

<生きてる可能性はあります。>リンちゃんが本当に亡くなったのかを知ることができる向こう側以外の関係者は両親だけです。~「娘はまだ生きている」殺害女児の父親、胸中語る

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8J-LIS事故事例削除ご支援のお願い

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

WS2017-04-02_14_18_53000000女児遺体 小学校が会見「学校が好きな子」

日本テレビ系(NNN) 3/27(月) 17:55配信

 26日、千葉県我孫子市で女の子(9)の遺体が見つかった事件で、警察は女の子が自宅を出たすぐ後に事件に巻き込まれた可能性が高いとみていることがわかった。捜査本部のある我孫子署から志澤千尋記者が伝える。

 これまでの捜査で、現場に争ったような跡がないことなどがわかってきた。警察は女の子の足取りを中心に捜査している。

 この事件は、松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・リンさん(9)が26日、自宅から12キロ離れた我孫子市内の橋の下の草むらで、衣服を身につけていない状態で死亡しているのが見つかったもの。

 母親によると、リンさんは今月24日の朝、学校に向かう際に自宅の防犯カメラにはうつっていたということだが、通学ボランティアは姿を見ていない。このため警察は、リンさんが自宅を出てすぐ、事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査している。

 一方、27日午後、リンさんが通っていた小学校が会見を開いた。

 小学校の会見「(リンさんは)学校が好きな子どもでした。友達と仲良く過ごしていたと思います。教室の中でおしゃべりをするのも好きでした。習った日本語を使って先生や友達に手紙を書くのも好きでした」

 警察はこの後、司法解剖の結果を発表する予定で、リンさんが殺害された経緯について慎重に捜査している。


WS2017-04-02_14_01_34000000 WS2017-04-02_14_01_44000000殺害女児のランドセルと確認 遺棄前後に捨てたか(2017/03/28 17:53)

 千葉県我孫子市で9歳の女の子が遺体で見つかった事件で、27日に発見されたランドセルが女の子のものと確認されたことが分かりました。

 26日、我孫子市で行方不明になっていた千葉県松戸市の小学3年生でベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが遺体で見つかりました。遺棄現場から数十キロ離れた場所で赤いランドセルが発見されていましたが、その後の警察への取材で、これがリンちゃんのものと特定されたことが新たに分かりました。茨城県の利根川の河川敷で発見され、父親が確認したということです。また、この周辺でリンちゃんが身に着けていたとみられる衣服が見つかったということです。警察は、犯人が遺体を遺棄する前後に捨てたとみて調べを進めています。


WS2017-04-02_13_48_38000000WS2017-04-02_13_48_48000000WS2017-04-02_13_49_09000000WS2017-04-02_13_49_12000000WS2017-04-02_13_49_16000000WS2017-04-02_13_49_23000000WS2017-04-02_13_49_26000000WS2017-04-02_13_49_32000000WS2017-04-02_13_49_42000000WS2017-04-02_13_49_47000000
学校と反対方向に…不明の朝目撃 両親とベトナムへ

テレビ朝日系(ANN) 4/2(日) 11:45配信

 千葉県我孫子市で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、女の子が行方不明になった当日の朝、女の子とみられる子どもがランドセルを背負わずに学校とは反対の方向に歩く姿が目撃されていたことが分かりました。

 先月24日、千葉県松戸市の小学3年のベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが通学途中に行方不明になり、26日に我孫子市で遺体で見つかりました。その後のANNの取材で、24日の朝、リンちゃんとみられる女の子がランドセルを背負わずに困った様子で学校とは反対の方向に歩いていたことが新たに分かりました。
 目撃した男性の妻:「(女の子が)こっちに向かって行った」「(Q.学校と反対方向に?)こっち行くなら不思議じゃないでしょ。学校に行くのに。だから不審に思った。ランドセルを持っていない。何も持たないで」
 当時、この付近を走っていた車のドライブレコーダーにリンちゃんとみられる女の子のすぐ後ろを歩く不審な人物が映っていました。捜査関係者によりますと、この時、女の子は通学路ではない道を1人で歩いていたということです。警察は、何者かがリンちゃんが1人になったタイミングを狙って連れ去った疑いもあるとみて調べています。
 一方、2日午前10時ごろ、リンちゃんの遺体を乗せた飛行機が両親とともに成田空港からベトナムに出発しました。リンちゃんは今月、小学4年生になる予定でした。


