日別アーカイブ: 2017/04/01/pm 06;46.02

無線を車に放置したことは生徒の生死と関係のないにもかかわらず、学校側を攻撃する根拠にするメディア ~雪崩にあったら救助を呼ぶよりも現場にいる人達で理没者を一刻も早く掘り起こすことが最優先事項

WS000570WS000565 WS000566 WS000567 WS000568 WS000569【雪崩】生徒らの行動判明、顧問は無線放置

2017年3月31日 18:38

 

 栃木県那須町で雪崩が発生し、高校生ら8人が死亡した事故で、警察は31日、現場責任者の山岳部の顧問が勤務する高校の家宅捜索を行っている。警察が強制捜査に乗り出した今回の事故。何があったのか、当時の状況が徐々に明らかになってきた。

■生徒らが「表層雪崩」のチェック

 日本テレビは、救出された大田原高校の生徒の関係者を取材。雪崩に巻き込まれるまでの状況が明らかになった。事故当時、行われていたのは、雪を踏み固めて進む“ラッセル”訓練。5つの班のうち、この生徒を含む大田原高校の生徒と教師らは、先頭の1班にいた。

 訓練では、斜面下の1本の木が生えた辺りから斜面を登り始めたという。救出された生徒の関係者の証言による縦一列になって、登っていったという生徒ら。そして、木々が密集している一帯を抜けたところで、生徒らは表層雪崩が起きないかどうかを確認する作業を行ったという。

 これは、簡易的に確かめる方法で、生徒らは前日の講習で習っていたため、教師の指示ではなく自主的に行ったそうだ。その方法で、「雪崩の兆候はない」と判断し、尾根沿いに登り始めたという。

■「天狗岩」目指し、引き返す予定が―

 目指したのは天狗岩と呼ばれる岩で、そこまで行って引き返す予定だったという。しかし、天狗岩に近づいたところで雪崩が発生。生徒たちは雪に流されたとみられ、天狗岩のかなり下で埋まった状態で発見された。警察の30日の現場検証では、雪崩は少なくとも160メートルの長さにわたって起きたことが確認されている。

 現場で引率していた教師から「雪崩の恐れがある」という注意はなかったと話す生徒の関係者。しかし、山岳の専門家は、天狗岩付近は斜面の傾斜が変わる場所のため、雪同士がくっつく力が弱く、ラッセルなどの刺激を与えると亀裂が入る可能性があると話す。

■山岳部顧問「無線を10分ほど車に放置」

 一方で、講習会の責任者で大田原高校山岳部顧問・猪瀬修一教諭らの安全管理態勢の不備も指摘されている。

 訓練の最中は、スキー場から離れた本部で作業をしていたという顧問。雪崩は、午前8時30分頃に発生したが、顧問は、現場から本部に戻った教師の報告で、発生から45分後の午前9時15分頃に初めて事故を知ったという。その後、警察に通報したのは、午前9時20分頃だった。

 顧問と、現場の教師たちは無線でやりとりする予定だったということだったが29日の会見で、猪瀬修一教諭は―

 「(Q:現場から雪崩が起きたという連絡は無線では来なかった?)それがですね、あの…正直、無線を体から離してしまった時間帯があります。その時間帯に(現場から)呼びかけをしていたかどうかは、私は認識できないところです」

 雪崩発生直後の午前9時前後、顧問は10分ほどの間、無線を車の中に放置していたという。これにより、警察への救助の通報が遅れた可能性もある。警察は、山岳部顧問らの判断や安全管理に問題がなかったかなどを調べる方針だ。


<筆者>

この報道を見ると、顧問が10分ほどの間、無線を車の中に放置していたことで、通報が遅れ、救助が遅れ、それが生徒の死へと被害が拡大したかのように報道しています。↓WS000573WS000575WS000570

そして動画構成は、この「救助の通報 遅れた可能性」の次に無くなった生徒の通夜の報道をして、生徒の感情に流された、人工雪崩の可能性を一切排除した一意見を紹介します。

学校側の憎悪を高める目的です。WS000577 WS000578

これは完全に学校側の「ずさんな訓練計画」が雪崩を起こしたとするシナリオに沿った動きでしょう。

それについては軽井沢スキーバス転落事故との類似性があると以下の記事で触れました。

度重なる軽井沢スキーバス転落事故と那須雪崩事故の類似点。雪崩の原因が学校側のずさんな管理体制かのように報道~訓練計画を事前に作らず、実施要項に記載のない教諭に引率入林届を出していなかった。

そして今回メディアが、学校側を攻撃する材料として扱っている、「救助の通報が遅れた」という点についてですが、以下の資料をご覧ください。

「雪崩完全埋没時の時間経過ち生存率」です。2017年03月29日(Wed)12時25分26秒

これによると、人が雪崩に完全に理没し、その後18分以上経過してしまうと、生存率が34%にまで下がることから、理没後18分以内に救助することが生死を分けるということがわかる資料です。

