カテゴリー別アーカイブ: 教育

防犯カメラでなぜ乳児の健康状態がわかるのでしょうか? ~保育所で死亡の乳児、預けられる前は体調に異変なし

ws000238 ws000239保育所で死亡の乳児、預けられる前は体調に異変なし

 神奈川県平塚市の無認可保育所で生後4か月の男の子が死亡した事件で、保育所に預けられる前の男の子の体調に異変が見られなかったことが新たに分かりました。

 この事件は、去年12月、平塚市の無認可保育所に預けられていた生後4か月の出縄望翔ちゃんが死亡したもので、傷害致死の疑いで逮捕された保育士の角田悠輔容疑者(34)は22日、身柄を検察に送られました。

 望翔ちゃんは事件当日の午前0時ごろ、母親の友人が保育所に預けにきましたが、保育所周辺の防犯カメラを調べた結果、預けられる前の望翔ちゃんの様子に異変はなかったことが、捜査関係者への取材で新たに分かりました。また、家族なども、望翔ちゃんの健康状態に問題はなかったと話しているということです。

 望翔ちゃんは頭の骨が折れるなどしていて、警察は、角田容疑者が暴行を加えたとみて捜査しています。(23日00:23)


<筆者>

>保育所周辺の防犯カメラを調べた結果、預けられる前の望翔ちゃんの様子に異変はなかった

と、ありますが、健康状態が防犯カメラでわかるのでしょうか?

なら、

高槻市中学生遺棄の二人が、山田の車に乗っていた映像なんて余裕であるはずですが、なぜその有無自体も、その映像自体も公開どころか、沈黙されているのでしょうか? ↓(関連記事)

<大阪・高槻中1遺棄>大阪府警へ 防犯カメラが大活躍なら、しっかりと運転手、車内が見える明白な証拠動画を公開せよ!

<高槻中1遺体遺棄事件>大阪府警へ 無意味な防犯映像を垂れ流してシナリオ追行してないで、まじめに捜査し早急に事件を解決せよ。

<高槻中1遺体遺棄事件>2人を乗せたままの刑務所訪問も「待ち時間」に触れずに面会5秒とし、容疑者防犯カメラ映像も事件と関係ないショットしか公開しないマスコミのフライング報道

新幹線焼身の林さんがガソリンをかぶり燃えているところの防犯カメラ映像が一切報道されないのでしょうか? ↓(関連記事)

<新幹線焼身自殺>客室内に防犯カメラ設置されていなかったのに、警察「液体をかぶる様子をカメラで確認できた」と7月1日に報道。

この記事は、「防犯カメラで何でもわかる、健康状態まで。」という防犯カメラの神格化が目的でしょう。

「防犯カメラの映像では、・・・」と言えばゆるぎない証拠として、信用度が担保されるといった詐欺のテクニックです。

一方で警察は特務機関と連動し、大衆誘導に都合のいい情報(映像など)しか出さないのです。

そして記事の中には、乳児を母親ではなく、「その友人が連れてきた」と言っています。

その友人は事件とは関係がなく、逮捕された自分物が犯人であるという念押しも含まれているように見えます。

そして今後、「保育園のお迎え、預けを家族以外がしていいのか悪いのか?」という常識の敷設の為の動きがあるのではないかと予測しています。


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

高槻市 1

高槻市 2ご支援のお願い

「乳児のうつぶせ寝悪」を流布したい支配者層方針のバイオパワーがメディアに働いている ~NNN「睡眠中の0歳児窒息死 5年間で160人」と誤報

睡眠中の0歳児窒息死 5年間で160人

日本テレビ系(NNN) 10月21日(金)13時1分配信

 0歳児が寝ている間に窒息して死亡する事故が相次いでおり、2014年までの5年間で160人が亡くなっていたことが消費者庁の調査でわかった。

 消費者庁が厚生労働省の人口動態統計の調査票を分析したところ、2010年から2014年までの5年間に亡くなった0歳児のうち、寝ている間に死亡した子どもが160人に上ることがわかった。

 そのうち約30人はマットレスなどに顔がうまり、約20人は掛け布団などが顔を覆って窒息して死亡したという。

 消費者庁は、1歳になるまではあおむけで寝かせ、なるべくベビーベッドを使用し、払いのけやすい子ども用の軽い掛け布団や、顔がうまらない硬めの敷布団と枕を使って窒息事故を防止するよう呼びかけている。


<筆者>

まず、この「睡眠中の0歳児窒息死 5年間で160人」と報道されているタイトルについてですが、これは完全に誤報です。

本文を読むと、

>消費者庁が厚生労働省の人口動態統計の調査票を分析したところ、2010年から2014年までの5年間に亡くなった0歳児のうち、寝ている間に死亡した子どもが160人に上る

>そのうち約30人はマットレスなどに顔がうまり、約20人は掛け布団などが顔を覆って窒息して死亡し

とありますので、2014年間までの5年間で窒息死した0歳児が160人いるわけではなく、寝てる間に死亡した子供が160人いるわけです。

その160人のうち50人が窒息死した、と記事に書いてあります。

つまり、残りの110人は窒息ではなく他の死因、又は死因不明なのです。

160人というのは、ただ死亡していた時の状況が、「寝ている時だった」ということです。

それを、5年間で160人が睡眠中に窒息死したと、読めるタイトルですから、これは完全に誤報です。

本文を読むだけでその矛盾がわかります。

正しいタイトルは「睡眠中の0歳児窒息死 5年間で50人」です。

それを160人とタイトルにはありますから、3倍以上もサバ読んでいるということです。

このような誤報がなぜ起きたかと言えば、「乳児は寝ている時に死ぬ危険がある。」という方向性で新常識を流布したい支配者層方針のバイオパワーがメディアに働いているからでしょう。(動画参照)

死亡件数が、少ないほうではなく、多いほうに誤報していることを見ても明らかです。

5年間で睡眠中の0歳児窒息死した子供は実際には50人に対して、5人とか少ない方向に間違えるのではなく、「160人」と多いほうに間違えていることから、そこにはメディアが与えられている方向性が見えるのです。そしてこれはミス、間違えではなく、意図的にされている可能性は十分にあります。

>消費者庁は、1歳になるまではあおむけで寝かせ、なるべくベビーベッドを使用し、払いのけやすい子ども用の軽い掛け布団や、顔がうまらない硬めの敷布団と枕を使って窒息事故を防止するよう呼びかけている。

そして消費者庁の上記呼びかけですが、窒息死の原因を、「マットレスが顔に埋まっていたこと」、「掛け布団が顔を覆っていたこと」と言っているにもかかわらず、「うつぶせ寝させないように。」と、窒息と関係のない死因を作り上げて、意味不明な新常識を省庁あげて敷設しようとしているのです。

うつ伏せに寝ると、、マットレスが顔に埋まったり、掛け布団が顔を覆われるわけではありません。

私は、動画前記事で「うつぶせ寝悪」という、なんら赤ちゃんの為にならない、むしろ赤ちゃんを育てる上でマイナスである、真逆のウソ常識を敷設することで、虐待の概念を広げようとしていると言いました。

このウソ常識は、「お母さんは赤ちゃんに触れてはいけない。」という常識を敷設しようとしてるのと同等くらい馬鹿げているのが、「うつぶせ寝悪」の常識の敷設です。

あえてまたここで、その「うつぶせ寝悪」がいかに矛盾に満ちたものであるかを説明します。

「赤ちゃんが亡くなっていた状況が寝ている時だった。」と、実際の死因ではなく、「環境」をクローズアップして、それが死因であるかのように言うことは、例えば、自動車事故で亡くなった人の死亡していた時の状況が、「運転中だった」というのと同じくらい無意味なものです。

「寝ていた死んだ。」、「運転していて死んだ。」とは、どちらも、その死んだ時の環境、状況を言っているにすぎず、死因ではないのです。

運転しているときに死んだとしても、実際の死因は、「トラックが反対車線に侵入してきて正面衝突した。」とか、「動物が飛び出してきて避けようと急ハンドルを切って、崖から転落した。」とか、運転していたから死んだのではなく、「圧死」など他の原因があるのです。

今回の件も死因は、「マットレスが顔に埋まっていたこと」、「掛け布団が顔を覆っていたこと」による窒息死であるにもかかわらず、なぜか乳児は「寝ていた」ということをクローズアップし、その死因が「うつ伏せで寝ていたこと」であると、マスコミ省庁行政があげて言いだしている。

これは完全におかしいことです。

自動車事故の原因を、「運転していた事である」、だから「運転してはいけない」と言っているようなものなのです。

運転していても死なないのです。

寝ていても死なないのです。

しかもこの「運転中」「睡眠中という」対比は、運転中は事故の可能性など、死亡リスクは運転していないよりは高まりますが、睡眠中は寝ていないときに比べて、死亡リスクが「高まるはずがない」という事実からも、うつぶせ寝で寝ていたことを死因とすることは、よりその嘘に気づきやすいとも言えます。乱暴な言い分であると言えます。

人は運転しなくても生きていけますが、睡眠をとらなければ生きていけないのです。

睡眠中の人は、免疫力、自然治癒力が高まり、生命維持能力であるホメオスタシス(恒常性)が働くうえで、一番省エネルギーで効率が良い状態になっているのです。

また、睡眠中に体は横になっていますから、体が地面と水平になることで、心臓への血流が重力から逃れられ、各臓器とも休める状態なのです。

その一番体に負担のかからない状態で死ぬのなら、普段、日中の生活の時から既に疾患状態であり、日中の方がより死の危険がある身体状態のはずです。

つまり、健康な状態の人であるのなら寝ている時は、死とは繋がらないはずです。

四肢や首、背中の筋肉が発達していない赤ちゃんが、障害物を排除できない状態で口鼻などを同時に塞がれたら、窒息死してしまうでしょう。

しかし、これは超レアケースだと思います。

なぜなら鼻の穴二つ、口の3か所を同時に隙間なく塞ぎ、尚且つその塞ぐものは、吸気と呼気の強さを持っても空気を通さない素材と状況に限定されるからです。

タオルケットが顔にかかっても、マットレスに埋まってもそれが即窒息になるわけではありません。それでも呼吸できる状況の方が多いでしょう。少しでも隙間があれば、窒息することはありません。

つまり、このような矛盾だらけの中、「うつぶせ寝悪」を敷設しようと、マスコミ省庁行政一体となって、動いているのですから、なにかおかしなことを大衆の中に常識化したいのです。

具体的にいるのなら、人の普遍性の中に新ルール(常識)を作り出そうとしているのです。

「うつぶせ寝悪へ常識を書き換える目的」については動画で詳しく解説しています。

そしてうつ伏せになることは、危険どころか至極自然なことであると動画前記事で解説いたしました。

ご視聴ください。


<関連記事・動画>

「うつ伏せ寝は危険」という新常識を作り出し、保育義務化に向け、増園前の社会整備を進めています。 ~「うつぶせ寝禁止を」保育中の死亡事故相次ぎ

「うつぶせ寝で死亡した」とされている子の死因は「うつぶせ寝」ではありません。「うつ伏せ寝は危険」という新常識を敷設しようとしています。~「うつぶせ寝禁止を」保育中の死亡事故相次ぎ

