カテゴリー別アーカイブ: 自衛隊

【辺野古移転】菅官房長官「目に見える成果によって、沖縄県民の理解を得たい」

WS002262

移設に向けた作業続く中 初会談、政府側の狙いは

 今回の会談、政府側の狙いはどこにあったのでしょうか。川西記者の報告です。

 菅官房長官と翁長知事の初めての会談は、アメリカ軍普天間基地の移設問題について平行線に終わりましたが、これはある意味では想定通りとも言えます。というのは、政府と沖縄双方の対立が、法廷闘争が現実味を帯びるほど深刻化しているためで、官邸筋は、「法律論の争いになっている以上、政治的な譲歩は不可能だ」と指摘します。

 政府としては今後、話し合いで物事を動かすというよりも、移設に向けた作業を粛々と進め、基地負担の軽減や、観光客の増加に伴う経済の発展などといった「目に見える成果」によって、沖縄県民の理解を得たいというのが基本姿勢のようです。

 「これから国と沖縄県が話し合いを進めていく第一歩になったというふうに思う」(菅義偉官房長官)

 菅長官はこのように語っていますが、今回の会談が「一応話し合いは行なった」とする政府側のアリバイ作りに過ぎなかったと判断されれば、沖縄側の反発は強まるだけとなります。(05日17:32)


予定通り、パフォーマンス、お仲間同士の菅・翁長会談お疲れ様でした。

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

で、政府の基本姿勢として 菅官房長官 「話し合いではなく(中略~)目に見える成果によって、沖縄県民の理解を得たい」

これは誰が聞いても、「沖縄に米軍基地が無いと困るようなテロ・紛争を起して、米軍基地の必要性をマッチポンプで偽装する」と、「体で必要性を教え込んでやる」と、受け取ってしまうのですが、計画があるのですね?

もちろん私は菅さんではなく、言わせている脚本家さんの上の、指揮系統に聞いているのです。

その計画も阻止させてもらいます。

【米軍普天間基地・辺野古移設問題】翁長・菅会談 ~翁長沖縄県知事は反対派勢力のガス抜き役であり、政府傀儡である

沖縄県知事で辺野古移設反対派の翁長は、反対派勢力のただのガス抜きの政府傀儡であると思っています。

2015/04/01 今回、「会談は無い」と言っていたのに急遽、数時間でひるがえして「調整」→「会談実現」したのも、反対派翁長を政府は無視できない!と翁長知事に花を持たせることで反対派のガス抜きの目的があるのでしょう

報道された時間にご注目ください ↓

04/01 16:22 WS002250 04/01 20:31WS002252わずが4時間で意見をひるがえす。これはシナリオでないとなせない技ですね。

この4時間の間になにか合ったのですか?何も無いです。

つまり、「一回面会はない」と言うことによって、面会の価値をあげようとしているのですね。 その価値は、「上京する翁長知事を政府はやはり無視できなかった。」という反対派への「期待」という名の「展開」を作ることによって、「ガス抜き」になるのです。

そして、面会が決まって即、翌日の朝一には【国と県の双方で意見は対立していて、お互いがそれぞれの立場を主張して終わりそうです。】と結果が報じられています。つまり、パフォーマンス。

お互いの役割がはっきりしているからこそこれだけマスコミが報じ、菅が会うことになったのです。 翁長がどうゆう動きをするか分からない状態でマスコミも政府も動くはずがありません。 お互いに了承を得ている証拠なのです。WS002254

 

そして極めつけは。会談内容です。 下記動画をみてください おもしろいです。


WS002259WS002260 WS002256

菅長官と翁長知事が初会談、辺野古移設 主張は平行線

 沖縄を訪問した菅官房長官は5日、翁長知事と初めて会談しましたが、焦点のアメリカ軍普天間基地の移設問題について両者の主張は平行線をたどりました。

 「辺野古移設を断念することは普天間の固定化にもつながる。今、工事を粛々と進めているところ」(菅義偉官房長官)