つまり、雪崩に完全に理没した際に救出する為の最善の動きというのは、「救助を呼ぶよりも早く、現場にいる人間が、理没者を一刻も早く掘り起こす」ということなのです。

雪崩は、午前8時30分頃に発生し、顧問は、発生から45分後の午前9時15分頃に初めて事故を知ったことは、この45分間、現場では必死に掘り起こす作業が行われていたということを意味するのでしょう。

実はこの「現場ではすぐに掘り起こす作業をしていたからこそ、救助要請が雪崩発生から約45分後になったという考察」は2017年03月30日(Thu)12時26分頃に放送された「TBS ひるおび」で国際山岳ガイドの「近藤謙司」さんが言っていたことなのです。2017年03月30日(Thu)12時26分06秒

それを言ったときにスタジオが凍り付いたのを私は見逃しませんでした。

そして上記フリップでも、今回の雪崩の事故の目的の一つである高校生の登山禁止に対して異議を唱えることも言っています。

高校生の冬山登山、禁止を検討 栃木県教委

ですから現場にいなかった顧問が、発生から45分後の午前9時15分頃に初めて事故を知ったことは何らおかしいことではなく、雪崩発生直後の午前9時前後、顧問は10分ほどの間、無線を車の中に放置していて、警察への救助の通報が遅れたということは、雪崩に巻き込まれた、生徒の生死には関係はないのです。

そして以下のように

>雪崩は、午前8時30分頃に発生したが、顧問は、現場から本部に戻った教師の報告で、発生から45分後の午前9時15分頃に初めて事故を知ったという。その後、警察に通報したのは、午前9時20分頃だった

顧問は、午前9時15分頃に初めて事故を知り、警察に通報したのは、午前9時20分頃ですから、通報が遅れてはいないのです。そしてそもそもですが、旅館にいた顧問だけが警察に通報できるわけではなりません。現場から直接警察に救助を要請することもできたでしょう。携帯電話やスキー場にスタッフがいるはずですし。

これをメディアは、今回の悪役である学校側に対して、その中でも現場ではなく旅館にいた顧問に「10分ほどの間、無線を車の中に放置していた」という荒を見つけ、そこを徹底的に攻撃しているのです。

もう一度言いますが、顧問は10分ほどの間、無線を車の中に放置していて、警察への救助の通報が遅れたと言われていることは、生徒の生死とは関係ありません。

雪崩に巻き込まれた際、無事に救助する可能性を上げるには、30、40分はかかるであろう救助を第一に求めるのではなく、一秒でも早くその場にいる人達総出で埋没した人を掘り起こす作業が最優先事項なのです。

人工雪崩の可能性に言及せず、最初から悪役(学校)を決めつけてそちらに大衆の悪感情を向けさせ、変革の反動にする為の肯定材料にする。

そのような骨子が見えることが、メディアも事件を作っている者をグルであることが伺えるのです。


<関連記事・動画>

那須雪崩死亡事故は、人工雪崩によって意図的に起こされた可能性がある。~人工雪崩は簡単に起こすことができる。

度重なる軽井沢スキーバス転落事故と那須雪崩事故の類似点。雪崩の原因が学校側のずさんな管理体制かのように報道~訓練計画を事前に作らず、実施要項に記載のない教諭に引率入林届を出していなかった。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️那須雪崩我孫子

スキーバス転落部活動自粛 2ご支援のお願い

度重なる軽井沢スキーバス転落事故と那須雪崩事故の類似点。雪崩の原因が学校側のずさんな管理体制かのように報道~訓練計画を事前に作らず、実施要項に記載のない教諭に引率入林届を出していなかった。

計画変更、事前準備なし 県警、体制不備捜査

WS000564 
 
記者会見で頭を下げる(左から)栃木県高校体育連盟の橋本健一会長、大田原高の植木洋一校長、県高体連登山専門部の猪瀬修一委員長=栃木県庁で2017年3月29日午後7時6分、宮武祐希撮影

 栃木県那須町のスキー場付近で県立大田原高山岳部の生徒ら8人がラッセル訓練中に死亡した雪崩事故で、主催者の県高校体育連盟の登山専門部が予定の登山を悪天候でできなくなった場合の訓練計画を事前に作らず、実施要項に講師として記載のない教諭にラッセル訓練の先頭班を引率させていたことがわかった。また、事故現場の国有林の管理元に入林届を出していなかったことも判明。県警は、雪崩に対する危機意識の欠如や管理体制の不備があったとみて調べている。

 

