カテゴリー別アーカイブ: 未分類

珍しくまともな意見とまともな記事。~男性には女性を「口説く自由」が認められるべきと、仏女性ら100人が連名で発表

仏女優C・ドヌーブさん、男性の「女性口説く権利」を擁護

2018年1月10日 10:26 発信地:パリ/フランス
 

仏女優のカトリーヌ・ドヌーブさん(2017年2月14日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / John MACDOUGALL

【1月10日 AFP】フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーブ(Catherine Deneuve)さんが9日、男性には女性を「口説く自由」が認められるべきと、仏女性ら100人が連名で発表した書簡で述べた。この中でドヌーブさんらは、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)をめぐる一連のスキャンダルによって新たな「ピューリタニズム(清教徒の思想)」に拍車がかかっていると非難した。

 書簡は一連のセクハラの「告発」を嘆く内容で、ドヌーブさん他、約100人のフランス人女性作家や役者、学者らが連名で発表。仏紙ルモンド(Le Monde)に掲載された。告発の流れは、米ハリウッドの元プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)氏が、数十年にわたり性的暴行やいやがらせをしていたとの訴えがきっかけとなって起きた。

 こうした告発の波を「魔女狩り」と称し、性的自由を脅かすものだと主張する書簡には、「レイプは犯罪だが、誰かを口説こうとするのは、たとえそれがしつこかったり不器用だったりしても犯罪ではないし、紳士的な男らしい攻めでも違う」「誰かの膝に触ったり唇を盗もうとした途端に、男性たちは罰されて職場を追放されている」とつづられていた。

 公開書簡はまた、ハッシュタグ「#MeToo(私も)」などのソーシャルメディアのフェミニスト運動を「禁欲的な…清浄化の波」と批判しており、「女性が、特にキャリアの上で性的暴力の犠牲となったことへの合法的で必要な抗議」が魔女狩りに変わってしまっているとも指摘した。

「女性に声を上げさせようとする解放への働きかけが、今や逆に作用しており、人々に『正しく』発言することを強要し、それに同調しない人々を黙らせ、(新しい現実に)寄り添わない人を共謀者や裏切り者として位置づけている」 (c)AFP/Fiachra GIBBONS / Jessica LOPEZ


<筆者>

珍しくまともな意見とまともな記事です。

記事の中のわかりにくいと思われる部分の解説ですが、本文にある「魔女狩り」とは「発言することに、同調しない人々」のことです。

つまり、男性を受け入れる女性が、「共謀者や裏切り者」として位置づけられているということです。男女の分断に加担しない、普通の人が「おかしい」と思われれる、人の道理に反した風潮です。

それがメディア、行政による権威を振りかざした洗脳行為によって大衆に伝染している。

そして伝染していないまともな人間が「共謀者や裏切り者」として位置づけられているということです。

社会は今

強制性交罪が、「性交罪」へ。
ストーカー規制法が「交際罪」へ。

まっしぐらです。

その中この記事は大変稀有ですが、この連名が、ガス抜きの為に同胞に作られたニセ反対勢力でないかを冷静に見る必要はあります。

記事をお知らせくださり、ありがとうございます!


<その3・掃除機が壊れたから直す編>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。

前回まで、「寒くなると家具をリペアしたくなる」を2編にわたって紹介をしてきました。

<その1>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。

<その2>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。

今回はおまけとして、「掃除機が壊れたから直す編」を紹介したいと思います。

最近掃除機が壊れました。

スイッチを「ON」にしても、モーターが回らないのです。

掃除機は2008年製。

もう寿命かな?と思いましたが、原因は何だ?と思っていじくり回すと、案外一番簡単で直しやすいところが原因であることを発見しました。

簡単に治せましたので、参考になればと思い、皆さんに紹介します。

さすがに分解して基盤やらモーター内部やらとなると、難易度が高くなりますが、今回、原因はここでした。↓

 