 「上から目線の『粛々』という言葉を使えば使うほど、県民の心は離れて、怒りは増幅をしていくのではないか」(沖縄県 翁長雄志知事)

 会談の冒頭、菅長官は、沖縄の基地負担軽減策や経済の振興策について説明した上で、普天間基地の危険除去のためには名護市辺野古沖への基地移設が唯一の解決策であるとして理解を求めました。

 これに対して翁長知事は、「沖縄は自ら基地を提供したことはない」「辺野古の新基地は絶対に建設することはできないと確信している」などと反論しました。

 さらに、翁長知事は安倍総理との会談を求めましたが、菅長官は、「沖縄の考えを聞く中で進めていきたい」と述べるにとどめ、両者の会談は平行線に終わりました。

 「きょうは平行線でありましたけど、私の言いたいことは申し上げましたし、いずれにしろ意見の言い合いをしましたから、沖縄の主張としては話しやすくなったかなと思う」(沖縄県 翁長雄志知事)

 会談後、翁長知事はこのように述べ、平行線ながらも、はじめの一歩として評価しました。
(05日17:11)


 

当初04/02から決まっていた予定通り平行線です。

そして注目すべきは、上記記事の赤文字です

 「辺野古移設を断念することは普天間の固定化にもつながる。今、工事を粛々と進めているところ」(菅義偉官房長官)

 「上から目線の『粛々』という言葉を使えば使うほど、県民の心は離れて、怒りは増幅をしていくのではないか」(沖縄県 翁長雄志知事)]

この会談を見て思うことは、「お二人とも何を読んでいるのですか?」ということです

「なにを読んでいるのですか? その紙はなに? そのシナリオは誰が作ったのですか?」

そして「粛々」と言う言葉を、菅が使うことをなぜ翁長は分かっていたのですか?

全力で読んでいることが確認できます。

これは明らかにシナリオライターのミスですね。分かりやす過ぎます。

もう一度動画を見てください。 意見が対立しているもの同志。 おっと失礼、、同士の会談ですから、予定調和はありえないはずですが、なぜ「上から目線の『粛々』という言葉を使えば使うほど・・・」と読んでいるのですか?

何度でもこの二人のやり取りを見てください。

意見が対立しあう敵同士なら、もっと激しく議論を繰り広げるべきです。

相手の出方をなぜ敵同士が知っているのですか???

法的に処置を取ると敵意をむき出しにしている者同士なのですよ?

WS001982

 

そして会見の後に翁長は・・・


攻めた翁長氏「政治の堕落ではないか」 菅長官と応酬

朝日新聞デジタル 4月6日(月)7時31分配信

 ようやく実現した菅義偉官房長官と沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事による5日の会談は、厳しい空気に包まれた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設への理解を求める菅氏に、翁長氏は口を極めて反論。辺野古移設をめぐる対立は収まりそうにない。

 「30分で、何か言い尽くしたような感じがしました」。那覇市のホテルでの会談後、翁長氏は満足そうに報道陣に語った。

 事務方も同席しない2人きりの会談は1時間。冒頭から10分間程度を報道陣に公開する予定だったが、菅氏、翁長氏の順に約15分ずつ持論を述べ、30分余りが公開された。

 翁長氏は辺野古移設を「唯一の解決策」とする菅氏に徹底的に反論した。

 菅氏が辺野古移設の根拠とした「普天間の危険性の除去」については、「普天間も含めて基地は全て強制接収された。普天間は危険だから、危険除去のために沖縄が(辺野古で)負担しろと。こういう話がされること自体が、日本の政治の堕落ではないか」。70年前の沖縄戦で奪われた土地を返してもらうために、なぜ沖縄が基地を提供するのか、と問いかけた。

朝日新聞社


 なにを満足しているの?
平行線で移転中止への実現は一歩も進まなかったのでしょう?
言い尽くした? 何を言っているの? 目的は、紙を読むことではないはずです。

はい。

わたしは沖縄県知事翁長はただの傀儡、自公と同じようにただのプロレスごっこをしているに過ぎないと見ています。

翁長は、元自民党公認の政治家だったようですね。その後、プロレスラー(出来レース工作員・敵役)に転向です。WS002248 WS002249

この知事は沖縄県民を、いや日本人を守る気が一切無い。
知事としての権限を全く国民のために行使していません!

