カテゴリー別アーカイブ: メール

性の喜びおじさんが与えた影響は、若年層だけではなかったようです。

WS000146

性の喜びおじさんが与える影響は若年層だけではなかったようです。

今回送っていただいたメールでも、性の喜びおじさんの姿を見て、同じ年代の人達も感化されている人がいることを示唆しています。

性の喜びおじさんの姿を見て、若年層への影響だけでなく、同じ年代の人達から、第二の性の喜びおじさんが現れることを危惧したから殺したのだと、その動機は増すばかりです。

以下、メールのやり取りです。


<いただいたメール>

こんばんは。

性の喜びおじさんでハッとしました。

僕自身、今年45になります。

何故、女と付き合っていないのだろうかと、よくよく考えてみました。

26ぐらいまでは、なんだかんだと、ありましたが、その頃の自分は、まだまだ未熟者だったので結婚も断りました。

その時結婚していたらどうなっていたかは、多分、社会整備されている事に気がつかず、ただただ、家族の為に働く親父でいるのだろうと思います。

また高校生がブランド化し、ルーズソックスをはいた高校生と話すのが恥ずかしくなりました。

ブルセラ時代です。

でも、あの頃一番自分のメンタルに潜在的に今もあるのが、「エイズ」です。

もし、僕が今の知性があれば、こんなに流行っているはずがないと思うのですが、確か22-3歳ぐらいから、マスコミが、騒ぎ出しました。

今も完全に否定できないのも証拠が無い、実態が自ら掴めないからでしょう。

エイズの人を見たこともないし、エイズが発病して死んだと言うニュースはないです。

エイズ感染者は増えるけれど、死亡報道は一切ない。

移ったとしても、発症は薬で止められる?とか、利権まみれの匂いがします。

川田龍平さんも、発症せずに議員をやっています。ので怪しさも深まります。

向こう側で、コントロールされているということでしょうか。

エイズ自体、旧日本軍が開発した生物兵器との噂もあります。

僕の心の底に、エイズ怖いや、知らない人に話かけるのは怪しい。と言う、レッテルを自分でつけてしまっていますね。

かろうじて、仕事柄、お客さんには話しかけますが、この仕事を生業にしていなかったらと思うと、もっと出会いが少なくなっているに違いないと感じます。

性の喜びおじさんは、僕の数年後の姿です。

まじです。


<私>

それらを総じて私は「性行為を犯罪とする社会へと誘導している」といっています。

その方法として、常識を書き換えて自らブレーキを踏むようにメディアがそうなるような情報を振りまき(バイオパワー)、同時に行政が取り締まり、民衆に性行為をさせないように仕向けているのです。

Aさん(メールをくれた方)が、性の喜びおじさんのようになったら、周りは白い目で見るかもしれませんが、私は「そうですよね。まさにその通りです。」と、白い目で見るどころか、共感すると思います。

私を形作る常識は、社会常識ではなく、人の普遍性に沿っているからです。

それらを照らし合わせると現代社会は排他的であり、その目的が見えてきます。

Aさんの文章に書かれていないが確実にお心にあることは、今の常識、社会環境でなければ、もっと自由に出会いも、恋愛も、家庭も今よりも人生に「いろどり」を与えていただろうということではないでしょうか?

私は常識の書き換えの動画で、「人の人生に一番大切な出会い、交流が奪われている。その一番大切なものが奪われているのにみんな気づいてない。」と言いました。

私自身も現代社会がもっと人の普遍性に沿った設計であった、たかだか100年~200年ほど前に生きていたら、今、子供がたくさんいたのではないかと思います。

今の私と、もし100年前に生まれた私と比べたら、後者のほうが絶対に幸せであったと確信しています。

人の普遍性は、今も昔も8変わらないはずなのに、常識と社会環境が変わっているのです。これは大衆はコントロールされている証拠なのです。

その変化の方向性を見てみると、大衆統治システムを強固にする方向であり、それは一部のマイノリティーの為の変化ですから、我々から幸福が奪われていると私は気づいたのです。

我々は常に社会環境の影響を受けて生き、その行動。方向性が社会環境によって決められているのです。

しかし、大衆はその社会環境の設計に対して、変化に対して、一切行動を起こしません。無意味なことに誘導されているのです。

メディアは社会設計に対する建設的大衆行動を回避するため、大衆誘導する情報を流布することで、本質から目を背けさせ、同時にコントロールされた問題を作り上げてたり(今でいえば、森友学園問題など)、楽しそうな、頭を使わない方向におバカタレントを使った番組で無意味な時間へと誘導します。

>もっと自由に出会いも、恋愛も、家庭も今よりも人生に「いろどり」を与えていただろうということではないでしょうか?

と先ほど私は言いましたが、これは問題を増やすことにはなりません。

そこに愛情と思いやりがあればそれは「素敵な出来事」になるのです。

年齢、肩書、性別、人種などの違いなど関係ありません。

しかし、支配者層はそれらの中に問題を作り出し、取り締まり、新しい概念を作り上げ、常識を書き換えることで、大衆統治システムを強固にしているのです

今の社会変革の方向性は、正にそれらを「自由にしてはいけない」としていることに他なりません。

つまり、大衆内のルールを増やしていっているのです。

それが、浮気、不倫、ストーカー、青少年健全育成、性病などおっしゃられているエイズなどです。

それらに合わせて、メディア、行政、為政者、企業、医療が一体となって動いているというわけです。

そうして、大衆間の人間関係、交流関係に行政が入り込む動機を作り出し、同時にネット環境を強いることで交友関係のデータを蓄積し、情報源にしています。

これらは、大衆データを支配者層が握ることで、その作った多くのルール(社会常識・社会通念・法・条例)から外れるものを検索エンジンやAI(人工知能)を使ってで容易に洗い出しを大衆コントロールしようとしているのです。

まさに監視社会、奴隷社会なのです。

これらに大衆はきづいていない。

これらを総じて大衆統治システムを強固にしていると私は一言で言っています。

その私の言論がAさんが感じたこととリンクしたことを嬉しく思います。

さゆふらっとまうんど


<以下関連記事動画>

顔写真付きで性の喜びおじさんの急死を日テレNEWS 24が報道していた。米CNNは「殺された」と報道。~意図的に殺されたのか、偶発的トラブルなのか考察

Youtuberの皆さん!インコの喜びおじさんの動画を作ってください。~発言を犯罪化する社会作りへ(ヘイトスピーチ)の観点からも、性の喜びおじさんは邪魔だったようです。

性の喜びおじさん前編性の喜びおじさん後編ご支援のお願い