カテゴリー別アーカイブ:

<人口削減の為の同性愛推進社会>性転換手術の保険適用を 団体が厚労省に要望

WS000142WS000143WS000144 WS000145性別変える手術の保険適用を 団体が厚労省に要望(2017/03/23 05:58)

 性同一性障害の人たちでつくる団体などは、性別を変えるために必要な手術費を健康保険の対象とすることなどを厚生労働省に求めました。

 団体によりますと、現在、国内では推計で約2万5000人が性同一性障害を抱えています。こうした人たちが戸籍上の性別を変えるには卵巣や精巣を摘出する手術が必要で、費用は100万円以上かかるということです。このため団体は、手術費や治療に使うホルモン製剤を健康保険の対象とすることなどを求めて、厚労省に要望書を提出しました


<筆者>

社会が同性愛を推進する目的は、人口削減の為です。

ですからこの「性別変える手術の保険適用」流れは、大衆を減らし、子供を産みにくい社会設計にしたい支配者層方針と合致した流れです。

性の喜びおじさんが、一言で糾弾してくれています。

「ホモに転向しろかよ」という社会設計です。

WS000146

まさに支配者層は人口削減の為に同性愛を推進しているのです。

それがこの「性別変える手術の保険適用」流れではっきりと顕在化しています。


千葉)千葉市の同性パートナー結婚・介護休暇、1月から

湊彬子

2016年11月11日03時00分 朝日新聞デジタル

 千葉市は10日、同性パートナーがいる市職員が「結婚」やパートナーを介護する際に休暇を取得できる制度を、来年1月から導入すると正式に発表した。市職員互助会も「結婚」に祝い金を支出する。性的少数者LGBT)を受け入れる社会環境の構築に向けた取り組みとしている。

 市給与課によると、政令指定市では初めての取り組みといい、自治体としても極めて珍しい。法律婚や事実婚の結婚休暇(最大6日)にあたる「パートナー休暇」のほか、パートナーやその親などの介護のため、短期介護休暇や最長6カ月の長期の介護休暇が利用できる。

 市は制度導入のため、職員の勤務に関する規則を変更する。休暇の申請時は、パートナーとの同居を確認できる住民票の写しや、別の人と法律婚していないことを確認するための戸籍抄本などの提出を求める。

 市職員互助会も来年1月から、同性同士の「結婚」にも祝い金(5万円)を給付するという。

 熊谷俊人市長は10日の記者会見で「多様性のある社会を構築し、それを都市の活力に変えていかないといけない」と話した。(湊彬子)


<以下、筆者関連記事・動画>

「偏見」はメディアによって作られる。 ~“国民のLGBT理解促進を国の責務”とする法案は、人口削減計画兼、思想・志向に介入して弾圧する為 

現代版・人口削減計画は「性イデオロギーの書き換え」である。〜相思相愛でも「誘拐」

【性犯罪の非親告罪化4】同性愛者も強姦罪で逮捕できるようにする社会へ ~今後同性愛の若年層を絡めたわいせつ行為が盛んに報道されます。

米連邦最高裁、同性愛者の結婚認めないのは憲法違反 ~同性愛者の為の同姓婚の容認ではなく、NWO人民支配の為の「性イデオロギー」の敷設です。

<常識の敷設>同性愛のファッション化が進められています。

<同性愛推奨社会へ>世田谷区職員の互助会、同性婚に祝い金 来春開始の予定

「強姦」という言葉が無くなり、「強制性交」という言葉になる。性行為自体をしてはいけないものとする布石。

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

性の喜びおじさん前編性の喜びおじさん後編

rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

 

顔写真付きで性の喜びおじさんの急死を日テレNEWS 24が報道していた。米CNNは「殺された」と報道。~意図的に殺されたのか、偶発的トラブルなのか考察

mqdefault

<筆者>

事件翌日の2017年3月12日AM11:32に「性の喜びおじさん(岩下竜二)が亡くなった。」と日テレ24が顔写真付きで報道していたようです。

このサムネイルには

>電車で暴れた50代男性が急死。一体何が
>昨日午後四時過ぎ「男性が呼吸困難になっている」と駅員から119番通報

とあります。

現在ネット上では、死亡した男性が、性の喜びおじさん(岩下竜二)であるかが確定されていないと言われているようですが、(後述)このように「性の喜びおじさんである」と確定する報道がすでにされていました。

しかもそれだけではありません。CNNでもその死亡は伝えられていたのです。WS000058

しかもCNNは、「Murdered」つまり「殺された」と報じています。

そしてCNNがなぜ?と思う人が多いと思いますが、以前CNNは彼のことを扱っていたようです。


米国CNNが話題の「性の喜びおじさん」をニュースに掲載

sirabee20161108seinoyorokobi画像はCNNのスクリーンショット

JR博多駅付近で8日に起きた大規模な陥没事故が日本全国で話題となっているが、海外ニュースメディアでもじょじょに報じられているようだ。

多くのメディアが簡潔に事故について報じている中、米国のニュース専門放送局「CNN」は、それ以外にもインターネット上でネットユーザーたちが話題にしている内容も報道している。

■性の喜びおじさんがCNNに登場

そのなかで紹介していたTwitterでのつぶやきに、なんと今話題の「性の喜びおじさん」をコラージュした画像が使われていたことが発覚。

記事中ではモンスターと表現されていたが「道路を陥没させやがって! 福岡市許さんぞ!」と激怒しているかのようなその姿は、鬼神の如きインパクトだ。

「性の喜びおじさん」は電車内で若者の乱れた生活に警鐘を鳴らす聖なる人物。まさに『現代のパラディン』として知られる高潔な偉人として密かにブレイクしていた。

最近はニコニコ生放送などのメディアにも露出していたが、海外の大手ニュースメディアに取り上げられるようになったことに、ネット上でも喜びの声が多数あがっているようだ。


それが、2017年3月15日現在、世間では死亡したのが性の喜びおじさん(以下、「彼」)でのあるかが伏せられています。

しかも、「彼が悪くて」このようなことになったかのように報道され、そのような報道だけが現在ネット上に残っています。


「性の喜びおじさん」死亡情報、警視庁「まだ名前公表できない」…法的問題を検証

弁護士ドットコム 3/14(火) 13:14配信

 東急田園都市線で3月11日、乗客同士のトラブルが発生し、50代の男性1人をほかの乗客3人が取り押さえたところ、男性が意識を失い、その後死亡する出来事があった。警視庁は3月14日、弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「まだ名前は公表できない。公表するかどうかも決まっていない」としているが、ニュース番組の映像や直前の目撃情報から、亡くなったのはネット上の有名人「性の喜び(悦び)おじさん」ではないかと噂されている。


WS000051WS000052 WS000053 WS000054 WS000055 WS000056東急田園都市線 車内で、暴れた男性が意識失い死亡

 11日午後、東京・世田谷区の東急田園都市線の車内で乗客の男性が暴れたため、居合わせた乗客が取り押さえたところ男性は突然、意識を失いその後、死亡しました。

 11日正午すぎ、世田谷区の東急田園都市線上りの車内で50代とみられる男性が暴れ、居合わせた乗客の男性3人に桜新町駅のホームで取り押さえられました。男性はうつ伏せの状態で肩や足を素手で押さえられていましたが、その後、突然、意識を失い搬送先の病院で死亡が確認されたということです。

 警視庁によりますと、男性は車内で大声を出したあと、注意した乗客の男性(30代)の顔をいきなり殴るなどしたということです。警視庁は男性の身元の確認を急ぐとともに司法解剖を行い、死因を調べることにしています。(11日20:53 TBS)


以下は正に、彼が一般人とされている3人に取り押さえられ、意識を失って心臓マッサージされている桜新町駅での現場の映像が報道されたの動画です。(MXテレビ)38ef52c9


このように死亡した男性が、誰であるのかを写真、名前を含めて、現在伏せられているのですが、TOP画像のように実際に顔写真付きで日テレは放送していました。フライング報道でしょう。

桜新町駅でトラブルになり死亡した男性が、彼であるかどうかは公としてはこの日テレのフライング報道のみで、現在も誰であるかは報道されていないのです。

この性の喜びおじさんの死亡については、意図的に殺されたのか、偶発的に起きた一般人とのトラブルで死亡に至ったのかを誰もが疑問に思うでしょう。

それについて私は、前者の「意図的に殺された」可能性が十分にあるとみています。

それを考察する上で「性の喜びおじさん」とは、何者であるのかが重要であることは言うまでもありません。(下の添付動画参照)