WS2017-04-02_20_52_33000000WS2017-04-02_20_52_45000000WS2017-04-02_20_52_48000000WS2017-04-02_20_52_56000000WS2017-04-02_20_53_07000000WS2017-04-02_20_54_03000000WS2017-04-02_20_54_10000000WS2017-04-02_20_54_16000000WS2017-04-02_20_54_21000000WS2017-04-02_20_54_28000000WS2017-04-02_20_54_36000000WS2017-04-02_20_54_48000000WS2017-04-02_20_54_58000000WS2017-04-02_20_55_02000000WS2017-04-02_20_55_25000000
“ひとりで不安気、通学の雰囲気じゃない”住民目撃(2017/04/02 16:31)

 

 千葉県で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、新たな目撃証言です。行方不明になった当日の朝、女の子とみられる子どもがランドセルを背負わずに学校と反対の方向に歩いていたことが分かりました。

くわしくは動画で…


WS2017-04-02_22_16_36000000 WS2017-04-02_22_16_47000000小3女児殺害 遺体到着のベトナムに親族集まる(2017/04/02 20:54)

 先月26日、千葉県我孫子市で遺体で見つかった小学3年生のベトナム人、レェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)のひつぎがベトナムのハノイに到着しました。

 リンちゃんの遺体は日本時間の2日午後4時半ごろ、ハノイに到着しました。父親は、ジャンパーに包んだリンちゃんの遺影を持って空港に降り立ちました。空港には約50人の親族らが集まり、僧侶によってお経が上げられました。
 一方で、リンちゃんが行方不明になった先月24日朝、通学路からは外れた場所で、リンちゃんとみられる女の子が学校とは反対の方向に歩く姿が目撃されていたことが分かりました。
 目撃した男性:「駐車場を斜めに横切る女の子がいた。不審そうな顔して小走りだった。(ランドセルを)背負っていない。帽子もかぶっていない
 捜査関係者によりますと、この付近を走っていた車のドライブレコーダーにリンちゃんとみられる女の子のすぐ後ろを歩く不審な人物が映っていたということです。


<筆者>

ランドセルを背負って学校に行き、行方不明から2日後の3月26日(日曜日)遺体で発見。
その後リンちゃんのランドセルが発見され、それが本人の物であると父親に確認されたと報道。WS2017-04-02_14_01_34000000

それが、4月2日になってランドセルを背負っていない、帽子もかぶってないリンちゃんを目撃したとする近隣住民の証言をANNが独自報道。

どこの誰かもわからない、信憑性も一切担保されていないただ「目撃した」とする男性の記憶を突如、ANNは取材し報道し出したのです。

その内容はこれまでに報道されていた内容を根底から覆すものです。

もちろん意図的にメディアはこれらの行動を起こしているのでしょう。

ミスであれば、三回も続けてこのような情報をANNは出してこないでしょう。

そして、行方不明日に自宅の防犯カメラ映っていたとされるリンちゃんの映像も嘘でした。WS2017-04-02_14_29_010000004_23102 (1)

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

今更、リンちゃんは行方不明日にランドセルを背負ってない、帽子もかぶっていなくて一人できょろきょろと学校と違う方向に歩ていたとすると、通学中に連れさられたはずのリンちゃんのランドセルは自宅にあるですから、発見されたランドセルを娘の物と確認した父親が嘘を付いているということになります。

帽子は現在もまだ見つかっていないことから、帽子は自宅にあるのでしょうか?

