カテゴリー別アーカイブ: 電磁波

今後Bluetoothの使用が従来より8倍危険になります。~「Bluetooth 5」正式発表 4倍遠くに2倍速く、2017年初頭までにリリースへ

Bluetooth-s「Bluetooth 5」正式発表 4倍遠くに2倍速く、2017年初頭までにリリースへ

ITmedia ニュース 6月17日(金)12時33分配信

 

 Bluetooth SIG(Special Interest Group)は6月16日(現地時間)、「Bluetooth 5」規格を正式に発表した。2016年末から2017年初旬にリリースする計画だ。

 Bluetooth 5は短距離無線通信規格の最新版。現行バージョンと同じ消費電力で到達距離は4倍に、伝送速度は2倍になるとしている。

 通信範囲の拡大は、IoT(モノのインターネット)の住宅全体、ビル全体、屋外での利用を現実的なものにし、通信速度の向上はサービスにレスポンスの改善をもたらすとBluetooth SIGは説明する。

 さらに、ブロードキャストメッセージングの容量は8倍になり、ビーコンや位置情報関連サービスなどの、次世代の無線サービスの普及を加速させるという。

 Bluetooth SIGによると、現在Bluetooth採用製品は82億点使われているという。2020年までにIoT端末の3分の1以上でBluetoothが採用されるとみている。


>同じ消費電力で到達距離は4倍に、伝送速度は2倍になる

「Bluetooth 5」ではバッテリーの持ちは変わらずに、8倍強い電磁波が発されるようになるということです。

下の動画「PC周辺その2」の24:00あたりから、Bluetoothキーボードの電磁波を測定している所が見れますが、Bluetoothと言っても決して弱い電磁波でありませんでした。

製品のホットスポットは10mw/m2の電磁波が出ていました。
(100MHz~8GHzまで計測できるモードで計測)

>通信速度の向上はサービスにレスポンスの改善をもたらす

と言っていますが、「サービス・便利の向上」を謳い、大衆の不健康と不自由をこの世界に敷くことで、統治システム強固にしているのが支配者層の戦略になります。

「尿検査でがんを発見できる。」とするのと全く同じことです。

尿から癌を見つけ出すことで、受診率を向上させ早期発見で患者を作り上げ、統治しやすい社会環境に繋げる。

「簡単、便利、安価だから」、とその本質を見ないで使用したり、ましてや与えたり、進めたりしては我々は不幸の一途を辿ります。

今回のようにどんどん電磁波が強い製品を巷に設定していくという行為は、大衆を不健康するために人為的に行われているのです。

「Bluetoothの電波が弱くて困る」なんてことは一部の製品でしょう。現行のBluetoothを使用している製品は現在の電波の強さで十分不具合なく使用できているのです。

そしていずれは、現行のBluetoothより8倍危険である「Bluetooth 5」が現行の「不具合なく使用できている製品」にも使われるようになるでしょう。

製品の使用上において必要な最低限の電磁波の強さに抑えるのではなく、必要ない強い電磁波を発する製品を作り出しているからです。

それこそが「電磁波のまん延で不健康を作る。」という事が人為的に行われている証拠でしょう。

彼らは独自に大衆情報を収集しながら少しずつ大衆環境を変化させて、不健康な愚民を作り出しています。

電磁波を発する製品に対して、我々は、どのような設定で、どこから、どのタイミングで、どれほどの強さの電磁波が出ているのかを知った上で製品を使わなくては、どんどん健康を蝕まれる環境が強いられているのです。

しかもそれを「IoT化」として益々推し進めようとしているのです。

「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。

IoT社会とは、監視社会であり「奴隷社会」のことです。 ~IoT推進コンソーシアム、政府立ち上げ

「ニンテンドーDS」からこれほど強い電磁波が出続けていることを知らずして子供にゲーム機を与えている親は、己の無知と罪を認識するべきです。(下に動画あり)

また、親のスマホの使用方法や、子に携帯電話を与えることも同じことです。


ED-78S


今年の夏を皮切りに精神疾患患者、自殺者が確実に増えます。~スマホ通信速度、夏にも最大2倍 周波数複数組み合わせ

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️
電磁波測定PC 2
電磁波測定PC2 電磁波3 3

電磁波測定1

電磁波測定2

電磁波測定3

今年の夏を皮切りに精神疾患患者、自殺者が確実に増えます。~スマホ通信速度、夏にも最大2倍 周波数複数組み合わせ

1429スマホ通信速度、夏にも最大2倍 周波数複数組み合わせ

朝日新聞デジタル 5月24日(火)17時22分配信

 

 スマートフォンの通信速度が、大幅に上がりそうだ。総務省の有識者会議が24日、端末のデータ送信を最大2倍、受信を最大1・33倍の速さにできる新技術の使用を認める答申を出した。8月にも省令改正などの手続きを終える方針で、その後携帯各社がサービスを始める見通しだ。

送信には、複数の周波数を組み合わせて使う「キャリアアグリゲーション」という技術を使えるようにする。例えば2種類の電波を同時に使うことでデータの通り道を広げ、素早く通信する仕組みですでに実用化段階にある。スマホで撮った動画などをすぐに送れるようになる。

受信には、「256QAM」という新技術の使用を認める。通信速度は最大で1・33倍になり、電波の状態がいい場所なら、ネット上の動画などをよりスムーズに見られるようになるという。いずれの技術も実際に使うには新しい端末が必要で、各社は8月以降に発売するスマホに新機能を導入するとみられる。(上栗崇)

朝日新聞社


端末のデータ送信を最大2倍、受信を最大1・33倍の速さにできる新技術の使用を総務省が認めたようです。

ということは、今年2016年の夏から我々の生活圏の空間電波密度が今よりも増します。

つまり現在でも電磁波を避けることができないほど、どこに行っても電磁波密度が高い空間にされてしまっているにもかかわらず、今年の夏から我々の体に今よりももっと強い電磁波がさらされ続けるように空間が変えられてしまう決定が今回の記事の意味なのです。

電磁波は勝手に我々の生活空間に入ってきます。

しかも電磁波測定器などで計測しなければ、そのことに気付かないのが電磁波の恐ろしいところです。

そして自然界ではありえない人為的に作られた周波数と強い電磁波に人体が晒され続けることによって、人はさまざまな疾患を催します。

具体的には電磁波に晒され続けることによって、体が恒常性を保つことに対して電磁波は負荷をかける続けていることになり、しっかりと体が休まらない状態が慢性化するのです。