性の喜びおじさんとは

この性の喜びおじさんは、人間の普遍性である「性」対して、その普遍性に沿う発言をし、且つ同性愛に対して否定的ともとれる発言をしています。

これは現代社会の同性愛推進、そして「セックスはしてはいけないもの」という人口削減の為の常識の敷設に対して真っ向から対立するものです。

それを彼は、公共の場で公言し、それが他者によって動画にされSNSで拡散し、一躍人気者になります。

しかもです。

その人気は、中高生という若年層に対してその人気を博したのです。

「性行為がしたい!」いう感情を堂々と表に出した人物が、その個性的なキャラクターと相まって中高生の間で大人気になったのです。WS000059WS000060 WS000061c07a6463-s

20161126113819

私は以下の記事で、2016年に「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが、「流行っている」とメディアによって工作されている目的として以下を上げました。

・草食系セックスレス男子がカッコイイとする常識の敷設
・男女が一緒に住んでいるが、性的なことは何も起きない。
・人生設計には「子供を産み育てる」といった計画性が一切ない

「強姦」という言葉が無くなり、「強制性交」という言葉になる。性行為自体をしてはいけないものとする布石。

そしてそれらに逆行するのが「性の喜びおじさん」です。

支配者層側は若年層に「逃げるは恥だが役に立つ」の主人公が「正しい」、「かっこいい」と、刷り込みたかったのに、真逆の価値観を振りまく「性の喜びおじさん」がちょっとした話題になってしまったのです。

これは大衆誘導として、若者に対しても情報誘導をし、若者世代に新常識を作り出すことで、未来により発展させた奴隷社会建設を画策している支配者層側にとっては「見えざる手」を入れざるを負えない問題であった可能性を示唆しています。

つまり、彼のような「性行為は良いもの」とその行為に過度に執着し、「(性行為を大前提とした)良い男女関係が男の人生を変える」的な主張をする人物が、中高生のリーダーとして性に対する影響を与えてしまうことを避けたかったと見てとれます。

メディア、行政が一体となって人口削減を目的とした若者の常識を作り上げてしているのに、その洗脳に対して真逆の価値観を与える人物が話題になっては困るのです。

これらのことから、彼の存在を煩わしく思っている関係人が支配者層側にいたはずです。

しかしながら、先ほども言ったように私は、現段階ではその犯行が特務機関による犯行かどうかは確定できないでいます。

なぜなら、特務機関が動いて、彼を消すのならもっと秘密裏にやることもできたはずです。又はうまく誘導することで利用する方向に動かす可能性もあったはずです。

しかし何らかのシナリオがあって失敗し、現在の状態になったのか?(名前を伏せるにしろ報道されたことから)などの可能性もありますし、本来持つ人間の生物としての普遍性に引き戻す威力は絶大であるはずですから、やはり疎ましかった可能性もあります。それらを判断するには情報が少なすぎるのが現状です。

そしてこの事件で、意図的に殺されたとする考察や疑問は数多くあります。

・一般の人が殺すまで押さえつけるか?という疑問。
・一対一のトラブルであったのに対して、さらに二人がなぜ加わり3人で押さえつけた疑問
・性の喜びおじさんを死ぬまでホームで押さえつける必要性
・上記TBSの記事でもあるように「男性が暴れ、居合わせた乗客の男性3人に桜新町駅のホームで取り押さえられました。」と、性の喜びおじさんが悪くてこうなったかのような報道
・なぜ事件から数日経っても名前が伏せられているのか?

4点目については、そのトラブルになったサラリーマン風の男が、性の喜びおじさんを「撮影していた。」という情報もあります。

目撃者のツイートです。 ↓WS000057

WS000049

この目撃者の話でもあるように、「押さえつけているサラリーマン風の男が性の喜びおじさんを威嚇するために叫んでいた。気道の確保を訴えられていた。」と言っています。

しかもその撮影という行為以外にも、なにか性の喜びおじさんがそのサラリーマン風の男を殴るように仕向ける行動をとっていた可能性もある。

彼らが5号車で目撃されるその前からやり取りは続いて可能性もあります。

サラリーマン風の男が性の喜びおじさんを威嚇し、殴るように仕向け、殴られたら、他の2人の仲間と正当防衛を理由に羽交い絞めにした、という可能性はぬぐえません。

性の喜びおじさんが、意図的にはめられた可能性です。

そしてなにより、この事件で死亡した男性が、性の喜びおじさんであることが、現在伏せられ、しかも殺人事件の可能性としての捜査方針が言われていない。

それどころか、性の喜びおじさんが悪くてこのようなことになったかのような報道。

その押さえつけていた3人に非がある可能性に一切言及しない警察、マスコミの方向性が、まさに真実を捻じ曲げている可能性を感じるのです。

そのなんらかの工作を隠しているようにみえる社会の動きは、意図的に殺された可能性を示唆しているように見えるのです。

最後に

性の喜びおじさんが有名になる過程で見えたことは、若者を筆頭にした大衆が、変わった人を、「不審者」「犯罪者」ではなく、「面白い」に変えて、スター化してしまう大衆の普遍性でしょう。

そして私のこれまでの言論を見聞きしてきた人ならば、ネットで拡散され、中高生の心を掴んだちょっとおかしな近所のおじさん的、異質な者が、もしも支配者層の社会構築上、邪魔な要素になったのなら、それをほおっておく社会でないことは、重々承知でしょう。


<以下、性の喜びおじさん関連動画>






<以下、筆者関連動画>性の喜びおじさん前編性の喜びおじさん後編

rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

<能登女性遺体>部活、空き家、交通事故、18歳未満と21歳。この事件は支配者層が画策している社会構築上、5つものメリットがある。

スクリーンショット 2017-03-11 18.38.53スクリーンショット 2017-03-11 18.39.00 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.06 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.22 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.32 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.36 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.44 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.52 スクリーンショット 2017-03-11 18.39.58 スクリーンショット 2017-03-11 18.40.03 スクリーンショット 2017-03-11 18.40.08 スクリーンショット 2017-03-11 18.40.14 スクリーンショット 2017-03-11 18.40.22 スクリーンショット 2017-03-11 18.40.29 スクリーンショット 2017-03-11 18.40.47不明の高1女子が遺体で… 事故死の大学生が関与か(2017/03/11 16:30)

 石川県の自動車道で、男子大学生が車にはねられて死亡する事故がありましたが、警察がこの大学生の関係先を調べたところ、女子高校生の遺体が発見されました。警察は、殺人事件とみて捜査しています。


<能登女性遺体>「どうして事件に…」静かな町は重い空気に

毎日新聞 3/11(土) 11:56配信

 ◇民家に行方不明の県立能登高1年の女子生徒遺体

 石川県能登町の民家で10日夜、行方不明になっていた町内の県立能登高校1年、池下未沙(みさ)さん(16)の遺体が見つかった事件で、静かな町は重い空気に包まれた。池下さんは毎日続けている部活動を終え、親が迎えに来てくれるのを待つ間に連れ去られた恐れがあり、住民からは「どうして事件に巻き込まれなければならなかったのか」と憤りの声が上がった。

 能登高校の大窪直二校長らによると、池下さんが行方不明になった学校近くのバス停は、親が生徒たちを送り迎えする場所に利用されていた。池下さんは毎日放課後に吹奏楽部の練習を欠かさない熱心な生徒で、行方不明になった10日も午後4時ごろから同6時まで練習し、母親にスマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」で迎えにくるよう頼んでいた。

 テストなどで11日に登校した生徒たちは一様に厳しい表情だった。ある男子生徒は「池下さんはおとなしい子だった。バス停に親が送り迎えに来ていたのを見たことがある」。池下さんの中学時代の後輩は「中学時代はユーフォニウム、高校に入ってからはチューバを演奏していると聞いていた。陰で努力している優しい先輩。異性のトラブルなんて聞いたことない」と心配そうに話した。池下さん宅の近くに住む男性は「物静かな感じで、会えば必ずあいさつしてくれる礼儀正しい子だった」と肩を落とした。

 遺体が見つかった能登町宇加塚の民家は、背後に暗い杉林が迫っている。近くの主婦(75)によると、民家で暮らしていた老夫婦は数年前に金沢市内に移って空き家となっており、親族の一人が週1回程度、草刈りに訪れていたという。この民家について、県警は石川県穴水町で事故で死亡した男性の関係先とみており、主婦は「こんな静かなところで事件が起きるなんて」と驚いていた。【中津川甫、金志尚、藤顕一郎】


<筆者>

この事件は大変支配者層に都合がいい事件です。

なぜならこの事件は、支配者層が画策している社会構築上、5つものメリットがあるからです。

それが以下です。


・部活後の出来事であることから、部活の悪イメージ工作になる。スクリーンショット 2017-03-11 18.40.29・空き家で死体が見つかったことから、空き家の悪イメージ工作になる。スクリーンショット 2017-03-11 18.39.06

・事件と関係している男子大学生が高速道路ではねられ死亡したことは、事件の詳細究明へのあしかせになる。しかしもし自動運転車社会であったなら死亡が避けられた可能性があることから、手動運転の悪イメージ工作になる。スクリーンショット 2017-03-11 18.39.00

・死亡した女性が16歳ということで、18歳以下の女性と他者との接点の回避を正当化できる。つまり青少年健全育成条例の正当化。スクリーンショット 2017-03-11 18.39.58

・朝霞市女子中学生同棲事件でもあったように、18歳以下と近い年(今回の事件も容疑者21歳)の人間関係への悪イメージ工作になる。WS000449


このひとつの事件で同時に5つのイメージ工作を達成するのです。

つまり支配者層の目論む社会構築のため、これらの要素を達成するシナリオを逆算して作ったかのような事件に私には見えてしまいます。

今回の事件は、これら要素が密集している。

つまり、この事件には要因が5つもあることから、特務機関が関わっている可能性が高いのです。

下の記事動画を見れば、それらの目的がこの事件に一挙に凝縮されていることがわかるでしょう。

ですから本事件は、注目すべき事件であると思っています。

さあ、支配者層はこの事件に注目を集めるアクションを取るのでしょうか?