WS2017-04-02_22_28_03000000

警察の捜査など一切関係なく、ANNが独自に目撃者の男性を扱い、いままでの情報と全く違うことを報道し出しました。

この突如起きた流れが示唆してることは、「メディアは、父親を犯人と示唆する動きをとり始めた」ということです。

これまで報道されていた情報と逆を行く情報を扱うということは、いままでの情報に嘘があったとするはずだからです。

その嘘の原因を作っている者がもし父親とすれば、現在の方向転換された情報の筋が通ってくるということになります。

そしてそうすることによって、この事件はまた一つ多くの目的を達成することができるのです。

今回の事件を受けて2つの目的はすでに達成されています。

一つ目は、「通学中に起きた」とすることで、現在、もうすでに以下の変革が歩を進めています。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

そして二つ目は、現在、学生は春休み中。その間に親を不安に落とし入れるこの事件は、子供に「他者を疑いなさい」としつけることで、他者との関わりを避けように子供を洗脳し、それは大衆内の分断工作を目的としています。

その為に散々「不審者が目撃された」と不審な人物とメディアは連呼しているのです。WS2017-04-02_20_55_38000000WS2017-04-02_22_19_26000000

そして三つ目は、この流れに合わせて、もしも、今回の事件を父親を犯人とするシナリオであったら、「異性の親子の関係を引き裂く情報」をメディアは大衆に敷設することができるのです。

・教育現場への変革
・他者に対する懐疑心を生む為の両親への洗脳

それに加えて、異性の親子関係を引き裂く目的を達成できるのです。

例えば、父親と娘の性的虐待からの殺害などを大々的に取り扱うことによって、大衆に対して家族内の分断工作を目的とした常識の書き換えを支配者層は画策していることは既に想定されることです。

「母乳を上げることが子供へのわいせつに当たるか」?など、おかしなことがもう世界では言われていて、「父親と娘も危険である」という情報の常識化を大衆に敷設したいことは既に世界的な流れとしてあるのです。

「乳児用液体ミルク」の普及もまた支配者層戦略に合致している。~母乳vs.粉ミルクではなく ひとりの母親が広げる「液体ミルク」の可能性

それがまだここ日本では大々的に行われていません。

男性保育士が女児のおむつを替えることを保護者が拒否する、しないという議論が行われていることもその布石です。

その「父親と娘も危険であるという情報を常識化すること」が、この事件の主目的ではないのかと、今回のメディアの逆行する動きに大いなる違和感を感じた私は予見し出しています。

そしてこの考察は、実は偶然とは言い難い予兆があったからです。

ANNのリンちゃんの報道の動画をyoutubeで見るときに珍しく広告が流れました。

それが以下の動画です。

WS2017-04-02_23_37_34000000 WS2017-04-02_23_37_42000000 WS2017-04-02_23_37_45000000 WS2017-04-02_23_37_52000000 WS2017-04-02_23_38_00000000 WS2017-04-02_23_38_02000000 WS2017-04-02_23_38_05000000

企業広告が流れるのは過去にありましたが、いちミュージシャンが作った曲、一曲が動画広告として流れることは、珍しく、大きな違和感がありました。

いつもならすぐに飛ばすところを、この動画は見させられたのです。

この動画を調べると今、youtubeを視聴する際の広告として流されまくっているようです。

アップロードされてから1日で141万回以上再生されています。WS2017-04-03_00_00_46000000

これが、動画広告として動画視聴前に強制的に流れるのです。

確実に大々的な広告が打たれているということです。

どこから金が出ているのでしょう。

ちなみにこの動画に対して私は、以下のように分析しました。

ーーー

「「だから子供は国が管理すべきだ」と仕向けたい支配者層のメディアコントロールに完全に騙された支配者層にとって大変都合の良い曲です。 彼らは「守らなければいけない、これでは救えない」と情報操作し、問題を作り上げ、改善を装って立法し、大衆全体への縛りを生み出すのです。 それが大衆統治システムを強固にする為の行われている立法という行為の本質です。」