特に細胞分裂のスピードが早い子供は取り返しのつかない重篤な症状が現れます。

しかもその病床に対して電磁波が原因の一端を担っている可能性に言及する医者は皆無です。

その現れるであろう様々な疾患の中でも、特に多いのが精神疾患になる割合です。

下記動画「vol.2」では電化製品、そして携帯電話の蔓延のタイミングと、精神病院、精神病患者の増加は比例していることを解説しています。

つまり、今年の夏を皮切りに精神疾患患者、そして自殺者数は確実に増えます。

自分の居住空間そして自分が普段使っている電化製品のどの部分からどのタイミングでどれだけの電磁波が出ているのか知らずに、使用し、生活することは自殺行為です。

電磁波測定器で測って極力電磁波を避けなければ常に体に電磁波がさらされることで負荷がかかっている状態になってしまいます。

そして今後「Iot化」を進めることは支配者層方針ですから、今後我々の居住空間の電磁波密度は増加、強化の一途を辿ります。

IoT社会とは、監視社会であり「奴隷社会」のことです。 ~IoT推進コンソーシアム、政府立ち上げ

ED-78S


【電磁波】GPSの電波が届かない地下や屋内でも目的地までの行き方が検索できる無線通信システムを東京駅で実験中&ママ社員考えた 電話できるキッズ腕時計 KDDI発表

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。

<鉄道事業者>10月1日から電車内の携帯使用「混雑時のみオフ」へ変更

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

電磁波電磁波2 1 のコピー電磁波3 3 のコピー電磁波測定PC 2 のコピー電磁波測定PC2 のコピー

【電磁波】GPSの電波が届かない地下や屋内でも目的地までの行き方が検索できる無線通信システムを東京駅で実験中&ママ社員考えた 電話できるキッズ腕時計 KDDI発表

WS000276WS000277GPS届かない所でも…ナビできるアプリの実験開始(2016/02/04 19:33)

 地下や屋内でも現在地を測定してナビゲーションができるスマートフォン用アプリの実験が東京駅周辺で始まりました。

 スマートフォンやタブレット向けのアプリ「ジャパンスマートナビ」は、GPS(全地球測位システム)の電波が届かない地下や屋内でも使えるよう無線通信を活用して目的地までの行き方が検索できます。国土交通省と企業が合同で開発し、大手町や銀座など東京駅周辺の地下街南北約2キロ、東西約1キロの範囲で実証実験を始めました。実験は3月6日まで行われます。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国交省は空港などでも対応できるよう、さらに開発を進めています。


GPSの電波が届かない地下や屋内でも目的地までの行き方が検索できる無線通信システムを東京駅で実験しているようです。

このような電波が届きにくい場所すらも電磁波が行き届くようにシステムを組む目的は、「目的地まで迷わない為」というのは建前です。

もちろん本当の目的は、「顔認証データを利用した、顔認証システム付き防犯カメラで全国民の行動履歴をデータ蓄積してNWOの整備に利用する」ということです。

「便利」、「進化」を盾にして、NWOへの思惑を進めているのが支配者層の戦略であり、常套句です。

そしてもう一つの目的は強い電磁波を地下、屋内までにまん延させることで、「国民を総精神疾患化」して、不健康を作り出すことで、より大胆にNWOを進めることができるのです。

我々は、所有するすべての電化製品が、「どのような使用方法に対して、どこの部分から、どのくらいの強さの、電磁波を出す製品であるのか」を知った上で、使用しなければいけません。

それを知らずに使用していると大量の電磁波被ばくをしていまい、体に何らかの疾患が生まれるます。

そして現代では普通に生活してると疾患が生まれるのが当たり前であるほどに、電磁波に囲まれた社会に我々は生きています。

最低限それらを知った上で使用するか検討し、考えて電化製品を使用しなければいけません。

ED-78S

よく、「電磁波攻撃されている。」という人がいますが、我々は漏れなく全員が、強い電磁波に晒された空間で生活することが強いられているのが現代社会なのです。

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。

<鉄道事業者>10月1日から電車内の携帯使用「混雑時のみオフ」へ変更

だからそのようなことを言う人が現れて当然なのです。
しかしその人だけが電磁波に晒されてるわけではないことを我々は知るべきです。

自分の居住空間にどれほどの電磁波があるのか?計測しなければ身を守れません。

そして今後もより強い電磁波がまん延する社会へと、「Iot化」で益々加速します。

IoT社会とは、監視社会であり「奴隷社会」のことです。 ~IoT推進コンソーシアム、政府立ち上げ


WS000278

ママ社員考えた 電話できるキッズ腕時計 KDDI発表(2016/02/04 11:54)

 KDDIは、子育て中の女性社員が考案した子ども向け腕時計型の端末を発表しました。

 KDDIが発表したのは、子ども向けの腕時計型の端末です。これまでの子ども用の携帯電話やスマートフォンは、落としたりなくしてしまうといった母親の悩みを解決しようと、KDDIの子育て中の女性社員が企画開発しました。腕時計型でありながら通話やメールができるほか、防犯ブザーも搭載されていて、小学校入学前の幼児もターゲットにしています。


マイナンバーカード交付時、全国すべての市町村役場で「顔認証システム(Neo Face)」が利用されます

総務省が個人番号カード交付時に「顔認証システムを利用する」と言っています

マイナンバー顔認証システムは、労働者監視のためにも利用されます。

丸善ジュンク堂書店では既に店内で顔認証システムが導入されているようです。 ~顔認証される場所は、市町村役場だけに限ったものではない

マイナンバー顔認証 4

マイナンバー還付 5

<鉄道事業者>10月1日から電車内の携帯使用「混雑時のみオフ」へ変更

WS0056281日から電車内の携帯マナー変更 ステッカーは「混雑時オフ」に

2015/09/30 17:14   【共同通信】

 JR東日本など関東甲信越・東北の計37の鉄道事業者は、優先席付近では携帯電話の電源を切るよう求めてきたマナーの呼び掛けを10月1日から緩和し「混雑時」に限定する。JR東は30日、東京総合車両センターで山手線車内のステッカーを「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください」と呼び掛けるものに貼り替えた。

 マナーの呼び掛けは、携帯電話の電波が心臓ペースメーカーなど医療機器に影響を及ぼす恐れがあるとして始まった。

 しかし性能向上で電波出力が弱まったことなどから、総務省は13年、ペースメーカーなどとの距離制限の指針を緩和している。


電磁波の蔓延は、支配者層のNWOへの戦略です。

よって、マナーを是正させるどころか、積極的に蔓延させます。

公共機関では、取り付かれたように、ほとんどの人達がスマートフォンをいじり、その危険性を全く認識していません。平気で人の体の近くで送受信を繰り返します。

私が計測している限り、電磁波送受信機器を持っていない私が乗っただけで、電場で平均して、少なくても約「5mW/m2」ほど、磁場で約「5mG」ほどは常に被爆しています。使っている本人や、場所によってはその何十倍も被爆しているでしょう。

