カテゴリー別アーカイブ: 飛行機

朝日テレビ「総理官邸墜落ドローンでっち上げ事件」の目的をフライング報道

WS002519官邸空に警備の盲点 急がれる対応 ドローン落下(04/22 13:02)

 東京・千代田区の総理官邸に無人の小型ヘリコプター「ドローン」が落下しているのが見つかりました。総理官邸前から報告です。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 総理官邸は地上5階建ての低めの建物となっています。周りは千代田区、港区のオフィスビルのような高いビルに囲まれています。総理官邸の屋上は普段、ヘリポートとして使われることもありますが、今は数十人の官邸の職員などが現場で確認作業にあたっているということです。午後0時25分に総理官邸が発表した情報です。官邸の屋上にドローンとみられるものがあるということを、午前10時27分に職員が発見したということです。そして、警察に通報したのが午前10時40分だということです。その後、確認作業が行われていますが、今もブルーシートとともに数十人の職員、捜査員の姿を見ることができます。ただ、ブルーシートは、午前11時半すぎあたりには今ある場所とは離れた別の場所にありました。恐らくそこが“墜落”した現場ではないかと思われます。総理官邸の政府高官に話を聞いたところ、「今のところ、どこから来たのか分からない。危険性についても鑑識で調べている」と話していました。いずれにしても、総理官邸は、自動車や徒歩で入る際には警備が厳重で入るのは非常に難しいのですが、今回、空から侵入できたということは、今後、何らかの対応が必要になるのかもしれません。WS002516

空に警備の盲点 急がれる対応

空から侵入できたということは、今後、何らかの対応が必要になるのかもしれません。

何かしらの対応。

はい。ドローン規制です。

このでっち上げ事件の目的をわかりやすく教えてくれています。

で、もしかして犯人をま・た・精神疾患患者にするつもりですか?WS002174WS001726

 

で、この事件の目的をフライング報道しちゃったんで、また削除ですか?WS002518 WS002517

【総理官邸にドローン】FNN「目撃者なし」ANN「当社記者が、午前11時過ぎころに黒い影が行ったり来たりするのを目撃」

官邸墜落「ドローン」から放射線  搭載の容器には“放射能マーク” ~なにが入っているか分からない容器を取り囲む捜査員。

【総理官邸ドローン】午前10時27分に職員が発見。警察に通報したのが午前10時40分。しかしテレ朝の記者が11時半にもドローンを目撃

「総理官邸ドローン」から放射線。危険な液体が入っているかどうかは分かっていないのに、ドローンに群がる捜査員の写真集

 

「総理官邸ドローン」から放射線。危険な液体が入っているかどうかは分かっていないのに、ドローンに群がる捜査員の写真集

WS002498WS002513 WS002514 WS002515 WS002509 WS002510 WS002511 WS002512WS002506WS002505WS002504WS002508WS002507搭載の容器には“放射能マーク”が… ドローン落下(04/22 13:40)

 東京・千代田区の総理官邸に、小型の無人ヘリコプター「ドローン」が落下しているのが見つかりました。警視庁クラブから最新情報です。

 (社会部・河本健太記者報告)
 22日午前10時半ごろ、総理官邸の屋上にドローンが落下しているのを職員が見つけました。警視庁によりますと、ドローンは直径50cmほどの大きさで、4枚のプロペラで飛行するタイプのものでした。カメラが付いていたほか、プラスチック製の容器も積んでいました。この容器は放射能を示すマークが付いていましたが、小豆色で中が見えないため、危険な液体が入っているかどうかは分かっていません。このため、警視庁はドローンを千代田区内の警視庁の施設に移し、ドローンの性能や落下の経緯を調べるということです。また、警視庁は、警察庁と協議のうえ、総理官邸周辺の空中の警戒について早急に対策を取るということです。


官邸墜落「ドローン」から放射線

産経新聞 4月22日(水)14時16分配信

 首相官邸の屋上ヘリポートで発見された小型の無人飛行機「ドローン」から、微量の放射線が測定されたことが分かった。警視庁は詳しく調べる。


【総理官邸ドローン】午前10時27分に職員が発見。警察に通報したのが午前10時40分。しかしテレ朝の記者が11時半にもドローンを目撃

WS002491-0官邸、空に警備の盲点 急がれる対応 ドローン落下(04/22 13:02)