ーーー

この動画が、ANNのリンちゃんの報道を見る前に見させられるように設定されていたのです。(スキップはできます。)

これは偶然だとは思えませんでした。

そしてもし、この事件の終焉がそのようなシナリオであれば、これだけメディアが大衆の注目を集めた事件を、「父と娘の関係性への分断工作」として利用できるわけです。

これは向こう側は目論んでくるでしょう。

しかも現在父親はベトナムに帰郷しています。

それが、このような情報をメディアが騒いで国家間をまたいで日本から逮捕状が出るなどしたら、大騒動に出来、世界中で注目され、日本だけでなくベトナムでも同様の情報が、巨大なインパクトと共に強く敷設することが出来ることでしょう。

これはNWOの視点から見て一石二鳥なのです。NWOとはもうすでに完成しきっていて、どこの国でも一律の価値観を共有させることが支配者層戦略なのです。

この事件のシナリオの終焉を私はこのように分析しました。

これは春休みが終わる前後に起こされると見ています。

つまり今週末です。

このシナリオこそが、この事件を大衆統治システムを強固にする為に働かせる為に、大衆にとって最高に最悪な終焉の形なのです。

しかしこのシナリオを的中させてしまうと、私に注目を集めてしまうことになることから、この記事を受けて、このようなシナリオを大衆に敷設することを頓挫する方向に社会が動くことを私は強く望みます。

その為にこの記事は存在します。


<以下関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

<我孫子市女児全裸遺棄>特務機関、ベストなタイミングで地域住民が発見するように遺留品を設置。

<生きてる可能性はあります。>リンちゃんが本当に亡くなったのかを知ることができる向こう側以外の関係者は両親だけです。~「娘はまだ生きている」殺害女児の父親、胸中語る

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

この事件、リンちゃんの家族がベトナムに帰るのなら話は変わってきます。

WS2017-04-02_15_41_36000000 WS2017-04-02_15_41_40000000“女児”のすぐ後で…ドライブレコーダーに不審人物(2017/04/01 16:30)

 千葉県の小学校3年生の女の子が遺体で見つかった事件で、不審な人物が映った映像があることが分かりました。女の子が行方不明になった当日、自宅近くを走っていた車のドライブレコーダーにレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)とみられる子どもに声を掛ける不審な人物が映っていたといいます。

くわしくは動画で…


千葉・9歳女児遺体 リンさんの父が胸中明かす 「死ぬほどにつらい」 家族の幸せ奪われ

産経新聞 4/1(土) 21:14配信

 「死んでしまうほどにつらい」。殺害されたリンさんの父親、レェ・アイン・ハオさん(34)は産経新聞の取材に胸中を明かした。家族を伴ってベトナムから来日して10年。幸せだった日本の生活は一気に暗転した。

 ハオさんは3月24日午前8時40分ごろ、小学校からリンさんが来ていないという連絡を受けた。声をからしながらリンさんの名前を叫び、自宅周辺を捜したが、いつものリンさんの元気な返事は返ってこなかった。「リンちゃんのために祈るだけ。死んじゃうほど(つらい)」。ハオさんは力なく話した。

 一家が千葉県松戸市に移り住んだのは平成27年12月。19年に家族を伴って来日し、ソフトウエア開発を手がけるハオさんが手に入れた念願のマイホームだった。転居前に一家が暮らした川崎市で親交のあった主婦(67)は「引っ越し前、リンちゃんは『おっきい家に住めるんだよ』とうれしそうに話していた」と振り返る。

