作成者別アーカイブ: sayuflatmound

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

WS000251女児殺害で千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知

産経新聞 3/28(火) 7:55配信

 松戸市に住む小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害され我孫子市に遺棄された事件を受けて、県教委は27日、県内に160ある県立学校の校長や、政令市の千葉市を除く53市町村の教育長、5教育事務所長あてに、通学路の安全確保対策などを強化するよう緊急の通知を出した。

 リンさんは、登校で自宅を出た直後に事件に巻き込まれた可能性が強まっており、通学路に複数の“死角”があったことが指摘されている。登下校時のほか、春休みに入り外出の機会も増えるため、児童生徒が外出する際の注意を喚起することとした。通知では、できるだけ1人にならない登下校の指導や、防犯教室での危険予測能力・危険回避能力の育成といった防犯教育の徹底を求めている。

 また、関係機関や地域と連携した見守り活動を行い、教職員や保護者らによる通学路の安全点検を実施する安全確保対策を進めるよう促している。

 県教委の担当者は「通学路の安全は、学校だけでは対策を講じられないことがある。現在は春休み中だが、地域の力を借りて新年度に向けた準備してほしい」としている。

 ■臨時保護者会「とても不安」

 リンさんが通っていた松戸市立六実第二小学校では27日夜、臨時の保護者会が開かれ、約200人が出席した。

 保護者会では黙祷(もくとう)のあと、学校側がこれまでの経緯や、今後の安全対策などについて説明した。出席した小学2年の児童の母親(38)は「自分たちもとても不安。通学の安全を確保するのは難しいと改めて感じた」。地域の防犯に携わってきたという男性(77)は「通学路をもう一度見直し、今まで以上に不審者などの異変に気をつけていかなければいけない」と話した。


<筆者>

>政令市の千葉市を除く53市町村の教育長、5教育事務所長あてに、通学路の安全確保対策などを強化するよう緊急の通知を出した。

我孫子市女児全裸遺棄事件を起こした目的が追行され出しています。

これは正に、奴隷教育の精度を直接的に上げている変革そのものでしょう。↓

・防犯教室での危険予測能力
・危険回避能力の育成

これは、他者をまず疑い、他者を懐疑的に見る心を作るために行われる育成でしょう。

「知らない人は怖い」「知らない人は自分を攻撃してくるかもしれない」「知らない人と話してはいけない。」

こう思わせることで、人との出会いを委縮させ、人との関係を希薄なものにする為の心作りという目的をもって、子供たちに対して学校教育が行われます。(常識の書き換え動画参照)

それは正にICT教育の目的である、ネットの仮想空間に生きる人を作ることにも繋がっているのです。

<ICT教育>「電磁波(wi-fi)・LED」の危険性を無視するどころか、子供達に強制する社会 ~<渋谷区>全児童生徒にタブレット貸与 持ち帰りも認める

<ICT教育>なぜ世界中でプログラミング教育が必修化されているのか?

つまり本事件は、これら目的を達成するために逆算して、意図的に特務機関が事件を起こした可能性が高いのです。

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

愛されて育った人は、人を疑わず、他者をまず「良い人」であると思って接します。

愛されて育った人は、他者に興味があり、心がいつも喜びで満ちています。

そうゆう人は、人にも愛され、人と人とを繋ぎ、それは自分自身の可能性を高めることになるのです。

それこそが、自分が人に愛され、自衛になる心なのです。

それが昔の社会では普通のことであり、大衆の大多数でした。

しかし、疑心暗鬼な心を強要する為に、メディア、行政、教育現場が社会が一体となって大衆の心に「不安と懐疑心」作り出しているのです。

その具体的流れが教育変革としてこのような事件を契機に起こされているのです。

このように私がこの手の事件を扱い、分析し、動画で語っている心の背景には、大衆の大多数は良心のもとに行動している。だから懐疑的な心で生きることはだれも得をしない。むしろそれは、人生が暗くつまらないものになり、出会いが持つ甚大な可能性を妨げるという思いがあります。

だから人を疑ってみることで、人間関係を築けない心を持つことは皆にとって損なのです。

しかしそのような人との繋がりを希薄にすることがマイノリティーである支配者層の大衆統治戦略であるから、それを達成するために社会環境も、教育からもそのような目的をもって動いているのです。

人の心の背景を「人を疑ってみること、懐疑的な感情を抱いている状態」にすることは、大衆への分断工作なのです。

「人のことを疑わず好意も持って接することは、騙され、ひどい目に合うから気を付けろ。」
「狭い交友関係で生きろ。ネット環境を作るから、一生会うことのない人間関係でいろ」

こうゆう状態を大衆の心の中に組み込むことを実行しているのが現代社会なのです。

だから向こう側は、不審者、ストーカーという概念を構築し、同時に犯罪を作り上げて、大衆を分断する流れを作っているのです。

我々に必要なのは、他者を疑うことでも、集団登下校するシステムでもなく、これら社会誘導の方向性をしっかりと見て、正しい方向を読み取り導くことです。

他者を疑うこと、集団登下校することは、身を守ることにはなりません。

人を愛することが、身を守ることになるのです。

他者を愛することが、自分の身を守ることになるのです。

それと逆行する社会の動きは、我々の幸福とは違う方向に社会が動いていることを示しているのです。

真実は以下です。

人のことを疑わず愛も持って接することは、自分も愛され、素晴らしい出会いに恵まれ、力が何倍にもなり、多くの人に助けられる。

これが我々人間の普遍性なのです。

しかし、大衆が一丸となり団結し、一人一人が潜在能力を生かした力を持つことは、マイノリティーである支配者層が大衆をコントロールできなくなることを意味しますから、大衆を分断する為に、メディアを使い大衆の心に疑心暗鬼な感情を作り出しているというわけです。

それを学校教育からしてしまうというのが、今回の我孫子市女児遺棄を契機に「危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底する」という口実で、より制度を増して行われようとしているのです。

それが今回の記事の意味であり、我孫子市女児遺棄が起こされた理由なのです。


<関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

那須雪崩死亡事故は、人工雪崩によって意図的に起こされた可能性がある。~人工雪崩は簡単に起こすことができる。

WS000347栃木のスキー場で雪崩 高校生数人が巻き込まれたか

テレビ朝日系(ANN) 3/27(月) 10:30配信

 警察によりますと、栃木県那須町にある那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生して、栃木県内の高校の山岳部の生徒数人が巻き込まれた可能性があるということです。スキー場では高校生ら50人くらいで訓練をしている最中に雪崩が起き、そのうち数人と連絡が取れていないということです。現在、消防や警察が現場に向かっているということです。


<筆者>

この雪崩の事故の報道を見たときに私は違和感がありました。

この雪崩の報道があった3月27日(月曜日)の前の日、26日(日曜日)は、我孫子女児全裸遺棄が一斉に報道されていました。

その事件が意図的に起こされた事件である兆候を掴んだ私は、記事・動画にしたわけですが、その事件の内容から、すぐに一斉報道は沈静し、犯人は捕まらない状態で、情報を小出しする戦略に出て来るとみていたので、まさに次の日に、この雪崩の事故一色にメディアが染まったことは「やはりな。」と思ったのです。

つまり、この雪崩事故は、孫子遺棄事件の犯人逃走(特務機関だから捕まるはずない)への不安を残したまま、一斉に報道されることで、その我孫子遺棄事件の目的としてもタイミングが完全にぴったりなのです。

それだけではありません。

この雪崩の事故は、これまた偶然とは思えないほどタイミングがよい「他の要素」があるのです。

それはこの事故が、格安ツアー会社「てるみくらぶ」の破産と合わせてマスコミ関係者一色になっていたことです。(あと相撲の優勝。ただの時間稼ぎ)WS000328これを見て私はハッとしました。

なぜなら去年2016年。特務機関によって意図的に起こされた「軽井沢スキーバス転落事故」が社会にもたらした社会影響と同じものが今回の、格安ツアー会社「てるみくらぶ」破産と、那須雪崩事故を「同時に」報道することで達成されていることに気づいたからです。(軽井沢スキーバス転落事故の動画参照 下に添付)