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️rp_782c08e7b75c486d64ccf29587865a1c-1024x576.jpgご支援のお願い

思想に成績を付ける文科省の決定と給付型奨学金はセット。~高校成績「4」以上→月3万円 給付型奨学金の自民案

高校成績「4」以上→月3万円 給付型奨学金の自民案

朝日新聞デジタル 10月21日(金)6時26分配信

 

 自民党は、返済する必要がない給付型奨学金について、原則として高校時の成績が5段階評定で平均4以上であることを条件に、月3万円を給付する方向で文部科学省と調整を始めた。対象者は7万5千人程度になると見込んでおり、年300億円近くが必要になるとみている。具体的な制度案について、来週にも取りまとめる。

 給付型奨学金については、文科省が住民税の非課税世帯などの大学生らを対象に、一定の成績基準を設けることを検討。2018年度の入学生から導入する考えだが、自民党は前倒しして17年度からを主張している。

朝日新聞社


少数を優遇する口実として全体を縮小。それを繰り返すことで大衆から自由、権利、富を搾取していく。~19~22歳扶養控除、縮小検討 給付型奨学金の財源に

上記前回の記事で「給付型奨学金の導入の為の、19~22歳の子どもを養う親などの税負担を軽くする所得税の特定扶養控除を縮小する検討」は、少数を優遇する口実として全体を縮小し、その繰り返しで、大衆全体から自由も権利も富も搾取していく戦法であると言いました。

奨学金適用基準を厳しいものに変え、出し渋れば歳出を防げるということです。

そして今回、給付型奨学金の条件の内容が報道されています。

>原則として高校時の成績が5段階評定で平均4以上であることを条件

もちろんこれだけの条件をクリアすれば、誰もで月3万で年間36万、4年間で計144万がもらえるわけではないでしょう。

他の条件ももちろんあるでしょうが、まだ公になっていません。

そして、以前「小中学校において2、3年後に「道徳心」「愛国心」に成績を付ける、と文科省の決定した」との記事を書きました。

・ 小中学校で「道徳心」「愛国心」に成績を付ける、と文科省が決定。内申書に記載して入試の資料に

つまり、給付型奨学金を得る為の成績基準の中に「思想(道徳心、考え方、志向)」が成績として入り込むわけですから、思想が「ある方向(教育現場で正解とされるもの)」に合致していなければいけなくなるわけです。

奨学金ですから、ある思想をもっている人達しか進学時の優遇はされないということになります。

ましてや今後、「奨学金が得られなければ進学できない」など、貧窮化が進んだ暁には、「ある思想をもっている人達しか進学できない」ということになりかねません。

そして特に奨学金を受けたい中流家庭以下の99%の人達にとって、いわゆる社会通念を押し付けて「ある方向」に大衆誘導するにはこれらは効果的な方法なのです。

つまり、この思想に成績を付けることの文科省の決定、そして給付型奨学金の決定はセットなのです。

思想を、学校で成績化し、その成績で奨学金が得られるようにリンクさせるわけですから、大衆思想を誘導するために効果的な社会設計というわけです。

もちろん、貧窮化の加速、情報(メディア)の統括など、複合的社会設計から大衆誘導を堂々としていることは言うまでもありません。

ですから、タダでもらえる奨学金、「給付型奨学金」は良いことだ。と手放しで喜ぶことはできません。

「給付型奨学金」は、支配者層が「社会を貧窮化し、金の価値を上げたところで、金が欲しいなら奴隷社会に黙って従え。」と鼻先にニンジンをぶら下げているようにしか私には見えません。

今後、給付型奨学金の給付条件に注目です。


<以下関連動画>

常識の書き換え 6

人工知能NHK

孫正義
ご支援のお願い


 

「乳児用液体ミルク」の普及もまた支配者層戦略に合致している。~母乳vs.粉ミルクではなく ひとりの母親が広げる「液体ミルク」の可能性

ws000131母乳vs.粉ミルクではなく ひとりの母親が広げる「液体ミルク」の可能性

BuzzFeed Japan 10月15日(土)17時10分配信

 
熊本地震でも親子を救った

熊本地震で避難した人は、ピーク時で約18万人。中には、生後まもない赤ちゃんもいた。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

ダブル可愛い!遊び心満点な双子ちゃん寝相アート

大きな災害が起きると、水やガスが使えなくなることがある。人前で赤ちゃんに授乳しづらかったり、ストレスで母乳が出にくくなったりすることもある。

そこで、お湯や哺乳瓶を使わなくてもすぐに赤ちゃんに飲ませることができる「乳児用液体ミルク」が4月下旬、救援物資としてフィンランドから熊本の被災地に届けられた。

当時、衆院議員だった小池百合子・東京都知事が、「日本フィンランド友好議員連盟」の会長として働きかけ、実現した。2011年の東日本大震災のときからの縁だ。

乳児用液体ミルクとは?

乳児用液体ミルクは、あらかじめ液体の状態で容器に保存されている。粉をお湯に溶く必要がないため、手間が省けるうえ、外出時の荷物も少なくなる。パックから哺乳瓶に移し替えるタイプと、小型のペットボトルのような使い切り容器に吸い口をつけて直接、赤ちゃんに飲ませるタイプがある。常温で半年から1年は保存でき、粉ミルクよりは消費期限が早いものの、災害備蓄品としても使える。

大きな災害のたびに海外から救援物資として寄付されて注目が集まるが、日本では日常的に手に入れることが難しい。

食品衛生法には、乳児用調整粉乳(粉ミルク)の規格基準しかない。液体ミルクについては規格がないため、製造も販売もできない。海外製品を輸入する場合は「乳飲料」の規格となるため、赤ちゃん用として販売することができない。

粉ミルクを製造・販売している森永乳業の広報部によると、液体ミルクの製造には高いハードルがあるという。

「国の規格が整備されるまで、製造・販売することができません。どういった規格が必要なのか、各メーカーや業界団体で研究している状況です。液体の場合、分離したり茶色っぽく変色したりしやすいため、品質面での課題もあります」

現状は災害時の救援物資としてのみ、特別に配布が認められている。

ニーズは災害時に限らない

横浜市の主婦、末永恵理さん(37)は、いま2歳の長女が生まれてすぐ、母乳があまり出ず、授乳がうまくいかないことに悩んでいた。夜中に何度も起きて粉ミルクをお湯に溶くのは大変だった。長女が栄養不足になってしまうのでは、と心配もした。インターネットで調べると、欧米では乳児用液体ミルクがスーパーで手軽に買えることがわかった。

アメリカ在住のタレント、里田まいさんも自身のブログで、乳児用液体ミルクを使うことがあると書いている。

「日本にも液体ミルクがあれば、子育ての負担が少しでも解消されるのでは」

末永さんはそう考え、たったひとりで「乳児用液体ミルクプロジェクト」を始めた。
なぜ液体ミルクが日本で売られていないのか。末永さんは厚生労働省やメーカーに直接、問い合わせた。まずは国の規格が必要。そのために業界団体を動かし、メーカーに技術開発を求めるーー。すでに安全な粉ミルクがあることや、少子化でミルク市場が縮小していることも逆風となり、道のりは長そうだった。

「親たちのニーズがあることがわかれば、動いてもらえるかもしれない」

署名活動とアンケート

2014年、インターネット署名サイトchange.orgで、メーカーに液体ミルクの製造を求める署名活動をはじめた

今年4月の熊本地震で、液体ミルクが再び話題になったことで賛同者が増え、10月14日現在は4万1400人の賛同が集まっている。末永さんは、より詳しくニーズを探って国やメーカーに要望しようと、9月末から11月末までの期間でアンケートを実施している。

BuzzFeed Newsは、アンケートの途中集計(10月4日、6690件)の結果を教えてもらった。

・乳児用液体ミルクの存在を知っていましたか?
知っていた  78.2%
知らなかった 21.8%

・日本にも乳児用液体ミルクがあったら、使いたいですか?
普段からぜひ使ってみたい  38.4%
評判がよさそうなら試したい 30.9%
災害時の備蓄にしたい    29.9%
使いたいと思わない      0.9%

さまざまな要望も寄せられている。
「天候不順が続いて緊急避難も多くあるため、ぜひ自治体で備蓄してほしい」

「飛行機や公共交通機関を使うときに便利そう」

男性が育休を取る場合にぜひほしい

日本でも、乳児用液体ミルクが買える日がくるのだろうか

さまざまな事情で母乳をあげられないことはあるし、父親だって育児をする。だが、母乳育児プレッシャーが根強い日本では、「ミルク育児で親が楽をするなんて」といった否定的な声が、まだ少なからずある。乳児用液体ミルクの必要性が理解されづらい背景の一つだ。

赤ちゃんにとっては、母乳かそれに代わるものがなければ、命にかかわる問題なのに。

末永さんは呼びかける。

「子どもがお腹を空かせて泣いているときに、ミルクをつくるために粉を溶く時間があったら、一刻も早く抱っこしてあげたいと思っていました。液体ミルクを使えるようになれば、親は子どもとの時間をもっと大切にできるはずです」

Akiko Kobayashi


<筆者>

「どうしたら、安心安全な母乳をお母さんの体の中で作り、母子共に健康・安全を維持できるか?」

という視点を一切無視した、ただの商売ありきの内容で、読んでいて辟易しました。

本文にある以下のアンケートを見てください。


・日本にも乳児用液体ミルクがあったら、使いたいですか?
普段からぜひ使ってみたい  38.4%
評判がよさそうなら試したい 30.9%
災害時の備蓄にしたい    29.9%
使いたいと思わない      0.9%


これは、母乳が出ない母を対象にしたアンケートではないのです。(そのような触書きはありません。)

子を持つ親全体の中で、「乳児用液体ミルクを使いたいと思わない。」という母親が0.9%しかいない、ということです。

つまり、「乳児用液体ミルクなんて使いたくない!だって母乳で育てたいから!」という人が0.9%しかいないことになるのです。

そんなことは、絶対にないはずです。

「母乳で育てたい。」と言う母親は、少なくないはずです。

粉ミルクの安全性、アレルギーなどの疾患を生み出す面からも、「粉ミルクは使いたくない。」という母親は多いでしょう。

乳児用液体ミルクは、予め粉ミルクに液体が混ざっている、手間が省けた状態であり、乳児への危険性は同じことです。むしろ、その添加されている水の安全性の面から危険性が増していることも考えられます。

>液体の場合、分離したり茶色っぽく変色したりしやすいため、品質面での課題

とありますが、それはまた食品に薬品を添加することで解消されるのです。

安全性を企業、行政に委ねる稚拙な人達ばかりではないのです。

つまりこのアンケート結果は、「商売のために作られたもの」ということなわけです。

「乳児用液体ミルクこんなにいいですよ。」「みんなが待ちに待った!」「手軽で簡単!」などのキャッチフレーズを聞いた瞬間に、裏があるのです。「便利、楽しい!」と謳う陰には使わせることで、誰かが得をするのです。

【話がそれますが、「その得をする。」とは「金の為である。」という視点で常に結論付ける主張を見ますが、それは「大衆統治システム構築」という「金」よりも抽象度が高い概念の目くらましです。

金よりも「より強固に大衆統治システムを構築すること。」これが、社会で起きていることの大局です。なんでも商売のため金のためと結論付けるのは、稚拙です。抽象度が低い状態であり、大局の目くらましなのです。これらの事象は金の為に動く奴らを使って支配者層が社会設計をしているわけです。】

今回の乳児用液体ミルクの件は、母乳を与えない方向性に社会が動いている、ということです。
そしてこの母乳を与えない方向性というのは、支配者層戦略です。

「イギリスで授乳はわいせつか?」という議論があったり、アメリカでの、「母乳あげてるのおかしいんじゃない?性的虐待?」とかいう、おかしな常識の書き換えは、すでに世界各国で行われているのです。

授乳は隠さなければいけないのか?

