日別アーカイブ: 2017/02/03/pm 12;00.27

人体に危険なLED電球を普及する為、東京都新年度予算案に18億円を盛り込み 〜東京都 白熱電球2個をLED電球1個と交換へ

スクリーンショット 2017-02-02 9.43.36スクリーンショット 2017-02-02 9.42.58スクリーンショット 2017-02-02 9.43.22スクリーンショット 2017-02-02 9.43.14スクリーンショット 2017-02-02 9.43.29スクリーンショット 2017-02-02 9.44.10スクリーンショット 2017-02-02 9.43.50スクリーンショット 2017-02-02 9.44.02東京都 白熱電球2個をLED電球1個と交換へ

東京都は、家庭での省エネ対策を促進するため、電器店に白熱電球2個を持ち込むと、エネルギー効率がいいLED電球1個と無料で交換する取り組みを新年度から始め、100万個のLED電球の普及を目指すことにしています。

東京都は、家庭での省エネ対策を促進するため、一度取り替えるとおよそ10年間使用でき、白熱電球と比べてエネルギー効率がいいLED電球を普及する取り組みを始めるため、新年度予算案に18億円を盛り込みました。

この取り組みでは、地域にある電器店などに、家庭で使っている白熱電球2個を持ち込むと、LED電球1個と無料で交換します。

都によりますと、白熱電球の値段は安い場合、1個100円程度なのに対し、LED電球は1個1500円程度と価格に差があることが、普及を阻む原因になっているということです。

このため都は、新たな取り組みを通じて、100万個のLED電球の普及を目指すことにしていて、ことし夏ごろまでに交換を始めたいとしています。

小池知事は「LED電球のメリットを多くの人に理解してもらう、普及のための起爆剤だ。家庭の消費エネルギーの3割が照明であり、これによりCO2の削減につなげる」と話しています。


<筆者>

人体に危険なLED電球を普及する為、東京都は新年度予算案に18億円を盛り込むようです。

前職の舛添は小中高生に子宮頸がんワクチンを打たせ不妊に寄与し、後任の小池は人体に危険であるLEDを家庭に普及させ、疾患を生み出します。

その為に18億円の起爆剤を投入です。

その具体的方法は18億円でLEDを買い、ばら撒くようです。

「東京都 白熱電球2個をLED電球1個と交換へ 」

これで何がLEDは省エネ、高寿命で安価で経済コストが良いのでしょうか?

「LEDは、高寿命で節電にもなり、経済的」という嘘を言って普及させたがっていますが、その年間数千円浮かせられると謳っているLEDに、東京都だけで18億円の血税を投入するのなら、なにが経済効率が良いのでしょうか?

そして税金とはそもそも我々の金です。

その分、納税者に分配する方がまだましです。我々は馬鹿にされています。

経済コストが良くしかも商品の質がよければ、なにもせずとも皆がそちらに動くでしょう。

しかし、わざわざこれだけの金をかけるのですから、やはり大衆は「LEDは何か体に合わ無い」と感じているのです。ですから企業を囲い込み無理やりLEDを使わせ、LED社会へと移行させているのです。

大喜びなのはLED業者です。18億円分LED電球を買う上客が出てきたのですから。

もちろん癒着しているわけです。

みなさん。

行政がタダで配ってでもLEDを普及させたいと言っています。

なぜでしょうか?

私の記事を読み動画を見ている人ならば簡単にわかりますよね?

もちろん為政者は、我々大衆の代表ではなく支配者層の代理人ですから、大衆統治システムを強固にする為の思惑があるのです。

大衆に本当の目的と危険性がばれないように、製品を投入し疾患を生み出すことは、大衆統治システムを強固にする為の支配者層戦略です。


<以下、関連記事・動画>

<その1>所さんの目がテン!で「LED電球は点滅していて眼精疲労を引き起こす」と放送 ~まとめ

<その2>所さんの目がテン!で「LED電球は点滅していて眼精疲労を引き起こす」と放送 ~LEDの整流について

LED電球の寿命とコストについての考察

署名活動「白熱電球の製造・販売禁止に反対!」のタイトルを変更します。

白熱球の悪イメージ工作は、「火災」で攻めるしかないようです。 ~白熱灯照明事故、5年で100件

一年以上掲載された「朝日新聞デジタル蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換」が消されました。~白熱球の製造販売禁止が「デマ」であるという工作について

これ以上に危険なことが我々の体全体に起こっているのがLED社会です。~「レーザー直撃でiPhone壊れた!」そんなことがあるのか

【ひるおび】どうしても白熱球が危険ということにしたいようです。 ~白熱球には火災の危険がある。と布団と白熱球を接触させたおバカ実験を放送

行政がハイビームを呼び掛け、「オートマチックハイビーム技術」が作られた二つの目的。 ~遠慮しないで!「ハイビーム」が事故防止のカギ

【署名をお願い致します。】白熱電球の製造・販売禁止に反対!