注視しています。

それにしても21歳大学生が高速道路を歩いていてはねられたとありますが、高速道路での事故は都合がいいですよね。

SNSでの口コミが全くなくても、運転中に携帯をいじってはいけないからとできる。つまり工作しやすいわけです。そんな死亡事故がなくても。WS000450 WS000451

女子高生の遺体発見 死亡の大学生が殺害か

日本テレビ系(NNN) 3/11(土) 14:39配信

 10日夜、石川県能登町の民家で高校1年の女子生徒が遺体で見つかった。警察は、殺人事件として捜査している。

 現場は、能登町の住宅で、10日午後10時前、頭から血を流して倒れている若い女性の遺体が見つかった。警察によると、遺体は能登高校1年の池下未沙さん(16)で、粘着テープで縛られていたという。

 警察によると遺体発見の約2時間前、隣接する穴水町の高速道路で長野県内の男子大学生(21)が車にはねられる事故があり、警察が関係先である能登町の民家を訪ねたところ、1階で遺体を発見したという。大学生は収容先の病院で死亡した。

警察は、この男子大学生が池下さんを殺害した可能性が高いとみて調べを進めている。


<以下、関連記事動画>

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子

<空き家悪>

空き家対策特別措置法 〜「特定空き家=空き家」になったらどうなるか?

近隣に迷惑がかかるような、危険な空き家ってなに?

空き家の判断基準、「1年間を通じて使われていない状態」 それを「特定空き家」の判断基準とイコールとしたいのでしょう ~空き家対策特別措置法の意味

特定空き家の概念を広げ、警察銃所持禁止の流れを目的とした報道 ~空き家で手投げ弾・拳銃・実弾のようなものが見つかり、爆発物処理班が出動、60世帯が避難

<年齢での大衆分断>

18歳未満と会話をしたら、条例違反のようです。~条例でJKビジネス規制へ=届け出義務化、18歳未満禁止―警視庁

<JKビジネス>愛知・豊橋市10人程度の女子高校生募集を「行政による性的魅力の利用の恐れ」と報道 ~「性的魅力の利用」という新概念の敷設で性差別、ルールを強化。

自分で自分の写真を撮って「被害、犯罪」と報道。 その写真を勝手にLINEで送りつけられても単純所持で男子生徒補導~<児童ポルノ>「自画撮り」増加 普通の子がスマホで安易に

<部活悪>

一般人の行動が変革に至ったと装うことは支配者層方針です。~「この部活動は長すぎる!」 ブラック練習、変えさせた父親の執念 全権握る指導者、学校との闘いの記録

<大阪府教委>部活動をしない日を週1日設ける「ノークラブデー」義務付け

部活動を委縮させるため、教員にとって部活をつらく、負担が重いものへと、意図的にされています。~「ブラック部活」がつらい…生徒より教員の負担重く

今後、部活動で起こったネガティブな話題が盛んに報道されます。 ~支配者層はより高度な奴隷教育へ部活動自粛の流れを画策している

【奴隷教育】処分覚悟で運転ボランティア 部活指導悩む先生 ~教師に過度な責任を負わせる風潮は、教師と生徒の距離を離すため。部活動の委縮が支配者層方針。

<自動運転社会>

自動運転の自動車を普及させる為、手動運転は危険であるという刷り込みを目的として、マスコミが自動車の事故のニュースをこぞって取り扱っている。

自動車の自動運転化に向けて、手動運転にはリスクがある社会環境に変えようとしている。~どこでも速度取り締まり=小型計測装置、初の本格導入―愛知県警

「ポケモンGOで死亡」と、ポケモンGOを掲げて報道する理由が分かりました。

行政がハイビームを呼び掛け、「オートマチックハイビーム技術」が作られた二つの目的。 ~遠慮しないで!「ハイビーム」が事故防止のカギ

自動運転社会に向け、高齢者運転の危険性を盛んに報道することで手動運転の悪イメージ工作をしている ~高齢者運転でまた悲劇 「生活の足」…進まぬ免許返納

自動運転社会でバイク業界が淘汰されないよう、転ばないバイク作りにメーカーが奮闘

<2016年11月11日1局で8件>自動運転社会の為の手動自動車ネガティブキャンペーン報道

<2016年11月13日1局で8件>自動運転社会の為の、手動自動車ネガティブキャンペーン報道

<朝霞市女子中学生同棲事件>

<朝霞市女子中学生同棲>寺内初公判「外出したり、アルバイトに出ていたりしたこともあったので、監視ではないと思います。」

2016年09月27日 朝霞市女子中学生ウソ監禁事件初公判 ~相互同意の同棲を「監禁」とでっち上げた事件

2016年09月27日 朝霞市女子中学生ウソ監禁事件初公判内容が茶番。~アパート一階のコンビニに公衆電話があるのに、「公衆電話を探したが見つからず」

2016年11月2日 朝霞市女子中学生ウソ監禁事件 第二回公判 ~「車や美術品盗むより軽い罪だと」少女誘拐

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️部活動自粛 2%e8%87%aa%e5%8b%95%e9%81%8b%e8%bb%a2朝霞市全動画rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

「強姦」という言葉が無くなり、「強制性交」という言葉になる。性行為自体をしてはいけないものとする布石。

強姦厳罰化「強制性交罪」に=被害者の性別問わず―刑法改正案、来月提出・政府

時事通信 2/21(火) 16:46配信

 

 政府は、性犯罪の罰則を強化する刑法改正案を3月上旬にも閣議決定、今国会に提出する。

 男性が女性に性行為を強要することを想定した「強姦(ごうかん)罪」を、性別を問わず、性交に類する行為も対象とする「強制性交等罪」に改めるのが柱。被害者が告訴しなくても起訴できる「非親告罪」とし、法定刑も引き上げる。

 性犯罪に関する刑法見直しは、被害者の心理的負担が大きい親告罪制度の見直しや厳罰化を求める声が強まる中、昨年9月に法制審議会(法相の諮問機関)が答申した。強姦罪の見直しは明治期の刑法制定以来初めてで、「強姦」という用語は刑法から消えることになる。


<筆者>

強姦という言葉が無くなり、「強制性交」という言葉になる。

これは性行為自体をしてはいけないものとする布石です。

現在社会は、同性愛を推奨しています。そうすると同時に、同性愛者の性に対しても捕まえる法律が必要になる。

そこで、強姦罪を改正する必要があった。

強姦罪とは、一般的な男女間の性行為がその罪に当たることがその前提だったが、同性間の性行為もその概念に組み込みたいから法改正する必要があるというわけです。

しかもそれだけでなく、非親告罪化し、又「性交等」と性交類似行為というあいまいな概念をそこに組み込むことによって、誰でも逮捕できる法律化することで、より大衆統治システムを強固にしたいのです。

その点は以下の記事で詳しく解説いたしました。

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

そして今回、強姦ではなく「強制性交等罪」と名前を変えることは、その先の法案の方を見据えていることが明白化したわけです。

昨今、性行為自体を悪いことあるかのような社会の動きがあります。

高校生が性交をして退学させられたり、人の生理現象である性的欲求に対して、「不倫・浮気」と盛んに悪いことである、という常識の書き換えが行われているわけです。

「不倫・浮気」が悪いことであったら、性的欲求がないことが正解ですから、つまりは、人が不健康であることが良いことであり、「人は不妊であればいい良いことである」ということです。

「不倫・浮気」と躍起になることは、対象者へ不健康を推奨する行為なのです。

不倫・浮気悪とは、生殖能力への否定に他なりません。

つまりこれは人口削減への常識の書き換えです。

虫を見たら悲鳴を上げるように洗脳をされているように、不倫・浮気で絶望的な感情になり、人生を左右するような決断(離婚、訴訟など)をしなければいけないような大事であるように洗脳されているのです。