 東京・千代田区の総理官邸に無人の小型ヘリコプター「ドローン」が落下しているのが見つかりました。総理官邸前から報告です。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 総理官邸は地上5階建ての低めの建物となっています。周りは千代田区、港区のオフィスビルのような高いビルに囲まれています。総理官邸の屋上は普段、ヘリポートとして使われることもありますが、今は数十人の官邸の職員などが現場で確認作業にあたっているということです。午後0時25分に総理官邸が発表した情報です。官邸の屋上にドローンとみられるものがあるということを、午前10時27分に職員が発見したということです。そして、警察に通報したのが午前10時40分だということです。その後、確認作業が行われていますが、今もブルーシートとともに数十人の職員、捜査員の姿を見ることができます。ただ、ブルーシートは、午前11時半すぎあたりには今ある場所とは離れた別の場所にありました。恐らくそこが“墜落”した現場ではないかと思われます。総理官邸の政府高官に話を聞いたところ、「今のところ、どこから来たのか分からない。危険性についても鑑識で調べている」と話していました。いずれにしても、総理官邸は、自動車や徒歩で入る際には警備が厳重で入るのは非常に難しいのですが、今回、空から侵入できたということは、今後、何らかの対応が必要になるのかもしれません。


 

午前10時27分に職員が発見。警察に通報したのが午前10時40分 しかしテレ朝の記者が11時半にドローンを目撃。

あれ?時間が合いませんね。

まさかドローンを総理官邸の屋上に設置する前に、通報したんですか?

で、通報した後にドローンを飛ばして設置?w

そして何が入っている分からない放射能マークがついた、小豆色のペットボトルがあるにも関わらずに、捜査員が何十人も寄ってたかってビニールシート?

危険物質かもしれないのによくこんなにも群がれますねWS002486

そして職員が通報してから一時間も立たずにもうテレ朝の記者が総理官邸に居たんですね。

でっち上げ事件丸出しですね。

ANNさん。削除しても遅いですよ 証拠は抑えてありますから ↓ URL一致していますよ。WS002493WS002495

官邸墜落「ドローン」から放射線  搭載の容器には“放射能マーク” ~なにが入っているか分からない容器を取り囲む捜査員。

【総理官邸にドローン】FNN「目撃者なし」ANN「当社記者が、午前11時過ぎころに黒い影が行ったり来たりするのを目撃」

官邸墜落「ドローン」から放射線  搭載の容器には“放射能マーク” ~なにが入っているか分からない容器を取り囲む捜査員。

WS002496

搭載の容器には“放射能マーク”が… ドローン落下(04/22 13:40)

 東京・千代田区の総理官邸に、小型の無人ヘリコプター「ドローン」が落下しているのが見つかりました。警視庁クラブから最新情報です。

 (社会部・河本健太記者報告)
 22日午前10時半ごろ、総理官邸の屋上にドローンが落下しているのを職員が見つけました。警視庁によりますと、ドローンは直径50cmほどの大きさで、4枚のプロペラで飛行するタイプのものでした。カメラが付いていたほか、プラスチック製の容器も積んでいました。この容器は放射能を示すマークが付いていましたが、小豆色で中が見えないため、危険な液体が入っているかどうかは分かっていません。このため、警視庁はドローンを千代田区内の警視庁の施設に移し、ドローンの性能や落下の経緯を調べるということです。また、警視庁は、警察庁と協議のうえ、総理官邸周辺の空中の警戒について早急に対策を取るということです。


官邸墜落「ドローン」から放射線

産経新聞 4月22日(水)14時16分配信

 首相官邸の屋上ヘリポートで発見された小型の無人飛行機「ドローン」から、微量の放射線が測定されたことが分かった。警視庁は詳しく調べる。


放射能を示すマークが付いていましたが、小豆色で中が見えないため、危険な液体が入っているかどうかは分かっていません。

どんな危険なものが入っているのか分からないにもかかわらず、なぜこんなに多くの人が取り囲んでるんですか?WS002498
安全であることが分かっているからできる行動としか思えませんね。
つまり、でっち上げ事件だからとしか思えません。