ですから、ペースメーカーの使用などに一切関係がなく、現在、公共機関の乗り物は人体に大変危険なものになっています。

それを携帯電話が普及した当初に、ペースメーカー使用者のみ電磁波は影響を及ぼすと、その危険性を「病気の人にだけ影響がある」と、すり替えてきたわけです。

そうしてスマホを使わざる終えないところまで普及させて、電磁波被爆させ不健康を作り出し、NWOの整備を有利に進めていく。

それは支配者層の数ある戦略のうちの一つです。

現代では電磁波を避けなければ、不定愁訴や精神疾患になって当たり前の空間にされてしまっているのです。

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。ED-78S


電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。

P1050570

電磁波攻撃などでお悩みの方へ あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。

しかし、あなた達だけでなく、日本国民、赤ちゃんから老人まで、ほぼ全員が今、電磁波被爆に晒されています。

その根拠は、我々はどこに行っても携帯電話で通話ができ、それだけではなく動画転送などの強い電磁波の通信ができるほどに電磁波は今、現代の空間に蔓延しているのです。

その電磁波の蔓延は、携帯電話が普及したここ15年程度で広がりを見せ、それ以前の頃の日本列島は、漏れなく圏外だったです。

つまり、15年以前には電磁波は蔓延していなかったわけですから、15年前の空間と現在の空間は、全く別の電磁波空間に変えられてしまっています。

その電磁波は、知らず知らずのうちに我々の生活する室内まで入ってきているのです。

あなたは家で携帯電話を使ったことはありませんか?

そして今どこに行っても、圏外の場所がない空間にされてしまっています。

TOP写真を見ても分かると思いますが、これはソフトバンクのエリア図であり、他の、docomo、au、ワイモバイル、ワイマックスなどの他社の電波塔と合わさり電磁波密度は相当強いものになっています。

よって現在、人々は人類始まって以来、人工的な強い電磁波を浴びて生活しているのです。

ですから「電磁波攻撃されている」という集団ストーカー被害者の方どころか、全国民が今、電磁波攻撃されているのです。

そして体の近くには「家電製品」が溢れています。その電化製品は「50kHz 60kHz」の電気で動いています。その電気駆動する電化製品は「電場」が出ないものであっても、、大小あれど必ず「磁場」は帯びているのです。

その「電場」と「磁場」を分けて考え、危険性と対策を考えなければいけません。

その磁場は、

「2ミリガウス以上の地域で小児白血病の発症率が2.7倍に増加
また電磁波強度が増すと発症率も高まっていき、3ミリガウス以上の地域では3.8倍にもおよびます。

電磁波がおよぼす子どもへの健康リスクより

よって強い磁場も避ける必要があります。

これら磁場も、携帯電話のように我々の生活に入り込み溢れています。その代表的なものは「乗り物」です。

「自動車」、「バス」、「電車」は乗っているだけで、強い磁場に被爆します。

私の乗っている1999年製の自動車の運転席シート上で2.5ミリガウスあります。
つまり、一時間運転するだけで、2.5ミリガウスを下半身に一時間被爆し続けるのです。
(運転せずともエンジンをかければ2.5ミリガウス発生する)

そしてダッシュボード付近は15ミリガウスを越えます。

古い車でもそうなのですから、電気自動車の座席の磁場は殺人的に高いのです。
おそらくこのプリウスの図より高いはずです。
なぜなら、普通乗用車の私の車で「nT」に直すと、「250nT」あるからです。
HybridEMF

よって電気自動車でなくても、我々は自動車自体の蔓延で、電磁波被爆され不健康が作られているのです。歩かないから足腰が弱るのも事実ですが、それは本丸をはずしたスピンだったのです。

具体的には、車に乗ることで、磁場を受け我々の血液が汚され、細胞分裂が阻害されています。

電車、バスなどは、座席の場所やドア付近などの位置、車両によってまちまちですが、場所によって30ミリガウスを超える強い磁場があるところを計測したことがあります。それだけでなく公共機関の乗りものはほぼ全員がスマートフォンをいじっています。

よって、公共機関の乗り物は、電場と磁場のダブルで被爆することになり、携帯電話普及後の公共機関の乗り物は乗れるものではなくなってしまいました。

現在の日本ではどこもかしこも電磁波被爆を避けることが困難な空間にされてしまいました。

しかし、その数値を知り、完全に避けることができなくても極力避けなければ、健康を保つことができない時代なのです。

携帯、wi-fiモデム、固定電話機などの電磁波送受信機からどれほどの電磁波が出ていて、どれほどの距離をとれば減反するのか? どのモード、設定にすれば電場が出ないか?

電化製品からどれほどの「磁場」が出ていて、どれほどの距離をとれば減反するのか?

それを知った上で「使わない」なり、使い方を考えたり、しなくてはいけません。

それらを知るためにはまず居住空間のブレーカーを落としてから最低値を知りることが第一です。しかしブレーカーを落としても、その土地・空間自体に、磁場がある場合も有ります。その場合は発信源はどこか探らなくてはいけません。

複合住宅なら、壁・床下・天井などの設備や、近隣住民からの電磁波(蛍光灯、電化製品など)、近くの送電線や、携帯基地局などからの影響が考えられます。

そのような電磁波の観点での情報を知り、安全な空間に身を置く為にも、電磁波測定器は現代人に必須な物なのです。

集団ストーカーや電磁波攻撃を受けている方からちょくちょくメールが来ますが、電磁波攻撃などでお悩みの方には、是非とも、電磁波測定器を使って、普段は、「○○ mw/cm2」または、「○○ mG」である。しかし今、自分は送受信機が近くに無いにもかかわらず「○○ mw/cm2」または、「○○ mG」もある、攻撃されている。おかしい!と、しっかりと証拠を提示していただきたいものです そんなしっかりとした客観的事実を持って訴えている集団ストーカー被害者は見たことがありません。

そして、そのような方でなくても、あなたが不健康を感じているのなら、電磁波被爆の影響がその不健康の原因の一つであると私は断定できます。なぜなら15年前の日本と今の日本の空間は、電磁波密度の観点で間違いなく変わっているのです。その劇的な変化が人体に悪影響を与えていないはずがないのです。

健康とは、重篤にならなければ、気づかないものです。

重篤になる前に、排除し、知的に生きるしか自分のみならず家族は守れません。

現代社会で普通に生きていたら、不健康をもよおして当たり前なのです。それほど社会毒は数多くあります。

このように現代では気付かない方法で、我々は支配者層の目論見沿った環境に晒されて生きているのです。

ED-78S


電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2

電磁波測定器をご購入いただいた方へ

ED-78S

電磁波測定器をご購入いただいた方へ

↓ 下の「電磁波測定器・購入ページのコメント欄」にて、商品に対するレビューの書き込みをお願いいたします。

新品 電磁波測定器 CORNET ED-78S

ご購入者の方は、私にメールで直接感想を言われる方が多いですが、その内容は、今後電磁波の危険性に気付き、購入を検討する人にとても有益のものであることが多いです。

既に使用している皆さんが、購入を検討している人に、「電磁波測定器・購入ページのコメント欄」で、この測定器の良さを伝えていただけたらと思います。

大衆の健康の増強は、反NWOを掲げる我々大衆にとって有益です。

測定器をお求めになった人が、多く言われることは、

「これほど自宅に電磁波が蔓延していることを知れてよかった」
「測定器で視覚化することによって、その危険性を強く認識した」
「測定器があることで、どれほどの距離を取れば、減反するのが分かった」
「思いもよらないものから電磁波が出ていた」