↑ここを動かすと、掃除機がついたり消えたりすることを発見しました。

ですから、それを発見した10秒後には私はハサミを持ち。

バッサリいきました。

ためらいはありません。

プラグ内でおそらく配線が脱線しただけでしょう。

粗い使い方をしていましたから。

そのような診断から、「プラグを新しいものに変えれば、正常に動くのではないか」と思ったのです。

プラグを変えて正常に動くかどうかを確認したいと思います。

用意するのは新しいプラグと以下の工具や部品です

この手の作業は、中学生の時からやっていたのでお手の物です。

ちなみに、当時、プラグをコンセントに指したまま作業し、感電した経験がありますw

ですから、スタンガンを当てられた人の気持ちがわかりますw

電気製品の自己修理は自己責任。気をつけてください。

はい。

ここからは、超簡単なプラグ交換の経緯です。

切った部分の配線を向くと焼けていました。

これは少し危ないですね。(白方の配線が焦げています。)

ですので少しケーブルをダメージがなさそうなところまで、カットします。

そして向いて、「裸端子・丸形」をつけてつぶして配線とくっつけます。

ここで問題が!!!

ゴム管を先につけるの忘れていました!

この状態で無理矢理付けるとこんなことに。。。(右)↓

切りました。

やり直してゴム管を付けるとこんな感じです。

ゴム管を先につけるのを忘れずに。。

そして、これを新しい電源プラグに取りつけます。

ただドライバーでねじを外し、輪っかに入れて止めるだけ!

これで完成です。

元のプラグより業務用っぽくてかっこよくなりました!

そして肝心の掃除機の方の動作ですが。。。

復活しました!

止まらず、動いてくれました。

心なしか、吸引力も増して、元気になった気がします!

もう9年使ってきましたが、まだまだ動いてくれそうです!

掃除機の修理と、いうと大変な作業のイメージがありますが、意外と断線程度の不動であれば修理は簡単です!

ものは修理出来るのなら、修理して、できるだけ長く使いたいものです。^^

もちろん新規に購入するよりは、怪我のリスクはありますから、怪我はしないように!

3編にわたって、最近した修理やリペアを紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よいお年を!

<その2>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。

本記事は、・<その1>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。の続きです。


<工程3 ・天板にサンドペーパーをかける>

さてここからは室内ではできないので、公園に出かけます!

天板の傷やワックスなど、サンドペーパーをかけて落としていきます。

元はこの状態です。

それをサンドペーパー#60くらいから#150くらいまでかけたと思います。

ここで反省点が。。

#60だと粗すぎて傷が残ってしまったので、最初から150くらいからかければよかったです。(数字が大きくなると目が細かくなります。)

もちろん横もやります。

ただ裏面はやりません。見えないですし、刻印やシリアルが消えてしまうからです。

さらに削っていきます。

 

ここで問題が!!!

この天板は無垢材のはずなのに、なぜか下から白い部分が出てきたのです。

頭が「謎???」になりましたが。

さすがに合板のはずはないですが。

というよりこれはチーク材のはずです。

さらに削ったら茶色部分がまた出てくるのかもしれません。

が、しかし念のため、逆にこれ以上白い部分が広がって出てきたら困るので、ここで削るのをやめました。

ん~。チーク無垢のはずなんですが・・・

(のちに詳しい業者に問わせたらチーク材の合板ということでした。)

打点などなく、小さい天板なんでヤスリ掛けの作業は楽でした。多分5分とか・・・

物足りなかったです。

もっと削りたかったです。

木屑にまみれたかったです。

ワックス塗装が外れたので最小限度のヤスリ掛けにしました。


<工程4 ・足にサンドペーパーをかけて塗装をとる>

あの傷だらけの足をサンドペーパーで塗料を落とします。

本当は黒部分を全部落としたほうがいいのですが、めんどくさいので・・・

ひどい部分や凹凸のある部分だけしっかり落とし、他の部分は新しい塗料がのりやすいように全体的にサンドペーパーをかけました。白っぽくなりましたね。

そして水拭きして乾かしたら早速スプレーをかけていきます。

<工程5 ・足を黒く塗る>

スプレーはつやなしにしました。
ここからが大変です。

何が大変かといえば、待つのが苦手な私が、一回の散布ごとに40分も待たなければいけないことですw

寒い季節なので、なかなか乾きません。

これを3回ほど繰り返しました。

待ち時間に、天板にワックスを塗ります。

<工程6 ・天板にワックスがけ>

濡れ雑巾で天板の木屑を吹き落としたらワックスをかけます。

蜜蠟とか油系の天然オイルを塗りたいところですが、白い部分が出てきたことと、ちょっと濃いめの色の天板にしたかったので、「ブライワックス チーク」を塗ります。

これで白い部分にも着色されて均一化することを狙います。

ちなみにこの塗り方は悪い見本。もっと少しずつ端っこから塗りましょうw

これだとムラになります。

一回目

これで10分ぐらい乾かしたら、右上に見える「亀の子たわし」でこすると、「つや」が出てきます。

これを二回繰り返しました。

ムラがありますが、これ以上塗ると黒っぽくなって木目が見えなくなるので、このくらいでやめておきます。

こんな感じに変化です。

次に塗りなおすときは、天然オイルで行きたいと思います。

ここで一日目の作業終了です。

ここまでで作業時間は、移動も含め4時間くらいでしょうか?