そしてなぜ最初はダンボールのようなものが被せてあったのでしょうか?
ドローンを隠す理由も分かりません。

ドローンも少年法適用されるのでしょうか?wra2015030601_50WS002503
WS002484WS002501WS002502




【総理官邸にドローン】FNN「目撃者なし」ANN「当社記者が、午前11時過ぎころに黒い影が行ったり来たりするのを目撃」

WS002492小型カメラや発煙筒などがついたドローンが首相官邸に落下

04/22 14:03

東京・千代田区の首相官邸に、小型無人機(ドローン)が落ちているのが見つかった。
警視庁によると、22日午前10時27分、千代田区永田町の首相官邸の屋上ヘリポートに、ドローンが落ちているのを官邸の職員が見つけ、10時40分ごろに麹町警察署に通報した。
警察官がかけつけたところ、直径50cmぐらい、プロペラが4つついていて、小型カメラと発炎筒、液体が入ったペットボトルがついていたという。
警視庁は、落下についての目撃者がいないか探しているが、今のところ、空を飛んでいたのを見た人はいないという。


FNN「今のところ目撃者なし?」

ANNの記者が、午前11時過ぎころに黒い影、行ったり来たりするのを目撃したとANNで報道されていますが?

WS002490WS002491

で、その動画はもう消されています ↓WS002495 ↑ URL同じでしょ? ↓

WS002493
目撃者が居たら困るんですか?

でっち上げ事件に決まってますからね。

こいつらの誰かが飛ばしていただけですか? ↓WS002486
フランス・アメリカ・日本で総理官邸に立て続けにドローンですか。

オバマ大統領、ホワイトハウスへの墜落受けドローンの規制呼びかけ #ドローン

WS002494

ドローン規制の為の、でっち上げ事件。分かりやすすぎですね。

みんなきづいてますよ。さゆふらっとまうんどの言っている通りだって。

警視庁、首相官邸にドローンが落下したのを確認

WS002485 WS002484


 

首相官邸屋上に「ドローン」…カメラや発煙筒も

読売新聞 4月22日(水)11時53分配信

 22日午前10時30分頃、東京都千代田区の首相官邸の屋上ヘリポートで、小型無人ヘリコプター「ドローン」とみられる機器が落下しているのを官邸職員が発見した。

 警視庁麹町署は、飛行中のドローンが落下した可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。

 同庁によると、機器は直径約50センチ。プロペラがついており、小型カメラが搭載されていたほか、発煙筒のようなものもついていた。空中から落下したとみられ、けが人などはないという。

最終更新:4月22日(水)11時57分

読売新聞


<首相官邸>屋上に「ドローン」落下

毎日新聞 4月22日(水)12時5分配信

 22日午前9時半ごろ、東京都千代田区の首相官邸の屋上に小型無人飛行機「ドローン」が落ちているのを官邸職員が発見し、警視庁麹町署に通報した。

【写真特集】現場は捜査員多数でものものしい雰囲気

 同署によると、ドローンは直径約50センチで、四つのプロペラと小型カメラがついていた。けが人はなかった。犯行声明などは見つかっておらず、同署が詳しい状況を調べている。安倍晋三首相はインドネシアを訪問中。【松本惇】


ドローン規制のためのでっち上げ事件に期待しています。

まさかこれだけじゃないですよね?

アメリカとやってることリンクしてますね。

2015年1月26日早朝、ホワイトハウスの敷地内で一機のクアッドコプターが墜落していた


ドローンを使ったテロの準備が着々と進められています。 ~日本初の「ドローン保険」発売

【茨城県廃棄物対策課】 不法投棄を「ドローン」で空から監視

長野県警はすでにドローンを捜査で使用していた。

またドローンのニュース。 キーワードは「母艦」「マッチポンプ」「不正選挙」です

2015年にドローンを使った事件が起こる!