<その2>動物愛護の拡大は、人間社会へのルール強化と虐待概念の拡大を担っている。~これら自粛の流れこそが常識の書き換えと言う、「大衆洗脳」を目的としているのです。さっぽろ雪まつり名物「魚氷」 かわいそうで中止

そして、この不妊推進社会は、医療利権になっているのです。


新番組「Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜」(AbemaTV)

不妊治療と聞いて、何を思い浮かべますか? 経験者と未経験者、関心の有無で答えは大きく変わりそうです。現在、不妊治療や検査を受けた夫婦の割合がおよそ6組に1組に上ると言われますが、その実態はあまり知られていないのではないでしょうか。

2月25日(土)の午前0時から放送される新番組「Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜」(インターネット放送「AbemaTV」)のテーマは、「不妊治療破産」。この記事を書いている、弁護士ドットコムニュース編集部の山口紗貴子も出演しました。

●総額700万円を費やして出産、予算1000万円で治療中

番組の特徴は、出演者が全員女性であること。テーマの「当事者」となる人たち、また「聞き手」となる人を、司会のSHELLYさんが見事にさばいていきます(「裁く」ではありません!)。今回は、総額700万円を費やして出産した方、貯金を使い果たして授からなかった方、「予算1000万円で治療中」という女性の3人に、じっくりとお話を聞いていきます。

収録では、赤裸々に話を聞いていきましたが、やはり仕事との両立については相当な苦労がありそうです。通院が頻繁になる上、生理や排卵など身体の事情によって左右されるため、予定が組みづらい・・・。治療のために仕事を退職する人が珍しくない理由が語られていきます。

厚生労働省は2017年度、不妊治療中のヒアリング調査などを行ない、両立に向けた課題の洗い出しをしていく方針ですが、個々人が抱える事情は千差万別です。有給休暇を日単位ではなく時間単位で取得できる制度、期間をしぼって治療に専念する人に向けた休暇制度など、様々な制度が実現して欲しいと思います。

そのためには「治療中です」と言える雰囲気作りが前提となりますが、ここがネックになっている現実もありそうです。不妊治療中の知人は、「治療中だと伝えて、興味本位で根掘り葉掘り聞かれるのが辛いし、男性上司に『生理が、排卵が』と伝えるのも抵抗がある」言っていました。

それでも、制度整備を進めることで、この壁を乗り越えやすくなる効果があるのではないでしょうか。

●不妊治療に1000万円かけることは、高いのか、安いのか

冒頭の質問に戻りますが、不妊治療に関心のある人でも、ネガティブなイメージをやや多めに持っていたりしませんか。「不妊治療の末に妊娠できても、教育費がなくなりそう」とか、「不妊治療と仕事の両立をするなんて難しいのでは」とか。収録の日まで、私自身も不妊治療について、「大変そう」「辛そう」というイメージを持っていました。

さらに私ごとを続けて恐縮ですが、小学生の子どもがいる私(30代後半)は、ここ数年「2人目はどうする?」とよく聞かれています。中には、不妊治療で評判のよい病院や、知り合いの成功談を教えてくださる人も(悪気はないんだと思います)。「放っておいて欲しい」という気持ちもあり、あまりしっかりと考えてこなかったのが、「不妊治療」というテーマでした。

そして、高額をかけても結果がでなかったら、後悔するのではないかーー。そんな風に思っていました。しかし、収録で経験した方々の話を聞き、不妊治療は「わが子を産むこと」だけが目的ではないのだと考えが変わってきています。夫婦で1つのことにしっかりと向き合うことの意味、「今」を後悔しないために何でもやってみたいという思い。

不妊治療をすることの目的は、「わが子を産むこと」ことだけではない。そう考えると、不妊治療に1000万円をかけることは、高いのか、安いのか。皆さんは、どう考えますか?

【番組情報】


そしてテレビドラマでは、草食系セックスレス男子がカッコイイとする常識の敷設がされています。

まさに2016年に流行った「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマはその象徴です。

男女が一緒に住んでいるが、性的なことは何も起きない。ハグの日を決めなければ好き同士でも抱き合いもしない、キスも一切しない。性行為などもってのほか。というよりそもそもそのような欲求を誰ももよおさない。主人公らはとても合理的に人生を進めているように描かれていますが、彼らの人生設計には「子供を産み育てる」といった計画性が一切ない。

これらがドラマの骨子でした。

この主人公らのような男女が増えれば、人口削減になるのです。だから流行っているとメディアが煽り大衆に見させる必要があるのです。

つまり、性行為をする人はおかしいとする常識の書き換えの為に、このドラマは存在します。

そしてメディアが騒いでいる不倫謝罪、交際謝罪など社会制裁なども同じ目的をもって起こされているのです。

そして、この流れからの、強姦ではなく「強制性交等罪」と名前を変更。

これは未来、「強制性交等罪」から「性交罪」に名前を変え、実際に「性行為をするなんて最低!」という常識の書き換えから、「犯罪化」へと見据え、起こされている流れなのです。

そして、不妊を作り出すことで、妊娠は、性行為ではなく病院でするものという風潮はもうすでに起こされています。

「セックスはしてはいけない、子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」これが未来では主流になる。


 <以下関連動画>

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

『夫のちんぽが入らない』ついに1位

WS000123『夫のちんぽが入らない』ついに1位 タイトルを言わなくても注文できる申込書も配布【文芸書・ベストセラー】

Book Bang 2/4(土) 7:00配信

 

 1月22日~1月28日のAmazonの文芸書売り上げランキングが発表され、第1位は衝撃的なタイトルが話題の『夫のちんぽが入らない』が獲得した。

第2位は2月24日に発売される村上春樹さんの最新作『騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編』。第3位は同作の第2部 『騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編』となった。

1位となった『夫のちんぽが入らない』は同人誌で話題となり発売前から注目を集め、18日の発売日以降即座に重版。発行部数は現在11万部となっている。口に出すのをはばかられる書名のため発行元の扶桑社では「お客様がタイトルを声に出して言わなくても書店さんに注文できる申込書」を公式ウェブサイトで配布しており、同申込書を書店で手渡すだけで誰でも恥ずかしい思いをすることなく注文ができる。大手新聞社には新聞広告を断られたといういわくつきの書名だけに、読者に優しい施策となっている。

1位『夫のちんぽが入らない』こだま[著](扶桑社)

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。(扶桑社ウェブサイトより抜粋)

2位『騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編』村上春樹[著](新潮社)

3位『騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編』村上春樹[著](新潮社)

4位以下は次の通り。

4位『蜜蜂と遠雷』恩田陸[著](幻冬舎)

5位『幼女戦記 (1) Deus lo vult』カルロ・ゼン[著](KADOKAWA/エンターブレイン)

6位『しんせかい』山下澄人[著](新潮社)

7位『がん消滅の罠 完全寛解の謎』岩木一麻[著](宝島社)

8位『幼女戦記 (2) Plus Ultra』カルロ・ゼン[著](KADOKAWA/エンターブレイン)

9位『コンビニ人間』村田沙耶香[著](文藝春秋)

10位『トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業』梶山三郎[著](講談社)

〈Amazon文芸書売り上げランキングより 集計期間1月22日~1月28日〉

BookBang編集部

Book Bang編集部 2017年2月4日 掲載

新潮社


<筆者>

支配者層が目論む社会設計に合致する作品は、メディアを使ってクローズアップされます。

または、もっとスピーディーに容易に社会問題化する為に、ブログやツイートなどをピックアップし「今話題!」や「議論が起こっている」などとメディアが扱うことで、注目されていると装うことができ、そこから変革への契機にしたりします。

<待機児童問題>問題は保育園が少ないことのではなく、女性が労働力にされていることです。

「保育園落ちた日本死ね!」とは、貧窮化と女性の労働力化を受け入れている支配者層都合の主張です。~「保育園落ちた」首相、無視できず

「NHK 貧困女子高生騒動」は、大衆に貧困と主張することを委縮させ、貧困の概念を絶対的貧困へと押し下げる事を目的としている ~NHK、ネット工作員、マスコミが一体となって目的を達成

テレビドラマなどはもっと計画的に社会設計への常識の書き換えを意図的に行っている典型です。

既存の大衆常識から大衆統治システムを強固にする方向に誘導したい支配者層にとっての追い風になるからです。

テレビドラマとは、常識の敷設、書き換えの為に存在している。

ジェンダーレス男子がテレビに多く出演する理由もまた、人口削減計画です。 ~改ざん可能な視聴率で人気を操作することで、支配者層方針の情報を放送

もちろんこの本は人口削減への社会設計の為です。

 

支配者層は近未来の社会構図として、以下のような形を展望しているのです。

「セックスはしてはいけない、子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」これが未来では主流になる。

支配者層はダブルスタンダードを生み出して片方のスタンダードに一本化にし、またダブルスタンダードを生み出し・・・と繰り返すことで社会を変えていく ~マッサージ店で客の体触って逮捕