これは、「保育園落ちた日本死ね騒動」でもあったように、子を行政が奪い、母子を引き離すことと骨子は同じです。

戦後の日本でGHQが離乳食の時期を早めるように指導したのものまた同じです。

明治中期以後、キリスト教を背景にした欧米の育児法が日本の上流階級、知識階級に育児が導入されたのもまた同じ理由です。

「スキンシップを奪い、親と子の絆を希薄くなものにしていく。」その為に、母子の距離を離していこうとしているのです。

それはマジョリティーである大衆の団結・絆が、常にマイノリティーである支配者層の脅威になることから、支配者層に取って必要とされる大衆統治戦略なのです。

私がいつも言っている、「人と人との絆を希薄なものにしていくことで大衆の団結を削ぐ」という戦略は、親子関係においてもまた同じく、支配者層都合の常識へと書き換えようとしているのです。

その一つが「母乳悪」という常識の書き換えです。

その為に、乳児用液体ミルクなどの選択肢の幅を持たせるのは支配者層方針に沿っているというわけです。

ですから、この、乳児用液体ミルクの業界は確実にシャアが拡大するでしょう。

【余談ですが、支配者層方針が見えれば、今後の金の流れが見えます。それが見える、起業家、投資家は富ます。】

今回の記事を読んで、「もっと保育所を増やすために、行政は基準を緩るべき。」と保育園落ちた日本死ね騒動で主張していた、保育園経営者と全く同じ構図がこの「乳児用液体ミルク」の記事でもあります。(下記事)

<待機児童問題>問題は保育園が少ないことのではなく、女性が労働力にされていることです。

また本文で、イクメンの話が出てきますが、どんなに子育てに熱心な父親でも、母乳をあげることはできないのです。

「イクメン」もまた母子を引き離すことを常態化するためには必要な戦略の一つであるということです。

育休とは大体1年ほどが一般的ですので、母親が復職するのなら1年しか母乳を与えられないことになります。(母乳の冷凍保存は、母子のスキンシップや、冷凍での劣化、一度プラスチックなどに母乳が触れる危険などを考えると最善ではない。)

しかし、液体ミルクよりは良いと考えらるから本文の

>「男性が育休を取る場合にぜひほしい」

というのは液体ミルク導入の理由にはならない

この育休の期間と、母乳卒業の時期は社会設計上関係しているのです。

母乳卒業は、親が社会常識から決めるのではなく、子供の身体的成長と、精神的成長(自然に離れていくか)でその時期を決めるべきです。つまり母乳卒業は、「その子による」ということは、言うまでもありませんが、実際には、その卒業の時期を育児休暇という、社会常識、そして経済面からコントロールされているということです。

そして、普遍性の中にルールを作りたい支配者層からすると、「男女差」という当たり前のことに「男女平等」を持ち込むことで、常識の書き換えることはとても都合が良いということです。

男と女は、違う体の能力を持っているのですから、それを平等にしようとすることは生物としての普遍性から乖離する行動なのです。

>さまざまな事情で母乳をあげられないことはあるし、父親だって育児をする。

さまざまな事情とは、「不健康」、「金銭的事情」、「常識が書き換えられた社会環境」、に他ならないわけですが、この三点は、支配者層がコントロール可能なのです。

この文章には、女性の労働力化のニュアンスをひしひしと感じます。「子供のそばに母親がいない」という場面です。

ここで最初に言ったことをもう一度言います。

「どうしたら、安心安全な母乳をお母さんの体の中で作り、母子共に健康・安全を維持できるか?」

この視点が一番大切です。

子には母親が必要なのです。

そのような主張をすると「女性は家庭に入るべき。という意見は男性の傲慢である」、などという類の批判にすり替えられますが、事実として母乳は男性には出ません。男性は懐妊し、出産することはできません。

母と子の絆を大切にし、子の発育を尊重した主張こそ、「子には母親が必要である。」という主張であり、その男性にはできない、母子の関係性の過程が、人類が始まって脈々と今まで続いてきた、子の成長に安心と安全と強さを生むのです。

それが事実なのです。

ですから、子の視点に立てば女性は、現代の社会システムに順応するのは無理であり、女性が労働者になれない時期が、子の数によっては数十年単位であるのです。

それを女性を労働力化することは、「子を産むな。」と言っていることと同じわけです。

ですから、「輝く女性」だとか、「多様な労働形態」などと政府が言っていることは、人口削減の為の社会設計に他なりません。

「母乳が最善である」という視点に立つだけで、この現代社会の闇が同時に見えてくるのです。

そして、母乳が出ないから、「粉ミルク、液体ミルク」と言う発想一辺倒であることに対して、この社会に申したいのですが。

なぜ、「母乳が出るお母さんが、母乳が出ないお母さんの子供に母乳を上げよう!」という発想が一切不在なのでしょうか?

そうゆう常識をメディアが流布してもいいはずですが、一切それを言いません。

つまり、さきほどいった、「さまざまな事情」にあげた三点の中の、「常識が書き換えらえた社会環境」がそれに当たります。昔は母乳が出ないお母さんの子に他のお母さんが母乳を与えることは当たり前のことなのです。

「母乳をください。」とお母さん同士がお願いできる風潮がそこにありました。

まさに「産後うつ」の動画・記事で言った、「共同で育てる」ということです。(動画下に添付)

産後うつは病気ではありません、現代社会に生きるなら当たり前の現象です。~産後うつ問診で早期発見へ 日産婦など対策指針

現代社会ではなって当たり前である「産後うつ」の利権構造確立の為の報道 〜妊産婦自殺10年で63人…東京23区 産後うつ影響か

共同で育てる風潮がそこにありました。2016年02月24日(Wed)13時07分52秒2016年02月24日(Wed)13時08分26秒

この、「お母さん同士で助け合い共同で育児をする」ということも、支配者層はどの度合いでさせるかということをコントロールしたいわけです。

でなければ、「女性の労働力化」、「母子を引き離す」、「行政が子を教育する」、「貧窮化」、「同性愛推進」などの、彼らの方針が崩れる恐れがあるからです。

スキンシップ、他の子も自分の子と同じように母乳を与えられる風潮。

これは支配者層が大衆統治する上で邪魔な環境なのです。

なぜなら、みんな家族ですから、すぐにマスが形成され、他者のことを自分のことのように感じ立ち上がる人間が形成されるからです。

これと真逆の風潮が、現代社会では普通になってしまった「個人主義」です。

最後に、支配者層の社会設計の話に移って、この記事を終わりにします。

>メーカーに液体ミルクの製造を求める署名活動をはじめた

大衆からの声を支配者層の権力を使って大きくし、メディア、行政などを使い、支配者層は一般市民が成し遂げたように偽る、「見えざる手」を施すということです。

「大衆の中に都合の良い主張を見つけ、バックアップし、大衆の声で変革したかのように装い、大衆統治システムを強固にする。」

これが彼らの戦略の骨子です。

大衆からの声が自然に広がりを見せたかのように装う、「民主主義偽装」されているわけです。

そして翌日の記事では、「解禁する方向で検討に入った」と報道です。↓


乳児用の液体ミルク、解禁へ…育児の負担軽減

読売新聞 10月16日(日)9時45分配信

 政府は、国内での販売が認められていない乳児用の液体ミルクを解禁する方向で検討に入った。

液体ミルクは、現在普及している粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少なく、販売解禁で育児の負担軽減が期待される。政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など関連規定を改正する方針だ。

乳児用のミルクは、成分が牛乳よりも母乳に近く、乳児に必要な栄養素が加えられている。欧米で広く普及している液体ミルクは、ペットボトルなどに乳首型の吸い口を装着する使い切りタイプの製品が多く、封を開ければすぐに飲ませられるのが特徴だ。

しかし、粉ミルクが主流の日本では、乳児用乳製品の規格を定める厚労省令や消費者庁通知で「粉末状」など粉ミルクを前提にした文言が使われ、液体ミルクは想定していない。


<参考記事>ws000135

日本未販売の水不要の赤ちゃん用ミルクが被災地に(2016/04/23 00:24)

 被災地・熊本に日本では市販されていない赤ちゃん用の液体ミルクが提供されることになりました。

 日フィンランド友好議連は、フィンランドの会社が提供する乳幼児用ミルク約5000個を熊本の被災地に提供すると発表しました。
 小池百合子衆院議員:「一日も、又、一刻も早く、この液体ミルクが赤ちゃんたちに届きますことを待ち願う」
 液体ミルクは水で溶かさなくてもそのまま与えることができ、常温で保存できます。欧米では普及していますが、日本では市販されていません。東日本大震災の後、粉ミルクを溶かすお湯を手に入れるのが難しい被災地で活用されたため、議員連盟がフィンランドの議員に呼び掛けて実現しました。23日に成田空港に到着し、数日中に熊本県に届けられる見込みです。


ws000133 ws000134日本初、「液体ミルク」導入を検討 常温で飲用可能(2016/05/25 17:27)

 日本で製造・販売されていない乳児用「液体ミルク」の導入の検討が始まりました。

 25日に自民党で行われた勉強会では、フィンランド製の液体ミルクが紹介されました。これまで日本では食品衛生法上の規定が十分ではなかったため、乳児用の液体ミルクの製造・販売は行われませんでした。このため、液体ミルクの安全性を検討したうえで、日本での流通を目指したい考えです。

 