ドローンの飛行を禁止にする動きが不正選挙追求阻止へ向けて早くも出てきています

 

アシアナ機 左右のエンジンは衝突前は正常であり、機長らの会話・操縦内容の解析に時間が掛かる。よって、遠隔操作事故

WS002475 WS002474アシアナ機 左右エンジン壊れ、機能喪失か(04/22 05:57)

 広島空港で起きたアシアナ航空機の着陸事故で、国の運輸安全委員会は、機体が無線設備に衝突した際に左右のエンジンが壊れ、機能を失った可能性があるという見解を示しました。

 事故機については、これまでに左のエンジンが大破したことが分かっていましたが、右のエンジンも大きく損傷していたことが運輸安全委員会の調査で新たに分かりました。機体が滑走路の手前の無線設備に衝突した時にエンジンが部品などを吸い込み、壊れたとみられています。これにより、機体の推進力が急激に落ちた可能性があるということです。一方で、運輸安全委員会は、コックピットでの機長らの会話や操縦の内容について「解析に時間が掛かる」として公表しませんでした。


 

機体が無線設備に衝突した際に左右のエンジンが壊れ、機能を失った

ということはこれ↓にぶつかる前はエンジンは正常だった と言っているのに等しい報道WS002479 WS002477 WS002478

そしてこれ↓だけ機体になんら損傷がないのにWS002476

コックピットでの機長らの会話や操縦の内容について「解析に時間が掛かる」として公表しません

機長ら「機体にトラブルはないのに、操縦がきかないぞ! 遠隔操作に切り替わっている! 」

って会話が録音されていたりして。

機体がバラバラになったドイツ機で解析がすぐできて、コックピットが生きていたアシアナ機でなぜ解析できないんだ!WS002149

そしてなぜこの事故機の機長らが一切メディアに出てこないんですかね?
ドイツ機副操縦士はあれだけ、バッシングされたのにね。WS002174

完全に「遠隔操作による、人為的事故」であることを否定できません。
むしろ「遠隔操作による、人為的事故」を肯定する内容の報道です。

よってこの報道は事故を起した勢力と拮抗している勢力、つまり天皇派優位の報道でしょう。
この事故の遠隔操作をしたのは教皇派であることが濃厚です。

世界中で起きている飛行機関係は大体が教皇派の利害で一致しているので、またかといったところです。

アシアナ航空162便着陸失敗事故 ~独機墜落と同じA320 遠隔操作された「魔の3分間」




アシアナ航空162便着陸失敗事故 ~独機墜落と同じA320 遠隔操作された「魔の3分間」

WS002344WS002345WS002346WS002347WS002348WS002349WS002350WS002351WS002352WS002353

WS002354


 

アシアナ航空162便着陸失敗事故ですが、また機材は、独機墜落と同じA320ですか。

また遠隔操作の可能性がありますね。

視界が悪くなっただの、積乱雲からの下降気流だ、パイロットのミスだ言っていますけど。

なぜ一切、遠隔操作については触れないのでしょうか?

視界が悪くなっただの、積乱雲からの下降気流だのは、世界中で毎日何千便もフライトしているわけですから日常茶飯事で起こることでしょうし、人為的ミスならもっとたくさん日常的に着陸失敗が起こるはずじゃないですか? なのに起こっていない。

つまりこれは人為的に遠隔操作で起された、韓国への攻撃であり、同時に日本へのけん制と見れるわけです

リビアで韓国大使館襲撃 「イスラム国」犯行声明 の次は飛行機事故というわけです。 大事故にしないのは猶予なのでしょう。

これは、韓国が中国と仲良くしだしたことへのけん制であり、日米韓外務次官級協議 初開催の前に起すことで、韓国は、AIIBに加盟しない日本と仲良くせよ。(中国ではなく)と、日本のように言うことを聞けとアメリカ国務省は言いたいのです。↓


WS002355WS002356
米副長官「日韓関係の改善を」日米韓外務次官級会談(04/17 10:32)

 日本・アメリカ・韓国の外務次官がワシントンで会談し、東アジアの安定のために緊密に連携する方針を確認しました。アメリカ国務省のブリンケン副長官は、日本と韓国に対して関係の改善を促しました。