その点については以下の記事で書きました。

軽井沢スキーバス転落事故一つの事件で起きたことが、今回、格安ツアー「てるみくらぶ」破産と那須町雪崩8人死亡、同日同時に起きる

そしてこの「てるみくらぶ破産」の理由はなんであるかと言えば、以下のように報道されています。WS000345WS000346「経費コストのかかり過ぎ」こんな理由のはずがないでしょう。

もしもそれだけが理由であれば、破産申請が通るはずがありません。
破産申請とは、負債があれば簡単に地裁が認めるわけではないのです。

もし本当にそれだけが理由であれば、融資すれば黒字化できるわけですから、破産せずに融資先を探せばいいでしょう。

ですから普通に考えれば、この破たんで顧客の金が会社と社長の失墜と引き換えに、どこかに流れたということです。

「てるみくらぶ破産」の経緯などの詳細は、この記事では反れてしまうので触れませんが、この破産で注目すべきは、その時期や、実際に破産する起業状態になることを「第三者がコントロールできる」ということです。(この社長が確信犯なのか、誘導されたのか分かりませんが)

この格安ツアー会社が負債を抱えて、顧客から預かっていた金を不履行にした事象は、旅行会社への悪イメージ、そしてそれは企業のNWO化に寄与します。

これら那須雪崩事故と、てるみくらぶ破産を同時に事件化することで、2016年に起きた軽井沢スキーバス転落事故と同じ目的を社会敷設できるのですから、前者の雪崩もまた自然災害ではなく、意図的に起こされた可能性が高まるのです。

そして、極めつけは、雪崩事故発生から2日目にして下の記事です。

>栃木県教育委員会は今回の雪崩事故を受けて、県内高校生の冬山登山を全面的に禁止する方向で検討に入った。

変革したい意図があって事件は、逆算して作られるのです。


高校生の冬山登山、禁止を検討 栃木県教委

朝日新聞デジタル 3/29(水) 6:56配信

 WS000342

 栃木県教育委員会は今回の雪崩事故を受けて、県内高校生の冬山登山を全面的に禁止する方向で検討に入った。

スポーツ庁は高校生の冬山登山を原則として行わせないよう各都道府県教委に通知してきたが、栃木県では登山計画審査会で審査した上で認めていた。

今後、審査会メンバーの県高校体育連盟や県警、県山岳連盟などと協議する方針。県教委幹部は「痛ましい事故を教訓にしなくてはならない」と述べた。

栃木県では高校の部活動で登山する場合、登山計画書を登山計画審査会に提出し、日程や避難経路の設定、装備などの審査で承認を受ける必要がある。

大田原高校など山岳部の実力校を抱え、冬山登山でも承認があれば認めてきた。

一方、雪崩事故があった春山安全登山講習会は、「(登山ではなく)講習会との位置づけ」(宇田貞夫教育長)で、主催する県高体連は1963年から登山計画書を出さず、審査会にも通さずに実施してきた。

県教委の田代哲郎スポーツ振興課長は「安全には万全を期していると思っていたし、今までも無事故でやってきた。ただ、審査会を通せば事故を防げたのかもしれない」と述べた。(佐藤太郎)


我孫子市女児遺棄の目的が「集団下校、防犯教室での危険予測能力、危険回避能力の育成などの防犯教育を小学校で行う為の契機」だったように、変革への口実から雪崩を起こしたと考えられます。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されだしています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

そして雪崩事故に対するマスコミの動きにも注目してみましょう。

そしてこの事故が110番通報されたのが27日午前9時20分。

一報を報じたのがANNで3/27(月) 10:30これもあまりにも早すぎますね。(TOP記事)

しかもです、この雪崩の事故はわ・ざ・わ・ざ・速報で、番組中の3/27(月) 10:38に流しています。

TBS ひるおびでは、りんちゃんの通学路をリポーターが解説しているときに速報としてこの事故が流れ、大変違和感がありました。

WS000355 WS000356


<雪崩>高校生ら遭難6人心肺停止4人不明 栃木のスキー場

毎日新聞 3/27(月) 10:38配信

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。地元消防や県教委によると、県内7高校が登山講習会に参加しており、同県立大田原高校(大田原市)の生徒6人が心肺停止の状態で見つかったほか、同高の生徒と教諭計4人が行方不明、8人が負傷しているという。雪崩は同スキー場の第2ゲレンデ付近で発生したとみられる。気象庁は積雪面の上に新雪が降ったことによる「表層雪崩」の可能性が高まったとして雪崩注意報を発令していた。

【付近のライブカメラの画像】

 同校の関係者によると、同スキー場では「春山安全登山講習会」を開催しており、▽大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の計7校(約60人)の生徒らが参加。主催は栃木県高等学校体育連盟。

 同日午前9時35分ごろ、引率していた大田原高校の教員から「安否の確認ができない生徒がいて、捜索している」と同校に連絡があったという。同講習会は25~27日の日程で行われ、参加者は事故現場周辺にいたという。

 那須温泉ファミリースキー場の運営会社によると、スキー場は20日に営業を終了し、リフトは運転していなかった。三つのゲレンデのほかにそり用スペース、雪遊び場があり、毎年開かれる同講習会に施設の一部を貸していたという。事故の一報は午前10時過ぎに入ったが、男性社員は「まだ詳しいことは全く分からない。上の者が現地に向かっている」と慌ただしく話した。

 同県北部では26日から降雪が続き、気象庁によると27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


雪崩事故から2日間で、250本近い記事、報道です。つまりメディアは那須雪崩事故を一斉に報道。WS000349そしてメディアは、もちろん亡くなった高校生への同情を、変革への肯定材料にする為に、彼らの夢や希望を報道することも忘れません。↓WS000343WS000344そして雪崩の死亡事故が、速報として入れるほど珍しいことかいえば、毎年死亡事故があるようです。


【栃木スキー場雪崩】過去の主な雪崩事故

■過去の主な雪崩事故

 平成7年1月4日 長野県の中央アルプスの千畳敷で6人が死亡

 19・2・14 青森市の八甲田山系の前岳で、スキー客ら24人が巻き込まれ、2人が死亡、8人が重軽傷

 3・18 北海道の積丹岳で、スノーモービルをしていたグループの4人が死亡、1人が重傷

 11・23 北海道の十勝岳連峰の上ホロカメットク山で日本山岳会北海道支部のパーティー11人のうち4人が死亡

 12・31 北アルプス・槍ケ岳で7人が巻き込まれ、4人が死亡

 22・12・31 鳥取県の奥大山スキー場でパトロール隊員ら4人が死亡

 23・4・29 北アルプス・白馬岳の大雪渓で登山者3人が死亡

 24・2・1 秋田県仙北市の温泉旅館近くで宿泊客3人が死亡

 25・4・27 白馬岳の大雪渓で登山者3人死亡

 11・23 北アルプス・真砂岳で7人死亡


そして十年間でこれだけの雪崩事故があるようです。2017年03月29日(Wed)12時22分00秒

ではなぜ、今回が速報されたこれだけ報道されているのか?ということです。

そして、今回の雪崩が自然災害であるていで報道されていますが、雪崩は、人工的に簡単に起こすことができます。

以下の動画をご覧ください。

大砲を雪山に発射させて雪崩を起こしています。

以下の記事ように国内で実験が行われていますし、下のpdfでは、1961年から人工雪崩は建設省研究補助金対象となり、雪崩防止工に関する研究が行われたとあります。

人工雪崩発生技術の歴史と今後の問題


「構造解明に生かす」北海道ニセコで測定

 国内で28年ぶりとなる火薬を使用した人工雪崩実験が28日、北海道ニセコ町東山のニセコビレッジスキー場であった。幅約40メートル、長さ約500メートルにわたる全層雪崩の発生に成功し、実験を行った名古屋大学大学院の西村浩一教授は「4シーズンにかけて行う雪崩実験の初年度として、今後に期待の持てる測定ができた。雪崩の構造解明やハザードマップづくりに生かしたい」と話した。

 

