カテゴリー別アーカイブ: 未分類

チラシを無料でお送りいたします。

皆様に、これまでのお礼を込めて、無料で粗品をお送りいたします。

「マイナンバーチラシ1枚、我孫子チラシ1枚、LEDチラシ1枚、さゆふらっとまうんどグッズ(封筒に入る簡易的なもの)」をお送りします。(マイナンバーチラシは品薄。なくなり次第終了)

ご希望の方は、住所・氏名を添えて以下のアドレスまで、連絡してください。

・sayuflatmound@gmail.com

タイトルは必ず、「粗品希望」と、記してください。

締め切りは11月30日まで。(締め切り無し・随時受付いたしております。)

「粗品をお送りいたします。」を継続します。

一世帯に一通お送りいたします。

チラシ一覧

2017年10月 ご支援ありがとうございました。

2017年10月ご支援いただいた方。

10月2日 E.A 様

10月3日 S.S 様
10月3日 Y.R 様

10月4日 N.S 様

10月5日 S.T 様

10月6日 T.Y 様

10月11日 T.S 様

10月19日 T.T 様

10月20日 K.K 様

10月21日 S.S 様

10月23日 S.T 様
10月23日 S.S 様
10月23日 T.T 様

10月24日 M.T 様
10月24日 C.H 様

10月26日 T.E 様

10月30日 S.T 様
10月30日 N.Y 様

 

以上、18名様、ご支援ありがとうございました。

合計金額「69959円」でした。

皆さんのご支援は社会活動という形でお返ししていきたいと思っています。

今後ともこの活動を継続させる為、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


2017年10月31日 現在

平塚塾 0人

さゆコンテンツ(年会員) 12人

さゆ会員(年会員)11人


<10月の販売>

電磁波測定器 2台

ポスター 0枚


当ブログ・動画を購読、ご視聴いただいている皆様へ

私「さゆふらっとまうんど」は、皆さんのご支援金のみで活動をしています。

後ろ盾は一切なく、公益のみを追求し、一人で活動している個人活動家です。

私の活動に価値を感じていただけましたら、活動を継続、加速させる為にもご支援ください。

私「さゆふらっとまうんど」は、「大衆・社会・未来・地球幸福への貢献」を活動の目的としています。

具体的にはさゆふらっとまうんどの理念


なお、私の記事・動画・画像(顔写真)などすべて、リンクフリー、複製自由です。CD・DVD・印刷してご自由にお配りいただいて構いません。

耳の聞こえない方、目の見えない方へ、PCに詳しくない方、知り合いに複製したCD・DVD・コピーをあげてもよいか?等のご連絡をいただいておりますが、ご自由に「さゆふらっとまうんど」をご利用ください

(注意・ただ営利目的、中傷、名誉を貶める目的での使用はご遠慮ください。)


ご支援頂いた皆様・ご支援のご検討いただいている皆様へ

尚、ご支援くださった方には、本記事のように月に一回、月初めに支援者様からのご支援を確認した旨をイニシャルでお伝えし、お礼を言っています。

もし、「掲載しないで欲しい。」と言うご支援者様がいらっしゃいましたら、メールからご連絡ください。

またちゃんと振り込まれていたか確認したい方は「日付、振り込み名義、金額」を添えてメールでご連絡ください。

sayuflatmound@gmail.com

・漢字表示されていた方、読みが間違えていた表記されていた場合、振込金額・日時等のメールをいただければ訂正いたします。

・ひと月に複数回に分けてご支援いただいた方は、最初の一回のみ記載いたします。月末締めです。

・他銀行からのお振込みの場合、土日を挟んだり、営業時間15時以降に振り込みますと、次の日や週明け付けでのお振込みになる場合があります。 明細票にお取り扱い日をご確認ください


【銀行振込み】

ゆうちょ銀行
ゆうちょう銀行からの振込み
記号番号
10540-91284761
さゆふらっとまうんど

他銀行からのゆうちょ銀行への振込み
〇五八店 9128476
さゆふらっとまうんど


【現金書留】

現金書留をご希望でご支援いただける方は、以下の住所にお送り下さい。

〒275-0003
千葉県習志野市実籾本郷7-12
平塚正幸

<注意>現金書留のみ受け取ります。
    それ以外の郵便物は一切お受け取りできません。

また現金書留の方のイニシャル掲載は控えさせていただき、月半ばと一月分の支援金額のほうには合算させていただきます。(配達日ではなく、当方が受け取った日にちによって合算いたしますので、掲載時期に遅れる場合があります。)