等です。

電磁波送受信端末を我々は体の傍に持っているどころか、電磁波は我々の生活に密着し、体に身に付けているわけですから、赤ちゃんからお年寄りまで、我々は確実に被爆しているのです。

その被爆量を電磁波測定器で簡単に数値化し認識できるのですから、計測して、避けなければいけません。

現代では部屋中あちこちに電化製品があり、磁場があります。
60年前の日本は家の中に磁場が出る家電や電源はありません。

現代ではどこに行ってもネットがつながり、安定した回線が保たれます。
30年前の日本はどこに行っても「圏外」です。

今と昔とでは、「空間が変わっている」と言うことです。

この電磁波の視点でのここ数十年、劇的な人工的環境変化は、人類始まって以来のことです。
その変わってしまった空間に我々は生きているのですから、人体に悪影響がないはずがないのです。

我々は見えない電磁波を、避けなければいけません。

それが電磁波測定器を使えば、数値として見えるのです。
そして認識した電磁波から、体との距離をとることで、最小限度まで被爆を避けることができます。


(以下、電磁波関連記事・動画)

電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

キューバ、米との国交正常化と同時に国内35か所で無線通信wi-fiサービス開始 ~ネット社会・電磁波の蔓延はNWOへのステップ

「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

03/24 電磁波測定器 ED-78S 入荷いたしました。 ~電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

ロシア非電離放射線防護委員会 「16歳未満の子どもは携帯電話を使うべきではない」

【健康阻害装置】任天堂、疲労や睡眠状態を自動計測するデバイスの投入を発表

リニア中央新幹線の計画

小中学生のスマホやゲーム機「夜9時まで」 香川県が電磁波を無視したルール発表

【電磁波】「ブレーカー落し」をして眠りが深くなった人が続出

「電磁波について」の動画でいい忘れた事 ~電磁波の危険を隠蔽する理由

【情報防衛】電磁波の影響は人体への危険だけではない 電磁波からハッキングできる

「さゆふらっとまうんど」は、なぜ放射能の危険性について言わないのか?


電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2

キューバ、米との国交正常化と同時に国内35か所で無線通信wi-fiサービス開始 ~ネット社会・電磁波の蔓延はNWOへのステップ

WS004743 WS004736 WS004737 WS004738 WS004739 WS004741

キューバのカストロ前議長、89歳の誕生日

 
 

半世紀以上にわたって敵対していたアメリカとキューバが国交を回復する中、かつて「反米の急先鋒」だったキューバのフィデル・カストロ前議長が89歳の誕生日を迎えました。

首都ハバナ市内の広場で13日、前議長の誕生日を祝うコンサートが開かれ、多くの参加者が「フィデル万歳」と叫びました。

1959年のキューバ革命を指揮し、8年前に議長の座を弟に譲るまで隣の超大国アメリカに逆らい続けたカストロ氏。しかし、アメリカからの経済封鎖に苦しんできたキューバは、去年の暮れ、アメリカとの関係改善に舵を切りました。

キューバ政府は先月、国内35か所で無線通信=Wi-Fiのサービスを開始。朝早くから多くの人たちが電波状態のいい場所を求めて道端に集まっているのです。

Q.何見ているの?
「フェイスブック」
「ネットができるのはここだけなんだ。家にないから」(利用者)

キューバ国民がようやく開放され始めたインターネットに夢中になる一方で、ベネズエラの大統領らが前議長の89歳の誕生日にお祝いの訪問をした写真が公開されました。

14日にはハバナ市内のアメリカ大使館で半世紀ぶりに星条旗が掲揚される予定ですが、かつて激しく敵対したアメリカとの国交回復で変わりつつあるキューバは、カストロ氏の目にどう映っているのでしょうか。(14日19:14)


WS004744アメリカとキューバ、54年ぶりに国交回復 大使館が再開

07/21 01:35

 

アメリカとキューバが、54年ぶりに国交を回復し、20日、それぞれの大使館が再開した。
歴史的な日を迎えた首都ハバナ。
市民を取材すると、実に全員から、歓迎の声が返ってきた。
街は、静かな熱気に包まれている。
20日朝、ハバナでは、もともとアメリカ文化が大好きなキューバ人が、アメリカ国旗の服を着て、歩いているのを何人も見かけた。
これまでキューバ市民は、社会主義経済の行き詰まりと、アメリカによる経済制裁のダブルパンチに苦しんできたわけで、関係改善に、胸を膨らませている。
ハバナ市民は、「国交正常化は、キューバの経済と社会の発展につながるはずだ。アメリカにも行ってみたいし、アメリカにいるキューバ人にも、自由に帰って来てほしい」と話した。
外交では20日、それぞれの大使館が再開し、歴史的な一歩が踏み出されている。
今後、アメリカとキューバの関係改善が、どのように進んでいくのかについてだが、かなり厳しいとみられている。
国交の再開は、アメリカのオバマ大統領の決断でできたが、最大の課題は、経済制裁の解除であって、これは、議会に決定権があり、多数派の野党・共和党には、否定的な議員が多く、困難が予想されている。


先月の2015年7月20日アメリカとキューバが、54年ぶりに国交を回復し、それぞれの大使館が再開したわけですが、私は楽観的にキューバがアメリカに屈したとは考えていません。

それどころか既にキューバはアメリカ傘下であり、露米冷戦の戦略真っ只中のカストロ前議長の時からアメリカとの敵対関係がNWO天皇・ロスチャイルドの利益の為に必要だったことから、そうゆう構図を演じていたわけで、国交断絶時からキューバの後ろにはアメリカがいたとよんでいます。

というのも地理的にキューバは、アメリカから、南アメリカ、アフリカへの中継地点に位置し、キューバを「テロ指定国家」とすることで、アフリカ、南アメリカに対しての防衛名目で取引を優位に進めるために、そして冷戦構造にキューバをロシア側として取り込むことで利用していたのでしょう。WS004745
しかし、もうNWOが完成しきった今ではそのような冷戦構造から尾を引いて続いていた構造は、必要がなくなった、それよりキューバを近代化する事よってNWOに取り込む時期が来たので、天皇派オバマに花を持たせる格好をとった「国交正常化」である、とよんでいます。877c080c

そして、これらの「露派キューバ」のパフォーマンスの為に、キューバの近代化は恣意的におろそかにしていた事実として、インターネットの非蔓延があったようですが、この報道では「キューバ政府は先月、国内35か所で無線通信=Wi-Fiのサービスを開始。」と報じている、つまり、NWOに組み込む(経済発展)のと同時に、キューバ国民の「不健康作り」、そして「監視社会」を強いることが必要であり、その着手を始めたと言うわけです。