 実験は、スキー客の立ち入りを禁止し、シーズン中は毎日スキーパトロールがダイナマイトを使った雪崩コントロールを行っている特別管理区域の「水野の沢」で実施。ダイナマイトの爆破とともに雪煙が上がり、崩れた雪の塊は斜面の雪を巻き込みながら沢に沿って緩い右カーブを描いて流れ下った。【三股智子】


そして、イッテQ 第38回2008年02月17日放送の番組では、人工雪崩を起こす企画がおこなわれたようです。

以下のように人工的になぜ雪崩を起こすかという理由が言われています。

自然発生する雪崩は危険だから、予め雪崩を起こしてしまって突発的な雪崩を回避する為です。

WS000359WS000361 WS000363 WS000365 WS000373 WS000375

そしてこの番組で興味深かったのはヘリコプターを使った人工雪崩が紹介されていた点です。WS000377 WS000378 WS000379

これらを見てわかるように、人工雪崩の起こし方はダイナマイトや大砲、またはそれらをヘリを使って行うなど原理は単純で、容易に雪崩を起こすことができます。

余談かもしれませんが、2008年1月12日に公開された日本のスキー映画「銀色のシーズン」では、スキーヤーの主人公達が僻地の急斜面を滑降する為に、大砲を購入しぶっ放すというシーンが出てきます。5b9c8c0e (1)

 つまり、人工地震、人工津波、人口台風などに比べ、人工雪崩を起こすことは比較的容易に出来、今回それを変革の契機にする為に、意図的に起こされた可能性があるのです。

人の命を守るための人工雪崩が、変革の為に人の命を奪う目的で使われた可能性が、昨今の社会全体の動きを見るならば有るのです。

皆さん。

これほど容易にできる、人工雪崩の可能性になぜメディアは一切触れないのでしょうか?

そして現地にいた人へ

雪崩発生時「爆発音、発砲音、ヘリコプター」などを目撃しませんでしたか?


<関連記事・動画>

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子

スキーバス転落部活動自粛 2ご支援のお願い

軽井沢スキーバス転落事故一つの事件で起きたことが、今回、格安ツアー「てるみくらぶ」破産と那須町雪崩8人死亡、同日同時に起きる

WS000324

栃木のスキー場で雪崩 高校生ら8人死亡、40人けが(2017/03/28 05:50)

 栃木県那須町のスキー場で山岳部の高校生ら約50人が雪崩に巻き込まれた事故で、男子生徒ら8人の死亡が確認されました。

 警察などによりますと、27日午前、那須町のスキー場で、春山登山の講習会に参加していた栃木県の高校生ら48人が雪崩に巻き込まれました。この事故で、栃木県矢板市に住む高瀬淳生さん(16)、栃木県那須塩原市の浅井譲さん(17)ら県立大田原高校に通う男子生徒7人と同じ大田原高校の教師・毛塚優甫さん(29)の合わせて8人が心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

いずれも雪の重みで息ができなくなって死亡したということです。また、このほかに40人がけがをしています。那須町では26日から大雪、雪崩注意報などが出ていました。警察は訓練を決行した判断が適切だったのかどうか、業務上過失致死傷の容疑も視野に入れて捜査をしています。


【速報】格安海外旅行業者の(株)てるみくらぶが破産

東京商工リサーチ 3/27(月) 9:36配信

 

 動向が注目されていた格安海外旅行業者の(株)てるみくらぶ(TSR企業コード:296263001、法人番号:6011001044153、渋谷区渋谷2-1-1、設立平成10年12月4日、資本金6000万円、山田千賀子社長)は3月27日、東京地裁に破産を申請し、同日破産開始決定を受けた。
 申請代理人は南勇成弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)。
 負債総額は現在調査中。WS000327


<筆者>

去年あった軽井沢スキーバス転落事故による社会影響と同じことが、今回二つの事象が同時に起こり報道されることによって起きています。

2017年3月27日に一斉に報道されている、格安ツアー「てるみくらぶ」破産と那須町雪崩8人死亡です。

これら2つの報道は同日に起き、それらは同時に報道されることで、軽井沢スキーバス転落事故と同じ社会影響があります。

スキーバス転落事故は、バス事業者への規制強化がその主でしたが、他の要因として、格安ツアーの悪イメージ工作、大学生の旅行客が亡くなったことで、若者の旅行意欲がそがれるということになりました。

今回も、格安ツアー「てるみくらぶ」が3月27日破産開始決定。負債151億と多くの人に損害をもたらしたことで、旅行へ購買欲は削がれたことでしょう。

旅行代理店に払った金は戻ってくることは期待できません。WS000328 WS000329

そして同日3月27日スキー場で山岳部の高校生ら約50人が雪崩に巻き込まれた事故で、男子生徒ら8人の死亡。

と同時に報道されています。

これもスキー繋がりで、雪崩での死亡事故から、冬のレジャー、旅行へに委縮になる。しかも今回は部活動中の事故であることから、部活動委縮にも寄与します。2017年03月28日(Tue)11時34分38秒

またもや格安ツアーと雪山、スキーに関係する死亡事故の組み合わせ。

これらを見ると、軽井沢スキーバス転落事故で社会に与えた影響と同じことが今回、二つの事件に分かれてはいるが起きているわけです。

格安ツアー「てるみくらぶ」破産と那須町雪崩8人死亡事故が、同日同時に起きた事実。

これは本当に偶然なのでしょうか?


<関連記事・動画>

スキーバス転落部活動自粛 2ご支援のお願い

 

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

WS000307WS000305WS000306WS000308WS000304千葉・9歳女児殺害事件 赤いランドセルを発見か(2017/03/28 05:51)

 千葉県我孫子市で9歳の女の子が遺体で見つかった事件で、行方不明になった日に女の子が背負っていたとみられる赤いランドセルが見つかっていたことが分かりました。

 我孫子市で26日、行方不明になっていた千葉県松戸市の小学3年生でベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんの遺体が見つかりました。リンちゃんは行方不明になった当日、赤いランドセルを背負っていましたが、遺体発見現場の周辺では見つかっていませんでした。捜査関係者への取材により、27日、県内の住民から「ランドセルが落ちている」との情報提供があり、リンちゃんのものとみられる赤いランドセルが見つかっていたことが分かりました。詳しい場所については明らかにされていません。警察は、何者かが犯行の前後に捨てたとみて詳しく調べています。


WS000314 WS000315 WS000316何点かの赤ランドセル…女児の持ち物か捜査

2017年3月28日 05:23

 千葉県我孫子市で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、女の子の死因が窒息であることがわかった。

 この事件は26日、千葉県松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・リンさんが、我孫子市内の橋の下の草むらで、衣服を身につけていない状態で遺体が見つかったもの。警察がリンさんの司法解剖を行った結果、死因は首を絞められたことによる窒息とみられることがわかった。また、遺体の手足には小さな傷があったという。

 警察は複数の防犯カメラを調べているが、24日午前8時に家を出た時の自宅のカメラ以外に、リンさんが写った画像は確認されていないとしている。一方、千葉県内外の複数の場所から、何点かの赤いランドセルが見つかっており、警察が回収してリンさんの持ち物が含まれていないか調べている。


WS000311 WS000312 WS000313我孫子9歳女児遺体 首絞められ窒息死か

2017年3月27日 19:26

 

 26日、千葉県我孫子市で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、女の子の死因は窒息死とみられることがわかった。

 松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・リンさん(9)は26日、我孫子市内の橋の下の草むらで、衣服を身につけていない状態で死亡しているのが見つかった。

 警察は27日、リンさんの司法解剖を行った結果、死因は窒息死とみられることがわかった。警察は、リンさんは何者かに首を絞められて窒息死したものとみて、当時の状況などを調べている。


<筆者>

遺体が発見された当日は、「女児がなぜ事件にまきまれたのか?」という情報だけしっかりと流し、その後2日経っても情報は小出し。大した情報は出てこない。

以下のように、首、顔、次は頭。そしてランドセルと、情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。


ひも?で首絞めた痕、窒息死の可能性…小3遺体

読売新聞 3/28(火) 7:28配信

 