大衆の性の常識を書き換えることは、人口の削減になるのです。

ですからそのように大衆常識を書き換える為に寄与する作品であることはそのタイトルからも、明らかです。Amazonのレビューや本の説明などを見てもその方向性は明白であることが見て取れます。

「人口をどのようにコントロールするか」は常にマイノリティーである、支配者層の大衆統治の為の主要項目なのです。

「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」なるものは、家庭内にルールを作り出し、行政が子を奪うために作られる法律でしょう。


<関連動画>

 ⬇️ 画像をクリックで最新動画へ ⬇️
%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8NHK貧困保育園落ちた

ご支援のお願い

18歳未満と会話をしたら、条例違反のようです。~条例でJKビジネス規制へ=届け出義務化、18歳未満禁止―警視庁

img025条例でJKビジネス規制へ=届け出義務化、18歳未満禁止―警視庁

時事通信 2/15(水) 13:03配信

 

 女子高生らに添い寝やマッサージなどをさせる「JKビジネス」について、警視庁は15日、営業の届け出義務や18歳未満の就労禁止を盛り込んだ条例案を明らかにした。

JKビジネスに特化した規制条例は全国初で、2月都議会に提出され、成立すれば7月1日から施行される。

条例案は、JKビジネスを「特定異性接客営業」と規定。制服を着て添い寝などをする「JKリフレ」や、「散歩」、水着姿などの「撮影」、会話する「コミュ」客に飲食させる「カフェ」の5形態を想定し、18歳未満の男女が働いたり客として立ち入ったりすることを禁じた。

女子高生であることを強調していない「ガールズバー」などでも、水着や下着姿で18歳未満に接客させることは禁止した。

JKビジネスは、一部店舗で「裏オプション」と呼ばれる性的サービスが提供され、児童買春などの温床になっているとされる。看板を出さない店舗も増えており、警視庁は届け出を義務化することで、実態把握や違法な業者の排除を進めたい考えだ。

違反に対しては、最大で1年以下の懲役または100万円以下の罰金とする罰則も設けた。


<筆者>

「子供を守る」という建前を使って、もっともらしいことに制限を作り、しかしその制限の中にはなんらおかしいことではない普通のことを盛り込むことによって大衆内に規制を作り出し、大衆統治システムを強固にしているのです。

18歳未満と不純な性的関係(意味不明)を持ったら、「青少年健全育成条例」違反。

これは、人口削減、そして大衆間の交流の制限が目的です。

メディアと行政は、「JKビジネス」という概念を作り上げ、そして同じく彼らが取り締まる条例を作り出しているわけです。いつもと全く同じ構図なのです↓

共謀罪に限らず全ての法案が大衆統治することを目的として作られている。~これまで「一般の市民は対象にならないとしてきたが、捜査当局の解釈や裁量によっては対象になる」と政府が明らかに。

それが今回隠そうともせずに堂々と、

>会話する「コミュ」、客に飲食させる「カフェ」の5形態を想定し、18歳未満の男女が働いたり客として立ち入ったりすることを禁じた。

と、「散歩」、「会話」、「飲食させる」ことを禁止する条例を作ると言い出しました。

「会話してはいけない」、「一緒にいてはいけない(散歩)」と人と人との交流、関係性に行政が入り込んでいるのです。

たかが「18歳」という数字で一律に区切り、ルールが作られているのです。

一方社会では当たり前に、16~18歳の高校生は普通にバイトをしているわけですからダブルスタンダードが生まれています。

子供を産みにくい社会整備の為、女性婚姻18歳引き上げ。ダブルスタンダードを生み出し、一本化することで大衆統治システムを強固にしていく。~<民法>女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

支配者層はダブルスタンダードを生み出して片方のスタンダードに一本化にし、またダブルスタンダードを生み出し・・・と繰り返すことで社会を変えていく ~マッサージ店で客の体触って逮捕

その中には、「散歩」、「会話」、「飲食させる」ものもあるでしょう。

これらの規制の流れはなんら「子供を守る」などという建前とは一切関係のない目的をもって行われているのです。

これまで行ってきたように以下です。

・人口削減
・人と人との交流を制限
・行政が容易に入り込める理由を作り出す為

それに加え、罰則を設け、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

この年齢だけを根拠に、「話してはいけない」、「一緒にいてはいけない」とされているのです。

話してはいけない人がいる。一緒に歩いてはいけない人がいる。

つまり、知り合ってはいけない人がいる。

しかもその条件は、「年齢」で区切られている。

ある年齢の人と知り合ったら、犯罪者とされ、罰則がある。

しかもこのようなおかしな社会にどんどん変わっていっていることをほとんどの人が認識していない。

こんなことが人類史上あったでしょうか?

このJKビジネスと、その役割については以下の記事と動画でより詳しく解説いたしました。

<JKビジネス>愛知・豊橋市10人程度の女子高校生募集を「行政による性的魅力の利用の恐れ」と報道 ~「性的魅力の利用」という新概念の敷設で性差別、ルールを強化。

狩野英孝さん 未成年淫行疑惑会見の目的は、交際の制限に他ならない。その数字(年齢)は必ず拡大していく。


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg

ご支援のお願い

「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」なるものは、家庭内にルールを作り出し、行政が子を奪うために作られる法律でしょう。

WS000080<刑法改正>「強姦」を「強制性交等罪」に変更へ 性差解消

毎日新聞 1/21(土) 7:30配信

 

 法務省は性犯罪を厳罰化する刑法改正に伴い、強姦(ごうかん)罪の名称を「強制性交等罪」に変更する方針を固めた。刑法改正案は20日に開会した通常国会に提出する予定で、3月上旬の閣議で正式決定される見通し。強姦罪の「加害者は男性、被害者は女性」という性差をなくすなどとした改正案の内容を踏まえた名称変更だ。成立すれば、明治時代以来から続いた罪名はなくなる。

 改正案は、強姦(強制性交等)罪や強制わいせつ罪などについて被害者の告訴がなくても加害者を起訴できる「非親告罪」化する。また、強姦罪と強姦致死傷罪の法定刑の下限を懲役5年と懲役6年にそれぞれ引き上げ、加害者と被害者の性別も問わなくする。強制わいせつ罪で処罰される行為のうち、悪質性の高い一部の行為は強姦罪として処罰できるようにもする。

 18歳未満の子供を監督・保護している父母らが影響力を利用してわいせつな行為や性交などをした場合、強制わいせつ罪や強姦罪と同様に処罰できる規定も新設される予定で、罪名はそれぞれ「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」となる見込み。【鈴木一生】


<筆者>

私は以下の記事で同性愛者の性に行政が踏み込むために、強姦の概念を広げることを目的として強姦罪が改正されると言いました。

つまり行政は、人口削減の為に同性愛を推進する一方で、「強姦の概念を同性愛者にも適応する為の法改正をしようとしている」というわけです。

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

そして今回、「その強姦罪の名称を「強制性交等罪」に変更する方針を固めた。」とあります。

これはそのまんま同性愛者にその強姦罪を適応する改正内容を名称に反映させた格好です。

この法案が可決、および施行された直後には同性愛者の強姦や強制わいせつが報じられることを予期しておきます。

ストーカー規制法が施行され直後に、SNSを使った、被害者とされる人と面識があるかもわからない者が逮捕されたことと同じことが起こる、ということです。


中学生のかばんに手紙 ストーカー行為繰り返した疑いで42歳男逮捕

自分のアカウントに他者への好意を書き込んで逮捕 ~ツイッターに「僕の嫁」=ストーカー容疑、医師逮捕―石川県警

ストーカー規制法の「執拗な投稿」とは5回のメッセージのようです。~元交際相手にLINEでメッセージ5回と音声データ送信して逮捕

大衆の交遊関係は、国に決められることになりました。~ストーカー規制法が非親告罪化。事前に警告を行わなくても「禁止命令」今国会成立


そしてこの改正案は、同時に「非親告罪化」すると言っているのですから、強姦罪は、だれでも逮捕できる法と化し、大変危険であることも以下の記事で書いてきました。

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

そして今回の記事で興味深いかった点は以下です。

>18歳未満の子供を監督・保護している父母らが影響力を利用してわいせつな行為や性交などをした場合、強制わいせつ罪や強姦罪と同様に処罰できる規定も新設される予定で、罪名はそれぞれ「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」となる見込み。

わいせつとはなんでしょうか?