 一家4人の幸せを突然奪われたハオさん。「今は何も手につかない。このまま日本にいるかどうかも考えられない」と言葉少なに話した。


<筆者>

>一家が千葉県松戸市に移り住んだのは平成27年12月。

まだ引っ越してきて1年しかたっていないんですね。

今回、リンちゃんの遺体が両親とともにベトナムに帰ったと報道されています。


WS2017-04-02_15_52_31000000 WS2017-04-02_15_52_45000000発見から1週間…リンさんの遺体ベトナムへ

日本テレビ系(NNN) 4/2(日) 13:05配信

 千葉県松戸市に住むベトナム国籍の9歳の女の子が殺害された事件は、遺体が発見されてから1週間がたち、2日午前、女の子の遺体が、帰国する両親とともにベトナムに向け成田空港を出発した。

 この事件は小学3年生のレェ・リンさんが殺害され、先月26日に、千葉県我孫子市の草むらで遺体で見つかったもの。日本では先月31日、リンさんのお別れ会が開かれたが、母国のベトナムで葬儀が営まれるということで、2日午前、リンさんの遺体は両親ら遺族とともに成田空港を出発し、帰国の途についた。

 一方で、遺体の発見から1週間がたち、茨城県の利根川河川敷ではこれまでにリンさんのランドセルなどが見つかっているが、捜査関係者によると、行方不明となる際にかぶっていた帽子や履いていた靴はいまだ見つかっていないという。

 警察は引き続き、遺留品を捜すとともに犯人の足取りを捜査している。


4人家族のリンちゃん一家は、行方不明の24日、母親はまだ3歳の弟(下に写真)を連れてなぜか帰郷しているようです。

なぜリンちゃんの終了式を待ってから帰国しなかったのでしょうか?

つまり、行方不明日である修了式の3月24日は、父親とリンちゃんは二人きりだった。

千葉・女児全裸遺棄 修了式の朝、何が…24日から行方不明 発見現場周辺「子供が1人で遊ぶ所じゃない」

産経新聞 3/26(日) 21:44配信

 

 千葉県我孫子市で26日、全裸の遺体で見つかったベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同県松戸市六実(むつみ)。修了式の24日朝、登校のため自宅を出たまま行方が分からなくなり捜索が続いていたが、最悪の事態となった。遺体発見現場は畑に囲まれており、近くの住民は「子供が遊びに来るような場所ではない」と話す。学校までの通学路でリンさんの身に何があったのか。

 ■フェイスブックに「帰っておいで」

 《どこに行ったの?帰っておいで》

 リンさんの母親のものとみられるフェイスブックには25日午前9時ごろ、誕生日ケーキを前にほほ笑む子供の写真とともに、子供の行方を心配する文章が書き込まれていた。

 県警捜査本部によると、リンさんが自宅を出たのは24日午前8時ごろ。赤いランドセルを背負って黄色の学童帽子をかぶり、茶色のセーターの上に灰色のパーカ、ピンクのズボン姿で、1人で学校に向かった。リンさんは自営業の父親(34)と母親(30)、4歳の弟との4人暮らし。不明となった当時、母と弟はベトナムに帰省していたという。

 約40分後、父親は学校からの連絡でリンさんが登校していないことを初めて知った。自宅から学校まではわずか500メートル程度。通学路で何らかの事件やトラブルに巻き込まれた可能性がある。

 「娘を見かけなかったか」-。リンさんの自宅周辺では、父親がリンさんの行方を必死に捜す姿が目撃されていた。

 ■現場周辺は畑「夜は真っ暗」

 警察が周辺を捜索する一方、松戸市は25日午前10時50分ごろ、市民に行方不明者などの情報を提供する「安全安心メール」で、リンさんについて自宅周辺で行方不明になったなどと情報発信。25日朝から夕方にかけ、防災無線でも「9歳の女の子が行方不明となっております」と流した。