NWOへとワンワールド化し、キューバのような発展途上国がその役割を終え、近代化の段階に入る為に、支配者層が行わなければいけないことは、「電磁波の蔓延」がその一つであり、その目的は、気付かずに不健康にすること、そして監視社会を敷いて、「一揆・謀反」を押さえ込む、それが不可欠であるという事実を、この「国交正常化と同時にwi-fiサービス」という名の「電磁波の蔓延」と「ネット社会」「監視社会」の敷設、それらがNWOへと繋がり、関わりあっていることを今回この報道では我々に教えてくれているのです。

(以下、電磁波関連記事)

「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

03/24 電磁波測定器 ED-78S 入荷いたしました。 ~電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

ロシア非電離放射線防護委員会 「16歳未満の子どもは携帯電話を使うべきではない」

【健康阻害装置】任天堂、疲労や睡眠状態を自動計測するデバイスの投入を発表

リニア中央新幹線の計画

小中学生のスマホやゲーム機「夜9時まで」 香川県が電磁波を無視したルール発表

【電磁波】「ブレーカー落し」をして眠りが深くなった人が続出

「電磁波について」の動画でいい忘れた事 ~電磁波の危険を隠蔽する理由

【情報防衛】電磁波の影響は人体への危険だけではない 電磁波からハッキングできる

「さゆふらっとまうんど」は、なぜ放射能の危険性について言わないのか?



電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2

「IoT (Internet of Things)」とは、「便利」と引き換えに「監視社会」「電磁波の蔓延による疾患」を作る事に他なりません。

WS004560WS004556WS004557WS004558WS004559WS004563 WS004561 WS004562あらゆるものをネットにつなぐ「IoT」について取材しました。

 

フジテレビ系(FNN)2015年8月4日(火)00:36
「インターネット・オブ・シングス」の頭文字を取った「IoT」。
あらゆるものをインターネットにつなぐということを指す言葉で、安倍政権が掲げている成長戦略にも取り上げられています。

大手住宅メーカーが手がける家。
その最大の特徴は、インターネットにつながっているということ。
スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすることで、さまざまな機器を、どこからでも操作できるという。
タマホーム株式会社の�蜩c英樹商品開発部長は「長い旅行に行っている間に、防犯用で電気をつけたり、消したりするということであるとか。お年寄りの方が、どのリモコンかわからないとか、よくあるんですけど、このスマートフォンで操作ができますので、管理が非常に楽になってくる」と話した。
身の回りのあらゆるものがインターネットにつながっている状態を指す言葉、「IoT(インターネット・オブ・シングス)」。
つながるのは、もちろん家だけではない。
現在開発中の冷蔵庫の扉には、液晶ディスプレーがある。
ハイアールアジア株式会社の榊 英巳ディレクターは「冷蔵庫の中に入っているものをデータで表示できますし、賞味期限を表示することによって、危ないものはアラームをかけて、そこから直接、注文できるような形を今、取りたいと思っています」と話した。
ネットにつながることで、これまでの冷蔵庫とは、全く違う使い方が見えてくるという。
榊ディレクターは「スマホそのものを持ってくるのではなくて、冷蔵庫は、家庭の中から1歩も出ないものという特徴もありますので、そういったところを生かして、見守りの機能を入れたりという形で、さまざまなIoTの機能を取り込んでいきたい」と話した。
今後、さまざまな分野・業界で広がっていくとみられるIoT。
専門家は、その市場規模について指摘する。
ITジャーナリストの三上 洋氏は「IoTの市場規模でいうと、2020年ごろには、全世界に500億台のインターネットにつながった何らかの機器、端末が生まれるといわれています」と話した。
期待高まる一方、懸念もある。
アメリカのネットメディアが公開した、1本の動画。
運転手が握ってもいないのに動くハンドル、さらにはワイパーまで。
この車は、アメリカの大手自動車メーカーが開発したもの。
インターネットにつながり、スマホを使って、離れた場所からエンジンをかけるといったことなどができる。
今回のこの動画は、それがハッキングされるかどうかを実験したもの。
最終的に、ハッキング可能ということが実証されてしまい、140万台に及ぶリコールを発表する事態となった。
三上氏は「IoTの場合は、コンピューターと違って、なかなかアップデートができなかったり、もしくは、コンピューターにくわしくない一般の方が使います。そのために、やはり一般ユーザーの方でも安心して使えるような、しっかりとしたサイバー攻撃に対応できるセキュリティー対策をするべきです」と話した。
可能性と危険性、いずれもまだ未知数のIoT。
ネットが開く世界は、どんなものになるのか。

最終更新:2015年8月4日(火)02:35


NTT Com、「IoT推進室」を新設……各種サービスを開発

RBB TODAY 8月3日(月)18時0分配信

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1日、「IoT推進室」を新設した。グローバルに展開するネットワーク・クラウド・データセンターなどを活用し、さまざまなIoTソリューションを提供するのが狙い。

他の写真を見る

 「IoT」 (Internet of Things)は、センサー技術、ワイヤレス通信技術、ビッグデータ解析、AI/人工知能技術などを活用し、さまざまな機器に通信機能を持たせたネットワークに接続することで、高度な自動制御や遠隔計測などを行う仕組みのことだ。

 今回NTT Comでは、企業向けIoTソリューション強化のため、新部署を設置。サービスの開発と、アプリケーションプラットフォーム事業者やデバイス事業者などのパートナー企業との連携を進める方針だ。

 具体的には、IoTデバイスから収集したデータの蓄積・可視化・分析等を行うアプリケーションプラットフォームなどを、複数パートナーと連携し、世界130拠点以上のデータセンター(クラウド拠点含む)から、ワンストップかつグローバルに提供する。データセンター間での大容量通信サービスも提供の予定。


監視カメラ・物理セキュリティの側面から見るIoTの今

RBB TODAY 8月3日(月)15時15分配信

 7月31日、ソラシティ カンファレンスセンター(東京都千代田区)にて、「IoT World Conference」が開催された。

ネットワーク機器を扱う会社と知られる米・Cisco社だが、監視カメラシステム市場においても主に大規模向けのソリューションの提供を始めている(撮影:防犯システムNAVI)

 「IoT World Conference」では、「IoT(Internet of Things)=世の中のモノをインターネットに繋ぐという概念」に関連した、さまざまなセミナーを実施。なかでも今回は、『IoTへと繋がる「監視カメラ」「物理セキュリティ」の今』と題された監視カメラのIoTに関する講演について紹介していこう。