<関連記事・動画>

「母乳」ネット販売と「尿療法」について

産後うつは病気ではありません、現代社会に生きるなら当たり前の現象です。~産後うつ問診で早期発見へ 日産婦など対策指針

現代社会ではなって当たり前である「産後うつ」の利権構造確立の為の報道 〜妊産婦自殺10年で63人…東京23区 産後うつ影響か

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

保育園落ちた産後うつコンビニでがん検診不妊rp_782c08e7b75c486d64ccf29587865a1c-1024x576.jpgご支援のお願い

<一時保護の児童相権限強化の為>児相対応、違法性なし=「虐待続いた」訴えた女児敗訴―長崎地裁

ws000058
児相対応、違法性なし=「虐待続いた」訴えた女児敗訴―長崎地裁

時事通信 10月14日(金)20時3分配信

 母親らから虐待を受け続けたのは、児童相談所「長崎こども・女性・障害者支援センター」(長崎市)が適切な対応を怠ったためだとして、長崎県内の女児(12)が県に慰謝料50万円を求めた訴訟の判決が14日、長崎地裁であり、松葉佐隆之裁判長は女児の訴えを棄却した。

 原告側は、女児が2010~14年、母親から肩にライターの火を押し付けられたり、母方の祖母から虐待を受けたりしたのに、児相が母親への通所指導を継続して行ったり、女児を一時保護したりするなどの対応を怠ったと訴えていた

 松葉佐裁判長は、児相の通所指導打ち切りについて「関係機関などによる状況観察や児相との連携が確保されていた」と指摘。一時保護しなかったことについても「関係機関にさらなる調査などを具体的に指示していた」とし、いずれも児相の裁量権の範囲で違法性はないと判断した。 


児相保護なし、違法性否定

虐待被害の女児敗訴、長崎

 母親らによる虐待が続いたのは児童相談所が一時保護を怠ったためだとして、長崎県内の女児(12)が、児相業務を担う県に慰謝料50万円を求めた訴訟で、長崎地裁は14日、請求を棄却した。松葉佐隆之裁判長は判決理由で「児相は、児童福祉法に基づく強制措置も視野に、関係機関に調査を指示していた。直ちに保護しなかったことに違法性はない」と述べた。 判決は「一時保護の必要性の判断は、児相所長の合理的な裁量にゆだねられる。親の意に反して子を引き離す措置で、迅速性もさることながら慎重さも必要だ」とした。


<筆者>

裁判に息がかかっていたかはわかりませんが、報道する目的はあります。

マスコミがあえて社会問題化していることに対して、「違法性はない。」とした判決をあえて報道することで、「法律を変えなくては子供を救えない」という契機にしたいのでしょう。

この判決を、むしろ行政が子供を奪いやすくすることに寄与するために利用できるのです。

つまりは、実際に一般大衆に、「虐待されている子を守ることはできないのか?」という声を上げさせるためです。そのきっかけとして「ネット工作員」が騒ぐネタ提供的役割があるのです。ちなみにネット工作員とは、「ネットの声=一般大衆」だと偽って社会誘導する役割です。

「虐待されている子を、社会は守れない。」などと騒ぎ、児童相の「保護権限=拉致権限」もっと拡大すべきだという主張を言いやすくなります。

今回の判決を「違法」として、慰謝料を認めてしまえば、法律を変える必要がなくなってしまいます。
「現法でも裁判所で解決できる。」となってしまうからです。

しかし、支配者層は、大衆統治システム構築の為、子供を自由に奪える社会環境にしたい。だから、法整備の契機にする為に、「現状ではダメだ。」としたいわけです。

現法の中で「違法である。」とし、慰謝料での解決を図るのではなく、実際に児童相の一時保護権限を上げる為に、司法と虐待現場との軋轢を増幅させることで法改正の根拠にしたいからです。

そして実際に、児童相が子供を奪いやすくるための権限拡大というのは、厚労省はが全国の児童相に通知を出すなどして、既に圧力はかけています。

>厚生労働省は、児童相談所が「一時保護」を積極的に行えるよう、運営指針を見直して全国の自治体に通知しました。

以下の記事です。


ws000056

児相の一時保護、親の同意不要に

 [2016/09/30]
 

 虐待を受けている子どもを家族から引き離す「一時保護」を児童相談所がより積極的に行えるよう、厚生労働省は保護者の同意を原則としないなどの見直しをした新しい運営指針を全国の自治体に通知しました。
 一時保護をめぐっては、おととし、神奈川県相模原市の児童相談所が、両親から虐待を受けて自ら保護を求めた男子中学生について、親の同意が得られなかったなどの理由から保護を見送り、男子生徒がその後、自殺しました。

 問題を受けて厚生労働省は、児童相談所が「一時保護」を積極的に行えるよう、運営指針を見直して全国の自治体に通知しました。具体的には、一時保護をする際の保護者の同意について、これまでの「原則として必要」から「望ましい」に表現を改めた上で、子どもの安全確保が必要な場面では「一時保護を躊躇なく行うべき」としています。(30日12:59)


以下のように、「親の同意などいらない、躊躇なく拉致しろ」としています。

>一時保護をする際の保護者の同意について、これまでの「原則として必要」から「望ましい」に表現を改めた上で、子どもの安全確保が必要な場面では「一時保護を躊躇なく行うべき」

この記事については以下の記事を書きました。

児相の一時保護、親の同意不要に ~大衆は自分の子が奪われていることに気付きません。

 ですから今後、「裁判所では違法性なし」とし、実際社会では児童虐待が深刻化しているという事件を積極的に報道し、「児童虐待」の社会問題化を煽ってをいくことでしょう。もちろんその中には、えん罪、意図的に作られた件、まったく当事者不在のウソ報道も含まれるでしょう。

最後に、

今回敗訴した小6の学生が、児童相談所に対して慰謝料を求めて司法に訴えるという発想と行動力がはたしてあるのでしょうか?

この裁判は両親ではない誰かが後ろで手を引いているはずです。

つまり、この学生に対して児童相は保護しなかったのかもしれませんが、裁判に対しては誰か大人がこの小学生をサポートしているのです。

その人物が何をしているかといえば、「一時保護しなかった事は違法である」として、慰謝料請求をしているわけですから、児童相の一時保護の権限強化の方向に動いているわけです。

そのような利害関係を持った取り巻きが原告側にいるということは確かなのです。


<関連記事・動画>

乳児の接種拒否で親権喪失 家裁決定「子の利益侵害」 ~これを奴隷社会と言わずして、なんと言えばいいのでしょうか?

子どもを親から引き離しやすくするため、厚生労働省は一時保護する仕組みの強化 ~我々の子は、もはや我々の子ではありません。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️しつけ行方不明 全動画%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8rp_782c08e7b75c486d64ccf29587865a1c-1024x576.jpgご支援のお願い

部活動を委縮させるため、教員にとって部活をつらく、負担が重いものへと、意図的にされています。~「ブラック部活」がつらい…生徒より教員の負担重く

20151227-00052852-roupeiro-000-7-view「ブラック部活」がつらい…生徒より教員の負担重く 指導は仕事? それともボランティア?

産経新聞 10月1日(土)11時30分配信

 

 「部活がつらい」-。このセリフが生徒ではなく、教員側からも聞こえてくるようになった。過度な部活動指導に起因する教員の長時間労働が問題となり、「ブラック部活」という言葉も生まれている。一部の教員は顧問を引き受けるかどうかの選択権を求める署名活動を開始。文部科学省も負担軽減策を打ち出した。政府は「働き方改革」に取り組んでいるが、今まで見過ごされてきた教員と部活動のあり方も問われはじめている。(木下慧人)

 神奈川県内の20代の女性教諭は、外が薄暗い午前5時ごろに起床する。6時半には登校し、顧問を務める吹奏楽部の朝練に参加。授業後の放課後も吹奏楽部の指導に当たり、生徒が下校してから採点などの業務を行う。担任するクラスの生徒が休んだり問題を起こしたりすれば、家庭へ電話することも必要だ。帰宅が午後11時ごろになることも多い。

 休日にも練習や大会が入るため、1日も休めない月がある。練習を減らそうにも、休むと生徒の実力が落ちる上、保護者からクレームも寄せられる。「拘束時間が長く、本業の授業や学級運営まで手が回らない」と悲鳴を上げる。

 こうした現状に教員側も立ち上がった。昨年12月に教員6人が「部活問題対策プロジェクト」を設立。顧問を引き受けるかどうかの選択権などを求めてホームページで署名活動を開始した。反響は大きく、8月には2万8222件分の署名を集め、文科省に提出。現在も署名を集めている。

 そもそも日本の教員の労働時間は他国に比べて長い。平成25年の調査によると、1週間当たりの勤務時間は経済協力開発機構(OECD)の参加国の平均が38・3時間だったのに対し、日本は参加国中で最長の53・9時間だった。特に部活動など課外活動の指導は7・7時間で、参加国平均の2・1時間を大きく上回っているという。

 文科省の担当者も「部活動で土日が全てなくなるのは好ましいとはいえない」と話し、休養日を設定したり、休日の部活動指導に支給される手当てを増額したりするなどの負担軽減策を打ち出した。しかし、休養日の設定について、文科省は9年にも「中学校では週に2日以上、高校も週に1日以上」と指針を出しているが守られていないのが実情で、実効性には疑問の声も上がっている。また、手当ての増額も、根本的な解決にはつながらない。

 教育問題に詳しい名古屋大学大学院の内田良准教授は「教員の部活動指導は仕事なのかボランティアなのかを明確化するべきだ」と指摘する。現在の部活動の立ち位置はあいまいだ。文科省内に部活動を管轄する部署はない。部活動は学校がやるべき仕事の「校務分掌」の一つに位置づけられているものの、教育課程外の活動。教育実習で部活動の指導がないのは課程外のためという。また、顧問になることは義務ではない。「誰かがやらないといけないが、誰もやることが義務づけられていない仕事」(内田准教授)となっている。ただ、18年度の文科省教員勤務実態調査では、教諭の70・9%が運動部、21・5%が文化部の顧問で、大半の教員が顧問をしているのが実情となっている。

 内田准教授は「部活動は学校で教育以外の付加的な価値を与える日本特有の文化で大切なシステム」と評価する。一方で「本来自主性を重んじる部活動で平日も土日もつぶして活動するのはやり過ぎ。部活動を仕事としてやるなら賃金を出すべきだし、ボランティアなら相応の日数で活動すべきだ」と話している。

 


<筆者>

教員を意図的に多忙にすることで、部活動の顧問をできなくさせ、より生徒との絆が生まれる可能性をはく奪し、奴隷教育しか行えないような環境を強いている。

同時に、部活中の事故、事件などをマスコミが盛んに扱うことで、部活動の悪イメージを工作している。

そして今回の記事のように「ブラック部活」という言葉(変革へのプロパガンダ)を作り出して、その流れを強化しようとしているわけです。

これら、部活動を自粛させるための流れは奴隷教育を強化するためには、必要なのです。

学生生活の中で超短時間での成長経験は、「人は、短時間でどれほど化けることができるか」、「意識、生活習慣の健全化で、人は180度は変わることができる」という、人が秘める潜在能力を呼び覚ますきっかけになる。

そのようなことを排除することも要因の一つでしょう。

良質な教育、経験をさせず、個々人の力は弱小であると偽ることは、大衆統治を円滑に進める為の支配者層の愚民化戦略なのです。

>「教員の部活動指導は仕事なのかボランティアなのかを明確化するべきだ」

部活動の顧問をしてもリスクしかない教育現場にするために、ちょっとしたことで厳しい責任追及をしているわけですが、教員にとって部活は「ボランティア」と明確化することで、より部活動が自然淘汰する流れへと誘導したいわけです。

最後にこの「部活自粛の流れ」の私の記事や動画関して、部活動の問題点を並び立て、「それでいいと思っているのか?」と言ってくるメールが多数来ました。

それらの人達に言いたいのは、

・なぜ部活動の質を向上させ、よい教育環境を作るという方向性で社会は一切動かないのか?