 リンさんの自宅近くに住む主婦(28)は「普段は高齢者の行方不明情報しか流れず、子供は珍しかったので覚えている。近所とも心配で話していた」という。

 複数の目撃情報が寄せられたが、26日朝、事態は最悪の結果を迎えた。

 遺体発見現場は利根川沿いの「青山排水機場」近く。住宅地までは国道6号をはさんで約1キロほど離れており、舗装されていない狭い農道沿いにネギ畑などが広がる。

 現場近くに住む農業の40代男性は「辺りに人は住んでおらず、人が散歩するくらい。子供が1人で来たり、遊んだりする所じゃない。夜は真っ暗で、夜中に遺体を遺棄しても誰も気づけない。あまりに気の毒だ」と話した。


そして自宅に外を向いた防犯カメラが合ったり、その映像とされメディアが報じているものが嘘であったり、

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

ランドセルを背負って、帽子をかぶり学校に行き、遺体発見後、リンちゃんのランドセルが発見され、本人の物であると両親に確認されたとされていますが、4月2日になってランドセルを背負っていないリンちゃんを目撃したと報道しだしたり、めちゃくちゃなことが起きています。WS2017-04-02_22_16_47000000 WS2017-04-02_22_16_36000000

そしてこの事件、リンちゃんの家族がベトナムに帰るのなら話は大きく変わってきます。

これまでのシナリオに沿わないことが家族に起きても、つまりこの事件を通して我々日本人に敷設された情報と違うことが、今後家族に起きてもわからないからです。

それにしてもなぜ父親は顔を隠しているのでしょうかね?

何にも悪いことしてないのに。

WS2017-04-02_14_30_26000000 WS2017-04-02_14_33_06000000

それにしても来日して自宅でソフトウェア開発をしている自営業のベトナム人って初めて聞きました。

そうゆう人がいるんですね。

彼のことを知る関係者がゼロでも違和感ない職ですね。

これら、ANNを筆頭にしたメディアの方向転換からの考察は以下の記事で解説します。↓

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

両親が日本に戻る目的は、被害感情を高めることで、変革せざるを得ない環境に我々を追い込む為です。

もし父親が渋谷と面会することができたら、私の読みが的中しているということです。つまり残念ながら彼も構成員でしょう。


<以下関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

<我孫子市女児全裸遺棄>特務機関、ベストなタイミングで地域住民が発見するように遺留品を設置。

<生きてる可能性はあります。>リンちゃんが本当に亡くなったのかを知ることができる向こう側以外の関係者は両親だけです。~「娘はまだ生きている」殺害女児の父親、胸中語る

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

ANN(テレビ朝日)3本の報道削除後、HPで我孫子殺害の新着報道を33時間もせず。

<我孫子市女児遺棄>事件を受けた集団登下校は、登下校の時間帯の短縮を導き、それは部活動の中止へと繋げられてしまいました。

<我孫子女児殺害>犯人が一般大衆の中にいるという建前は、社会を大きく狂わせる変革を肯定します。~森田知事、通学路に防犯ボックス・松戸はカメラ重点設置の考え示す

我孫子市女児遺棄事件後、実際に起きている6つの変革。~9歳女児殺害から10日、厳重警戒 不安な通学路

我孫子市女児遺棄事件の報道終了のお知らせ。~報道が一切されなくなった理由。

< 我孫子市女児遺棄>春休み、始業式、入学式を経て3日後に予定通り、ベストなタイミングで犯人逮捕。

< 我孫子市女児遺棄事件>通学路で登校を見守っていたPTA会長逮捕。学校への保護者介入の排除をシナリオに選んだようです。

渋谷が犯人で間違いないというイメージ工作が始まりました。~渋谷は反抗的で乱暴、感情の起伏が激しいロリコンと報道

両親が日本に戻る目的は、被害感情を高めることで、変革せざるを得ない環境に我々を追い込む為です。

もし父親が渋谷と面会することができたら、私の読みが的中しているということです。つまり残念ながら彼も構成員でしょう。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い