わいせつの概念が広げられている昨今、子供を育てるために必要な行動もわいせつと位置付け、家庭内にルールを作り出し、子供を行政が奪う契機にされる思惑を感じざるを得ません。

具体的には、おしめを変えるだとか、一緒にトイレに行く、お風呂に入るだとか、抱っこするだとか、子育てする上で当たり前にあることに対して、「同性じゃなければいけない」などの常識に書き換えその先には、「行政、ヘルパーがやらないければいけない」という風に、親子を引き離すルール作りがされていくことでしょう。

「うつぶせ寝はさせてはいけない」と、うその常識を敷設しようとしている輩ですから、行政が家庭に入り込み、行政が奴隷教育の精度を上げるためにもそのような常識を書き換えようとしてくることは容易に想定できます。

つまり、子供とは親が育てるものではなく行政が育てるものへと変化することを画策しているのです。

これは何も突拍子もないことを言っているわけではなく、もうすでに起きています。

子供への教育は、テレビ、スマホが担っているではないですか。

子供への教育が、多くの時間義務教育(奴隷教育)に割かれているではないですか。

これはもうすでに教育を行政が行っていることと同じことです。

これをもっと公に、堂々と行うための変革を、少しずつ少しずつ子殺し、虐待などのニュースを盛んにすることで、「親が子供を育てるのはおかしいよね。行政に任せたほうが安心だよね。」という風潮、そして実際に逮捕などのリスクを負わせることで子供を作らないように誘導しているのです。


埼玉県狭山市やけど3歳次女死亡事件 「病院に連れて行かないと犯罪者であるという社会」「各家庭に行政が簡単に入り込める社会」にしようとしています。

子どもを親から引き離しやすくするため、厚生労働省は一時保護する仕組みの強化 ~我々の子は、もはや我々の子ではありません。

定期健診を受けさせない両親は、犯罪者であるかのようなイメージ工作を行っている ~健診拒み続け行政も安否確認せず 4歳児不明

厚労省 子育ては行政に従えと呼びかけ。 ~厚労省 子どもの食物アレルギー 自己判断する親に注意呼びかけ

<一時保護の児童相権限強化の為>児相対応、違法性なし=「虐待続いた」訴えた女児敗訴―長崎地裁


「しつけ、虐待の概念拡大」、「一時保護の仕組み強化」から、「保育園の義務化構想」などの社会の流れを見ても「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」なるものは、家庭内にルールを作り出し、行政が子を奪うために作られる法律でしょう。

今後益々、子供を育てることが困難な社会環境に変えられるでしょう。

なぜこれほどまでに子供を作らせず、親子を引き離したいのかという例をあげて記事を終わりたいと思います。

たった一組の夫婦から、孫、ひ孫、玄孫と、たった80年ほどで、50~100人の一族を形成することが人間には可能です。

現代でもたくさんそのような家族がいます。(下添付記事参照。一組の夫婦100年で子孫85人。)

その長が「さゆふらっとまうんど」のような男であったらどうでしょうか?

それが世界各国各地で乱発したらどうでしょうか?

すぐに世界はひっくり返ってしまいます。

それは、支配者層にとっては脅威なのです。

そしてそれは支配者層自身がしてきたことでも、していることでもあるのです。

社会で起きていることは、大衆統治システムを強固にするという点が本質なのです。


img541a32c7436ee

夫婦そろって100歳を祝った座間味宗栄さん(前列右)とウシさん(左)=15日、うるま市赤野

夫婦仲良く100歳 座間味宗栄さん、ウシさん 大家族に囲まれ笑顔 2014年9月18日 11:29

 【うるま】敬老の日の15日、座間味宗栄さんとウシさん夫婦=うるま市赤野=が、そろって100歳を迎え、自宅で祝賀会が開かれた。長男宗吉さん(78)ら子や孫、ひ孫らに囲まれ、「きょうは孫やひ孫がたくさんいて、うれしい」と、宗栄さんとウシさんは家族の繁栄をかみしめた。島袋俊夫うるま市長らも祝福に駆け付け、総理大臣からの祝い状や記念品などを伝達した。

 宗栄さんは1914年8月生まれで赤野出身。ウシさんは14年9月生まれで天願出身。21歳の時に結婚し、5男4女に恵まれた。宗栄さんが大工や軍雇用員、ウシさんが畜産業や農業、行商と、共稼ぎで家族を養ってきた。
 長男の宗吉さん(78)=沖縄市安慶名=によれば、宗栄さんは「真面目できちょうめんな性格だった。中途半端なことは大嫌い」と振り返る。
 波乱の1世紀を生きた父を見詰め「生活は大変だったと思う。でも大工をやっていて職人かたぎだったのか、あまり文句も言わない。優しい」と話す。そんな宗栄さんをウシさんも「信頼していたんでしょう。けんかもせず、いつも仲良かった」と言う。
 90歳までサトウキビ作りに汗を流していた。結婚80年を迎え、今はデイサービスに通うのが夫婦の楽しみだ。孫35人、ひ孫39人、玄孫(やしゃご)2人と大家族に恵まれた。正月や旧盆の時には、宗栄さんが大工の腕を生かして築いた自宅の家に「集まった家族が入りきれず、庭まで家族があふれる」と言う。祝賀会に訪れた島袋市長は「お元気そうで」と声を掛け、長寿にあやかった。

93歳の大誕生会! 似顔絵、ケーキ…ひ孫ら50人が祝福


<以下関連記事・動画>

今後も他者に触れることを悪とする常識の書き換えが行われる。~銀座の整体院でわいせつ 有名整体師&施術中「恥ずかしいポーズ」鍼灸師の男逮捕

自宅のトイレで下半身を出して逮捕。わいせつの概念を広げようとしている。~近隣住民女性「もう我慢の限界!」 トイレ窓から下半身露出の町職員を逮捕

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

rp_782c08e7b75c486d64ccf29587865a1c-1024x576.jpg%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8しつけ行方不明 全動画

ご支援のお願い

自分のアカウントに他者への好意を書き込んで逮捕 ~ツイッターに「僕の嫁」=ストーカー容疑、医師逮捕―石川県警

WS000010ツイッターに「僕の嫁」=ストーカー容疑、医師逮捕―石川県警

時事通信 1/12(木) 20:52配信

 

 女子高校生のツイッターに「僕のお嫁さんだよ」などと書き込んだとして、石川県警金沢西署は12日、ストーカー規制法違反の疑いで、医師の角田真弘容疑者(34)=金沢市粟崎町=を逮捕した。

 容疑を認めているという。同署は実際に付きまとっていたとみて調べている。

 逮捕容疑は昨年10~12月、女子高生のツイッターに16回にわたり「行動パターンを知り尽くしてしまった」「スカートをめくりたくて仕方ない」などと書き込んだ疑い。 


<筆者>

男女間の好意の過程での出来事を取り締まることでストーカーの概念を広げ、それは大衆全体の交流の制限を作り出すことになります。

この事件で一番注目すべき点は。

記事には

>女子高校生のツイッターに「僕のお嫁さんだよ」などと書き込んだ

と書いてありますが、これは容疑者が女子高生のTwitterアカウントを乗っ取って書き込んだのではなく、自分で作った自分のアカウントに書き込んで逮捕されているのです。WS000011

容疑者のアカウントを見れば、それがわかります。

これを見ると、発言内容は殺人予告や爆破予告などではなく、他者への好意で逮捕ですから、ストーカーの概念を広げ、他者に好意を持ったら犯罪という支配者層が目指している形へ歩を進めた格好になっています。(そもそも予告で逮捕すること自体が、言論弾圧への契機ですが。)

具体的には、他者への好意を自分のアカウントでも妄想で書いてはいけないということです。

理由は「迷惑」だからで、それがストーカー行為に当たるわけです。

しかしながら、これは相手が嫌だと思ってい・な・く・て・も・いけないのです。

むしろ相手がいなくても、むしろ架空の人物でもいけないのです。

なぜなら、先日のストーカー規制法で、非親告罪になったからです。

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

以前は「好意を持たれている人が被害届をだしたら」警察は動いたようですが、法律上は非親告罪で改正されました。

つまり、検察が付きまといと判断したら当人同士が好き合っていたとしてもストーカー行為になり逮捕されます。

だから私は以下の記事で「大衆の交遊関係は、国に決められることになりました。」といったのです。

大衆の交遊関係は、国に決められることになりました。~ストーカー規制法が非親告罪化。事前に警告を行わなくても「禁止命令」今国会成立

今回の逮捕は、2016年の11月~12月のたった40回のツイートが根拠になっています。

容疑者の勝手な妄想ともとれるわけですが、それで逮捕されているのです。

>同署は実際に付きまとっていたとみて調べている。

とあるように、SNS以外で、実際に付きまとっていたことが確定したから逮捕に至ったわけではないことが示唆されています。

先日の法改正でストーカー行為がSNSにも適応されましたが、それは面識がない人同士でもストーカー行為認定できるを意味します。犯罪の概念が広がっているのです。

つまり、犯罪に当たる行為が新たに作られているのです。

そしてこのようなことは、ネットの特性上第三者によって工作が可能であることも認識しなくてはいけません。

このtwitterアカウントを見る限り、ストーカー、不審者、など社会が気持ち悪いと位置づけるにふさわしい、というより、それらのイメージ通りのサムネイル写真や投稿内容になっています。