 プレゼンターは、ネットワンパートナーズのマーケティング&ビジネス開発部の醍醐朝和氏。講演の前半では、監視カメラに代表される物理セキュリティの概念、市場の状況、トレンド、今後の展望について説明。後半でネットワンパートナーズが取り扱っている米・Cisco(シスコシステムズ)社の監視カメラシステムを例に出し、IoTを実現するソリューションの紹介を行った。

●IoTと親和性が高い監視カメラシステム

 「IoT」は昨今、さまざまな場所で見聞きする言葉だが、監視カメラ市場においては、アナログカメラからネットワークカメラへと主流が切り替わりつつある中で、既にIoTに向けた歩みがはじまっている。

 例えば、スマートフォンやタブレットを使った、ネットワークカメラの映像の遠隔監視。これまでのアナログカメラなら、カメラに直接接続されたモニターの前で監視する必要があったが、ネットワークカメラなら、インターネット回線を通じて、スマートフォンやタブレットをモニター代わりにどこからでもカメラがとらえた「今」を確認することができる。

 また、監視カメラ同士がインターネット回線によって1つに繋がることで、固定カメラとPTZカメラなどを連動させた映像監視が可能となった。具体的には、固定カメラで広域を撮影をしておき、何か不審な人や物を確認した際には、近くにあるPTZカメラで追跡したり、ズーミングするといった連携を遠隔操作で行えるといったことが挙げられる。

 醍醐氏が本講演で監視カメラ市場におけるIoT化の具体例として挙げていたのは、次の4項目。

・カメラ内での画像処理
・カメラ同士の連携
・自動車ナンバーの認識
・その他システムとの連携

 カメラ内での画像処理というのは、カメラの画角内に検知エリアを設定し、そこに人が侵入したり、モノが置かれたら通知する機能を指しており、警備やセキュリティ用途、高齢者の徘徊防止、人数や滞在時間のカウントといったマーケティング用途に活かすことができる。

 カメラ同士の連携に関しては、前述の通り。また、自動車ナンバーの認識に関しては、走行中のクルマのナンバーを自動で撮影・取得し、データ化して、警備用途から、交通監視、マーケティングに活用できる技術を指す。

 そして、IoTという概念で考えると、もっとも今後期待されているのが「その他システムとの連携」という項目。入退室管理システムと連携させて、認証が行われた際に監視カメラで入退室者の顔を自動で撮影したり、センサーやビーコンと連動させて、監視エリアで人を検知した時に確実に監視カメラでとらえるということが可能だ。

 現在では、顔認証技術の進化もめざましく、監視カメラと連携させて、警備やセキュリティからマーケティング用途での利用を想定したソリューションも世に出ている。

 将来的に街全体がIoT化していけば、特定の人物(テロリストなど)の行動を逐次追うことができたり、人々の日常生活をビッグデータ化できる時代が来るかもしれないし、現実にそうした方向で技術開発は進んでいる。

●今後の課題は運用体制と法整備

 監視カメラ市場においては、社会のIoT化に向けた準備は着実に進んでいる一方で、醍醐氏は、運用ガイドラインや法律面での整備の必要性を指摘。2020年の東京五輪に向けて、そうした法整備も進んでいくだろうと予想している。

 監視カメラの高解像度化や高性能化に伴い、飛躍的に収集できるデータの量や種類が増え、今後もその流れは加速していくだろう。しかし、撮影される側のプライバシー問題、集められたデータは誰のものなのか?という権利に関しての問題など、運用面での明確なガイドラインや、法整備に関してはまだまだ十分ではない。

 監視カメラ、物理セキュリティ市場においては、今後さらなる技術の進歩が予想されるが、IoTによる便利で快適な社会を実現していくには、遅れがちな運用のガイドラインの設定や、法整備も急務だといえるだろう。


「IoT」とは、便利と引き換えに「監視社会」、そして「電磁波の蔓延による疾患作り」に他なりません。

様々な物がインターネットと繋がるということは、その機器に電磁波の送受信機が設置され、より強い電磁波が我々の生活空間に蔓延すると言うことです。もうすでにスマホ・ゲーム機・PC及び周辺機器・wi-fiルーター・電話機など家庭には電磁波が出る製品がどの家庭にも溢れているでしょう。それが今後もどんどん増えて、しかもネットワーク化していくのです。

上記記事では冷蔵庫までもがインターネットと繋がると言っています。ここで懸念されることの一つとして、冷蔵庫のwi-fi接続を切って電磁波が出ない設定に出来るのかと言う点です。そのようなIoT化された製品以外に冷蔵庫自体が無くなってしまったら、「冷蔵庫を家庭に置かない」か、「電磁波被爆するか」という選択しか取れなくなる状態になってしまいます。

このような状態は「照明の世界」では既に起きています。強い磁場を発生させる「蛍光灯」、虫おも殺す「LED」への生産以降を電気メーカー各社が発表し、安全な白熱電球の生産が終了と言うことが実際に起きているわけです。


欧州では2016年に「全面移行」する計画

   とはいえ、白熱電球がなくなりつつあることは間違いない。じつは欧州連合(EU)でも白熱電球からLED電球などの、電力消費量を約8割削減できる省エネランプへの切り替えが進められている。すでに白熱電球の製造・販売禁止が義務付けられるなど、その措置は日本よりも厳しい。

   欧州では、EU環境指令「No.244/2009」に基づいて、ワット数の高い白熱電球から順に販売を禁止。2016年9月1日には全面移行する計画。もちろん、在庫があるうちは小売販売が可能だが、EU外からの輸入や個人的な持ち込みも禁止されるという。


 

青色LEDの光に殺虫効果 ~LEDライトが人体に悪影響の可能性

電磁波は「見えない」「聞こえない」「匂いがない」「感じない」ので電磁波測定器と照らし合わせて、電磁波送受信機器の設定をし、スマホを機内モードにしたり、DSの設定欄からどこをoffにしたら電磁波が出ないか?または電話の子機を使ってないのに親機がずっと子機と繋がっている設定になっていて電磁波が出ていないか?プリンターも無線接続の設定になっていてずっと電磁波が出ている状態になっていないか?(USB接続していても電磁波は出ます。)これらのチェックを家の中にある、電磁波送受信機器を見てまわらなければいけません。現代社会で健康を維持するために、これは常識です。

つまり、電磁波の危険性を認識し、電磁波測定器で機器が電磁波が出ていない設定になっているのかを確認しなくては、一家に何台も電磁波を発生させる装置が混在し、強い電磁波を24時間365日被爆し続ける事になります。これは疾患のリスクが高まり、不定愁訴や鬱になってもおかしくない環境です。もちろん白血病を脳腫瘍を元としたさまざまな疾患リスクがあります。(下記表参照)