 国務省・ブリンケン副長官:「アメリカは、日本と韓国に可能な限り強固な関係を作るよう促している。なぜなら、それはアメリカにとっても重要な問題だからだ」
 会談では、北朝鮮の核ミサイル開発や中国がフィリピンと領有権を争う南シナ海で埋め立て工事などを進めている問題を協議し、緊密に連携していく方針を確認しました。外務省の斎木事務次官と韓国外務省の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官の個別会談では、歴史認識問題などについて意見が交わされました。斎木次官は日中韓首脳会談の早期実現を要請し、趙第1次官は「できるだけ早く首脳レベルの協議の場が持てるよう努力したい」と応じたということです。


WS002357 WS002358日米韓外務次官級協議 初開催

 アメリカ・ワシントンで16日、日本とアメリカ、韓国3か国の外務次官級協議が初めて行われ、北朝鮮の核問題などについて協力して対応することを確認しました。

 16日に行われた協議では、日本の斎木昭隆外務次官らが北朝鮮の核・ミサイル問題や中国の海洋進出などについて話し合い、3か国が協力して対応していくことを確認しました。

 アメリカの国務副長官と日韓の次官が集まるのは初めてで、今回の協議は、ブリンケン副長官が、関係が冷え込んだ日本と韓国に呼びかける形で行われたということです。

 「アメリカは、友好国に可能なかぎり強固な関係を築くよう呼びかけただけです」(アメリカ ブリンケン国務副長官)

 協議では歴史問題も話題に上ったということですが、斎木次官は日韓関係の改善について、「両国に責任があり、韓国と共に改善の努力を続けたい」と強調しました。(17日11:20)

ドローンを使ったテロの準備が着々と進められています。 ~日本初の「ドローン保険」発売

drone-491807_1280-680x453日本初の「ドローン保険」、東京海上が7月発売 産業利用が加速

withnews 4月13日(月)10時0分配信

 「ドローン」と呼ばれる小型無人ヘリの産業利用が、日本でもいよいよ本格化しそうです。東京海上日動火災保険は、産業用ドローンの故障や墜落のリスクをカバーする国内初の保険を7月に開始することを決めました。一方、カメラ搭載用のドローン製造で世界最大手の中国企業・DJI社は今月、10万円台の新型機を発表。日本の空の「ドローン時代」の幕開けが近づいています。

【動画】「迫力すげぇぇぇ!」「ドローンだと火山にこんな近づけんのか!」 ファントムが撮影した噴火口

999ドルの低価格ドローン

 DJIは今月8日(日本時間9日)、同社の空撮用ドローンシリーズの最新作「ファントム3」をニューヨーク、ミュンヘンなどで世界同時発表。フルHD動画対応の機種をわずか999ドルという低価格で打ち出しました。日本でも10万円台前半の価格設定になると見られ、一般ユーザーがより手軽に空撮を実現できそうです。

ドローンメーカーは成長株?

 ファントム3は、手元のリモコンで画面を見ながら、リアルタイムでの空撮が可能。通信が途絶えた時にはGPSで自動的に戻って来る機能や、空中での安定的なホバリング(飛びながらの静止)、20分以上持つバッテリーなど、低価格帯ながら高機能です。DJI社はこうしたドローンを次々と開発し、急成長。検索大手グーグルや電気自動車メーカーのテスラなどと並んで、米誌の「世界で最もイノベイティブな企業TOP10」にも選ばれています。

日本でも動画サイトへの投稿相次ぐ

 日本でもファントムシリーズや、仏メーカー「パロット」のドローンを使って、一部のマニアがすでに空撮を始めており、ユーチューブなどに動画が投稿されています。海外では、火山口など有人ヘリが近づけない場所の空撮映像が話題になっています。しかし、ドローンは墜落の危険性が低いもののゼロではなく、人が多い街中での撮影はあまり進んでいません。新聞社やテレビ局も積極利用を検討していますが、事故のリスクがつきまとっていました。