次の日まで乾かし、翌日チェックしてよければ、組み立てです。

<工程7 ・組み立て>

はい。

翌日チェックした結果、これでいいということになり、組み立てました!

<after> だいぶよくなったのではないでしょうか?

以前は以下です。

<before>

所要時間。たったの4,5時間。

かかったお金は、おそらく1000円くらいでしょう。

もっと、慎重に、丁寧にしてもよかったのですが、ざっくりとしました!

なかなか満足いく結果になりましたよ。

むしろ、早く終わりすぎて少し物足りないですw

もっと、天板けずりたかった~

ということで、たまに無性にやりたくなる、リペアの一幕でした。

何か役に立つ情報になれば幸いです。

次回は、・掃除機が壊れたから直す編です。

さらに続きます!

<その1>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。

こんにちは。

寒くなると私はなぜか、使い古した家具のメンテナンスがしたくなります。

去年の12月には、テーブルの鉄脚の塗装を剥がして、黒く塗り直し、無垢の天板にサンドペーパーをかけて蜜蠟を塗ったりしました。(しかも、サンダー等の重機なしの手作業で。)

手作業での鉄脚の塗装を剥がす作業は、本当に大変でした。

休ませていただいているこの機会に、今年も古びた家具を直したくて、サイドテーブルをリペアすることにしました。

その季節が今年もやってきました。年の瀬の恒例行事です。

普段私は、ソフト面の制作(記事・動画・音楽・情報収集と構築)ばかりしているので、物体の形や質感を加工する、「手で触って形づくる」という行為は、普段の私の主な行動と違うことから、少し新鮮な気持ちになれます。

ソフトからではなく、ハード面からの制作は精神バランスをとるにはとてもいいのです。

昔から物作りが好きでした。

はい。それではリペアします。

今回リペアするのは、このボロボロのサイドテーブルです。

天板ボロボロ

特にやばいのは、足の塗装が4本とも、ボロボロです。

足は猫に引っかかれたのでしょうか?

このサイドテーブルをリペアしたいと思います。

工程は以下です。

1 ・分解する

2 ・金具を磨く

3 ・天板にサンドペーパーをかける
4 ・足にサンドペーパーをかけて塗装をとる

5 ・足を黒く塗る
6 ・天板にワックスがけする

7 ・組み立て

完成です!

<工程1>

分解します。

分解は昔から得意です!w

なぜか子供の時から、どうゆう構造か知りたい人なのです。
(先日もインスタで8mmビデオカメラの分解を紹介しました。フォローお願いします!)

天板と足が、ねじで6か所、固定されていたのでそれを外します。

ドライバーでぐるぐるするだけで簡単に取れました!

そして真鍮の金具をとります。

足の金具は回すだけでした。

缶は小さい穴が空いていて、細い釘で打ち付けて固定してありました。

その釘は凸部がなく、錆びていたのでなかなか引っこ抜くのに苦戦。

このテーブルはおそらく1950~60年代に製造されたものなので60年ほど前の釘かとお思われます。

取り外した、真鍮製の足と缶です。

<工程2 ・金具を磨く>

これらの金具には黒いペンキがついていたので、私の大好きな重曹でごしごしして落とします。

おそらく、誰かがちゃんと分解せずに足の塗装の剝がれを塗り足した時についたのでしょう。

重曹で黒いペンキはだいぶ落ちました!重曹でもだいぶ光らせることができましたが

これらは真鍮製なのでさらに磨きをかけることができます。

使うのは、ピカールケアー!

これすごいです。
注目すべきは、ひときわ黒い缶。

ひとつ真っ黒ですね。(茶色か)

これをピカール☆で磨きます。

そうするとどうなるかご覧あれ。↓

茶色の下に金色があること、だれが予測するであろうか!