・なぜ部活動をさせない方向で、教員の環境つくり、部活悪イメージ工作をマスコミが行っているのか?

つまり、部活動は危険であるかのような報道をし、部活動を自粛させたいかのように行政は動いているが、なぜ部活動の質を向上させ、よい教育環境を作るという方向性では一切ないのか?

「部活動を自粛させる方向性のみの動きであるのか?」ということです。

教員業務自体を多忙なものへと強いていることで、部活動顧問との兼任を困難なものへとされています。

つまり文科省は意図的に、部活動を自粛させる方向で動いているというわけです。マスコミもその「教員業務自体を多忙なものへと強いていること」には一切触れません。

部活動顧問になると、オーバーワークになるように意図的に教員業務自体を多忙なものへと教育現場が作られている、という問題点は触れずに、「部活動顧問をしなければいい、義務ではない」という風潮を作り、誰も顧問をやる人がいない環境にされているわけです。

そして同時に、部活動自体が危険であるかのようなイメージ工作をマスコミがして、生徒、そして親に対しても部活しないほうが安全という情報誘導をしているわけです。

つまり、「教師に部活顧問にさないように行政は動き、生徒、親に対しても部活は危険だとマスコミが煽る」というマスコミ、行政が一体となった合わせ技で、部活動を委縮させるべく動いているのです。

がしかし、部活動に何か問題があるのなら、その問題はその問題としての対処を取るべく、子を思う者同士で話合い、部活動の指導の質を向上させ、よい教育環境を作るという方向性で動けばいいのです。

それをなぜ、部活動の顧問は、「義務かボランティアか」と偽有識者が指摘し、、同時に「部活動中の事故」を盛んに扱うのでしょうか?

これらの動きを見れば、「部活動でかわいそうな思いをしている子を救う」などという、こととは一切関係のない目的をもって変革がなされようとしていることは明白でしょう。

その本当の目的を私は見ているのです。

下の動画をご覧ください。


<以下関連記事>

【奴隷教育】処分覚悟で運転ボランティア 部活指導悩む先生 ~教師に過度な責任を負わせる風潮は、教師と生徒の距離を離すため。部活動の委縮が支配者層方針。

今後、部活動で起こったネガティブな話題が盛んに報道されます。 ~支配者層はより高度な奴隷教育へ部活動自粛の流れを画策している


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️部活動自粛 2

ご支援のお願い

児相の一時保護、親の同意不要に ~大衆は自分の子が奪われていることに気付きません。

ws000056 ws000057 ws000058ws000054 ws000055児相の一時保護、親の同意不要に

 虐待を受けている子どもを家族から引き離す「一時保護」を児童相談所がより積極的に行えるよう、厚生労働省は保護者の同意を原則としないなどの見直しをした新しい運営指針を全国の自治体に通知しました。
 一時保護をめぐっては、おととし、神奈川県相模原市の児童相談所が、両親から虐待を受けて自ら保護を求めた男子中学生について、親の同意が得られなかったなどの理由から保護を見送り、男子生徒がその後、自殺しました。

 問題を受けて厚生労働省は、児童相談所が「一時保護」を積極的に行えるよう、運営指針を見直して全国の自治体に通知しました。具体的には、一時保護をする際の保護者の同意について、これまでの「原則として必要」から「望ましい」に表現を改めた上で、子どもの安全確保が必要な場面では「一時保護を躊躇なく行うべき」としています。(30日12:59 TBS news)


うー 

児相の一時保護、親の同意不要に問題を受けて厚生労働省は、児童相談所が「一時保護」を積極的に行えるよう、運営指針を見直して全国の自治体に通知しました。具体的には、一時保護をする際の保護者の同意について、これまでの「原則として必要」から「望ましい」に表現を改めた上で、子どもの安全確保が必要な場面では「一時保護を躊躇なく行うべき」としています。(30日12:59)

http://news.mynavi.jp/news/2016/09/30/448/奴隷であることがよく分かります。
安全確保が必要な場面とはどういう場面なのかあやふやです。


コメントありがとうございます。

「いきなり暴徒が自宅に押し入り、子供を強制的に奪っていく。」

このような行動を取られなければ、自分の子が行政(支配者層の手先)に奪われていることに大衆は気づかないのでしょうか?

軋轢が生まれないよう、自分さえ良ければいいという「個人主義」の風潮を生み出し、事件を利用し、又は事件を作り出すことで、変革の契機にする。

これが、今回は以下です。

>神奈川県相模原市の児童相談所が、両親から虐待を受けて自ら保護を求めた男子中学生について、親の同意が得られなかったなどの理由から保護を見送り、男子生徒がその後、自殺しました。

これを変革の契機にされ、子を簡単に親から奪うことを社会全体に対して可能にすると言い出したのです。

男子生徒が他殺ではなく本当に自殺したにせよ

・本当に両親から虐待を受けていたのか?
・本当に自ら保護を求めたのか?
・保護とやらをしなかったことが自殺した根本的な原因であったのか?

それらは掘り下げることなく、

・児童相談所が「一時保護」を積極的に行えるよう、運営指針を見直し
・一時保護をする際の保護者の同意について、これまでの「原則として必要」から「望ましい」に表現を改め
・「一時保護を躊躇なく行うべき」

と大衆全体への効力を及ぼす変革がされてしまっているのです。(厚生労働省、全国の自治体に通知)

いつでも誰でも、支配者層都合で子供を人質にとることで大衆が権利を主張することに対して無力化させられる、大衆統治システムを構築されているのです。

つまり、この中学生の自殺で得をしている輩がいるということです。

それは大衆統治システムを強固にしたい支配者層側なのです。

我々大衆は、この変換で自由を奪われているのです。

以前に、動画と記事で言いましたが、我々は子を産んでも、その子を守れないところまで、自由権利が奪われているのです。

子を産み落としても、それはその瞬間から我々の子ではないというのが現代社会なのです。

自分さえ良ければ良いという考え方は、いずれ自分自身の孤立、そして不幸に繋がります。

今の時代を生きる我々は、後世に奴隷社会を残してこの世を去ってはいけません。

それでは我々は生まれてきた意味がありません。


<以下関連記事・動画>

乳児の接種拒否で親権喪失 家裁決定「子の利益侵害」 ~これを奴隷社会と言わずして、なんと言えばいいのでしょうか?

子どもを親から引き離しやすくするため、厚生労働省は一時保護する仕組みの強化 ~我々の子は、もはや我々の子ではありません。

<その1>学校から子供の拉致(一時保護)を狙われている親御さんからメールが来ました。 ~このような事実に沈黙し黙認する親は、我が子がターゲットにされる可能性を上げることに加担しています。

<その2>どの家庭の子も拉致できる社会形態を実現する為に社会が一体となって大衆常識を書き換えるべく動いている

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

広島中三保育園落ちた

産後うつ

コンビニでがん検診不妊

しつけ行方不明 全動画

ご支援のお願い

子供を産みにくい社会整備の為、女性婚姻18歳引き上げ。ダブルスタンダードを生み出し、一本化することで大衆統治システムを強固にしていく。~<民法>女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

WS003393<民法>女性婚姻18歳引き上げ検討 成人年齢改正に合わせ

毎日新聞 9月2日(金)20時33分配信

 

 親の同意があれば結婚できる女性の年齢の下限を定める民法の規定について、法務省が現行の16歳から18歳に引き上げる方向で検討していることが分かった。金田勝年法相は2日の閣議後記者会見で「民法の成人年齢引き下げとあわせて検討していく必要がある」と述べた。

法務省は成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案を来年の通常国会に提出する方針を固めている。同省幹部によると、条件が整えば、この改正案に女性の結婚年齢の下限引き上げも盛り込むことができないか検討しているという。

民法731条と737条は、未成年者でも親の同意があれば結婚できる年齢(婚姻適齢)を女性は16歳以上、男性は18歳以上と定めている。一般に女性のほうが身体的成熟が早いとされることから、2歳の差が設けられている。

婚姻適齢については、1996年に法制審議会(法相の諮問機関)が男女平等の観点から「男女とも18歳」とする民法改正案の要綱を当時の法相に答申したが、法改正には至っていない。成人年齢引き下げを検討した法制審が09年にまとめた最終報告書は「民法の成人年齢を引き下げる場合には、婚姻適齢については男女とも18歳とすべきだ」としていた。

厚生労働省の人口動態調査によると、2014年には1394人の女性が16、17歳で結婚(再婚を含む)している。【鈴木一生】


女性の婚姻、18歳から…法務省が引き上げ検討

法務省は、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正に伴って、女性の婚姻年齢を男性と同じ「18歳以上」に引き上げる方向で検討に入った。
 金田法相は2日の閣議後の記者会見で「(男女で違う)婚姻適齢の問題についても、民法の成人年齢引き下げと合わせて検討していく必要がある」と述べた。

 民法は男性が18歳、女性は16歳にならなければ結婚できないと規定している。男女で年齢差があるのは、「女性の方が男性より心身の発達が早いとの考え方があったため」(法務省幹部)とされる。

 法制審議会(法相の諮問機関)は1996年と2009年の2回にわたって、男女の婚姻年齢を同じ18歳とするよう答申した。09年の答申には「民法の成人年齢を18歳に引き下げる場合は、婚姻年齢も男女18歳とすべき」と明記した。

 ただ、法改正で16、17歳の女性が結婚できなくなることや、少子化が進む中で女性の婚姻年齢を引き上げることに懸念の声もあり、法務省は慎重に検討を進める方針だ。

2016年09月02日 23時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


TOP画像は2015年6月に報道されたスクショです。(下に記事あり)