【重要なお知らせ】


【クレジットカードからご支援】

支援金額を選び、「今すぐ購入」をクリック、個数を選び、クレジットカード情報のお手続きへお進みください「今すぐ購入」をクリック後に個数を選ぶことができます

【例: 3000円の支援】
1 下記、支援金¥1000を選び「今すぐ購入」をクリック

2 「お客様の注文の明細」欄の下にある「個数」を「3」にして更新ボタンを押します

3 同画面の右側の「クレジットカードで支払う」をご記入し、一番下の「支払い」ボタンをしてください


支援する To Sayu Flatmound




定期的に支援する To Sayu Flatmound



<お願い>
クレジットカート払いですと、ご支援金を受け取る際に手数料が引かれてしまいますので、お手数でなければ銀行へのお振込みをお願いいたします。具体例:1000円のご支援で、私が受け取れるのは924円。10000円のご支援で、私が受け取れるのは9600円です。


支援金はいかなる理由があっても返金致しませんので、ご了承の上よろしくお願いいたします。


「さゆふらっとまうんどのHP ブログ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

社会活動家として考えること1〜4

 

倒れました。

10月17日過労がたたり倒れました。

熱が40度まで上がり、扁桃腺が腫れ、激痛から唾液も飲めません。

入院を勧められましたが、諸事情から入院はできないので今は家で静養しているのですが、水分が全く取れないので点滴を打つためにしばらく病院に通うことになりそうです。

現在も熱が下がらなく、扁桃腺が腫れて唾液も飲み込めないので、唾液を吐き出さなければ寝れず、呼吸しにくい状態です。

扁桃腺が気道を圧迫し呼吸も若干困難です。

扁桃腺の腫れがひどく、首から頭、耳まで痛みがあり、右耳が聞こえにくい状態です。

もちろん話せません。

選挙期間中の現在、以下のように皆さん訴えかけ、新しい動画も撮影して土日に公開できるように作ろうと思ったのですが無理そうです。


メディアが選挙一色になっている間、巷では選挙に興味を持つ人が必然的に増えるでしょう。

そこで皆さんにお願いです。

「不正選挙、そして選挙の本質」を大衆のみなさんに認識していただく為に、今週アップする選挙関連動画を広めてください。

それらを大衆に伝えることは現代社会の構造を知るきっかけになります。

選挙期間である今週はその絶好の機会になります。

SHA動画一時中断のお知らせ


不正選挙関連動画は、月曜日までに作ったものを金曜日まで毎日上げられそうです。

私の考えはそちらの動画から変わっていません。

編集をしていなかったので、選挙と関係のない、余分なところをカットしてダイジェスト版にし、わかりやすいように新たなテロップも入れてあります。

倒れる前に最低限ここまで完成できたことがせめてもの救いです。

このような状態の為、しばらくは更新ができなさそうです。

「選挙は民主制を謳う為のまやかしである」と広報できる大切な時期に、大変申し訳ありませんでした。

11月05日 イベント「さゆふらっとまうんどの活動を批判する会」開催のお知らせ

講演依頼 4

11月05日 (日曜日)