このようにピカールは最強ですw

どんどん磨いていきます。


そうすると。

なんと

すごいことが起きました!

なんと、「ある人」がその姿を現したのです!

わかるでしょうか???

そう!

しずかちゃんです。

なんと「ドラえもん」の登場人物、「しずかちゃん」がその姿を現したのです!

このサイドテーブルにしずかちゃんがいること誰が想像したでしょうか!www

なぞw

そしてそのしずかちゃんをなんのためらいもなく消したさゆです。

その後もすべて磨いてこの状態になりました!

真鍮足はあえてこのぐらいに磨き方にしました。

これらを徹底的に磨いたら、新品同様になってしまって逆に良さを損なってしまうからです。

正直・・・足の金具の錆びをとるのはさらに1時間くらいかかりそうだったのでやめましたw

これで金具を磨く工程2>は終了です。

<工程3>から<完成まで>、続きは「その2」で紹介します。↓

<その2>寒くなるとなぜか家具をリペアしたくなる。

「粗品をお送りいたします。」を継続します。

11月3日に募集した以下の記事ですが、ご好評につき、継続いたします。

今日、やっとすべての発送が完了しました。

【今回、期限は、特に設けないこととします。】

チラシが欲しい方は、ご連絡ください。

無料で発送致します。


粗品をお送りいたします。

「2017年11月の間」皆様に、これまでのお礼を込めて、無料で粗品をお送りいたします。

「マイナンバーチラシ1枚、我孫子チラシ1枚、LEDチラシ1枚、さゆふらっとまうんどグッズ(封筒に入る簡易的なもの)」をお送りします。(マイナンバーチラシは品薄。なくなり次第終了)

ご希望の方は、住所・氏名を添えて以下のアドレスまで、連絡してください。

・sayuflatmound@gmail.com

タイトルは必ず、「粗品希望」と、記してください。

締め切りは11月30日まで。

一世帯に一通お送りいたします。

チラシ一覧

コメント欄を承認制に戻しました。

2017年9月24日に当HPのコメント欄を非承認制にいたしました。

当HPブログのコメント欄も非承認制にしました。

そして本日、2017年12月5日承認制に戻しました。

非承認制後、「承認制に戻してほしい」というお声も、たくさんもらいました。

妨害の現状を皆さんに、見てもらう為にも非承認制にしたのですが、皆さんにはつらい思いをさせてしまったと思います。

毎日数えきれない妨害コメント、私へのネガティブキャンペーン、誹謗中傷、人格否定、その為に繰り広げられる噓八百のシナリオとレッテル貼り、殺害予告、非承認制にした途端に水を得た魚のように沸いてきた人達に、皆さんびっくりされたことでしょう。

そのように連日の妨害コメントに当HPがさらされている中、開催した「さゆふらっとまうんどを批判する会」では、申し込みは0人でした。

その意味を言わなくても皆さん理解していると思います。

妨害は、活動を始めて半年以上経過してから少しずつ増えてきて、現在までエスカレートしています。

社会活動家としてはうれしい「ご評価」なのですが、それを理解できず、アンチに誘導されたり、私に対して懐疑的になったりする人も若干ですがいるようです。

これら妨害は、活動家として勲章のようなものであることは、以下の記事でも述べました。

<2015年夏>さゆふらっとまうんど支援者の皆様へ 残暑見舞い申し上げます。 ~ 一般大衆傀儡の「勲章」

そして先ほどいった「妨害の現状を皆さんに、見てもらう必要性がなぜあったか?」と言えば、

私一人ではこの社会に対する影響力というのは小さすぎるからです。

ですので、皆さんに、私というフィルターを通して妨害を疑似体験していただきました。

私たちと共に、または個々にでも、命ある限り、公益の為に社会活動をしていく、みなさんへの免疫作りの為にも、今回、コメントを非承認制にすることで攻撃を、疑似体験していただきたかったのです。

このような現状を知っているのと、突如起こるのとでは、身構えることができる分、皆さん自身に起きる精神的ストレスも減るでしょう。

他にも複合的理由はありますが、一旦その目的は、達成できたのではないかと思っています。

そして現在は、私の活動休止で、コメント欄も落ち着いたようですから、ちょうど良いタイミングでしょう。

活動に関するお知らせ

非承認制にすることで、皆さんには、多くのご心配をおかけいたしました。

しかし、この非承認制によって、当活動がどれだけの妨害に晒されているかご理解いただけたと思います。

そして一方でこの経験により、精神的に強くなり、結束をより強め、この活動の意義に確信を持てた方も多かったのではないでしょうか?