本当に辺野古建設反対なら、反対している沖縄県民の活動をしやすくし、辺野古で戦っている沖縄県民・活動家をまず第一に守る対策をとれ!

沖縄県民への弾圧、暴力の一切許すな!
断固たる処置を取れ!

「沖縄県民の命=自分の命」と同等に扱う姿を見せよ!

なぜそのような自身の方針と同じ同志である市民活動達を守り、知事の権限のすべてを駆使して市民活動家以上に命を張らないのか! リーダーだろうが!

沖縄県知事翁長はリーダーの資質なし! 政府傀儡である!

沖縄県民、いや日本人の皆さん、沖縄県知事翁長にだまされてはいけません。

上記をしていないことを、見過ごしては決していけません。

逸品! ↓


翁長上京陳情猿芝居劇場開幕

>沖縄知事、2日にも上京 担当相らとの会談を調整

尻尾を振りに行く訳かw
基地移設反対の猿芝居も、これだけ県民に見せとけばもうよかろうって訳ねw

上京より先に、県知事として県民に対して憲法99条違反の暴力を揮った海上保安官を、県警に指示して県民のビデオに映った全員を特別公務員暴行凌虐致傷と特別公務員職権濫用強盗罪で逮捕させる方が先だろ、沖縄県知事さんとやら?
それすらやらないで何をしに行くのか東京まで?

 

>ヤフーニュースでは知事を非難するコメント
>nishiizuさん2015/04/04 20:08
richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_26.html#comment

これはアメリカが普天間の土地を返還したんだから辺野古受け入れも已む無しという翁長知事の最初からの猿芝居だよ。

だって翁長知事も8時ちょうどに当確速報がでた不正選挙当選知事だから、当然こいつもフリーメーソン偽日本政府憲法違反公僕だね。辺野古反対陳情など沖縄の主権者国民を騙すためのただのガス抜きですよ。

 

辺野古移設を止めたければ沖縄県民に憲法違反の暴力を揮っている海上保安庁を知事命令で沖縄県警に逮捕させればすぐに止めることが出来る。その程度の沖縄自治も出来ないでバカ政府を相手にやっても無駄な「陳情」猿芝居をだらだらつづけているのがこいつのユダ金スパイ正体をさらけだしているね。


 

翁長知事は「辺野古の人たち」を見殺しにするのか

2015年01月17日 | 沖縄

 前回の「日記」で、沖縄県の翁長雄志知事の「姿勢を問う」と書きましたが、その後の事態と翁長氏の言動を見れば、「問う」という段階ではすでになくなってきていると痛感せざるをえません。
 言い直します。翁長知事は辺野古で安倍政権の暴挙とたたかっている人たちを見殺しにするつもりなのか! 翁長氏の姿勢・責任を問わねばならないこの間の言動を、3つ挙げます。

 
 ①翁長知事はなぜ県警の暴挙を止めないのか 辺野古のキャンプシュワブゲート前では、政府の工事再開強行に反対する市民を沖縄県警が強制排除する事態が続いています。すでにけが人も出る事態になっています(写真右)。
 なのになぜ翁長氏は指をくわえて傍観しているのか。なぜ県警の暴挙をやめさせないのか。県知事にはその権限があるのです。 警察法は、「都道府県知事の所轄の下に、都道府県公安委員会を置く」(第38条)とし、「都道府県公安委員会は、都道府県警察を管理する」(同上第3項)と明記しています。県警本部長の「懲戒又は罷免」についても、県公安委員会は国家公安委員会に対し、「必要な勧告をすることができる」(第50条第2項)のです。そしてその県公安委員は、「知事が任命」(第39条)するのです。 つまり県知事は県公安委員会を通じて、県警を管理し、県警本部長を辞めさせることもできるのです。翁長氏はなぜこの権限を行使しないのか。というより、いま辺野古で県警が行っている暴挙の最高責任は翁長知事自身にあるのです。
 いやしくも市民の支持で当選した知事なら、市民(しかも自分の選挙の強力な支持者たち)の生命・安全を守るのは最低の義務・責任ではないでしょうか。