【イベント】「さゆふらっとまうんどの活動を批判する会」開催のお知らせです。

<イベントの趣旨>

「さゆふらっとまうんどの社会活動をより公益に結び付け、レベルアップする為、当活動に意見がある人が集まり、批判、提案、要望などを話し合う会合です。」

ご批判、ご提案、ご要望がある方は、この機会に奮ってご参加ください。


※ 必ず最後までお読みください

【参加費】

1000円

【場所・時間】

場所:JR総武線沿い駅近く、千葉県市川市にある会議室

時間:13時から15時

【注意事項】

応募と振込の締め切りは10月31日(火曜日)です。

締め切り日以降のご応募、お振込みはお受けできません。

締め切り日以降にお振込みいただいた場合、支援金とさせていただきます。

キャンセルに伴う返金は一切いたしません。

当日はカメラを回し、発言されている方を撮影いたします。

その映像は、貴重なご意見として後日、動画にまとめて公開する予定です。

ご了承の上ご応募ください。

席に限りがありますのでお早目のご応募お願いいたします。

定員になりましたら申し込みを終了させてもらいます。

たくさんのご応募、ご批判、ご意見をお待ちしています。


【ご応募方法】

【要予約制】

・記事一番右下の「カートに入れる」から住所・氏名・連絡先をご記入の上お申し込みください。

・応募後、指定の口座に代金の方をお振り込みください。

・当日身分証の確認がございます。ご応募のお名前、住所がお振り込みの口座名と当日の身分証と一致していますようお願いいたします。

・ご応募と入金確認ができた人には「11月1日水曜日」にメールで【開催場所】をメールでお知らせいたします。入金後すぐには詳細をメールしません。

ご応募氏名と、振込み名義人の名前が一致した方にだけメールいたします。


【注意】

・「sayuflatmound@gmail.com」 からの受信ができるようにしてからご応募ください

メールフィルターがかかっていてメールが届かない人がいます。特にPCメールドメインからの受信にフィルターをかけている携帯電話アドレスの方は上記アドレスからの受信ができる設定を確認してください。


【銀行振込み】

ゆうちょ銀行
ゆうちょう銀行からの振込み
記号番号
10540-91284761
さゆふらっとまうんど

他銀行からのゆうちょ銀行への振込み
〇五八店 9128476
さゆふらっとまうんど


 

2017/10/01 コメントの承認制について

<筆者・さゆ>

「コメントを承認制に戻した、戻してない、とのやり取りがある」と支援者の人に聞きました。

その点についてですが、実際には、以下の記事を上げてから現在まで非承認制のままです。

当HPブログのコメント欄も非承認制にしました。

wordpressのプラグインなどで、スパムをブロックしたり、wordpressのセキュリティシステムなどで、自動的にスパムや承認保留になるものが出てしまうようです。

具体的には、「長文」、「URLの添付」、「連投」、「禁止ワード(当方未設定)」、などがセキュリティに引っかかったことが考えられますが、wordpres側のセキュリティシステムの詳細はわかりませんので他の要因もあることが考えられます。

また、コメントしてから公開コメントとして100%、即刻反映されるのかどうかは、wordpress・プラグイン・サーバー・アクセス状況などが影響し、保証されていることではありません。

自動的に、一時保留(承認待ち)になって、その後、自動的に公開されるものもあるかもしれません。

当方としては承認待ちコメントを見つけ次第承認しますが、こちらもコメントの一覧を常に見てるわけではないので、コメントが流れて気付かなかったり、自動で承認待ちやスパム扱いとなったコメントは、放置する場合があります。

これらのことから、非承認制にしていても、wordpres側のセキュリティシステム上で、自動的にスパムや承認保留になるコメントがあることをご了承の上当HPをご利用ください。

今後とも、さゆふらっとまうんどのHPブログをよろしくお願いします。


私の言論と、この活動に価値を見出していただき、本当にありがとうございます。

<以下、9月26日にいただいたメール>

さゆふらっとまうんど様

はじめまして、Mと申します。

時折、貴重な動画をまとめて拝見させていただいております。

今日、HPを見て驚きました。支援金が少なく、ここまで大変な状況だったとは思ってもおりませんでした。

明日にでも少しですが、ふりこませていただきます。

また、支援者10数名が1万5千円ずつでも、振り込めば20万ほどになり、活動も継続できるのではと思い、コメント欄で呼びかけをしようと思った所、アンチコメの量の酷い事!これではコメント欄に書いてもみてもらえませんよね。

さゆさんと同じ視点で活動をしている方を他に私は知りません。

正直辞められると困ります。

このメールをそのまま視聴者の声として記事にあげてもらいたいです。(実名だけ伏せて)

今、腹に据えましたよ。

今後も活動を辞めさせない為にも、毎月、微力ながら、支援サポートさせてもらいます。

応援しています!


<以下関連記事>

【重要なお知らせ】

音楽動画を上げる時間があるならバイトして活動資金作れ。それしないで活動資金を援助してくださいとか変じゃないのか?

今後、平塚塾生・コンテンツ会員・さゆ会員の人数を掲載いたします。

現金書留の受付をいたします。

<筆者・さゆ>

私の活動は皆さんの支援金で活動させていただいています。

その支援金の送金方法は現在、「銀行振り込み」と「ペイパルを通したクレジット払い」の2種類とさせていただいています。

そして一方で以前より「現金書留で送れないか?」という要望をいただいていました。

以下の記事でも言いました通り、現在支援金は滞り、このままではこの活動が終わってしまいそうである現状です。

よってこの度、現金書留の支援も受付させていただこうと思っています。

【重要なお知らせ】

現金書留をご希望でご支援いただける方は、以下の住所にお送りいただけたらと思います。

この活動が継続できるよう、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

また現金書留の方のイニシャル掲載は控えさせていただき、月半ばと一月分の支援金額のほうには合算させていただきます。(配達日ではなく、受け取った日にちによって合算時期は遅れる場合があります。)