このような電磁波のリスクと電磁波の蔓延に気付いていない人、知らない人が多すぎます。

これらは電磁波についての知識が新聞やテレビで報道、放送されることは皆無なことと無関係ではないでしょう。電磁波の危険線は完全にタブーなのです。

にもかかわらず、(というか、だからこそ)身の回りのあらゆるものがインターネットにつながっている状態であるIoT化が今後進められ、IoTの市場規模が、「2020年ごろに、全世界に500億台のインターネットにつながった何らかの機器、端末が生まれる」と言われているのですから、異常であり、記事の最初で言った「監視社会」、そして「電磁波の蔓延による疾患作り」が目的である、NWOへの計画と見るのが自然でしょう。

そして「IoT」と法整備が繋がることは必至であり、それはわかりやすい奴隷社会が待っているのです。

よくマイクロチップとマイナンバーを合わせて議論されていますが、そんなことをしなくても、「家電製品のIoT化」することで可能なのです。つまり「薬を飲んだ、飲んでいない」、「子供を病院に連れて行った、連れて行っていない」、「ワクチンを打った、打ってない」、「スマホを何時間使った、使ってない「家族の名誉を傷つけるようなことを言った言っていない」「DVした、してない」などを、家庭製品が監視しそれらの有無が「法律違反である」とされてしまったら、誰でも犯罪者です。

つまり、下記記事で言ったようにある薬を飲ませることを社会が推奨していて、その薬が「毒」だとしても、それを破ったら「虐待親」や「犯罪者」と言うレッテルを貼られてしまうという、「わが子を守る親が犯罪者にされてしまう世界」「自分で自分自身の治療法を選択する自由が奪われる世界」が考えられるのであり、しかもそれがワクチンなどを代表して、医療の世界ではもう既に起きているのです。
下記動画の強制採決も同じことです。

「保育中の女児 医療措置受けさせず放置死で施設経営者ら逮捕」報道により利益を得るのは、NWO支配者層・医療・製薬・保険業界です。

そして支配者層は家庭内でお互いに監視し合い、訴訟し合う、他者に懐疑的な信頼関係ゼロの人間関係の構築戦略も忘れていません。つまり家庭内での訴訟を乱発させ、その立証の証拠としてIoT化された家電の機能としてのデータ蓄積されているものを証拠として認める司法、つまり我々自身が自ら監視カメラを設置しなくても、IoT化された家電が証拠能力を有してしまう、「IoTの監視家庭化」を目論んでいると私は見ています。それは下記子供のころから刷り込まれる「懐疑心」という常識の敷設と平行して行われています。

「詐欺のネーミング募集」を小中学生にさせる千葉県警の目的は、子供達に人を疑わせる為です。

「でっちあげ新幹線焼身自殺」で車内の防犯カメラ設置が肯定され、駅構内、街中、車道は既に勝手にカメラが設置され防犯と言う名の、「監視カメラ」が電磁波が日本列島を多い尽くしたがごとく、日本列島を多い尽くし、もちろん家庭の中にも入り込んでいるわけです。

オービスじゃないヤツら
Nシステムってなんだ?

今後「Iot」の便利になるという「メリット」ばかりが強調され、「電磁波」や「監視社会」の危険性への議論が一切されないことは間違い有りません。

この問題は、電磁波に殺されかけた私「さゆふらっとまうんど」が声を大にして言い続けるしかありません。

(以下、電磁波関連記事)

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

03/24 電磁波測定器 ED-78S 入荷いたしました。 ~電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

ロシア非電離放射線防護委員会 「16歳未満の子どもは携帯電話を使うべきではない」

【健康阻害装置】任天堂、疲労や睡眠状態を自動計測するデバイスの投入を発表

リニア中央新幹線の計画

小中学生のスマホやゲーム機「夜9時まで」 香川県が電磁波を無視したルール発表

【電磁波】「ブレーカー落し」をして眠りが深くなった人が続出

「電磁波について」の動画でいい忘れた事 ~電磁波の危険を隠蔽する理由

【情報防衛】電磁波の影響は人体への危険だけではない 電磁波からハッキングできる

「さゆふらっとまうんど」は、なぜ放射能の危険性について言わないのか?

(以下、監視社会関連記事)

NWOへの法整備が進むと、「新幹線焼身自殺」のシナリオを不可抗力で起せるようになります。

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

3回下着が盗まれると警視庁が防犯カメラを設置してくれるようです。

マイナンバー制度は、容易に淡路島・平野容疑者のような人物を見つけ出し、犯人にでっち上げることができます

マイナンバー制度を外国人IT技術者に運用させたいようです。



電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2




ED-78S o0631097812556592469o0627097412556578835

<電磁波>スマホの使用履歴を追跡で、うつ病患者の早期発見や治療が可能 ~「うつ病診断のため、行動履歴を開示」という監視社会への口実

6abd38267fb0ae8e1c536bc3c9011ead1スマホ履歴でうつ病診断=「自宅で長時間」は危険信号―米大学

時事通信 8月3日(月)7時24分配信

 【シカゴ時事】うつ病になると自宅に引きこもってスマートフォンを長時間使用する傾向があると、米ノースウェスタン大の研究グループが発表した。
 場所や時間といったスマホの使用履歴を追跡することで、患者の早期発見や治療が可能になると期待している。
 研究グループは2週間にわたり、うつ病患者14人を含む28人を対象に、スマホの位置情報や使用履歴を分析した。この結果、うつ病でない人の1日の平均使用時間は17分だったのに対し、患者は4倍の68分に達した。
 さらに、うつ病患者の使用場所は自宅など極めて少ない地点に限られていたことも判明。外出する気力がなくなり、憂鬱(ゆううつ)な気分を紛らわすため、一人でインターネットやゲームをしていたとみられる。
 研究チームは「問診を行わなくても、スマホの情報を分析することで、うつ病の診断ができるようになった」と成果を強調。毎日多くの場所に出掛け、スマホの利用を減らすことをうつ病の予防策として提唱もしている。 


>場所や時間といったスマホの使用履歴を追跡することで、患者の早期発見や治療が可能になる

つまり「うつ病診断のために、行動履歴を開示してくださいね」という監視社会への口実です。

確かに長時間スマホを使うとうつ病のリスクが上がりますが、スマホを自分自身が使っていなくても、うつ病のリスクはあります。つまり自分の体の近くで他者がスマホを使っていたら、うつ病になるのです。

なぜなら電磁波被爆をしてしまうからです。

この「電磁波」という概念を無視して、自宅で長時間スマホを使用するとうつ病になると、自宅以外にいれば、スマホを使ってもうつ病と関係がないかのように言っているらへんが、この研究グループの発表は「うつ病」を診断することとは全く違う目的があることが見て取れるわけです。

家にいようが、外にいようが、電磁波被爆するかしないかが重要なのです。特に今は電車の中での電磁波はものすごく高い状態で危険です。

そしてよく子供がスマホや携帯を頭(耳)に当てていますが、子供の頭に銃口を向けられているようで見ていて痛々しいです。 ↓このような防犯ゲートに寄りかかったり、座ったりしている子供も同じく痛々しく思い見ています。gate02
巷では、放射能のことは騒ぐ親御さんは多くいますが、スマホやDSを子供に買い与え、体の近くに何個も電磁波発信受信端末があるにもかかわらず、電磁波の危険を全く認識していない方々の方が私は違和感を感じるわけです。