実際に「応援する会」の方々などを筆頭に、結束を固め、益々エネルギッシュに、活動されています。

さゆふらっとまうんどBOT
さゆふらっとまうんどさんを応援するブログ

私の精神を思いやっていただいた、励ましのメールもたくさんいただきました。

スタッフの方たちにも励ましていただきました。

皆さん、ありがとうございます。

さゆコンテンツに「見てよかった動画一覧」を追加いたします。

さゆコンテンツに「見てよかった動画一覧」を追加いたします。

「見てよかった動画一覧」とは、私が日々見ているyoutube動画などで見る価値がある動画を一言添えて、コンテンツ会員さんに紹介するページになります。

無数にあるyoutube動画から、さゆコンテンツ会員様に私が「見てよかった」と思った動画を紹介したします。

更新情報は、HPのTOPページに(見てよかった動画一覧 11/30更新)と記載しますので、そちらからご確認の本ページにアクセスして下さい。

アクセスは、会員ページにある「見てよかった動画一覧」の画像をクリックし、PASSを入力してください。

さゆふれんず会員ページ


 

会員ミラー

活動に関するお知らせ

先日は、倒れてしまい、皆様にご心配をおかけいたして申し訳ありませんでした。

倒れました。

また、その際、たくさんの方から労をねぎらっていただき、応援、励ましのご連絡をいただきました。

本当にありがとうございます。

今現在、体の方は完治とはいかないものの、だいぶ楽になりました。

2017年9月、10月は沢山のことが積み重なってありました。

どうしたらもっと、公益を生み出せる活動ができるのか?

この活動の意味と意義、社会に与える影響を再確認したいと模索しながら、活動内容、方向性を改めて考え直していた時期でした。

又、どうしたらもっと日々の苦しみから抜け出せるか?、質の高い人間になれるのか?、他者と良好な関係を築けるか?、他者の心と向き合ったとき、何が最良の行動なのか?

自分自身の未熟さに向き合い、「もっと成長したい」、と強く思い出していた時期でした。

そんな時に倒れてしまいました。

そして10月は、細かいことを含めたら言いきれないぐらい、多くのことが立て続けに起きた月になりました。

その多くのことが起きた中でも一番大きかったことは、この活動を始めるずっと前から私に寄り添い、活動を応援し、これまでずっと支えてくれていた、家族を失ったことです。

何の後ろ盾も無い、裸一貫の私が、これまで自分を信じ、「社会を良くしたい」という信念、ただそれだけで、ここまで長い期間、そしてこれほど多くの情報を扱い、一人でこの活動を続けてくることができたのは、その方の支え無くしてはありえませんでした。

それが私が倒れた時と、ちょうど重なりました。

これまで3年と10か月、休みなく突っ走ってきました。

自分と冷静に向き合える時間は、あまりありませんでした。

その間、私は得たものは大いにありましたが、一方で、失ったものもまた、あるように思います。

その煽りが今、立て続けに、しかも同時に起きた事により、大きなダメージとして私に降りかかっているように感じます。

正常な精神と、生活に戻し、そして同時に今後の活動スタイルや方針を練り直す為にも、自分自身をリセットする時間が必要です。

もう一度自分自身を見つめ直し、この活動、そしてこの現代社会、そして人々を見つめなおす時間をいただけませんでしょうか?

一旦この活動を休止したいと思っています。

ーーー

応援してくれている皆さん。

皆さんの支え無しには、ここまでこの活動を続けてくることはできませんでした。

揺るぎない事実としてあることは、すべての記事と動画は、応援してくれる皆さんがいらっしゃらなければ、間違いなく生まれなかった、ということです。

私が作り出した300本以上の動画と、2000本以上の記事は皆さんのものです。

応援してくれている皆さんには、このようなお知らせをしなければいけない事を、大変申し訳なく思っています。

自分と向き合い、心を整え、俯瞰に俯瞰を重ね、新たなレベルアップをする為のお時間をいただけますよう、ご理解のほどをお願いいたします。

この活動、そして私を支えていただき本当にありがとうございます。

さゆふらっとまうんど