 ②翁長知事はなぜ政府の工事再開に厳しく抗議し、「承認取り消し・撤回」を含め「新基地建設反対」を強く表明しないのか

 政府による15日の工事再開強行に対し、翁長氏はこう言いました。
 「大変残念だ。もうちょっと意見交換をする中からこういったことは考えてもらいたい」(琉球新報16日付)
 「残念だ」「考えてもらいたい」とはどういうことでしょうか。「言語道断、県民無視の工事再開は直ちに中止せよ」となぜ言えないのでしょうか。

 翁長氏の弱腰、というより理解不能なほどの政府への迎合姿勢はこの日だけではありません。

 12月26日の山口俊一沖縄担当相との会談で、辺野古のへの字も口にしなかったことは前回書きました。
 その後3度目の上京の今月14日、翁長氏は杉田和博官房副長官と会談した際、「『・・・辺野古新基地は造らせないと公約して当選した私の立場もご理解いただきたい』と伝えた」(琉球新報15日付)と報じられました。なんという卑屈な態度でしょう。

 ところがさらに驚いたことに、翌15日の記者会見で菅義偉官房長官は、「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する意向を伝えたとの翁長氏の説明を否定した。『米軍基地問題について具体的な話はなかったと報告を受けている』と述べた。・・・『あくまで(翁長氏の)就任あいさつだ』と強調した」(琉球新報16日付)。
 これに対し翁長氏は、「話はした。報道でニュアンスが違うところはあったが、話をしないわけがない」(琉球新報、同)と、報道のせいにして釈明しました。

 この問題の真相は17日の沖縄タイムスでどうやら判明しました。
 「翁長氏は官房長官の受け止めが異なることについて『反対だと強い意味では(伝えては)ない』とし、『振興策などのお礼も兼ねて、私が基地問題を訴えて当選した。ご理解よろしく』とあらためて説明。10分間の会談時間も挙げ『あの時間では公約を掲げて当選したという以上の時間はなかった』と時間の制約で強く訴えられなかったとした」

 強いも弱いもありません。要するに翁長氏は杉田官房副長官に「辺野古新基地建設反対」と面と向かっては言わなかったのです。
 「時間がなかった」というのはいまや翁長氏の常套句ですが、「辺野古新基地建設には断固反対」「工事再開は絶対許さない」と言うのにいったい何秒かかるというのでしょうか。

 さらに翁長氏は16日、なんと4度上京し、山口担当相と再会談しましたが、ここでは異論の出る余地もなく、辺野古のへの字も口にしませんでした。そもそも「10分間の会談」で政府に「予算の感謝」を伝えるために上京する必要がどこにあるのでしょう。その費用はいうまでもなく県民の税金なのです。

 基地問題に言及しなかった「理由」を聞いて、唖然としました。
 「翁長雄志知事は・・・基地関連では言及しなかった。翁長氏は会談後、『所要額を確保していただいたことに心から感謝を申し上げた』と説明。・・・会談で名護市辺野古の海上作業再開に触れなかったことについては『(会談の)要件が決まっている場合は話さない。10分間の会談で、帰り際に言うことは失礼だ』と述べた」(沖縄タイムス17日付)

 目を疑いました。「失礼だ」?!暴挙を働いている政府の担当相に抗議するのが「失礼」?!いたい何を考えているのでしょうか。辺野古でたたかっている人たちのことが少しでも頭にあれば、こんな言葉は出てこない(考えもしない)はずではないでしょうか。