 千葉県我孫子市北新田の排水路脇で26日朝、同県松戸市六実(むつみ)、ベトナム国籍の市立六実第二小3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が他殺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、遺体の首にあった傷痕は、ひも状の物で強く絞められたような痕だったことが27日、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は同日、司法解剖の結果、リンさんの死因は窒息死だった可能性が高いと発表した。

 リンさんは26日午前6時45分頃、自宅から10キロ余り離れた我孫子市の排水路脇の草むらで、衣服を身につけていない状態で死亡しているのが見つかった。捜査関係者によると、頭部には硬いもので殴られたとみられる傷痕もあったという。

 現場付近には争った形跡がなかったことから、県警はリンさんが別の場所で殺害された後、現場まで運ばれて遺棄された可能性もあるとみて調べている。


小3女児は「窒息死」 首にひもの痕

フジテレビ系(FNN) 3/28(火) 0:47配信

冷たい雨の中で、27日も続けられた所持品の捜索。
女の子の遺体が見つかった現場には、黄色い花が供えられていた。
千葉・我孫子市の排水路脇で26日、遺体で見つかった、ベトナム国籍の小学3年生、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)。
警察の司法解剖の結果、死因は窒息死とみられることが、新たにわかった。
リンさんの首には、ひものようなもので絞められた痕があり、顔には殴られた痕もあった。
現場には争った跡がないことから、リンさんは別の場所で殺害されたあと、自宅からおよそ12km離れた排水路脇に遺棄されたとみられている。

最終更新:3/28(火) 0:47

Fuji News Network


当日から「首に絞められた跡」と言っていたらから、窒息死である可能性を示唆してたのです。

そして今日報道されたランドセルも、今回複数見つかり「特定を急いでいる」と報じるところと、TOPのように「リンちゃんのものとみられる赤いランドセルが見つかっていたことが分かりました。(ANN)」と断定する報道をしていて割れている。

そして注目すべきは各社なぜか犯人像には全く触れないことです。

これまで起きた事件の流れから言えば、犯人はどのような人物であるのかや、犯人の足取り、何かしらの証拠の報道が、少なからずあるのですが、今回は事件から3日目の現在、全くされていない。

この事件の主な情報は、ただ「自宅を出た直後に事件に巻き込まれた」と、集団登下校への流れにする為の情報が敷設されている。↓WS000317 WS000318 WS000319 WS000320 WS000321 WS000322

WS000310

これを見れば、事件を起こし、報道する目的が露骨にわかるのです。

事件から3日経ってもメディア、警察は犯人像に迫らず、犯人の情報が全くと言っていいほど出てこないのは、この事件の目的上、「犯人は捕まらない」という状態が、この事件を起こしたその目的から都合がいいというわけです。

出てくる情報といえば、大衆の心理的を圧迫するために「ランドセルが、頭にも傷」と、犯行は残忍であったとする情報を小出しにするのみです。

つまり、犯人が捕まらないほうが、大衆行動を委縮できるというわけです。

大衆に他者とのかかわりを委縮させ、懐疑心を抱かせ、恐怖心を植え付ける目的上都合がいいのです。

これほど犯人像に迫らないメディアの動きは、事件を作るものも、それを伝えるものも、どちらも同じ者に作られていることを物語っているのです。

なぜなら報道の仕方が、事件が起こされた目的に沿っているからです。


<関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子ご支援のお願い

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

<千葉女児殺害>登校中トラブルか 24日朝から不明

毎日新聞 3/26(日) 21:49配信

 WS000273

 千葉県我孫子市の排水路脇で26日朝、松戸市立六実(むつみ)第二小学校3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件。リンさんは学年修了式の24日朝に自宅を出たまま、行方が分からなくなっていた。1人で登校中に事件に巻き込まれた可能性が高い。「活発で人なつっこい子だったのに」。静かな住宅街は怒りと悲しみに包まれた。【内橋寿明、金森崇之、橋本利昭】

【写真特集】女児が遺体で発見された排水路

 県警や松戸市教育委員会によると、リンさんは小学2年だった2015年12月に家族と川崎市高津区から転居した。父親は自営業でソフトウエア開発をしているという。

 リンさんが24日、登校時間の午前8時20分までに姿を見せなかったため、学校が同8時半ごろに父親に連絡。同9時ごろから教員と父親でリンさんを捜し回ったという。

 近所の主婦(73)は24日昼ごろ、他の住民から行方不明になっていることを聞き、26日夕にリンさんが亡くなったと知人から知らされた。リンさんは少し大人びた感じで、同級生と走り回っていた姿が印象に残っている。「活発でしっかりした子がどうして。信じたくない。許されることじゃない」と声を震わせ首を左右に振った。

 自営業の男性(64)は「言葉にならない。抵抗できない、あんな小さい子を」と絶句した。別の女性(37)は「庭の草むしりをしていると『何してるの?』と声をかけてきた。明るく人なつっこい子だったのに」と振り返った。

 ◇登校見直しも

 リンさんが遺体で発見されたことを受け、松戸市教育委員会の伊藤純一教育長は26日夜、市役所で記者会見した。伊藤教育長は「誠に残念で悔しい。一日も早く、小さい命を奪った者を探し出していただきたい」と声を絞り出した。

 リンさんは登校中に事件に巻き込まれたとみられるが、松戸市では市内すべての小学校で、集団登校をしていない。引率役となる児童の負担などを考慮しての判断だが、事件を受けて見直しも検討するという。

 また、リンさんが通っていた六実第二小に近くスクールカウンセラーを派遣し、児童の心のケアにあたる一方、臨時の保護者会も開き経緯を説明するという。

 ◇水田が広がり車の往来なく

 リンさんの遺体が発見された現場は、国道6号や住宅地から離れた利根川の近くで、一帯には水田が広がる。雨が降った26日は農作業をする人はほとんど見られず、農道には警察車両が止まった。遺体が発見された排水路にかかる橋の近くでは千葉県警の捜査員が鑑識活動などを行うなど物々しい雰囲気に包まれた。

 街灯などは設置されていないため夜間は真っ暗で、日中も農作業や散歩をする人を除けば、車の行き来もほとんどないという。

 日ごろから周辺を散歩しているという我孫子市の男性会社員(48)は「車が入って来ないので歩きやすく、散歩にぴったりな、のどかな場所。亡くなった子どもは本当にかわいそう。早く犯人を見つけてほしい」と話した。

 ◇「地域の目」通学路に死角

 住民や小学校によると、リンさんの自宅は校区の端にあり、小学生の足では学校に着くまで15分程度かかる。集団登校はしていなかった。

 自宅を出るとまず、東武鉄道の踏切を渡る。そこから1~2分歩くと、複数の梨農園が広がっている。農園に人けはない。リンさんが24日朝にどのルートを通ったかは定かでないが、農園に沿った道は住宅が途切れており、一時的に「地域の目」が届きにくくなる。

 その後は数百メートルにわたって一戸建てや賃貸アパートが建ち並ぶ。学校に近い交通量の多い交差点は、防犯協会やボランティアの住民がほぼ連日、児童らを見守っていた。自宅からこの交差点まで小学生の足で10分程度だ。

 交差点近くに住む40代の女性は、24日朝も地域のお年寄りが見守っていたのを覚えている。交差点付近は、登校する児童や車の通行が多い。特に午前8時前後は通勤や通学で駅に向かう人や車が最も多い時間帯という。この女性は「ここに来る前にトラブルに巻き込まれたのではないか」と推測する。

 女性は「先生が下校に付き添うこともあるなど防犯意識の高い地域。こんなことが起こるなんて信じられない」と話した。【内橋寿明】


WS000281WS000277WS000278 WS000279 WS000280千葉・女児の遺体発見 通学路の防犯カメラに姿なし(2017/03/27 05:50)

 千葉県我孫子市で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、女の子が自宅を出た後、通学路の防犯カメラに姿が映っていないことが分かりました。自宅を出た数分後に事件に巻き込まれた可能性があります。

 26日、我孫子市にある排水路の脇の草むらで、24日朝に通学途中に行方不明になった千葉県松戸市の小学3年生でベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんの遺体が見つかりました。これまでの捜査で、リンちゃんの首に絞められたような痕があったことが分かりました。また、その後の捜査関係者への取材で、リンちゃんが自宅を出た後、通学路にある複数の防犯カメラのいずれにも姿が映っていないことが分かりました。