また、「送りました」とのメール、「届いたか」のメールを歓迎いたします。

ご気軽にご連絡ください

その際は、お名前、ご住所などを添えていただくと確認がスムーズです。

今後ともさゆふらっとまうんどをよろしくお願いします。


〒275-0003
千葉県習志野市実籾本郷7-12
平塚正幸


<注意>現金書留のみ受け取ります。
    それ以外の郵便物は一切お受け取りできません。


ご支援のお願い

北朝鮮情勢が切迫すると言われている9日以降に合わせて、太陽フレアで携帯電話に障害の恐れ。

WS2017-09-07_20_28_59000000 WS2017-09-07_20_29_03000000WS2017-09-07_20_28_550000008日携帯電話に障害の恐れ 太陽で通常1000倍の爆発(2017/09/07 17:23)

 通信機器に障害が出る恐れがあるということです。

 国立研究開発法人「情報通信研究機構」によりますと、6日午後9時ごろ、太陽で通常の1000倍の爆発が観測されました。太陽の大規模な爆発は11年ぶりです。爆発によってガスが放出され、8日午後3時から9日午前0時にかけて地球に到達するということです。ガスが到達すると、数日にわたって磁気が乱れ、携帯電話やGPS(全地球測位システム)に障害が出る可能性があります。情報通信研究機構は、太陽が活発期に入った可能性があるとしていて、さらなる大規模爆発について警戒を続けています。


2017.9.4 19:26

北朝鮮、9日にも日本上空通過のICBM発射か 韓国情報機関

 韓国の情報機関、国家情報院は4日、非公開の国会情報委員会で、北朝鮮が建国記念日(9月9日)や朝鮮労働党創建記念日(10月10日)に合わせ「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を通常角度で発射する可能性がある」と報告、日本上空を通過する形でミサイルを発射する恐れがあるとの分析を示した。聯合ニュースが報じた。根拠については触れていない。

 小野寺五典防衛相は報道を受け「重大な関心を持って情報の分析に当たっている。引き続きしっかり警戒監視する」と述べた。北朝鮮は3日に6回目の核実験を実施したばかりで、間隔を空けず、さらなる挑発行為に出る懸念が高まった。

 委員会に出席した議員によると、国情院は6回目の核実験が行われた北朝鮮北東部の豊渓里にある核実験場の坑道4つのうち2つで「いつでも核実験が可能な状態」だと説明。さらに、6回目の核実験が行われたのは2~5回目の核実験と同じ坑道で、陥没したとの情報もあるとした。(共同)


<筆者>

上記記事のように8月29日の北朝鮮ミサイルから、端を発して

>北朝鮮が建国記念日(9月9日)や朝鮮労働党創建記念日(10月10日)に合わせ「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を通常角度で発射する可能性がある」と報告、日本上空を通過する形でミサイルを発射する恐れがある

と9日以降、北朝鮮情勢が切迫するとメディアは煽っています。

そして本日合わせて以下の報道がありました。

>8日午後3時から9日午前0時にかけて地球に到達するということです。ガスが到達すると、数日にわたって磁気が乱れ、携帯電話やGPS(全地球測位システム)に障害が出る可能性

北朝鮮情勢が切迫すると言われている9日以降に合わせて、携帯電話に障害の恐れです。

これだとミサイル発射の「J-アラート」が携帯電話に届かず、余計に大衆不安を煽ることになります。

一方、J-アラートは携帯への連絡だけじゃなく市区町村のスピーカーを使って、自動アナウンスをしますから、市区町村のスピーカーを使った自動アナウンスを肯定するかのようなタイミングですね。WS2017-09-07_20_53_46000000

これら「携帯電話が使えなくなるかもしれない」という流れは、前回の動画「日朝グル」でも私が危惧した、「J-アラートだけでなく、安倍総理がミサイル発射情報をつかんだタイミングで、ミサイル発射前でも、事前にテレビなどで警告を出せ。」という考察にも合致します。

大衆不安を増幅させるためです。

「有事の際の連絡が、携帯電話だと不十分だ」と今回の「太陽フレア」で携帯に障害を作り出すことで肯定できるからです。

9日以降のアジア情勢の動きに注視しています。



<以下関連動画>

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

0829北朝鮮ミサイル 猿払村電話

0829北朝鮮ミサイル

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

maxresdefault日朝グル 後編