産業用ドローンの専門保険

 こうした中、保険大手の東京海上日動火災保険は、7月から「産業用無人ヘリコプター総合保険」の販売を開始します。ドローンが落下して人やモノが傷ついたり、機体が壊れたりした場合に保険金を支払います。また、機体の盗難や、行方不明時の捜索費用も保険対象に。

 同社広報は「これまで個別の企業ごとに“オーダーメイド”のこうした保険をつくることはありましたが、産業用ドローンを幅広く扱う保険は日本で初めてです」としています。

メガソーラーで実用化、警視庁も導入

 産業用のドローンは日本でも、実用化され始めています。

 綜合警備保障(ALSOK)は昨年10月から、大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の点検業務などにドローンを導入。茨城県や沖縄県の施設で、ソーラーパネルの点検をしています。大きな鳥の糞などがパネルに付くと発電効率が落ちるため、赤外線カメラを積んだドローンで巡回します。人手だと6時間かかる点検作業が、ドローンなら15分。同社は橋の点検業務などにもドローンを使えるよう、国土交通省などと実証実験を進めています。

 警視庁も昨年末、災害対策や警備機能を強化するためにドローンを導入。高度120メートル、半径300メートルまで飛行可能で、映像をリアルタイムで地上に送信します。2020年の東京五輪・パラリンピックでの使用も検討しています。

 政府は、ドローンが飛べる高さや使える無線の周波数、利用範囲などの法整備を検討しています。事故防止や盗撮などからのプライバシー保護、産業活用など様々な課題があるなか、今後の環境整備が進めばドローンを利用した様々な企業活動が生まれそうです。


ジャーナリストの後藤健二氏が誘拐保険に入っていたのは有名な話ですが、裏社会のでっち上げ事件のキャストの報酬として保険金が利用されるのはよくある話です。

掛け金日額10万円 後藤さん加入「誘拐保険」の保障内容とは?

カルトも殺人の対価として保険金から報酬が支払われるのは常套手段です。

カルトの保険金殺人については、リチャード・コシミズ著「リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界」で事細かに説明されています。

そして、保険会社自体も金融財閥の傘下にあり、それらは医療業界の疾患利益とも密接に関係して社会システムが構築されているわけです。

よって、今後ドローンの事件をでっち上げる上でその事件のコストパフォーマンスを最大限に増すためには保険金を絡ませることが必要なのでしょう。

つまり、ドローン保険は、「ドローン規制の為のでっち上げ事件、ドローンを使ったテロ」の準備であると言えるでしょう。

ドローンが落下して人やモノが傷ついたり、機体が壊れたりした場合に保険金を支払います。

私は当初から言っていますが、上記のような大事件を起して「一般人がドローンの使用をできない法整備をするのではないか?」と、私は予期しているのです。 ドローンの使用にあたり特別許可証や免許制度などの導入です。 それは他国では既にされているようです

そしてドローンを政府・役人主導でどんどん利用していくことで、自作自演の事件を起すための土台を作ろうとしています。

さぁ ここまで、リアルタイムにニュースを追われててドローンのでっち上げ事件が起こると煽りに煽られて、出来ますかねw

2015年にドローンを使った事件が起こる!

ドローンの飛行を禁止にする動きが不正選挙追求阻止へ向けて早くも出てきています

今は、まだ被害者が居ませんから不謹慎と言う人はさすがに居ないでしょうから、はっきりと言えますが、「ドローン規制の為のでっち上げ事件」を楽しみに待ちましょう。

裏社会と我々との勝負です。


情報感謝!

nishiizu

なんと、ドローン保険だそうです!
「日本初の「ドローン保険」、東京海上が7月発売 産業利用が加速」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150410-00000002-withnews-bus_all
忘れた頃にニュースになりますね。