しかも自宅に、子機付電話やwi-fiモデムなどで24時間365日電磁波を発信している端末を設置している家庭は、食材に放射能が含まれているかどうか考える前にすぐさま他の機器に交換するべきでしょうし、電磁波の危険性も分からずに携帯やDSなどを子供に買い与え、体に付けていたり、ベットで枕元においていて何もその危険性が分からない親が普通であり多数のようですから異常です。

放射能と比べる問題ではありませんが、電磁波の方が測定できる分、健康リスクが明白に認識できるのです。
そして、電磁波測定器を使用することで、そのリスクは排除できるのですから、排除するべきでしょう。

電磁波の危険性と知識が、放射能の知識と危険性よりも持ち合わせている人が少ないことこそが、支配者層の目論見が社会コントロールに現れているのです

なお、この手の話をすると、必ず私を仲間だと勘違いする、集団ストーカー被害者の方から駄文がメールやコメントで届きますが、電磁波攻撃されていると言う方は、電磁波測定器でどれだけの攻撃をされているのかをしっかりと証拠を残してくださいね。

電磁波攻撃されている根拠を電磁波測定器も持ってなくて示せるはずがありません。

これだけ電磁波が蔓延している現代社会では、電磁波測定器は、中性子線を測ることのできないガイガーカウンター以上に必須アイテムです↓

ED-78S

そして、電磁波の話をする時には必ず言うのですが、

スマホを持って20年前にタイムスリップしたことを想像してください

どこに行っても圏外なのです。

つまり人類始まって以来、現代社会ほど強い電磁波が空間に蔓延している時はないのです。

人類始まって以来、我々の人体に強い電磁波が絶え間なく曝されている時代を、そして空間を我々は生きているのです。

もちろんNWOの為の「社会毒」の蔓延です。

この現代の空間に生きている我々は、人体が正常であるほうがおかしいのです。

(以下、電磁波関連記事)

03/24 電磁波測定器 ED-78S 入荷いたしました。 ~電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

ロシア非電離放射線防護委員会 「16歳未満の子どもは携帯電話を使うべきではない」

【健康阻害装置】任天堂、疲労や睡眠状態を自動計測するデバイスの投入を発表

リニア中央新幹線の計画

小中学生のスマホやゲーム機「夜9時まで」 香川県が電磁波を無視したルール発表

【電磁波】「ブレーカー落し」をして眠りが深くなった人が続出

「電磁波について」の動画でいい忘れた事 ~電磁波の危険を隠蔽する理由

【情報防衛】電磁波の影響は人体への危険だけではない 電磁波からハッキングできる

「さゆふらっとまうんど」は、なぜ放射能の危険性について言わないのか?

(以下、社会毒関連記事)

「保育中の女児 医療措置受けさせず放置死で施設経営者ら逮捕」報道により利益を得るのは、NWO支配者層・医療・製薬・保険業界です。

「母乳」ネット販売と「尿療法」について

養老の山中に大量シカ死骸 骨も散乱 ~狩猟・猟銃の規制強化の流れかもしれません

「対症療法」を疑わせない為に、スキニージーンズに「健康リスク」と英医学誌が論文発表

 


電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2


o0631097812556592469o0627097412556578835

03/24 電磁波測定器 ED-78S 入荷いたしました。 ~電磁波による健康リスク一覧表の見方を解説

ED-78S

ご好評につきまして、本日電磁波測定器を入荷いたしました。

ご予約いただいた数台を出荷いたしましたが、まだ在庫ありますのですぐに発送できます!

下記、電磁波による健康リスク一覧表を見ながら、「自宅で測定しています!」と、ご購入頂いたED-78Sユーザーの方からメールを頂いております。

下記表ですが、単位が μW /cm2(マイクロワット 平方センチメートル)で、【ED-78S】の3モードあるうちの1つの電場測定単位は、mW /m2(ミリワット 平方メートル)なわけです。

ですので、若干単位の計算が必要になります。 下記表の見方を解説いたします。

1000μW /cm2 = 1mW /cm2

1mW /cm2 = 10000mW /m2

1000μW /cm2 = 10000mW /m2

 

【 1μW /cm2 = 10mW /m2 】

 

よって、【ED-78S】の小数点以下にゼロを一つ増やすか、表の小数点以下のゼロを一つ取るかしてみていただけたらと思います。 そうすれば簡単に表と見比べられますね^^

つまり、下記表での「疲労・倦怠感・抑うつ傾向・睡眠障害・集中困難・心臓血管障害」の
0.0006μW /cm2 は、【ED-78S】では、0.006mW /m2 です。

よって私のデスクは、【ED-78S】で、0.0014mW /m2 ですので、μW /cm2に直すと0.00014μW /cm2ぎりぎり大丈夫のようですが、かなり変動しますのです、平均するとどうでしょう・・・ ちなみに、画面右のタイムラインの下の数字は平均値です。

DSC01565

 

ご飯を食べるテーブルも【ED-78S】で、0.0031mW /m2 ですので、μW /cm2に直すと0.00031μW /cm2ぎりぎり大丈夫のようです。

DSC01566

さゆベッド(〃ノωノ〃)も【ED-78S】で、0.0009mW /m2 ですので、μW /cm2に直すと0.00009μW /cm2大丈夫のようです。 |*´Д`)DSC01568

 

ちなみに窓際は・・・ 【ED-78S】で、0.1264mW /m2 ですので、μW /cm2に直すと0.01264μW /cm2 完全に「頭痛・集中困難レベルです」つまり、窓際で寝たり、長時間居ない方がいいということです><DSC01569

 

正直、【ED-78S】ユーザーの方は「さゆさんちは、電磁波が低い!」と思ったことでしょう。

実際には、数十センチ移動させれば高くなったり、同じ場所でも10~100倍くらいに簡単に変化しますので、これはその中でも低い値だと思います。 この測定値より低くなることはあまりありません。

家の中に発信機が一つあるだけで、この電磁波の低さは絶対にありえません

そして、私は意識して排除しているからこの電磁波の量ですが、誰か3m以内でスマホなどを使ったら確実にあがりますし、いまや野外では窓際の測定値を超えているところの方が多いです。 電車などの公共施設は・・・終わってます

それくらいしっかり反応するのが、この【ED-78S】です。

この測定器【ED-78S】の最低計測値の0.0005mW /m2 から動かない。微動だにしないところで静養したいものです。

携帯電波が圏外だとテンションがあがる「さゆふらっとまうんど」でした。そんな場所は、ほぼないくらいまで日本列島は電磁波で覆われています。

ご購入ください ↓

ご購入はこちらから

o0631097812556592469 o0627097412556578835


電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1 その2