【動画後記】LED社会は、サーカディアンリズムを乱すことを目的としている。

今後「白熱球は危険である」という常識の書き換えが行われる。

画像をクリックで動画へ ⬇️%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a0%e7%99%bd%e7%86%b1%e7%90%83%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%99%bd%e7%86%b1%e7%90%83%e7%b5%8c%e6%b8%88%e7%94%a3%e6%a5%ad%e7%9c%81tell-6ご支援のお願い

お仲間同士であることが、バレバレです。

シロクマ

上記記事で、お仲間同士であるということがバレたから、敵対しているはずのRKと全く同じ手口で私に対するイメージ工作を行っています。

平塚塾 入塾案内 skype面接には一万円の料金が発生いたします。

自分は記事を投げるだけで、信者に悪態を言わせてイメージ工作を図る。

お仲間のRKと全く同じ手口です。

信者もそっくりでしょう。同じだからです。

信者が一体となってシロクマの言論に乗っかり、その目的を暴いた私へのイメージ工作を行っているのです。つまり目的をもってイメージ工作をしているわけです。

私は過去に言ってきました。

敵対しているように見せているが、言っていることが似ている言論者達に騙されるなと。

敵対しているくせにあまりにも両者のスタイルがそっくりすぎて、最初からわかっていましたが、騙されている方の為に10分間、時間を割いて本記事を書きます。

罵り合い、攻撃、敵対し合っていても、それはプロレスであることもあるのです。

目的はどちらを支持しても、結局は同じ言論に誘導したいのです。

どちらに転がっても指揮系統は同じですからボスにとってどちらも囲い込めます。

つまり、信者を取りこぼさないようにしているわけです。

「敵対し合っているのだからどちらかが正しい。」という二者択一しかない短絡思考の稚拙者しか取り込めない戦略ですが、ユダヤ悪など一部言論に誘導されている人にとっては、言っていることが過去に見聞きしてきた事と同じであると、逆に「理解できる」という思考が「共感」に変わり、「正しい」と思い込んでしまうのでしょう。

このように二段階に分けて誘導しているのです。どちらにしろ短絡思考しか取り込めませんので、私からするとかなり無意味に思えますがそのような戦略を社会の中に多々見ることができます。

なんらかのきっかけで離れていく信者を取りこぼさないような効果を狙っているのです。

先日のシロクマの件では、「RKの活動は個人がしていることだ」と価値を過小に偽ることで、RKの言論や活動に対して、大衆からの許容の猶予を生み出していました。

つまり、罪を軽くしているわけです。

RKピンチ!!知られざるRKの生態が赤裸々に語られる!!

敵対し合っているくせに、罪を軽くしてあげている言論であることに気付きましょう。

だから一向に裁判とやらが始まらないのです。

これらは安倍政権を運営している者も、安倍批判を作り出している者も同じであることと同じ骨子です。

安倍を操っている者も、安倍批判をさせている者も同じく、その上には天皇がいるのです。

そうでしょう?

RKも、安倍批判しながら天皇を守れと言っている。

方や安倍自民党の憲法草案は天皇の地位を国家元首に堂々とあげようとしているわけですから。

天皇を国家元首にする、天皇の手先(天皇財閥そのもの)の自民。改憲草案撤回せず。「公式文書」で論議の土台に

つまり敵対し合っていても向いている方向は同じなのです。

お友達同士のプロレスショーに我々の時間を無駄にしてはいけません。

骨子を見ましょう。

RKを訴えても公益はありません。
そもそも誰も彼のことを知りませんから。

我々に喧嘩を見ている暇はないのです。

目の前で社会は確かに悪化して行っているのですから。

我々の時間と行動は、建設的に社会を健全化させるために使わなければいけません。

そちらに目を向けるべきです。

今回のような骨子は、社会の中に散在しているものを過去に私は多く取り扱ってきましたから、私を取り巻く方々には、そもそもバレバレでしょう。

今回の記事は、それら構図が見えていない人へのプレゼントです。


追記:

なお、マイナンバーへの嘘反対運動をしていた「個人番号いらないネット」のように、味方の中から反対する組織をあえて作り出すことで、アンチを取り込み、攻撃はするが、意図的に攻撃の手をコントロールすることで、致命的なダメージを与えないようにする。

そのために、反対勢力をあえて味方の中から作りだすということです。

これが組織を存続させるに必要な構図なのです。


⬇️ 画像をクリックで関連動画へ ⬇️不正選挙2016全編1生前退位ご支援のお願い