また、松戸市の教育委員会によりますと、リンちゃんの自宅から歩いて6、7分ほどの路上に立っている通学を見守るボランティアがいつもは通るリンちゃんを当日は見なかったということです。
 リンちゃんを知る女性:「不審者とか痴漢とかそういう出没が多くて、学校でも見守り隊とかパトロールとかずっとやってます」
 自宅を出た数分後に事件に巻き込まれた可能性があり、警察は通学路に不審者がいなかったかなどを調べています。


WS000287 WS000288千葉9歳女児遺体 顔に殴られた痕か

03/27 00:27
 

千葉・我孫子市の排水路脇の草むらで、ベトナム人の9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、女の子の顔には、殴られたような痕があることが新たにわかった。
遺体で見つかった松戸市に住む小学3年のベトナム人、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)は、26日午前7時前、我孫子市北新田の排水路脇の草むらで、服を着ていない遺体で見つかった。
警察のその後の調べで、リンさんの首には、ひものようなもので絞められたような痕があったほか、顔に殴られたような痕があることが新たにわかった。
リンさんは、松戸市の小学校に通い、アニメ・ドラえもんのキャラクター「しずかちゃん」に憧れるなど、日本の文化にも親しんでいたという。
リンさんを知る人は「普通の活発な子です。会えばいいお子さんで」と話した。
松戸市の伊藤純一教育長は「どこにいるんだろうという気持ちで、捜索活動を続けておりました。誠に残念で悔しいです」と話した。
教育委員会によると、行方不明になった24日は、登下校を見守る地域住民が、学校とリンさんの自宅の中間地点のあたりに立っていたが、リンさんは通らなかったという。

このため、自宅から学校までのわずか300メートル前後の間に連れ去られた可能性がある。
警察は、殺人死体遺棄事件として捜査本部を設置し、本格的な捜査に乗り出している。


<筆者>

>松戸市では市内すべての小学校で、集団登校をしていない。

>リンさんの自宅は校区の端にあり、小学生の足では学校に着くまで15分程度かかる。集団登校はしていなかった。

>事件を受けて見直しも検討するという。

我孫子市女児全裸遺棄が特務機関によって起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

そして3月12日に私は以下の記事を上げました。

<能登女性遺体>部活、空き家、交通事故、18歳未満と21歳。この事件は支配者層が画策している社会構築上、5つものメリットがある。

この事件は学校近くのバス停で母親の迎えを待っているたった「15分間」に行方不明になったとされています。

ちなみにこのバス停は人通りがあるバス停でした。スクリーンショット 2017-03-11 18.39.44スクリーンショット 2017-03-11 18.40.14

にも関わらず、拉致され、殺されたとした事件でしたが、今回の事件を見ると、この事件に6つ目の目的があったことが見えてきます。

それは「たった10分、15分でも登下校を単独ですると事件に巻き込まれる可能性がある。」という常識の敷設です。

今回の事件の記事で以下の部分をご覧ください。

>住民や小学校によると、リンさんの自宅は校区の端にあり、小学生の足では学校に着くまで15分程度かかる。集団登校はしていなかった。

 自宅を出るとまず、東武鉄道の踏切を渡る。そこから1~2分歩くと、複数の梨農園が広がっている。農園に人けはない。リンさんが24日朝にどのルートを通ったかは定かでないが、農園に沿った道は住宅が途切れており、一時的に「地域の目」が届きにくくなる。

 その後は数百メートルにわたって一戸建てや賃貸アパートが建ち並ぶ。学校に近い交通量の多い交差点は、防犯協会やボランティアの住民がほぼ連日、児童らを見守っていた。自宅からこの交差点まで小学生の足で10分程度だ。

>自宅を出た数分後に事件に巻き込まれた可能性があります。

登下校を見守る地域住民が、学校とリンさんの自宅の中間地点のあたりに立っていたが、リンさんは通らなかったという。

このため、自宅から学校までのわずか300メートル前後の間に連れ去られた可能性がある。

 今回の事件でも家から学校へは15分の道のり、しかも防犯協会やボランティアの住民がほぼ連日、児童らを見守っていたが、その通りまで、10分間は一人で登校していた。

その間に事件に巻き込まれたとしたわけでしす。

これはつまり「これでは、片時も目を離してはいけないことから、集団登校するしかない」と、集団登校を常態化するための口実に両事件共に担っている、と言わけです。

それが能登女子高生遺体の事件から今回の事件に繋がっています。

そして今回の事件を契機に全国的に集団登校を常態化したいのでしょう。

これが目的に意図的に起こされた事件なのです。 ↓WS000290

そしてこの事件を受けて、「どのように大衆が反応するべきか?」、「どのような反応が正解であるのか」もまた以下の記事のようにマスコミは提示してくるのです。↓


我孫子・女児殺害 「通学させるのが怖い」近隣住民に不安の声

産経新聞 3/27(月) 7:55配信

 

 我孫子市北新田で26日、ベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件。通学途中にいなくなった可能性があることから、松戸市六実(むつみ)のリンさんの自宅周辺では子供を持つ家庭を中心に不安の声が聞こえた。

 「子供を通学させるのが怖い」。小学生の子供を抱える近隣住民は苦渋の表情で話した。「1人で登下校することも多く、親が送り迎えするのにも限界がある。どうすればいいのか」と話す。

 リンさんの自宅周辺は住宅地と農地が混在しており、道幅は比較的狭く、歩行者と自転車だけが通り抜けられる私道がいくつもある。「登下校でそこを通る児童も多い。(父母らが)見守りボランティアとして通学路に立つことは多いが死角もある」と住民の1人は話す。

 別の住人は「うちの子も同じ小学校に通っているが、登下校は個人個人なので全員が同じルートを通るとは限らない」と話した。

 一方、我孫子市の遺体発見現場付近は、26日は雨が降り、付近の畑で農作業をする人もほとんど見られなかった。橋の上では千葉県警の捜査員約10人が橋の下をのぞき込むなど、鑑識活動を続けた。


>小学生の子供を抱える近隣住民は苦渋の表情で話した。「1人で登下校することも多く、親が送り迎えするのにも限界がある。どうすればいいのか」と話す。

本当に取材し、証言を取ったわけではしょう。その証拠がありませんから

集団登校に結び付けたいわけです。

しかも3学期の終業式のその日の事件。

つまり、「春の新学期から集団登校を全国的にしてください」、とするにはベストな日に行われた犯行なのです。

その為に特務機関が目的をもって意図的にこの事件を起こしたのです。

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子


<以下、特務機関によって起こされた事件を分析した動画>

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

しつけ行方不明 全動画

スキーバス転落

高槻市 1

高槻市 2

新幹線新幹線 2神戸女児自殺 のコピー

ご支援のお願い

 

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

WS000238WS000239WS000242 WS000243 WS000244 WS000245 WS000246 WS000247 WS000248 WS000249 WS000250 WS000251死亡の女児らしき子と複数人物の目撃情報も

2017年3月26日 18:49

26日朝、千葉県我孫子市で全裸の状態で死亡しているのが見つかった女の子の身元ついて、警察は24日から行方不明になっていた松戸市の女の子(9)であると発表した。

捜査関係者によると、身元が確認されたベトナム国籍の女の子(9)と似た格好の女の子は、24日午後4時から午後6時の間、公園で複数の人物と一緒にいるのを目撃されていた。

警察によると、死亡していたのは松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・リンちゃん(9)。リンちゃんは、26日午前7時前、自宅から12キロ離れた我孫子市北新田の排水路の橋の下で、全裸の状態で死亡しているのが見つかった。捜査関係者によると、リンちゃんの首には絞められたような痕があったという。

リンちゃんは、24日午前8時ごろ、自宅から小学校に向かったが、学校には現れず、小学校から連絡をうけた父親が松戸東警察署に届け出ていた。行方不明になった当時リンちゃんは茶色のセーターにグレーのパーカーを着て、ピンク色のズボンで白と黒の靴を履いて、黄色い帽子をかぶり、赤いランドセルを背負っていたという。