成田空港にLCC専用の第3ターミナルが開業

WS002277 WS002273 WS002274 WS002275 WS002276 WS002272

成田空港にLCC専用の第3ターミナルが開業します。

04/08 01:58
8日、成田空港にLCC(格安航空会社)専用の第3ターミナルが開業します。
新しいターミナルは、国内の12都市を結ぶことになります。
成田空港といえば、国際線のイメージですが、今回乗り入れるLCCの多くが、国内線です。
格安航空の路線の拡大で、一気に利便性がアップしそうですが、懸念材料としては、成田空港と都心の距離があります。
羽田空港と比べても、金額、それから時間、およそ2倍かかってしまいます。
「変わる? 国内線の勢力図」を検証しました。8日から開業する成田空港の第3旅客ターミナル。
配管むき出しの天井に、金網の仕切りと、スタイリッシュなデザインが特徴的だが、実はある目的を突きつめた結果だった。
それは、コストダウン。
LCC5社が入居する新ターミナルは、低コストを重視している。
窓を少なくして、エアコン効率を向上させているほか、電光掲示板は設置せず、布の横断幕を使用。
さらにトイレの案内表示は、シールといった徹底ぶりだった。
建設コストは、既存のターミナルのおよそ40%。
コストダウンを進めることで、LCC各社が負担する施設使用料を低く抑えた新ターミナルだが、わたしたちの空の旅は、どう変わるのか。
東京駅から北海道の新千歳空港に向かう場合、成田空港を使うと、最も安い料金では、5,090円。
所要時間は、乗り換え時間を30分とすると、3時間15分。
ちなみに同様の条件で、羽田空港を使うと、料金は1万572円となり、成田空港を利用したケースのおよそ2倍になる。
しかし、時間は2時間43分で、およそ30分短くなる計算。
金額では、羽田空港に比べ、優位性をアピールしたものの、スピードでは課題が残る成田ルート。
所要時間を1分1秒でも短くという、努力も見られる。
所要時間およそ1時間、片道1,000円で、成田空港まで送り届けてくれる直行バス。
LCC専用の搭乗口は、大手航空会社の搭乗口より遠くに位置しているため、大きな荷物を持って、長い距離を移動しなければならない。
しかし、今回オープンする新ターミナルでは、その目の前に、バスを直接乗り入れすることで、移動距離を格段に減少させている。
さらに、これまで1時間におよそ2本だった運行本数を、50%増加させるなど、運行会社も利用客の増加を見据えて対応を始めている。
ビィー・トランセホールディングス株式会社事業企画部・内山仲史さんは「とにかく来ていただければ、いつでも乗れるというところを目指しています」と話した。
LCC自身も、自動チェックイン機の再利用を行うなど、細部まで徹底的にコストダウンされた新ターミナルは、果たして日本の空にどのような影響を与えるのか。かつては、国際線は成田、国内線は羽田ということだったが、2010年に、羽田空港に国際線ターミナルがオープンした。
大手の航空会社も、ビジネス客向けの路線を、成田から羽田に力を入れてきている。
2014年の羽田の国際線利用客は、1,000万人を突破している。
一方で、成田空港の国際線利用客は、依然として、2,965万人と多いが、伸び悩んでいるというのが現状。
今回の新ターミナル開業は、成田空港にとっても、LCCにとっても、プラスになるとみられる。
LCCは、今までだと、場所がやや不便な所にあったうえ、空港の施設の使用料も支払わなければならなかった。
ただ、LCC専用のターミナルになると、アクセスが良くなることに加え、一般の空港に比べて、施設の使用料が安く済むことにもなる。
今回の第3ターミナルの開業で、利用者にとって、選択肢が広がるとみられる。


事故の原因は、「安さと速さ」を追求した LCC(格安航空会社)が原因であると「企業に責任を押し付ける報道をマスコミがこぞってする」そのようなテロ事件が日本で行われる事を、飛行機テロが頻発している昨今、危惧しています。

NWOを目論む支配層にとっては、やりやすいでしょうね。 テロが。
速さの追求で検問も廃止されましたしね。
成田では「検問」廃止、イギリスでは「検問」復活。

しかし、私はスピードと安さの追求を否定しているわけではありません。
それらが原因での事故は、かなり低いところまでリスクを減らすことはできると思います。

ドイツ機墜落では、原因をLCCの低コストにある。つまり、「型落ちした機体の古さや、安さの為の経費削減」であることをマスコミは当初叩いていましたから、LCC関連でテロが起きても、みんながLCC特有の経費削減が原因での事故であると認識し、人為的なテロである疑わないためのすり込みであると感じたのです。