 県警捜査1課などは31日、業務上過失致死容疑で事故後初めて同校を家宅捜索。実施要項などの関係書類を押収したとみられる。

 県高体連登山専門部の関係者によると、今回の訓練は春山安全登山講習会と題し、県内7校が参加して先月25~27日の日程で開催。茶臼岳登山が予定された前日の26日に雪崩注意報が出されたことなどをふまえ、翌朝に委員長を含む引率教諭3人が協議し登山を中止。ラッセル訓練に変えた。

 実施要項は講習会前に作られたが、「荒天でない限り茶臼岳まで往復」とのみ記され、代替訓練の記載はなかった。代替のラッセル訓練は、ルートも事前に決めないまま引率者任せで行われていた。しかも、同専門部はラッセル訓練に当たり力量に応じて生徒らを5班に編成したが、先頭で深雪をかきわけることから十分な経験が必要とされた「1班」に登山歴の浅い同校教諭の毛塚優甫さん(29)=死亡=を配置。実施要項の講師欄にも毛塚さんの名前はなかったという。

 現場付近の国有林を管理する林野庁塩那森林管理署によると、事故現場一帯は雪崩危険箇所として栃木県に通知されていたが、県高体連のような団体が国有林に入る際に必要な入林届は未提出だった。管理署幹部は「事前に(ラッセル訓練の)計画があったら、相談してほしかった。入林届が出ていれば、雪崩の注意喚起もできた」と語った。

 スキー場へもトイレの使用しか申請されておらず、講習会前に雪崩が原因で一部ゲレンデが封鎖された事実も伝わらなかった。【野口麗子、柴田光二、川崎健】


<筆者>

軽井沢スキーバス転落事故時の、バス運営会社ESPに対するバッシングと全く同じことが、今回の雪崩に対する学校への責任追及でも行われています。

軽井沢スキーバス転落事故時では

・出発前の点呼が実施されていないなど、5つの項目で法律違反
・事故につながったルートの変更 会社が決めたルートを運転手が勝手に変えた場合、道路運送法違反にあたる可能性
・運転手の健康状態を把握していない
・イーエスピーは、運行ルートを示す運行指示書について、白紙同然のものを運転手に手渡していたり、運転手の健康診断の書類が見つからない

などを、「ずさん」という言葉を使い、バス運行会社をバッシングしていました。

WS0001042016年01月15日(Fri)16時07分53秒WS000061

<長野・スキーバス転落>バス運行会社虚偽記載 ~管理がずさんだったから、イーエスピーが「選ばれた」のでしょう。次は土屋さんの「持病・薬の服用」が発覚ですか?

<スキーバス転落事故>「法律違反やルート変更」これらは事故の原因ではありません。~事故の原因ではないことを事故の原因であると報じるマスコミ

「ずさんな運行管理」がその事故が起きた理由であると、まったく事故の直接的原因と違うものに事故原因をすり替え、バス運行会社を悪役と決めつけて報道していたのです。

いくら会社側の運行管理がずさんであったとしても、バスが崖から転落するわけでないことはいうまでもありません。

軽井沢スキーバス転落事故と今回の那須雪崩事故は、偶然とは言えない類似性があることを私は動画と記事で言ってきましたが、今回の記事ではそれと同じことがまた起きています。

今回の悪役である学校側に対して、同じく「ずさんな管理体制」が、雪崩に結び付いたかのように報道し出しているのです。

>悪天候でできなくなった場合の訓練計画を事前に作らず、実施要項に講師として記載のない教諭にラッセル訓練の先頭班を引率させていたことがわかった。また、事故現場の国有林の管理元に入林届を出していなかったことも判明。県警は、雪崩に対する危機意識の欠如や管理体制の不備があったとみて調べている。

いくら、訓練計画を事前に作らなくても、実施要項に講師として記載のない教諭にラッセル訓練の先頭班を引率させていても、事故現場の国有林の管理元に入林届を出していなくても、雪崩に巻き込まれるわけではありません。

雪山にはレジャーや観光、訓練、研修など毎日多く人が足を踏み入れています。

それらの人が、事前に計画書を制作、専門知識を持った人を実施要項に記載、国有林の管理元に入林届を出さなければ、必ず雪崩に巻き込まれるわけではないでしょう。

 つまりこれらもまた、雪崩の直接的原因ではないのです。

このように、事故のヒール役として社会が位置づけた立場の人への報道を見ると、今回の雪崩を起こすシナリオを作った特務機関は、軽井沢スキーバス転落事故を起こした同じ班であるのではないかと、思わされます。

イメージ工作の戦略がそっくりだからです。


<関連記事・動画>

那須雪崩死亡事故は、人工雪崩によって意図的に起こされた可能性がある。~人工雪崩は簡単に起こすことができる。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️那須雪崩我孫子

スキーバス転落部活動自粛 2ご支援のお願い