リンちゃんの母親「(去年12月の誕生日には)ケーキをプレゼントしました。無事に早く帰ってほしい」

リンちゃんを知る人「かわいいというよりはきれい。将来は女優さんになってもいいくらい。しっかりしてて賢い子でした。リンちゃんが知らない人の車に乗るとか絶対ないです」

これまで警察には、リンちゃんに関する目撃情報は2件よせられていたが、このうち1件は24日午後4時から午後6時の間、自宅から3キロほど離れた公園にいたときのものだった。捜査関係者によると赤いランドセルと黄色い帽子姿のリンちゃんらしき女の子はこのとき、複数の人物と一緒にいたという。

警察は、殺人と死体遺棄の疑いで捜査本部を設置していて、午後7時30分ごろに記者会見する予定。


WS000253 WS000254 WS000255 WS000256 WS000257 WS000258 WS000259全裸遺体は9歳女児、殺人で捜査 我孫子市

2017年3月26日 18:21

26日朝、千葉県我孫子市で全裸の状態で死亡しているのが見つかった女の子の身元ついて、警察は24日から行方不明になっていた松戸市の女の子(9)であると発表した。遺体発見現場から右松健太記者が中継。

 遺体で見つかった女の子について、警察はさきほど、24日から行方不明になっていたベトナム国籍の女の子(9)であると発表した。警察は殺人・死体遺棄事件として捜査を始めている。

 警察によると26日午前7時前、我孫子市北新田で釣りに来ていた男性から「女性が全裸で倒れている。マネキンかもしれない」と通報があった。女の子は、排水路の橋の下で、全裸の状態で右を向いて倒れて死亡していた。捜査関係者によると、女の子の首には絞められたような痕があったという。

 そして、警察はさきほど、この女の子の身元について、松戸市に住む小学3年でベトナム国籍のレェ・リンちゃん(9)であると発表した。遺体を確認したのは、リンちゃんの父親だった。

 リンちゃんは、現場から約12キロ離れた松戸市に住んでいて、24日午前8時ごろ、小学校の終業式に出るため、自宅を出た後、行方がわからなくなっていた。

 リンちゃんの母親は、身元が確認される前、日本テレビの取材に「無事に帰ってきてほしい」と語っていた。

 リンちゃんの母親「(去年12月の誕生日には)ケーキをプレゼントしました。無事に早く帰ってほしい」

 またリンちゃんの母親は、1か月ほど前に自宅の前でたたずむ不審な男を目撃していた。

 リンちゃんの母親「1か月前、スーパーに出かけた時に不審な男が家を見ていた。(男は)約1メートル70センチ、40歳以上、色の明るいシャツを着ていた」

 警察は、殺人と死体遺棄の疑いで捜査本部を設置し、午後7時30分から詳しい状況について会見する予定。


排水路脇に女児遺体=ベトナム国籍の不明小3―殺人、遺棄で捜査・千葉県警

時事通信 3/26(日) 11:44配信

 

 26日午前6時45分ごろ、千葉県我孫子市北新田の排水路脇で、10歳ぐらいの女児が倒れているのを釣りに来た男性会社員(49)が発見し、県警我孫子署に通報した。

 女児は死亡しており、24日朝から行方不明になっていたベトナム国籍で同県松戸市六実の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)と確認された。

 リンさんは衣服を身に着けておらず、県警は遺体の状況などから殺人、死体遺棄事件として同署と松戸東署に捜査本部を設置した。27日以降に遺体を司法解剖して、詳しい死因などを調べる。

 捜査本部によると、リンさんは排水路に架かる橋の下の草むら付近で、体の左側を下にして倒れていた。周辺で所持品などは見つかっていない。自宅と発見現場は直線距離で約11キロ離れている。

 24日午前8時ごろ、終業式のため自宅を出たが、同40分ごろ学校から「来ていない」と自宅に連絡があり、父親が同日、松戸東署に捜索願を出していた。

 リンさんは身長約130センチで、通常の会話は日本語でできる。不明当時は茶色のセーターに灰色のパーカー、ピンクのズボン姿で、黄色い学童帽子をかぶり、赤いランドセルを持っていた。自宅から学校までは徒歩で10分程度の距離。

 リンさんは両親と弟の4人家族で、母親と弟は当時、ベトナムへ帰省していた。一家は2015年12月に川崎市から松戸市に転居してきたという。

 遺体の発見現場は、JR常磐線取手駅から南西約2キロの水田や畑が広がる地帯。


<筆者>

注目すべきはあまりにもスピーディーで一体となったマスコミの動きです。

2017年3月26日午前6時45分ごろ遺体が発見されました。その4時間も経たない10時32分にANNが一報を報じています。


WS000261排水路脇で女の子の遺体を発見 千葉・我孫子市

テレビ朝日系(ANN) 3/26(日) 10:32配信

 千葉県我孫子市の排水路脇で、10歳くらいの女の子の遺体が見つかりました。警察は、この女の子の身元を確認しています。


そして遺体発見から10時間たっていない、16:34。現場からレポート。↓


WS000265


それどころか身元が確認される前、日本テレビはリンちゃんの母親に取材。

身元が確認される前ですよ?

つまり遺体は、全く関係のない子供かもしれないのに、マスコミ(NNN)はリンちゃんの母親に取材しているのです。WS000255

そして身元が確認される前に、

>行方不明の9歳女児はベトナム国籍

と断定して報道 ↓

実際には、「行方不明の9歳女児はベトナム国籍」ではなく、正しくは「松戸市で24日から行方不明になっている小学3年生の女子児童(9)はベトナム国籍」なのです。

本文にそうあるのに、タイトルは、「行方不明の9歳女児はベトナム国籍」と断定。


千葉・女児全裸遺棄 行方不明の9歳女児はベトナム国籍 24日の終業式に登校せず、家族から捜索願

産経新聞 3/26(日) 14:21配信

 

 千葉県我孫子市北新田にある排水路脇の草むらで26日朝、10歳くらいの全裸の女児の遺体が見つかった事件で、同県松戸市で24日から行方不明になっている小学3年生の女子児童(9)はベトナム国籍であることが26日、同市教育委員会などへの取材で分かった。県警は、女児の身元確認を急いでいる。

 県警によると、行方不明になっているのは松戸市立小学校の女子児童で、24日の同校の終業式に登校してこなかったため、学校側が家族に連絡。同日、家族から県警松戸東署に捜索願が出されたという。

 行方不明の女子児童が通う小学校と、女児の遺体が見つかった現場までは、直線で約12キロ離れている。


 身元が確認される前に、24日に行方不明になった女の子が、遺体の子であると間違いないかのようにマスコミが報道していることはおかしいことなのです。

遺体が松戸市で24日から行方不明になっている小学3年生の女子であるかは家族などが、遺体と接触する以外ない。

なのに警察でも家族でもない、マスコミは知っているかのように断定してる。

 しかも24日に行方不明になった女の子と26日午前6時45分に発見された遺体との関係性はわからないのに、もう、目撃情報が報道されている。

>この女の子とみられる目撃情報が2件、警察に寄せられていた

以下記事もまた、身元が父親に確認される前の記事です。↓


目撃情報が2件警察に…行方不明の女の子との関連は

テレビ朝日系(ANN) 3/26(日) 16:38配信

 千葉県我孫子市にある排水路の脇で、10歳くらいの女の子の遺体が発見されました。警察は死体遺棄事件として捜査を始めました。捜査が進められている我孫子署から報告です。

 (社会部・前田万里奈記者報告)
 (Q.行方不明になっている千葉県松戸市の女の子と我孫子市で発見された女の子との関連性は?)
 松戸市の女の子については24日、父親が警察に捜索願を出していました。これを受けて警察は、自宅の周辺を中心に聞き込み捜査などを行って不審者がいなかったかを確認していましたが、足取りは全く分かっていませんでした。近所の人などによりますと、女の子は明るく元気で、小学校でも不登校などはなかったということです。一方、捜査関係者への取材で新たな情報が入りました。