【画像】角田真弘の病院や経歴がすごい?ツイッターの内容がキモすぎ

このような逮捕の前例を軋轢を生まず、作り上げることで、徐々に他者への興味、好意自体を悪いことへと常識を作り上げたい者にとっては工作してでも作りたい事件なのです。

「軋轢」と言いましたが、軋轢を生んでいるのは、ここ「さゆふらっとまうんどのHPブログ」だけであるのが現状です。

あとは、ただ「キモイ、キモイ」と言っているだけで逮捕に賛同しています。

女子高生つけ回し逮捕 金沢ストーカー医師の素性と評判 | 日刊ゲンダイ

しかし今回の逮捕はただ、キモイで済むようなことではありません。

過去に犯罪ではなかったことが、新たに犯罪認定される時代に変化したのです。

このような前例を積み上げらることは、大衆全体の行動萎縮と交流の希薄化、他者への興味・好意がいけないことであるかのような常識作り、そして人に排他的な社会形成へと形作られていくのです。

これはとても大きな事象なのです。

そしてこれらの社会形成は、人口を削減することができます。
それは後世の自由を奪うことに繋がるのです。

そして人間の関係性を希薄なものへと変えることで、大衆団結を削ぎ、統治システムは強固になるわけです。

そして今回の事件は、言論弾圧の拡大という視点でも十分貢献するでしょう。

つまり、「ある発言をしてはいけない」というルール作りに、社会は動いているのです。

ある発言からストーカーや不審者のレッテルを張り、逮捕など社会的制裁を加えることで、言葉自体を犯罪成立の根拠にするための社会構築を成そうとしてます。

つまり、ストーカーや不審者の概念を発言(言葉)と組み合わせ拡大することで、言論弾圧の精度を上げているのです。

これはヘイトスピーチの定義づけの拡大も内包しているのです。

全国初 「ヘイトスピーチ」抑止条例案可決 大阪市 ~今後「ヘイトスピーチ」という言葉の概念が敷設されていくことでしょう。

ヘイトスピーチ対策法は現代版の「不敬罪」である。 ~神奈川・川崎市、「ヘイトスピーチ」で公園使用認めず

ものすごい洗脳社会に我々は生きています。

次の記事

ストーカー規制法の「執拗(しつよう)な投稿」とは5回のメッセージのようです。~元交際相手にLINEでメッセージ5回と音声データ送信して逮捕

に続きます。

大衆の交遊関係は、国に決められることになりました。~ストーカー規制法が非親告罪化。事前に警告を行わなくても「禁止命令」今国会成立

ws000446 ws000447 ws000448ストーカー厳罰化、今国会成立へ=SNS上の嫌がらせも規制

時事通信 11/17(木) 19:32配信

 

 ストーカー行為の罰則を強化するとともに、インターネット交流サイト(SNS)上での嫌がらせも新たに規制対象とすることなどを柱としたストーカー規制法改正案が今国会で成立する見通しとなった。

 与野党が17日の参院内閣委員会で内容面で合意し、委員長提案の形で提出。18日の参院本会議で可決され、衆院に送付される。

 改正案は、ストーカー行為に対する罰則の上限について、現行の「懲役6月または罰金50万円」から「懲役1年または罰金100万円」へ引き上げる。また、SNS上で中傷したり、執拗(しつよう)にメッセージの送信を繰り返したりするなどの行為も規制対象に加える。

 同案はこのほか、被害者の告訴なしに起訴できる「非親告罪」とすることや、事前に警告を行わなくても「禁止命令」を出せるようにすることなども盛り込んだ。


<筆者>

今回成立したストーカー規制法以下のように変わるようです。

・「懲役1年または罰金100万円」へ引き上げ
・SNS上も規制対象
・被害者の告訴なしに起訴できる「非親告罪」
・事前に警告を行わなくても「禁止命令」を出せる

メディアは、「SNSも対象範囲」と、2番目に焦点を当てて報じていますが、問題は3、4番目です。

「貴方はストーカーだ」と警察が判断すれば事前に警告を行わなくても「禁止命令」を出せる(恐らく接見を禁止できる)わけです。

つまり、お上の都合で大衆の交友関係を制限できるようになるわけです。

しかも、非親告罪するわけですから制限どころか、逮捕して無力化できるわけです。

非親告罪ですから、被害者がいても、警察にストーカー的行動だと判断されればこれらが行使出来るようになったのです。

そしてこの「ストーカー」という概念は、とても曖昧なのです。

つまり、支配者層都合で大衆の無力化へとこれらは利用できるというわけです。

そしてその「ストーカー」という概念そのものが、大衆統治システムを強固にするために作られた概念であることを過去に私は言ってきました。

「ストーカー」はNWO人民支配の為に作られた概念に他なりません

そしてメディアと行政が利用され、今後もその概念がどんどん広げられていることは、わいせつの概念が広げられていることや、今まで書き換わってきた社会通念を見てきたとおり、容易に想定されます。

中学生のかばんに手紙 ストーカー行為繰り返した疑いで42歳男逮捕

今後も他者に触れることを悪とする常識の書き換えが行われる。~銀座の整体院でわいせつ 有名整体師&施術中「恥ずかしいポーズ」鍼灸師の男逮捕

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

自宅のトイレで下半身を出して逮捕。わいせつの概念を広げようとしている。~近隣住民女性「もう我慢の限界!」 トイレ窓から下半身露出の町職員を逮捕

TPP締結するしない、豊洲問題で移転するしない、沖縄基地移転するしない、など視点は反らされ、しかし確かに大衆統治システムは強固にされていくのです。

そして、同時に常識の書き換えが行われ大衆が総洗脳されますから、それが普通のことされて変革への軋轢が生まれないようにコントロールされているのです。

下のように、「SNSストーカーの恐怖を語り、成立してよかったね。」という流れがメディアに作られ、一方、実際には大衆全体の自由が制限されているのです。

元セクシー女優・葵つかさ「家から出られなかった」 SNSストーカーの恐怖語る

大衆利益を装って、大衆の不利益なルールをどんどん作って言っているのです。

このようなこまごました、しかし確かな立法、そしてメディアの大衆洗脳、常識の書き換えこそが、我々に的確なダメージを与えているのです。

その点以下の記事で触れました。


<以下、関連記事動画>

ストーカー2万2800件=最多を更新 ~「ストーカー」はNWO人民支配の為に作られた概念に他なりません

事件に発展する可能性があるストーカーの相談については、これまでよりも幅広く専門部署に報告する。

ストーカーという概念を敷設した次は「ストーカー病」を作るようです。 ~「ストーカー」という概念の敷設は支配者層、医療業界に相互利益があります。

「マイナンバー通知カード受け取り特例」でDV、ストーカー、児童虐待の被害者、長期入院患者、東日本大震災避難者の情報を今後起すでっち上げ事件の為に知りたいようです。

ストーカーについて さゆふらっとまうんど

中学生のかばんに手紙 ストーカー行為繰り返した疑いで42歳男逮捕

今後も他者に触れることを悪とする常識の書き換えが行われる。~銀座の整体院でわいせつ 有名整体師&施術中「恥ずかしいポーズ」鍼灸師の男逮捕

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

自宅のトイレで下半身を出して逮捕。わいせつの概念を広げようとしている。~近隣住民女性「もう我慢の限界!」 トイレ窓から下半身露出の町職員を逮捕

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

中学生のかばんに手紙 ストーカー行為繰り返した疑いで42歳男逮捕

ws000418 ws000419 ws000420 ws000421 ws000422中学生のかばんに手紙 ストーカー行為繰り返した疑いで42歳男逮捕

11/18 13:57

12歳の女子中学生のかばんに、「大好きです」と書かれた手紙を入れ、ストーカー行為を繰り返した疑いで、42歳の男が警視庁に逮捕された。
ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された、東京・杉並区のアルバイト従業員・木田啓介容疑者(42)は、2016年6月、通学中の12歳の女子中学生のかばんに、「大好きです」、「連絡先を教えてください」と書かれた手紙を入れ、2016年8月から11月にかけ、4回にわたり、都内の駅などで、待ち伏せや、つきまとい行為をした疑いが持たれている。
木田容疑者は、「手紙を渡し、駅に行ったことは間違いありません」と、容疑を認めている。
警視庁は、木田容疑者が、ほかの複数の未成年者に対しても、同様のストーカー行為をしていたとみて、調べる方針。


42歳男、中1少女に「大好き」=ストーカー容疑で逮捕―警視庁

時事通信 11/18(金) 12:58配信

 

 女子中学生のかばんに「大好きです」と書いた紙を入れ、待ち伏せしたなどとして、警視庁巣鴨署は18日までに、ストーカー規制法違反の疑いで、アルバイト木田啓介容疑者(42)=東京都杉並区成田東=を逮捕した。