 ③「検証チーム」発足でも工事中止を要求しないつもりなのか

 翁長氏が公約した「検証チーム」が19日やっと発足するといわれています。
 沖縄県議会与党の代表は15日上京し、日本政府や米大使館に新基地建設反対を申し入れました。その中で、「県議らは辺野古の海上作業再開について抗議し、翁長雄志知事が今後取り組む埋め立て承認の検証作業が終了するまでの作業中止」を求めました(琉球新報16日付)。当然の要求です。

 ところが翁長氏は同日、「検証チームの作業が終了するまで作業を見合わせるよう求めるかについては『チームの立ち上げを踏まえてこれから議論し、判断したい』と述べるにとどめた」(琉球新報、同)。
 いったい何を「判断」するというのでしょうか。何のための「検証」なのか。県議会与党が要求したように、少なくとも「検証中」は政府に工事中止を強く求めるのは当然です。翁長氏はなぜそう言えないのでしょうか。

 翁長氏は政府に顔を向けて水面下で談合するのではなく、きっぱりと市民・県民の側に立って安倍政権の暴挙とたたかうべきです。
 そして選挙で翁長氏を擁立・支援した人たち、会派も、1日も早く「翁長タブー」を捨て、翁長氏の理不尽な言動を批判し、姿勢を正させるべきではないでしょうか。


仲がいいね ↓ 笑顔WS002247

沖縄県民を守れよ!
市民活動の安全を確保しろよ!
知事の権限をフルで活用しろよ!
傀儡知事!

辺野古に基地を作っても普天間は返還されない? ~普天間基地の5年以内の運用停止は、口約束

maxresdefault d6d7838a 8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b4 21a8297444aef06510e742981aa590ceph201100210-1f2170_1_1PN2014041901001522.-.-.CI000320150223061509sdfsfPqDhnQPNsf96Li02YhDVJz03VUK6gQm2

自衛隊関係の不祥事ニュースが続いています ~護衛艦で勤務中にわいせつ行為

050609-N-5384B-006<海上自衛隊>護衛艦で勤務中にわいせつ行為、懲戒処分

毎日新聞 2月19日(木)13時43分配信

 海上自衛隊大湊総監部(青森県むつ市)は19日、航行中の護衛艦内での勤務中に、非番の女性隊員とわいせつな行為をしたとして、護衛艦「まきなみ」所属の20代の男性海士長を停職8日の懲戒処分とした。

 総監部によると、海士長は昨年12月14日午後8時ごろに持ち場を離れ、女性隊員とわいせつな行為をしていたのを上司に見つかった。本来は別の部屋で機器の管理・監視をしてるはずだった。聞き取りに対し、男女とも「同意の上だった」と答えているという。

 同総監部は女性も懲戒処分としたが、非番を理由に処分内容を公表していない。「まきなみ」艦長の小野修司2等海佐は「服務規律違反は誠に遺憾。隊員の身上把握を含め指導を徹底し、再発防止に努める」とのコメントを出した。【佐藤裕太】


この自衛隊関係の記事も、田母神政治資金使途不明金騒動と時期を同じくしていて、偶然にしてはタイミングが良すぎます
田母神氏の事務所スタッフが政治資金を私的流用? この問題まさか、あれに関係してないよね?WS001286

マスコミ報道は目的があって、報じられています。

このような不祥事がタイミングよく今回合った為、報道されているわけではありません

毎日膨大な数ある事象から、ある目的の為にピックアップして報道してるのです
今回の記事のような問題は大小に関わらずに今までたくさんあったはずです

これらを今、報じなければいけない目的があるはずです

上記さゆ記事で若干予測を立てましたが、まだ確信を持てる目的を洗い出せずにいます
今後も自衛隊関係の不祥事報道をすることで、自衛隊関係者への圧力が続くのかもしれません

そしてそれは安倍を牛耳るシオニスト達の目論見と大きく関係します
現在の現代情勢の中の自衛隊関連のバッシング報道は注視に値するのです

なぜなら集団的自衛権行使容認し、自衛隊派遣恒久法案を通し、実際危険にいち早く近づくのは自衛隊員なんですから 彼らの動きが大変重要です

しばらく自衛隊関係のニュースを漏らさないようにしましょう

情報お待ちしています