行方不明になった後、この女の子とみられる目撃情報が2件、警察に寄せられていたことが分かりました。

1件目は「24日午前8時ごろに自宅と学校の間で1人でいるところを見た」というものです。実際に女の子は登校せず、行方不明になりました。そして、もう1件は「24日夕方、自宅から3キロ以上離れた公園で似たような格好の女の子を見た」というものです。

公園で女の子が誰かと一緒だったかどうかは明らかにされていません。この目撃情報が行方不明になった女の子かどうかは確認されていませんが、警察はこの後、女の子が事件に巻き込まれた可能性もあるとみています。見つかった遺体の身元はまだ特定されていませんが、警察は、行方不明の女の子の可能性もあるとみて慎重に確認を進めています。


繰り返しいいますが、これらの記事は遺体がベトナム国籍のリンちゃん9歳であると、両親が身元を確認する前に報道されたものです。

そして「遺体が松戸に住むベトナム国籍の9歳のリンちゃんである」という情報は、3/26(日) 17:49が第一報です。↓

父親が遺体を確認したということです。


WS000267千葉・女児全裸遺棄 遺体はベトナム国籍の9歳と確認 県警、捜査本部設置へ

産経新聞 3/26(日) 17:49配信

 

 千葉県我孫子市の排水路脇の草むらで見つかった女児の遺体について、千葉県警は26日、身元を松戸市に住むレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)と確認したと発表した。

県警は殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置する方針。


遺体が発見された26日のその日の晩には各社が数十件以上もこの事件に関して報道しています。WS000260 WS000263 WS000264

マスコミの動きは、あまりにもスピーディーです。

しかも遺体の身元が確認される前から、発見された遺体が、行方不明になっている松戸市のベトナム国籍の小学3年生であると断定するような報道がされているのです。

これはおかしなことです。

これら見てもらったマスコミの一連の動きは、過去に私が分析した特務機関が作り上げた事件の兆候と同じです。(下動画参照)

遺体発見から4時間経たずにテレ朝が報道し始め、同日マスコミが一斉に報道し、身元が確認される前からメディアがリンちゃんの両親に取材するなど、メディアのスピーディーで過剰な動きはまさに特務機関により作られた、決められたシナリオを警察とメディアが一体となって追行する動きそのものです。

つまり、今回の我孫子市女児遺体遺棄も、社会変革を目論んだ、作られた事件である可能性が極めて高い。

この事件は注視する必要があります。

大衆統治システムを強固にする方向で変革が起こされる契機にされるからです。

次の記事 ↓

我孫子市女児全裸遺棄が特務機関によって起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子


<以下、特務機関によって起こされた事件を分析した動画>しつけ行方不明 全動画

スキーバス転落

高槻市 1

高槻市 2

新幹線新幹線 2神戸女児自殺 のコピー

ご支援のお願い

 

その2<死にたいあなたへ>自殺原因は、社会環境にある。 

WS000126その1<死にたいあなたへ>自殺原因は、社会環境にある。~4人に1人が「自殺したい」厚生労働省調査

上記記事の続きになります。

「自殺願望の原因は、社会環境の中にある」という視点が大切です。

現代で社会環境がどのように作られているかといえば、民主主義を建前としていますが、しかし実際には一部の特権階級である支配者層が大衆統治システムを強固にすることを目的として意図的に社会を設計しているのです。

それは、自殺とは人為的に作られていることを意味します。

つまり、「自殺するように意図的に仕向けられている」ということです。

以下の記事を見てください。


自殺の動機、3人に2人「心身の健康問題」 対策検討へ

朝日新聞デジタル 3/23(木) 10:31配信

 

 2016年中に自殺した人のうち、3人に2人が心身の健康問題が動機となったことがわかった。一方、生活苦や家庭問題は2割程度だった。厚生労働省と警察庁が23日に分析結果を公表した。自殺者数は7年連続で減っているが、厚労省はこうした結果を踏まえ、自殺防止対策を検討する。

 16年中の自殺者数は2万1897人。そのうち1万6297人分の遺書などを分析し、1人最大三つまで自殺の動機をまとめた。

 それによると、うつ病や体の病気など健康問題が1万1014人(67・6%)と最も多かった。生活苦や借金など経済・生活問題の3522人(21・6%)、夫婦の不和や将来に悲観したなど家庭問題の3337人(20・5%)が続いた。

 15年も健康問題が最多の67・5%で、経済・生活問題が22・7%など同様の傾向だった。厚労省の担当者は「自殺の多くは様々な要因が連鎖する中で起きている」としている。

 16年中の自殺者数は前年より8・9%減り、12年の9・1%減に次ぐ過去2番目の大幅減となった。東日本大震災に関連する自殺者数は前年より2人少ない21人。11年からの累計では183人となった。(井上充昌)


・健康問題が1万1014人(67・6%)
・経済・生活問題の3522人(21・6%)
・家庭問題の3337人(20・5%)

とあります。

社会で言われている自殺の原因は主にこの3つに当たるようです。

この健康・経済・家庭の問題はそれぞれ、社会が医療、企業、銀行、メディアなどを使って人為的にコントロールできます。

それらについては私の過去記事、動画で解説してきました。

つまり、社会が位置づけるこれら自殺原因を見ても、自殺は人に意図的に作られていることがわかるのです。

ですから社会環境と心身に軋轢が生まれているのが自殺原因の主であると言えるのです。

そのおかしな社会環境を我々は容易にコントロール出来ない状態であるから、心身の溝は深まるばかりなのです。

社会環境は我々と常に一体なのです。我々が生きていく上で、社会環境は切っても切ることはできない。

しかしその社会環境は、その大衆にはコントロールできず、一部の利権者の都合で設計されているのですから、自殺願望つまり、「生きていることがつらい状態」になることが、当たり前であるともいえるのです。

現代の多角的な社会環境の骨子の一部を言えば、「情報社会、法治社会、資本主義社会」であり、その傘下に我々大衆は常にいるのです。

たいしゅうはそのさんかからはずれることはできない、しかしその外に同じ人間である支配者層がいて、それらを大衆統治システムを強固にするために設計しているのです。

この構図こそまさに奴隷社会です。

だから現代を生きる我々にとって、自殺願望があって当然の社会環境であると私は言ったのです。

ですから、この現代社会の構造を知ることは、自分の心に軋轢が生まれている本当の理由、あなたが苦しんでいる本当の理由を知ることになります。

その現代社会の構造について、私はブログで書き、動画で日々皆さんにお伝えしています。

これらの私の社会分析、考察、特に「常識の書き換え」や「大衆統治システムを強固にする視点」については、現代社会に存在する無数にある全ての媒体を見てもどこにも書いてありません。

なぜなら、これは私が独自に分析し、自分で見つけたものだからです。

それら私の情報を見て、自分の生活環境と照らし合わせて下さい。

そうすれば、あなたの死にたいという気持ちは、死への願望ではなく、この社会環境を作り上げている者達へ糾弾する願望へと形を変えるでしょう。

あなたが自殺願望を持つ根源であり、本当の原因を作りあげている者は、社会環境を作っている支配者層だからです。

このことが認識できれば、それを正そう、変えようと思うのが自然のことでしょう。

そしてその方向性への行動だけが自殺願望を根絶できる方法なのです。

それ以外の方法は、自殺願望という苦痛に対する対症療法的役割でしかないのです。

緩和に甘んじてはいけません。原因を根絶しなければいけないのです。

しかもこれは自分だけの問題ではなく、地球全体の問題なのです。

もしあなたがその原因に対してなにもアプローチを取れずに死ぬのなら、その原因の煽りを受けて後世の人々もまたあなたと同じ苦しみが降りかかり自殺するでしょう。

つまり、原因を残したまま自殺することは、後世を殺すことであり、逆にもし、生ある今、根本原因にアプローチを取るのなら、それは多くの人の命を救うことになるのです。

それらは、明白に形として見えないかもしれないけれどしかし、確かに社会に大きな影響を与えられるのです。

それを私がたった一人で行っているこの活動が証明しているではないですか。

次の記事に続く。↓

その3<死にたいあなたへ>自殺原因は、社会環境にある。


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg選挙とは何か?ご支援のお願い

その1<死にたいあなたへ>自殺原因は、社会環境にある。~4人に1人が「自殺したい」厚生労働省調査

WS000126WS0001274人に1人が「自殺したい」 調査開始以来最も高く(2017/03/21 17:29)