容疑を認めているという。

逮捕容疑は6月ごろ、電車内で中学1年の女子生徒(12)のかばんに自分の連絡先などを書いた紙を入れたほか、8~11月ごろ、4回にわたり通学路の都内の駅や飲食店で待ち伏せしたなどの疑い。

巣鴨署によると、紙には「大好きです。連絡先を教えてください」と記してあり、木田容疑者の名前や電話番号も書いてあった。

「4月ごろからよく見掛ける人がいる」と伝えられた女子生徒の父親が巣鴨署に相談。署員が今月、木田容疑者に口頭で警告した。

しかし、その後も通学する女子生徒をガラス張りの飲食店内から見詰める姿が確認された。木田容疑者は女子生徒と直接の面識はなく、話し掛けず笑みを浮かべながら見ていたという。


ws000423 ws000424 ws000425中学生にストーカー行為か、42歳男逮捕

TBS系(JNN) 11/18(金) 13:18配信

 半年以上にわたり12歳の女子中学生にストーカー行為をしたとみられる42歳の男が、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、東京・杉並区のアルバイト・木田啓介容疑者(42)です。木田容疑者は、今年6月ごろから電車内で中学1年の女子生徒(12)が持つかばんに「好きです」などと書いた手紙を入れたり、4回にわたって、駅などで待ち伏せしたりした疑いがもたれています。

 警視庁によりますと、女子生徒は木田容疑者と面識はないということで、「今年4月ごろからつきまとわれた」と話しているということです。取り調べに対し、木田容疑者は「手紙を渡したことや駅に行ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

 警視庁は木田容疑者がほかにも複数の未成年者につきまとい行為をしていたとみて調べを進めています。(18日11:33)

最終更新:11/18(金) 15:41

TBS News i


<筆者>

これは思想弾圧そのものです。

42才だろうが何才だろうが、相手が12才だったとしても好きになるのは自由のはずです。

つまり、この男性が、女子生徒に手紙を渡したこと自体はなんら犯罪ではないのです。現法でも。

しかしそれも犯罪であるかのような、イメージ工作が行われているのが本事件です。

今回男性が、「ストーカー行為等の規制等に関する法律」の中で抵触した箇所は、「恋愛感情がある相手から、つきまとい行為があった」と警察判断したという点でしょう。

第二条 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。

 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。

 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。

 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信すること。

 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。

 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

 その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。

「恋愛感情があり、且つ待ち伏せ、つきまといした」とされたのでしょう。

これは前述した思想弾圧はおろか、「行動の制限」に他ならないわけです。

例えば、通勤中に好きな人ができ、それの思いがバレたら、ストーカーということになってしまいます。

自分自身が同時刻、同場所を通り、相手も同じであったら、通勤という目的があっても、つきまといになる可能性が出てきます。

「ガラス張りの飲食店内から見詰める」とありますが、その目的なんていくらでも作れれるはずです。朝食を食べていたとか、仕事をしていたとか。馬鹿真面目に、「好きな人が通るから見ている。」と言う人はいないと思いますが、しかしそであったとしてもそれのなにがいけないのかとも私は思います。それがいけないのなら、アイドルのファンと何が違うのでしょうか?

気持ち悪いと思うのなら、ただ自分を見ている人は気持ち悪いと反応するように、洗脳されているのです。人によっては、こっちを見ている人に対して、挨拶したり、笑顔で会釈する人もいるのです。マスコミ、親、学校などが、疑心暗鬼な感情を刷り込んでいるから、心の背景が汚されて、ただ見ているという人に対して、敵対的な感情が出てくるのです。(食や環境の影響も無視できないでしょう)

しかしそもそも、外を歩いていてよく見る人や、店内から外を見ていて自分を見ていた人にいちいち気を止めるでしょうか?

今回の事件は、「人を好きになること自体を抑制したい」という社会方針をひしひしと感じます。

「手紙を渡し、思いを寄せる」こと自体は犯罪ではないが、ストーカーという概念を作り上げたことによって、それを犯罪としたことで、他者への好意(逆もあり、悪意)それらを一緒くたにして逮捕とすることで、前者がいけないことと思わせる戦法です。

つまり、これは、人を好きになっていけないとするわけですから、思想弾圧に他ならないと言っているわけです。

現代での思想弾圧とは、このような社会設計と常識の書き換えで巧みにバイオパワーを働かせて、行動を自ら制限するように行われているのです。

そして、つきまとい行為の概念が曖昧過ぎることも、この法律が常識の書き換えに利用できるポイントでもあります。

>8~11月ごろ、4回にわたり通学路の都内の駅や飲食店で待ち伏せしたなどの疑い。

これでつきまとい行為とされたわけです。

4か月間で4回でつきまとい行為とするのはかなり無理があります。

捜査員が確認した回数が四回で実際との違いはあるのでしょうが、それでも「つきまとい」というイメージとしては少なくないでしょうか?より犯罪性を増させるために、捜査も粗がなく行われたことが想定できますが、それで4回です。

>「手紙を渡し、駅に行ったことは間違いありません」と、容疑を認めている。

とありますが、手紙を渡し、駅に行ったら犯罪なのでしょうか?

これは容疑を認めているというより、事実を言っただけで、つきまといの容疑を認めているとは思えません。

近所で、たまたましょっちゅう会う人というのは、よくあることでしょう。
近くに住んでなくても、なぜかよく見る顔というのはあるものです。

例え、外出の時間にまったく規則性がなくてもよく見る人というのはいます。

つまり、これは行動の制限に繋がってくるのです。犯罪者になりたくないのなら自由であるはずの行動を制限する必要が出てきます。そもそもルールが作られることで、犯罪が作られているわけです。

女子中学生のかばんに「大好きです」と書いた紙を入れたとありますが、その時点で生徒は、その手紙の相手が同級生なのか、同じ学校の人なのか、大人なのか誰なのかわからないはずです。

ですから、

>「4月ごろからよく見掛ける人がいる」と伝えられた女子生徒の父親が巣鴨署に相談

というのもおかしな話です。

面識はないわけですから、いくらよく見る、通りすがる人でも、両親に相談など普通はしないでしょうし、その両親も何もされていない、娘がよく見かける人という情報だけで、警察に相談するでしょうか?

相談されたとしても、被害届や告訴状を受理したがらない警察が、「4月ごろから娘がよく見掛ける人がいる」という情報だけで、捜査するでしょうか?

もちろんそのよく見かける人と、手紙の相手は同じ人物であるかは、その時点ではわからないはずです。

警察が捜査して初めてわかるはずです。

この情報は現在2016年11月19日現在まだありませんが、仮にその手紙がPCでタイプしたものではなく、手書きであり、それが大人の時にしか見えなかったとしても、飲食店からよく見ている人、駅によくいる人という情報だけでその人と手紙の主が同一であると思うでしょうか?そもそも通りすがりの飲食店内に誰がいるか見ないでしょうが。

好意がある手紙を渡した相手が、4回待ち伏せした疑い、だけで逮捕されたこの事件は、「行動の制限、思想弾圧」を目的として行われたことに他なりません。

そしてこれだけでは、犯罪性が弱いからか、

>ほかにも複数の未成年者につきまとい行為をしていたとみて調べを進めています。

と言い出しました。が、その証拠が一切示されていません。

同様の相談、届出が、複数件あったとも言っていません。

もちろんそんなの実際になくても作れるでしょうが。

>話し掛けず笑みを浮かべながら見ていた

これも怖いという印象操作に他なりません。

笑みを浮かべながら見ている人は犯罪者なのでしょうか?

そしてこれらの報道のがされたのは11月18日です。そしてその前日の17日には以下のように、ストーカー厳罰化が立法したわけで、完全にタイミングが合わせられているのです。

<2015年夏>さゆふらっとまうんど支援者の皆様へ 残暑見舞い申し上げます。 ~ 一般大衆傀儡の「勲章」


ストーカー厳罰化、今国会成立へ=SNS上の嫌がらせも規制

時事通信 11/17(木) 19:32配信

 

 ストーカー行為の罰則を強化するとともに、インターネット交流サイト(SNS)上での嫌がらせも新たに規制対象とすることなどを柱としたストーカー規制法改正案が今国会で成立する見通しとなった。

 与野党が17日の参院内閣委員会で内容面で合意し、委員長提案の形で提出。18日の参院本会議で可決され、衆院に送付される。

 改正案は、ストーカー行為に対する罰則の上限について、現行の「懲役6月または罰金50万円」から「懲役1年または罰金100万円」へ引き上げる。また、SNS上で中傷したり、執拗(しつよう)にメッセージの送信を繰り返したりするなどの行為も規制対象に加える。

 同案はこのほか、被害者の告訴なしに起訴できる「非親告罪」とすることや、事前に警告を行わなくても「禁止命令」を出せるようにすることなども盛り込んだ。


 ⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8朝霞市全動画ご支援のお願い