その時は、自民党の女性活躍推進本部が、「全ての女性が輝く社会の実現に向けた提言」と女性の労働力化を目的とした組織が、「女性婚姻年齢18歳に引き上げ」と言いだしたから私は、「女性を労働力化するために婚姻年齢を変えるな」と以下の記事で言ったわけですが

結婚させない・子供生ませない・女性を労働力にする為に「女性の結婚年齢を18歳に引き上げ、自民提言」

今回は法務省が女性の婚姻年齢引き上げを言ってきたわけです。

本記事では、「女性の婚姻年齢引き上げの議論」について言及していきます。

支配者層はダブルスタンダードを生み出し、片方を解消、もう片方へ一本化し、またダブルスタンダードを生み出すという手法で、より強固な大衆統治社会を形成していく、ということを以下の記事で言いました。

支配者層はダブルスタンダードを生み出して片方のスタンダードに一本化にし、またダブルスタンダードを生み出し・・・と繰り返すことで社会を変えていく ~マッサージ店で客の体触って逮捕

そして今回また大きなダブルスタンダードが解消されようとしています。

それが、「女性婚姻18歳引き上げ」です。

現在18歳以下は性交は「してはいけないもの」、それどころかそれらに話しかけたり、交際したりなどの、接点を持っただけで「逮捕、書類送検」といった大衆への検閲が堂々と行われています。(下の添付動画参照)

「性交したら退学」とした高校もあります。(下に記事添付)

しかし一方で女性は16歳から結婚ができ、それは同時に性交が公に認められることを意味することから明らかにダブルスタンダードが生まれているのです。(本来性交とはその二人の関係性、同意で行われることであり、他者、ましてや行政がとやかく言う問題であってはならない)

つまり、「青少年健全育成条例」とかいう、青少年を守ることと一切関係のない「人口削減」「人間関係の制限」を目的とした条例の横行と、女性婚姻年齢16歳との矛盾の解消なのです。

そしてこの「女性の婚姻年齢16歳」というのは人類がその生物としての普遍性から脈々と続いてきたことに対して、支配者層が大衆をコントロールする為の統治システムを構築する為に、年齢というなんの根拠にもならない「数字」で大衆を一律に区分けし、その時代その時代で軋轢を生み出さない程度に変革を強いてきた名残です。

それが2016年では、完全にダブルスタンダードになり、顕在化していることを解消するということが今回の報道です。

センスのいい方ならここで気づくと思いますが、この「ダブルスタンダードの常態化、そしてその一本化への動きとは、常識の書き換えが進んだ末に起こる現象である」ということです。

そして同時にそれだけ我々大衆の幸福と関係のない方向に「社会が変えられてしまった」ということを意味します。

このように我々が生きているこの社会は意図的なコントロールが行われているのです。

これは明らかに「大衆が自然に変化していっている」という類のものではありません

支配者層(人類)による意図的なコントロールです。

記事には

>男女で年齢差があるのは、「女性の方が男性より心身の発達が早いとの考え方があったため」(法務省幹部)

とありますが、この説明に説得力は一切ありません。

なぜならそもそも人の精神的成長は、男女で分けることはできないからです。

人の成長は男女ではなく、年齢でもなく、個々人で全く違うのです。

人の成長は人それぞれですし、本来いつ誰と居るか、は自由であるべきです。その本人しかわからない精神性、考え、思想、性的志向など本人の自由であるべきことに行政が入り混むことはあってはならないことです。

なぜならそれは大衆の権利と自由を奪い、支配者層が奴隷社会を構築するための大衆弾圧に利用できるからです。

>一般に女性のほうが身体的成熟が早いとされることから、2歳の差が設けられている。

とありますが、婚姻に身体的成熟が必要ということを言っているのでしょうが、そもそも婚姻と身体的成熟とは関係ありません。推測するに、ここで「身体的成熟」ということを持ち出すことは、生殖能力という点がその意味なのだと推測できます。

だとすると16歳男性は身体的成熟がなされていない、とはつまり生殖能力がないというのでしょうか?
そんな事実は一切ありません。

それとも16~17歳の男性の身体的成熟の「進行途中」であるということが、婚姻年齢に達さない根拠であるとでも言いたいのでしょうか?

ならそもそも16~17歳の男性が身体的成熟の進行途中であることと、16~17歳の男性が婚姻出来ないこととの整合性はありません。身体的成熟の進行途中であったら婚姻できないとする根拠はなんなのでしょうか?

この文言は身体的成熟が早ければ、婚姻年齢も早いと言っているわけですが、身体的成熟と婚姻可能年齢に、その婚姻という制度の上でどのような関係性があるのでしょうか。

婚姻に身体的成熟が必要ならやはりそこには生殖能力の有無が加味されているのです。

婚姻年齢の根拠を「身体的成熟」つまり、生殖能力に議論を置くのなら18歳に引き上げるのではなく男性の婚姻年齢を16歳に引き下げるべきでしょう。そうすれば子供も増えます。

しかし、その逆に社会が動いているということは、子供が生める年齢時には産ませないという、不妊社会への方向に社会が動いていることが正に顕在化しているのです。

支配層方針としては生殖能力があるときに生殖させず、生殖活動とセットである婚姻にはリスクを伴わせ、婚姻年齢を上げる社会整備をしています。

女性に限らず男性も、10代半ば、20代前半をピークに年を重ねれば重ねるほどに不妊になっていく確率は高まります。(男女共に社会毒のまん延で不妊になるスピードは加速している)

つまり、「懐妊率の高い時期に懐妊してはいけないとする社会整備」が現代社会に成されていことこそが、人口削減計画、大衆統治システムが社会に構築されている証拠なのです。

ですから、婚姻年齢引き上げは、人口削減政策であると言えるのです。

このように、無理やり男女間の違いをでっち上げて分けるのは、大衆の幸福とは一切関係のない目的があるからです。

それは先ほどから言っているように、大衆統治システム構築であり、より具体的にその手法を言えば「大衆を区分けしてルールを作る」ということです。

そもそも、婚姻年齢が男性18歳、女性16歳である問題点は、「なぜ男性が18歳なのか?16歳に引き下げろ」という議論であるべきなのです。

つまり、16~17歳の男性の子孫繁栄の自由が奪われていることに言及することが皆無な社会に、そもそも疑問を持つべきなのです。少子問題の解消も望めます。

そして大衆が減っているということは、我々大衆の力が軽減しているということと同義です。

しかしこの角度からの議論が一切ない。なぜこの点に言及する人が皆無なのでしょうか?

記事で

>男女平等の観点から「男女とも18歳」とする民法改正案の要綱を当時の法相に答申した

とありますが、「平等という観点」がなぜ16歳から18歳に引き上げる方向性だけなのか?ということです。

平等という観点でいえば、男性の婚姻年齢を18歳から16歳に引き下げることも含まれるはずです。

その様な観点が無視できる理由は、16~17歳の男性には家庭を持つための経済的収入を得ることが無理である常識が敷設されているからでしょう。これは同時に大衆はルールに疑問を持つ思考が奪われ、完全に洗脳されているということです。

そしてこの「男性の婚姻年齢を16歳に引き下げろ」という主張は、支配者層の視点からすれば現代社会の経済活動の矛盾と改善に繋がってしまうから煙に巻きたいのです。

支配者層方針は、「貧窮化を推し進める」、「人工を削減する」というのがその方針ですが、この「男性の婚姻年齢を16歳に引き下げろ」という議論はこの二点を解消に近づけてしまいます。

若年時の10代などに婚姻することを「良」とする世間風潮、そして本人のやる気、努力次第では裕福な経済が得られるようにするのならば、少子化が解消します。つまり、この2点が同時に解決してしまえば、人口削減できず、貧窮化できませんから、大衆統治システムが弱体してしまうのです。(「大衆の貧窮=支配者層の権力向上」これは同時に資本洗脳を施した状態であることが必須)

>男女平等の観点から「男女とも18歳」

と、引き上げることありきの観点で、男性の婚姻年齢の引き下げの方向に「男女平等」という言葉の意味をなさない理由はこうゆうことです。

「騒動」、「ムーブメント」をコントロールできる支配者層率いるメディアは、私のこの観点を一切無視するでしょう。このような考え方をする人は有識者会議とやらに招かれることはありません。大衆統治システム(奴隷社会)を構築する支配層方針を大衆に利益があると見せかけて推し進められる人しかメンバーにされることはありません。

そして私の主張は、「本来男女の関係に成熟度は必要はない」ということです。何か困ることがあったら周りがサポートしていけば、時間の経過とともに人は成熟していき自然にそれらもサポート側になっていきます。

しかしながらそれが現代、社会環境を熟知していなければ生死にかかわるという社会環境にされてしまい、同時になんでも自己責任である個人主義社会になったから、現代奴隷社会を生きるノウハウを認知するまでは結婚できないとしている、それを「成熟」と言っている面もあるわけです。

言い換えれば、この奴隷社会でのルールを認識して、それに沿う生き方ができるように成熟するまで時間がかかるというわけです。

ある一家のマイルールで一族というマスを形成され、脅威が同時多発的発生されることは支配層からすると、大衆統治システムには邪魔なのです。

これら婚姻年齢引き上げの根拠を見てくると、その根拠とされている「平等」「整合性」などは変革への何の根拠にもならない。なのになぜ引き上げたいですか?他の目的があるのでしょう?と言いたいわけです。

そしてその目的を考えた時に、「常識の書き換え」、「NWO大衆統治システム構築」という概念がない人には一切その目的を見つけ出すことはできないでしょう。

次に話は、この婚姻年齢女性18歳へ引き上げが実現するならば、どのような社会変化があるのか?ということに移ります。

それは三点です。

それらを端的に言えば「人工削減」、「10代とそれ以外の接点の取り締まり」がより加速します。

そして、「このダブルスタンダードの一本化でまた新たなダブルスタンダードが生まれる契機」になります。

具体的に言えば、少年・少女・子供という概念を広げ、取り締まり対象の年齢を広げるべく、今まで18歳以下が制限されていたことが、19歳20歳がその範囲とするべく社会は動いていく、ということです。

その新しいダブルスタンダードがまた生まれるということです。

そしてそのようにまたダブルスタンダードが生まれ、それが社会に明白に認知されだしたら、今回のようにまた一本化するといった風に大衆統治の為のルールをより厳しいものに変えていくのです。

それを私は「常識の書き換え」と呼んでいます。

今回の「女性婚姻18歳引き上げ」する為に軋轢が生まないような「社会整備」は既に整っているように見えます。

実質18歳以下で婚姻できない社会整備が敷設されている大きなポイントは、16、17、18歳時はほぼ全員が高校生であり、高校を卒業していなかったら、就職時、会社の募集要項に当てはまらない(条件:高卒以上)というルールが常態化しています。(当てはまる職があっても一生低所得)つまり、10代で出産、結婚をするのならば一般的には、その後の不自由な生活が待っているという現実です。