 「本気で自殺したい」と考えたことがある人は、4人に1人に上るということです。

 厚生労働省は去年、全国の20歳以上の男女3000人を対象に自殺に関する調査をしました。それによりますと、「本気で自殺したい」と考えたことがある人の割合は23.6%で、調査が始まった2008年以降で最も高かったということです。このうち、「1年以内に考えていた」人は18.9%でした。一方、自殺防止対策として厚労省が取り組む相談専用ダイヤルなどを知っていた人は7%未満と低く、厚労省は「普及啓発を進めたい」としています。


<筆者>

現代社会で自殺したい願望が芽生えてくることは、当たり前のことです。

食、空間、常識など、無数の社会毒が蔓延し、生物の普遍性である事を悪いこととして常識を書き換え、立法し、犯罪としてしまう社会だからです。

しかもです。

それらを一つ一つ吟味、精査し、具体的に原因と結果を見ることができない「思考力と身体」に大衆がなるように社会設計がされているのです。

前者は、義務教育とメディア誘導など、後者は食や流行(ワクチン接種・製薬・ネット社会、テレビゲームなど)空間の電磁波密度(携帯などの電波)を高められたことからくる運動能力、恒常性の低下などが原因です。両者は相関関係にあります。

もちろんこれらは私が言う社会毒の一部であり、社会に設定されているものの多くが、支配者層の大衆統治システムを強固にすることを目的とした社会設計の為にあります。

ですから「自殺願望があるのは現代社会では至極当然のことである」ということです。

そしてここで声を大にして言いたいのは、自殺願望という「自虐的な願望を抱く根本的な理由」を知ってから、「あなたは何をするかを決めて欲しい」ということです。

「何が原因で、死にたいのか?死ぬのか?その本当の理由を知らなければ死ねないでしょ?」と私は提案したいです。

もう一度言います。

死にたいと思ってしまう「本当の」理由です。

それを知るためには法や社会常識、社会通念を超える抽象度で状況を見なければいけません。

つまり、生物の普遍性に沿った視点と現状とを照らし合わせることで軋轢を顕在化させるのです。

「1000年前の人も我々も変わらないものに指針を置いて見渡す」ということです。

「気分」「死にたいものは死にたい」「つらい」「借金があるから」こんなのは本当の理由ではありません。それらすべてに「なぜ」を付けてください。その先にもその先にも「なぜ」を付けてください。

漠然と自殺願望がある人、「もう死にたい」と心が窮している人、共に、その本当の原因はなにか究明することにまずは情熱を注いではどうでしょうか?

なぜ自分は死にたいという願望に駆られているのか?

その本当の理由を知らずに死んでいいのですか?

自殺したいという願望を、その願望を抱いてしまう「理由の追及」に向けてください。

自殺願望をその究明願望に変えようということです。

それは、あなたを失う社会損失を、プラスマイナスゼロどころか、公益に変える可能性を意味します。

人が死にたいと強く思うことは、自然の摂理に反しています。

つまり自然の摂理に沿って生きていれば、本来、人は死にたいという願望を持たないはずなのです。

その証拠として自殺願望とは「つらい」のです。

自殺願望を抱いている時がとても楽しく幸せである人はいないでしょう。

人の体は自然に脈を打ち、呼吸し、ホルモン分泌などの生理現象が起きています。

しかも絶え間なく、そしてすべてが同時に起きているのです。

それは延命の行為です。

身体は生きてる間、常に、絶え間なく延命しているのです。

しかし、自殺願望とは、その身体現象に相反して精神が死にたいと思っている。

体は生きるための活動をしているのに、心は死にたいと思っている。

まさに自然に起きている身体現象と反していることが体の中で同時に起きているのです。

それでは心身一体の人体に物理的不調を起こして当然でしょう。

これらこそが自殺願望とは、自然の摂理に反している身体現象であることの証拠なのです。

ですから、なぜ自殺願望を抱いてしまうのかといえば、「自然の摂理に反していることが身に降りかかっているから」という考察が自殺願望の根本原因を知る上での大きなヒントになります。

これらから自殺願望の根源を探求していけば、「我々が生きていく上で、切っても切ることはできない社会環境、それ自体が自然の摂理に反している設計がされている」と気づくでしょう。

「自殺願望の原因は、社会環境の中にある」という視点が大切です。

次の記事に続きます。↓

その2<死にたいあなたへ>自殺原因は、社会環境にある。 


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpgご支援のお願い

<人口削減の為の同性愛推進社会>性転換手術の保険適用を 団体が厚労省に要望

WS000142WS000143WS000144 WS000145性別変える手術の保険適用を 団体が厚労省に要望(2017/03/23 05:58)

 性同一性障害の人たちでつくる団体などは、性別を変えるために必要な手術費を健康保険の対象とすることなどを厚生労働省に求めました。

 団体によりますと、現在、国内では推計で約2万5000人が性同一性障害を抱えています。こうした人たちが戸籍上の性別を変えるには卵巣や精巣を摘出する手術が必要で、費用は100万円以上かかるということです。このため団体は、手術費や治療に使うホルモン製剤を健康保険の対象とすることなどを求めて、厚労省に要望書を提出しました


<筆者>

社会が同性愛を推進する目的は、人口削減の為です。

ですからこの「性別変える手術の保険適用」流れは、大衆を減らし、子供を産みにくい社会設計にしたい支配者層方針と合致した流れです。

性の喜びおじさんが、一言で糾弾してくれています。

「ホモに転向しろかよ」という社会設計です。

WS000146

まさに支配者層は人口削減の為に同性愛を推進しているのです。

それがこの「性別変える手術の保険適用」流れではっきりと顕在化しています。


千葉)千葉市の同性パートナー結婚・介護休暇、1月から

湊彬子

2016年11月11日03時00分 朝日新聞デジタル

 千葉市は10日、同性パートナーがいる市職員が「結婚」やパートナーを介護する際に休暇を取得できる制度を、来年1月から導入すると正式に発表した。市職員互助会も「結婚」に祝い金を支出する。性的少数者LGBT)を受け入れる社会環境の構築に向けた取り組みとしている。

 市給与課によると、政令指定市では初めての取り組みといい、自治体としても極めて珍しい。法律婚や事実婚の結婚休暇(最大6日)にあたる「パートナー休暇」のほか、パートナーやその親などの介護のため、短期介護休暇や最長6カ月の長期の介護休暇が利用できる。

 市は制度導入のため、職員の勤務に関する規則を変更する。休暇の申請時は、パートナーとの同居を確認できる住民票の写しや、別の人と法律婚していないことを確認するための戸籍抄本などの提出を求める。

 市職員互助会も来年1月から、同性同士の「結婚」にも祝い金(5万円)を給付するという。

 熊谷俊人市長は10日の記者会見で「多様性のある社会を構築し、それを都市の活力に変えていかないといけない」と話した。(湊彬子)


<以下、筆者関連記事・動画>

「偏見」はメディアによって作られる。 ~“国民のLGBT理解促進を国の責務”とする法案は、人口削減計画兼、思想・志向に介入して弾圧する為 

現代版・人口削減計画は「性イデオロギーの書き換え」である。〜相思相愛でも「誘拐」

【性犯罪の非親告罪化4】同性愛者も強姦罪で逮捕できるようにする社会へ ~今後同性愛の若年層を絡めたわいせつ行為が盛んに報道されます。

米連邦最高裁、同性愛者の結婚認めないのは憲法違反 ~同性愛者の為の同姓婚の容認ではなく、NWO人民支配の為の「性イデオロギー」の敷設です。

<常識の敷設>同性愛のファッション化が進められています。

<同性愛推奨社会へ>世田谷区職員の互助会、同性婚に祝い金 来春開始の予定

「強姦」という言葉が無くなり、「強制性交」という言葉になる。性行為自体をしてはいけないものとする布石。

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️

性の喜びおじさん前編性の喜びおじさん後編

rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg

%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い