婚姻とは一般的に家庭を持ち、子を産み育てるというのが一般的ですが、それには、性交、そして経済的収入が切れない関係になっているわけです。

その二つが前者は「その年齢ではしてはいけないもの」、後者は「その年齢では得られないもの」という実質年齢が制限されている社会整備が整ってしまっています。正確には書き換えられてしまいました。

そしてその書き換えられた、現代社会を大衆は、「当たり前のことである。普通の事である。」と思い込まされています。

一昔前では何らおかしいことではなかったのにもかかわらずです。
一昔前では何ら制限されていたことではなかったのにもかかわらずです。

それに対して「生物としての普遍性から乖離する社会整備、そして常識に書き換えれてしまっている」と、気付くものはおろか、主張する人は皆無です。

義務教育や社会通念、メディアの常識の敷設で完全に思考能力が奪われてしまっているのです。

つまり、これらが、今回の「女性婚姻18歳引き上げ」の提言に対して、軋轢が生まれないように社会環境に敷設されてしまっているのです。

そして、この「生物としての普遍性」は、変わらない普遍性ですから社会環境、社会整備、常識の書き換えの影響をダイレクトに受けない人もいます。当たり前です。生物の普遍性ですから。もちろん社会の風当たりは強いでしょう。

>2014年には1394人の女性が16、17歳で結婚

とあるのように、2014年に1394組が結婚した方がいるようです。

それにもかかわらず、婚姻年齢を上げようとしている政府は、なんら差別、平等、などの解消は考えていないことが明らかです。

為政者は支配層方針を推し進めているだけです。それに「差別解消、平等」などの一見正しそうな御託を並べているだけに過ぎません。

この16、17歳で結婚した1394組の夫婦に対して、それをできなくする変革はなにが平等なのでしょうか?彼らは自分達の都合で、差別助長を使い分けていることが正に露呈しているのです。

女性婚姻年齢引き上げは、2014年度での1394組の行動を一切無視し、否定する行動なのです。
年間3000人近くの人を為政者そうして行政は、無視するどころか、彼らの行動を否定しています。

年間3000人の未来ある若い夫婦が誕生しているのにそれをできなくしようとしているのですから。
その人達を絶対に無視してはいけません。

そしてこの年間3000人という数に触れますと少子化という絶対数の減少を加味しても少な過ぎます。
つまり。完全に常識の書き換えはうまくいっているのです。

2年前の2014年、国民投票の年齢を18歳に引き下げ、翌年の2015年、それとの整合性だけを理由に選挙権年齢を18歳に引き下げました。

これら大きな出来事をいとも簡単にやられてしまいました。

それが今回も大衆の生活に関わる、婚姻年齢を変えようとされています。

そしてその理由はこれまで述べてきたように、

>婚姻適齢については、1996年に法制審議会(法相の諮問機関)が男女平等の観点から「男女とも18歳」とする民法改正案の要綱を当時の法相に答申したが、法改正には至っていない。成人年齢引き下げを検討した法制審が09年にまとめた最終報告書は「民法の成人年齢を引き下げる場合には、婚姻適齢については男女とも18歳とすべきだ」としていた。

・男女平等の観点

・報告書男女とも18歳とすべきだされていたから

適当すぎます。

今回、このような適当な理由にもかかわらず、女性の婚姻年齢引き上げが実現しそうな社会整備は整ってしまっているように見えます。

しかし私は、これまで述べてきたようにその引き上げの先の社会も見据えた上で、明白に反対の意思を表明したいと思います。

この変化は、強固な大衆統治システム構築がその目的であり、我々大衆の幸福と一切関係ありません。

大衆統治システム構築を強固にすることがこの変更の目的なのです。


 

WS003394 WS003392 WS003391

女性の結婚年齢を18歳に引き上げることを自民党提言に盛り込み

2015/06/10 01:15
 

自民党の提言に、女性の結婚年齢を、16歳から18歳に引き上げることが盛り込まれた。
自民党の女性活躍推進本部は、9日の会合で、「全ての女性が輝く社会」の実現に向けた提言を取りまとめた。
提言には、女性の労働や登用を進めるため、長時間労働を是正することや、男女差別をなくすために、女性が結婚できる年齢を、現在の16歳から、男性と同じ18歳に引き上げることなどが盛り込まれた。
近く、政府に提言する予定。


交際相手と性的行為「退学勧告は違法」と提訴

 サッカー強豪の聖和学園高(仙台市)に在学中、交際相手と性的な行為をしたことを理由に退学を勧告されたのは社会通念上行き過ぎで違法だとして、元サッカー部員の男子大学生(18)が20日までに、運営法人と校長に約600万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 訴えによると、学校は男子学生が3年生だった昨年12月、交際相手と性的な行為をしたことを理由に退学処分を決定し、自主退学するよう勧めた。男子学生は転校を余儀なくされ、指定校推薦で進学が決まっていた関東の私立大から合格を取り消された。
 校長らは「性的な行為を一度でも行えば退学処分となる。処分に当たり、これまでの生活態度などは考慮しない」などと書面で通知した。男子学生は非行歴や処分歴はなかったという。
 男子学生側は「性的な行為が退学処分の理由になるとの校則は存在しない。教師も周知しておらず、裁量権の乱用で違法だ」と主張する。
 校長は「事実関係に食い違いがある。主張は法廷で明らかにする」と述べた。
 同校は昨年、全国高校サッカー選手権に出場したが、男子学生は開幕の2日前に退学したため出場できなかった。

2016年06月21日火曜日 河北新報


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

常識の書き換え 6

犬のおっちゃん サムネ

犬のおっちゃん 2

大衆統治手法2

大衆統治手法3%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e3%81%8b%e3%82%99%e4%ba%ba%e3%82%92%e6%ae%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b

ご支援のお願い

 

 

<人口削減計画>子供を産ませない社会構築は大変うまくいっています。~<夫単身赴任>急増する「ワンオペ育児ママ」 過酷な日々

ws001073<夫単身赴任>急増する「ワンオペ育児ママ」 過酷な日々

毎日新聞 9月17日(土)9時30分配信

 

 単身赴任など何らかの理由で夫と離れて暮らし、1人で仕事と育児をこなす「ワンオペママ」が増えています。高熱が出ても誰にも助けてもらえない、孤独で過酷な日々。どのような仕組みに変えればいいか、明治大准教授の藤田結子さんが解説します。

 ◇「1人作業」40度の高熱でも休めない

 2014年ごろ、某牛丼チェーン店で従業員が休憩も取らず、長時間1人で清掃・調理・仕入れなどすべての業務をこなす「ワンオペ(ワンオペレーション=1人作業)」が社会問題になりました。

 こうしたブラック企業の「ワンオペ」労働が母親たちの家庭内労働とそっくりなことから、ネットを中心に母親たちの間では「ワンオペ育児」という言葉が使われています。父親が残業で帰りが遅い家庭、ひとり親家庭など、日本には専業主婦、働く母親を問わず、ワンオペ育児をする母親であふれています。

 最近では、共働きで夫が単身赴任なので母親がワンオペ育児、というケースも増えています。総務省が13年に公表した「平成24年就業構造基本調査」によると、夫と離れて単身で暮らし、働く女性は、12年には19万4400人いました。02年の11万8500人から相当の増加です。この中には女性の単身赴任者も含まれるとみられます。

 東京で公務員として働く太田麻美さん(仮名、30代女性)の場合、息子を出産したとき、会社員の夫・直樹さん(仮名)は関西で勤務していました。育児休業中は同居しましたが、復帰してからは過酷なワンオペ育児が始まりました。実家は遠方にあり、祖父母には頼れません。信頼できそうな育児援助サービスの情報を集め、手続きをする時間も十分に取れません。

 麻美さんは毎朝5時ごろ、寝不足状態で起きます。1歳の息子が寝ている間に洗顔や仕事の準備を済ませます。息子が目を覚ましたら、自分のことはすべて後回しに。朝食を作って食べさせ、オムツを替えて体温を測り、着替えさせます。

 息子が何かを誤飲したり、落下したりしないよう、常に視界に入れながら、なんとか化粧や身支度もします。その間トイレにすら行けません。

 麻美さんは、仕事の段取りを考えつつ書類をそろえ、同時に息子の着替えやオムツ、連絡帳を登園バッグに入れて、ベビーカーを押して家を出ます。必要な持ち物が多すぎて、忘れ物に気づき、遅刻ぎりぎりで引き返すことも日常茶飯事です。

 保育園に着いたら、猛スピードで着替えをセットし、泣く息子をなだめ、駅まで汗だくでダッシュ。通勤ラッシュにもまれ、会社に向かいます。会社に着くと同僚が「服、裏表ですよ」と一言。ワンオペ育児を始めてから、髪も服装もボロボロです。

 麻美さんは午後6時に会社を出て、急いで保育園に向かいます。仕事ですでにヘトヘトですが、テレビに子守をさせつつ夕食を作り、風呂に入れて寝かしつけ、洗濯、翌日の仕事の準備を深夜までこなします。

 子どもは保育園の集団生活で頻繁に病気をもらってきます。麻美さんが息子から風邪をうつされ、40度の高熱が出ても、横になることはできません。もうろうとしながらご飯を食べさせ、寝かしつけます。

 息子が夜中に目を覚まし、夕方食べさせたおかゆを布団の上で吐き出しました。両手でとっさに受け止めたものの、大泣きする息子から離れて始末しに行くこともできず、そのまま吐いたものにまみれ、麻美さんも一緒に泣きました。誰も助けてくれないワンオペ育児は、孤独です。

 職場では男性社員とほぼ同じ業務をこなしています。その男性社員は専業主婦の妻の全面サポートを受けていますが、麻美さんは1人。過労のため、仕事のミスが続きました。自分が責任者の会議を忘れ、すっぽかして怒られたこともあります。周囲から不評を買い、精神的にも体力的にも限界を迎えています。

 そこで夫の直樹さんは、上司に妻の状況を伝え、同居できる距離の支店や部署への異動を希望しました。ああそれなのに、夫の次の転勤先は東海地方。前より近くなりましたが、同居するには遠すぎます。

 直樹さんは上司からこう言われたそうです。

 「首都圏のどの部署も、子どもを育てながら働く女性でいっぱい。異動の順番を待っている女性社員も多い。働く妻を持つ男性社員を優先的に異動させるわけにはいかない。家族の問題だから自分たちで解決してほしい」

 内閣府は8月25日、17年度の税制改正要望で、相互に遠方に居住する男女が結婚する場合、(1)結婚に伴う転居費用(2)仕事の都合で結婚後も同居できない場合の旅費--を、特定支出控除の対象とするよう財務省などに求める方針を明らかにしました。

 少子化対策の一環で、結婚後、引き続き別居となる場合に、お互いの住まいを行き来する交通費を税控除し、結婚を促進するのが狙いです。

 税軽減はないよりはあった方がいいでしょう。しかし根本的には、中核社員に無限定に転勤をさせる今の働き方が夫の単身赴任を促し、結果的にワンオペ育児を増やしています。仕事を辞めて夫の赴任について行ったり、2人目の子どもをあきらめたりする女性も少なくありません。

 つまり、今の働かせ方のままでは、子どもを産むのも女性が活躍するのもなかなかに難しい、ということです。

 せめて子どもが幼いうちは、男性も女性も転勤しなくてもよい働き方を選びたいもの。そして、一時的に転勤や残業をしない働き方を選択した人がマミー(ダディー)トラックで塩漬けにされず、管理職や役員への昇進も可能な新しい仕組みに変えていくべきです。そのような「働き方改革」であってほしいと思います。


 「ワンオペ育児」という言葉。これもまた初めて聞く言葉です。

 「ワンオペ育児」とは、既婚者であるのに、実質一人で育児と仕事を両立させなければいけない状態の母親をさす言葉のようです。

この現状に子供を産みたいと思う若い世代はどんどん減って行くことは当たり前でしょう。

下の動画でも解説しましたが、育児とは共同でするものです。一人ではできないとしっかりと認識するべきです。

それが 「ワンオペ育児」という言葉ができるほど、一人で育児をしなければいけない状態に社会が構築されてしまいました。

社会環境、そして常識が変えられてしまったのです。

これらが強いられる原因は多々ありますが、一番の問題は「貧窮化」です。

単身赴任などで一緒に住めない父親は出稼ぎに行っているはずですが、その収入だけで母親と子供が生活ができなく、母親が働かなければいけないからおかしなことになっているのです。

ですから、「なぜ育児と仕事を両立させなければいけない社会になってしまったのか?」

つまり、「なぜここまで貧窮化しているのか」ということを考えなければいけません。

そして富だけでなく、自由・権利・時間・家族など、人としての幸福が奪われ、人としての最低限の生活が営めないのが現代社会です。

しかも大衆はそれに気づいていないという状況である現状は、大変な深刻な状態です。

奴隷が自身を奴隷と気づかず自由であると思い込み、総洗脳されている状態なのです。

そしてこれらは完全に人為的に意図的なコントロールがされているということを私は実際に起きている事件と合わせて、動画とブログで解説しています。

これらは自然現象であると思うならば、解決の糸口を見つけ出すことは難しい、しかしこれらが人の手によって彼らの都合で設計され、作られているということを露呈させれば、解決への光が見えてくるのです。


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

保育園落ちた

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8コンビニでがん検診不妊産後うつ

ご支援のお願い

「うつ伏せ寝は危険」という新常識を作り出し、保育義務化に向け、増園前の社会整備を進めています。 ~「うつぶせ寝禁止を」保育中の死亡事故相次ぎ

ws001032ws001033ws001034ws001035ws001036「うつぶせ寝禁止を」保育中の死亡事故相次ぎ…

テレビ朝日系(ANN) 9月12日(月)17時12分配信

 うつぶせ寝の禁止を徹底するよう遺族らが国に求めました。

 千葉県君津市と東京・板橋区の保育施設で、昼寝をしていた子どもが死亡する事故が相次ぎました。過去に保育施設の事故で我が子を亡くした遺族らがうつぶせ寝などの禁止を徹底するよう国に緊急で申し入れました。
 息子を亡くした父親:「うつぶせにしない、保育士を不在にしない、これを徹底すれば子どもの死を防げる」
 うつぶせ寝をさせないことなどを保育施設に周知徹底するよう求めた遺族らに対し、厚生労働省は「今後の検討の参考にしたい」としています。

最終更新:9月12日(月)21時53分

テレ朝 news


前回以下の記事を書きました。
こちらをまず最初にお読みください。

「うつぶせ寝で死亡してした」とされている子の死因は、「うつぶせ寝」ではありません。「うつ伏せ寝は危険」という新常識を敷設しようとしています。~「うつぶせ寝禁止を」保育中の死亡事故相次ぎ

それを踏まえ今回は、「うつ伏せ寝悪」の常識を社会敷設することが経営的に保育業界、そして社会にどうゆう影響を与えるかについての話をします。

貧窮化を進め、女性の労働を常識化することで、実質家庭から子供を奪い、保育園義務化を展望する支配者層にとって、「うつぶせ寝禁止」は都合がいい訴えです。

その展望には、今後保育園を増やすことが必要になってくるわけですが、今後行政が積極的に保育園を増やすならば、支配者層にとって意図しない経営者達が民間人の中から富んでしまいます。

しかし支配者層は、自分らにとって都合が良い人物の企業を大企業化させたいのです。

彼らの目指すNWOは建前としては自由経済であるが実質、完全に管理された形の社会主義なのです。

その為には、これから拡大する業種の中にどんどんルールを作り、傘下の企業は優遇し、他の企業はいつでも社会的制裁などの罰則を与えられる、完全にコントロール可能な状態にしたいわけです。

「ルールを作り、全企業がそのルールを破っている。」

その状態を作り出すことで、そのルールを破っている全企業の中から支配者層の都合で、一部企業に社会的制裁を加えるなどして、全体をコントロールして行こうという魂胆です。財務処理、個人情報流出(マイナンバー)、労働基準法などいい例です。

上記前回の記事で、「大衆統治の為に、人の普遍性の中にルールを作っていくのが常用手段」と言いましたが、それもそのルールは普遍性ですから、全員に適応され、そして必ず破られるわけです。だから取り締まる立場としては都合が良いのです。

そもそも生物の普遍性の中に禁止事項を作ってはいけないということは言うまでもありません。

この大衆への統治手法と同じことの企業下へのルール作りでも行われているということです。

現在保育園を作るには認可が厳しいと言われていますが、今後増園するためには設営のルールの緩和を打ち出す時期が必ず来ます。

下ブログで扱った記事でも保育業者が保育所設営の規制を緩めろと言っています。

<待機児童問題>問題は保育園が少ないことのではなく、女性が労働力にされていることです。

しかしその規制を緩める前段階として、様々なルールを作り出しておくことで、完全にコントロール可能な、業界に対する社会整備が必要なのです。

「拡大する業種には、あらかじめ様々なルールを差し込んでおく。」、「罰則を盛り込んでおく。」という整備が業界の拡大前に必要なのです。

それは、「軽井沢スキーバス転落事故」でも全く同じ骨子が見られました。

2015年までの運行業は新規参入が後を絶たないほど旨みがある業種だったがしかし、2020年東京オリンピック特需の前に運行会社のルールを強化することで企業のNWO化がなされました。それが2016年1月に「軽井沢スキーバス転落事故」が行われた理由です。

軽井沢バス転落事故を起こした目的はこれでした。~違反バス、罰金1億円に=軽井沢事故受け罰則強化―国交省

支配者層戦略として、これから伸ばす業界にはルールを強化していく必要があるのです。

全ての企業をコントロール下に置くために、誰でも、どの企業でも処罰できる環境を作る必要があります。

それがどんどんルールを作り、罰則強化している理由です。

そして業種の中のルールだけでなく、その業種という垣根を超えた企業全体へのルールが、財務処理であり、個人情報流出であり、マイナンバー制度です。

これらを利用し、行政とマスコミが一体となることで、どの企業でもに社会的制裁を加えることができます。

そして昨今立ち上げられた「働き方改革実現推進室」なるものもその目的は同じです。
企業全体のNWO化が目的であると以下の記事で言いました。

<内閣官房 働き方改革実現推進室>労働環境改善を謳い、ルールを強化することで中小を潰す「企業のNWO化」が目的。~首相「モーレツ社員否定の日本に」 働き方改革に意欲

今回の「うつぶせ寝禁止」の流れは、その業種を細分化した「保育業界」への規制の新設を目的としています。

それらは企業努力で回避できるなんてことはありません。どんなに血のにじむような企業努力と経費をかけても、いとも簡単に工作されます。向こうは、司法警察マスコミ行政を牛耳っているのです。

そのようして支配者層にとって都合の悪い企業は自然を装い潰されていくのです。

今回のように「うつ伏せ禁止」として、罰則などのルールを作れば、支配者層都合で、どの保育所も簡単に縛り上げることができるようになります。

それは子供を死の危険から守るなんてことと一切関係のない目的をもってなされているのです。

本来自由であることの中にルールを作り、罰則を作っていく。

それがいかにも正しいことかのように装う、行政やマスコミに我々は決し騙されてはいけません。

それは未来の人々の首に鎖を付けることを容認しているということです。


うつぶせで突然死 我が子なぜ死んだ、認定まで6年半

朝日新聞デジタル 編集委員・大久保真紀

2016年8月28日09時03分

■小さないのち ある日突然

 福島県在住の津久井利広さん(45)、れいさん(36)夫妻の長女りのちゃんが亡くなったのは10年1月8日。郡山市の認可外保育園に預けて3日目だった。「心肺停止で病院に運ばれた」。園からの連絡で駆けつけたが、そのまま、1歳と8日の生涯を閉じた。

 死因は「乳幼児突然死症候群(SIDS)の疑い」と告げられた。朝まであんなに元気だったのに、なぜ。娘がうつぶせ状態だったこと以外、警察に聞いても、保育園に聞いてもよくわからなかった。

 夫妻は夜、保育園を訪ね、勤務を終えた第一発見者の保育士に尋ねた。「本当のことを話して」。昼食中に泣き出した娘は、うつぶせでバスタオルや毛布を頭からかけられるなどして約40分放置されていた、と聞いた。

 死因は二転三転した。死亡診断…


 

 東京都は12日、中央区にある認可外保育施設「キッズスクウェア日本橋室町」で3月、うつぶせで寝ていた1歳2カ月の男児が死亡していたことを明らかにした。都は、立ち入り調査の結果、安全対策が不十分だったとして、運営会社のアルファコーポレーション(京都市)に改善策を示すよう文書で指導した。

0~3歳児14人が死亡=15年、保育施設などで-政府まとめ

 施設は、七つの企業が従業員向けに共同で設置した事業所内保育施設。都によると、3月11日午後2時ごろ男児が呼吸をしていないのを施設職員が発見。その後、救急搬送先の病院で死亡が確認された。男児は昼寝時間に泣くという理由で、他の子どもとは別の部屋に移され、約2時間半にわたってうつぶせ状態で寝かされていたという。
 当時、施設には子ども20人に対して、保育士4人を含む職員6人が勤務しており、都の認可外保育施設の基準は満たしていた。都は、男児を長時間、うつぶせのまま放置していたことなどが国や都の指針に反すると判断し、行政指導を行った。(2016/04/12-22:03 時事ドットコムニュース


 

ws001047ws001048ws001049ws001050ws001044 ws001045 ws001046


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️保育園落ちた

産後うつ部活動自粛 2

ご支援のお願い